東海シックス準備良し!

東海大学湘南校舎体育会航空部の公式ブログです。 合宿、大会、整備、各種会合の様子をお伝えします。 公式Twitter(@tokaiavia2014)のフォローもよろしくお願いします!

2008年03月

131ae017.JPGまいど〜!湯田坂です!

本日は朝から雨となり訓練中止となりました。

昼前には雨は上がりましたが、R/Wの状態がよくないので訓練は行わず強風の中ウインチをだして索点を行いました。

明日からは東海単独での訓練となります。しかし、4連リトリブが故障しているため、首都大リトを使い単連での訓練となります。

また、明日は西高東低の冬型の気圧配置となり等圧線の間隔も混んでいるのでかなり強い北西風が予報されます。

合宿期間も残り2日なので、各自成果を残せるように頑張っていきたいと思います(^^)/

b14db145.JPGこんばんは。

ゆださかです。

本日は朝方は気温が低くく寒かったですが、日差しが出て暖かくなり条件もボチボチでました。
しかし、16時頃には雨が降り出し早めの撤収となりました。
フライト状況としては1年新田が複座でまた4年小寺もka6で1時間越えの滞空を行ったりしました。

◆1年は初ソロ目指して奮闘中!!
◆2年は自家用試験に向け科目の練習を!!
◆3年近藤はka6で滞空を狙って頑張っております!


また、本日は山中教官も妻沼に来られチェックフライトを行いました。

明日も雨予報ですがくれぐれも安全には気をつけて訓練を行って行こうと思います。

以上




○写真は本日の訓練風景

こんばんは。
ゆださかです。
訓練初日の今日は風も安定せず、ピスチェンを2回行ったり、単連ウインチでの曳航であったため発数はあまりあがりませんでした。

明日はシックスと05KHの定点があるのでそれなりに大変になるかと思いますが頑張って行きます!(*^−^)ノ

最終日の成績および大会の総合成績をおしらせいたします。

まず、本日の状況ですが、移動性高気圧の接近による南西風により、上層の気温が上昇してしまいました。
放射冷却による逆転層も発生しており、朝の時点での予想サーマルトップはおよそ1000m、競技中のトップは800から900以下と非常に厳しい条件でした。

1番手小寺はday6まで法政ディスカス柳沢、名大ディスカス中村と僅差でトップを争っていましたが、day7で3選手とも無得点、慶応ディスカスの奥田がトップに立ち、小寺が個人優勝するためには、小寺が周回し、慶応ディスカスが1ポイント以下でなければならない状況でした。

今日のフライトで小寺は800まで上げ、第一旋回点をクリアしたものの、次のサーマルをつかむにはKa6には厳しい高度だったようで惜しくも着陸してしまいました。

総合成績は個人総合5位入賞となりました。非常に惜しい結果となりましたが、プラスチックスタンダード機が個人入賞を占める中、羽布張りのクラブクラスで大健闘し、競技委員の田口教官からもお褒めの言葉をいただきました。

また、本日は相島監督をはじめ、05年度OBの浅倉さん、06年度OBの小磯さん、06年度入部の井上さんが応援に来てくださいました。今大会は大会期間を通じて多くのOBの皆様に応援に来ていただき、ありがとうございました。非常に心強く感じました。

各選手からのコメントが届きましたので、掲載いたします。

チームリーダー 近藤空
OBの皆様へ
今大会は事故後からたくさんの支援を受けて出場出来た大会でした。色々ご支援していただき、心強い大会になりました。どうもありがとうございました。本当に心から感謝しています。

選手へ
本当お疲れ様でした!先輩達の活躍しっかり見届けさせていただきました!後をしっかり引き継ぎ、それ以上を目指します!

クルーへ
忙しい中支えてくれてありがとうございました!来年もよろしく!何人かは選手としてね。

とにかく自分にとっては大きな経験が出来た大会でした。自分には来年もあるので高みを目指して頑張り続けたいと思います。これからもご支援、応援よろしくお願いします(^^)ありがとうございました!



4年 小寺俊之
今まで良い位置につけていただけに最終的な結果はかなり悔しいものとなってしまいました。
全期間得点日という全くもって気の休まらない状態で、かなり精神的にも厳しかったですが、多少の成績を残せることはできました。
Ka6でもここまでできるぞ!っと、もっと見せつけてやりたかったのですが、やはり悔しいです…。しかし、これだけ条件のある空で、そして全国のセンスある学生グライダーマンと戦えたことはかなりの経験ができました。振り返れば楽しかったです。
最後にはなりますが、今大会に駆けつけてくださった監督,OB,OGの方々、また色々情報を流してくださった方、影ながら応援してくださった方々には本当に感謝しております。そして支えてくれたクルーにも感謝!うちのKa6にも感謝!ありがとう!!今後とも東海航空部を宜しくお願い致します。



4年 御子貝槙一朗
今大会は非常に気象条件が良く、いままでしたことのないような経験をさせていただきました。
競技成績としては個人的には判断ミスからタスクをコンプリートできないフライトもありましたが、day4で3番手には回せませなかったものの、自己ベストとなるフライトが出来たのが良かったです。今回の競技会で、昨年の大会にも増してグライダー競技の面白さ、難しさを実感することが出来ました。
今年度は本当に多くの出来事がありましたが、暖かく、力強く支えてくださったOBや教官の皆様、学連の教官、事務局の皆様、そして部員の協力のおかげで今大会を戦うことが出来たことを深く感謝いたします。
また、2年生のときからおよそ35時間、一緒に空を飛び、整備で寝食を共にした(笑)Ka6CR"RhönSegler"にも感謝。プラスティック機ばかりの時代に木製の傑作機に乗れるのは本当に貴重な経験でした。
本当にありがとうございました。


このページのトップヘ