アンティークのブルテリアランプ



1980年代までアメリカで生産されていた、バドワイザーの
キャラクター犬スパッズ・マッケンジーという名前の
ブルテリアの可愛らしいランプです。

絶版品なので、現在では大変希少になっています。。




アフィリエイト 収入
アフィリエイト 無料レポート
気になるGoods!
アフィリエイト月収100万実践日記♪
携帯無料レポートで稼ぐ


tokad20tokad20  at 21:07  |  この記事をクリップ! ブルテリア  

ブルテリアを飼う!!



ブルテリアはかなり頑固な犬種といわれているとおり、子犬の頃からしっかりとした躾が必要な犬でしょう。

ただ、もともと闘犬だから凶暴・・というのは、正しい理解ではないでしょう。しっかり躾ければこれほど従順な犬はあまりいないのでは?と思います。

ブルテリアの小型版として、ミニチュア・ブルテリアがいますが、両方飼った経験からすると、どちらかというとミニチュアブルテリアのほうが、他の犬への競争心は強かったように記憶してます。

ブルテリアはとても遊び好きで、活発なので、普段は家の中で飼っていても天候の許す限り外に連れ出すのが良いでしょう。できれば、好き勝手に走ったり、飛び跳ねたりするスペースがお部屋かお庭にあることがベストだと思います。

毛は短いので、さほど手入れに気を使う必要もないでしょう。

これほど活発なので、食事は高カロリーのものを・・
噛む力がとても強く、何でも噛むクセがあるので歯を痛めないように注意が必要です。

tokad20tokad20  at 00:47  |  この記事をクリップ! ブルテリア  

ブルテリア ヒストリー



ブルテリアは数百年の間、数え切れないほどの交配が繰り返されて、今の愛くるしい
容姿にたどり着きました。

ブルテリアは、もともと闘犬として、攻撃的なブルドッグとオールドイングリッシュ
テリアの交配で生まれたブルアンドテリアがルーツになります。


1800年代は、より強靭で戦闘能力を極限まで高めようという試みから
様々な闘犬界の犬種と交配が行われましたが、闘犬が廃止されてからは、
見かけの可愛らしさ、ルックスを考慮しながらダルメシアンやイングリッシュテリア
などを掛け合わせ、今のブルテリアがほぼ出来上がりました。

初期では白色のブルテリアが特にもてはやされましたが、今では有色のものもかなりの人気を誇っています。

tokad20tokad20  at 00:45  |  この記事をクリップ! ブルテリア  

ブルテリアってどんな犬?


ブルテリアの特徴は、何といってもノペーっとした頭です。

もともと闘犬がルーツなので、あごの筋力が強く、攻撃的なところがあります。
散歩をしていても他の犬や動物に反応し、襲いかかろうとすることもしばしば
なので注意が必要です。

しかし人間、とりわけ飼い主に対してはとても従順で、人間に対する同情や
飼い主を喜ばせることを進んでやろうとする愛嬌があります。

闘犬ですから、活動的で体力があります。毛は光沢がありとても短いのが
特徴です。

tokad20tokad20  at 00:43  |  この記事をクリップ! ブルテリア