東海シックス準備良し!

東海大学湘南校舎体育会航空部の公式ブログです。 合宿、大会、整備、各種会合の様子をお伝えします。 公式Twitter(@tokaiavia2014)のフォローもよろしくお願いします!

2006年08月

こんにちは、御子貝です。
原田杯day6、day7は台風からの湿った空気が南から流れ込み、
低雲低高度、降水および視程不良となり、両日とも競技フライトは行われませんでした。

そのため、上級生を中心に、アウトランディング場の調査を行いました。

はらだday6邑楽タワー1







邑楽タワー周辺、造成地があり、電線も少ない。
強風時には、タワーによる乱流の影響があるかも。
はらだday6 館林







館林R/W、東側より。
新車置き場となっており、アウトランディングには相応の技量が必要。



今回のアウトランディング場調査で、普段からアウトランディングを意識し
最小滑走距離でフルストップできる着陸の重要性を再認識しました。
また、実際にパドックに足を運ぶことにより、風向きや、パドックの長さなどを考え
実際にどのようにアプローチして降りるかを議論できたことが大きな収穫でした。

明日で競技最終日となりますが、悔いの無いフライトができるよう頑張ります。

副将 御子貝

こんにちは、御子貝です。
8/14(day5)は上空の寒気と日射の影響で大気が不安定となり、発達したCu、TCuが見られました。
はらだday4-1










この日は小磯が3+00を飛び、3周、時間点1600、距離点1600の計3200点を獲得しました。
3周したものの、カメラのトラブルに見舞われ、2周判定となってしまい、
カメラの熱対策が夏季大会においては重要という事が今後の課題となりました。

また、東海Bの近藤は0:29、半周しました。
はらだday4-2








旋回点写真に翼端が入らないというミスがあったものの、大会規定により、有効と判定されました。
2,3年生は今後、写真撮影要領のテクニックを磨いて行きたいと思います。

副将 御子貝

こんにちは、御子貝です。

ただいま第10回原田覚一郎杯グライダー競技会開催中です。

東海大学は
Aチームがライセンシーの4年小磯がKa6CRで。
Bチームは4年梅内、3年岸田、照沼、小寺、御子貝、弥頭、和才、2年近藤がASK13で
参戦しております。



はらだ1







第1日目の成績は東海Aの小磯が4時間48分、半周というビッグフライトで現在1位。
5時間に惜しくも手が届きませんでしたが、トップ900という距離を稼げない気象条件の中で
Ka6の性能を存分に活かしたフライトでした。

また、東海Bは4年梅内が55分のフライトで団体4位に食いついています。

本日は気象条件が悪く、VMCぎりぎりの条件で、昼過ぎより雨となり、ノーコンテストとなりました。

まだまだ競技は続きますので、両チームとも安全で実りあるフライトを行いたいと行います。
応援よろしくお願いします。


副将 御子貝

このページのトップヘ