東海シックス準備良し!

東海大学湘南校舎体育会航空部の公式ブログです。 合宿や大会、整備などの様子をお伝えします。 公式Twitter(@tokaiavia2014)のフォローもよろしくお願いします!

おはようございます。2年の今井です。
今回で10回目となる整備を行いました。

今回はバルサ板の取り付けと、前に付けたガセットや小骨の向きが違うところの張り直しを行いました。
バルサ板の取り付けはやや大き目に切ってあったバルサ板を取り付ける所に綺麗に入るよう、ヤスリで少しずつ削りながらの作業となりました。
やり過ぎるとまた作り直さなければならないので丁寧に削りました。

ガセットや小骨の付け直しは、木の向きが違うだけでも、強度などが変わってしまうので次は間違えないよう、向きに十分気を付けて作業を行いました。
IMG_7707

次の作業も慎重に行っていきたいです。

こんばんは、4年の奈良尾です。
昨日に引き続きKa6の整備を行いましたが、今日は窓から時々涼しい風が入ってきて心地よかったです。

作業は昨日の繰り返しですが、少しずつ工具の扱いややり方に馴れてきてスムーズにできるようになりました。

例えば、翼の中心付近の作業をするとき後縁の板が邪魔で上手く工具を取り付けられませんでしたが、リブとリブの間から頭を出してみることで腕の届く範囲が広がり取り付けやすくなりました。
1402370B-A376-4E99-876C-731B29365E45

意外とリブとリブの間って幅があるんだなと感じました。

小さな気づきでも大切に今後も作業していきたいと思います。
35DC6D1B-D57F-4BF9-9EC0-6972430221EC

こんばんは、4年の奈良尾です。
今日は熊谷で国内最高気温の41.1℃を更新しましたね!
体温よりも5℃も高いなんて、信じられません!

とっても暑いですが、テストがない人は今週からテスト週間という名の夏休みなので、平日も毎日Ka6の整備を毎日行う予定です!

熊谷ほどではありませんが、学校の格納庫も汗が枯れるほど暑かったです。

今日は昨日に引き続きバルサ板を加工し、翼の内側に接着する作業をしました。
バルサ板の加工のしやすさに感動した半面、力加減を失敗すると削り過ぎてしまう難しさに直面しました。
明日はもっと上手に道具を使い、きれいにバルサ板を加工したいです。
明日以降も引き続き作業を頑張ります!

こんにちは、2年の玉井です。
本日はOBの角谷さんがお手伝いに来てくださいました。
送風機と係留用のロープを寄付してくださりました。差し入れとして飲み物とお菓子もいただきました。
ありがとうございました。
412201DA-3648-4D08-9014-36714D7BECC9

575C641B-538C-4E42-9DF8-C2B1FC037555


Ka6の整備は羽布の部分の修理はほとんど終わり、もう少しで羽布が貼れるところまできました。

羽布をはがした時に残った接着剤などを落とす作業は慣れてきて、スムーズに行うことができました。
来週の土日も参加するので新たな発見ができたらいいなと思っています。

おはようございます、4年の鶴田です。
この度、以前から少しずつ進められていたKa6CRのオーバーホールに初めて参加させていただきました。

今回は、翼の内部にあるバルサという木材でできた板を剥がして、新しいものに交換する作業を行いました。

IMG_9114

バルサ板剥がしに使う道具ですが、左から順にスクレーパー、ブラシ、サンドペーパー#100です。
これを使って...

IMG_9113
IMG_9112

古いバルサ板は水分や樹脂の成分が抜けてパサパサになっていて、あっという間に剥がれました。


剥がしたところに貼り付けるバルサ板は相島さんが買い付けてくださり、そのバルサ板を同期の鈴木と1年の室井に加工してもらいました。
IMG_9118
IMG_9119

新しくできたバルサ板は接着剤で貼り付けました。
しっかりと貼り付けるために当て板をし、それをクランプではさみました。
これを繰り返し、両翼合わせて32か所あるうちの4分の1にあたる8か所のバルサ板の交換ができました。

作業はまだまだ長く続くと思いますが、格納庫の中で地道な作業を続けて再びKa6が飛ぶ姿を見られるのを楽しみに作業に関わっていきたいと思います。

このページのトップヘ