東海シックス準備良し!

東海大学湘南校舎体育会航空部の公式ブログです。 合宿、大会、整備、各種会合の様子をお伝えします。 公式Twitter(@tokaiavia2014)のフォローもよろしくお願いします!

2010年12月

こんにちは

25日26日と朝日クラブのお手伝いでAT搭乗会に参加させていただきました。
メンバーは25日須藤、多田
26日須藤、上谷、鈴木
でした。

2年はAT3回目ぐらいでしたがそれぞれ経験値を貯め、成果があったようです。
1年鈴木は初ATということでウインチ曳航とはまったく異なった飛行機曳航の難しさに困惑しながらも新しい刺激受け良い経験になったようです。またハスキーにも搭乗させていただき空中散歩を楽しめたようです。

地上でも貴重なお話を聞けたので今後の活動の参考にさせていただきたいと思います。

皆で最高の今年のフライト納めとなりました!

朝日クラブの方々お世話になりました!そしてありがとうございました!

来年もよろしくお願いします。
良いお年を





上谷 有

本日は爆弾低気圧によりとんでもない強風になりノーコンテスト…
RWの水もはけ、逓減率も良好、日射もさして気温も上がり雲の様子も上々だったのですが、風速が平均12m/sを超え最大18m/sに達する中では運航などできるわけもなく、7日間にわたる関東大会は競技日5日間にて無事終了しました。

結果を先に報告します。東海6チーム全国大会出場決定です!!


例年通り逆転層や強風に見舞われ、得点者が出たのはわずかに2日。半周以上をしてポイント獲得したチームは5校のみで、ポイント獲得=勝ち抜きとなり、残りの7枠を獲得高度で争う結果となりました。
今大会はサーマルトップが800m以上になる日がなく、足のない機体には非常に苦しい条件でした。
また、獲得高度は「最大高度-最低高度」のため、同じ800m到達でも500m→800mと400→800mでは後者が勝利してしまうので、サーマルを掴み始めた高度が全国への道を分けたと言っても過言ではないでしょう。
東海6は連日着実にその日のTOP高度まで到達するも、わりと高い位置でサーマルを捕らえることが多かったため獲得高度が伸びず、苦戦を強いられました。
獲得500mが2校、400mが4校、300mが3校で接戦でしたが同じ最大獲得で並んだときには2番目の獲得高度で選考されるので、大きくないながらも複数回300mを記録したのが功を奏しました。
19チーム中12位と、全国出場枠12チーム最下位ながらも全国へのキップを手にすることができました。
わずかに100mの差が勝敗をわけ、技量や経験が豊富ながらも無念の敗退をした大学も多く、非情な結果となったのが印象的でした。

このように獲得高度で多くの大学が接戦となる中、慶応ディスカスが非常に時間がかかりながらも、粘りに粘り周回を2回達成。今大会周回をしたのはこの1チームのみでした。高性能機ばかりが旋回点に行ける条件であるとはいえ、他の高性能機チームは半周止まりななか1機だけ周回を成し遂げたのは、やはり技量で差をつけられるという事の証明だと感じました。
今大会はKa6の持ち味とハンディキャップを十分に活かせるコンディションではなかったとはいえ、それを補って余りある技量があれば上位入賞も可能だったと思いますが、それができなかったのは、やはり我々選手の未熟さだと痛感しています。全国大会でもこんな条件もあるかもしれませんし、今回とは違った条件の中で戦うにはやはりさらなる技量向上が必要だと思います。

全国大会まであと3ヶ月!全国のときは今回よりも、Ka6の強さを活かせるチャンスがあります。さらに知識と技術を磨き、去年のような素晴らしい戦いを繰り広げて、プラスチックや高性能機に一矢報いる結果を出したいと思います。


最後に
応援してくださった教官、OBの方ありがとうございました。
そして、クルーのみんな忙しい中、とても寒い中地上作業をしてくれてありがとう。ぜひいい結果を残せるように選手一同がんばりますので、全国でもまたよろしくお願いします。



大会総合成績
個人の部
優勝  舩曳 直志  慶応義塾大学  2000点
準優勝 和田 悠佑  早稲田大学  519点
第3位 小森 瑛   日本大学  469点
第4位 金子 辰典  法政大学  259点
第5位 井口 知彦  青山学院大学  38点


団体の部
優勝  慶應ディスカス  2000点
準優勝 早稲田LS  519点
第3位 日本大学B  469点
第4位 法政B  259点
第5位 青山23  38点


第51回全日本学生グライダー競技選手権大会出場チーム
東海6、日本大学A、日本大学B、青山23、東大24、法政A、法政B、早稲田LS,早稲田23、防大21、慶応YS,慶応ディスカス


昨日から降り続いた雨は朝にはやみましたが、ランウェイを湖にしてしまいました。車輪の代わりにフロートをつければちょうどよかったかもしれませんが… 
みんなドカチンをしたあと、多くの大学が外飯・外風呂へ行ったようで最終日を前につかの間のひと時を過ごしていました。
明日は最終日ながら今大会最高の条件になる予報。風がかなり強いようですが、周回機が複数機あるかもしれません。
4年間の努力と経験を発揮できるよう、もし仮に結果が実を結ばなかったとしても悔いのないようなフライトができるように臨みたいです。
応援よろしくお願いします。

こんばんは。
今日も昨日と同じく逆転層がべったりなうえオーバーキャスト。日射は一瞬も差さず、飛行してもバリオは自機沈下率を示すのみ… 縦にも横にも全く空気が動かない静穏で、普段の訓練であればこれ以上ないソロ日和となったことでしょう。下級生を飛ばしてあげいくらいでした。
慣熟を適当にしたのちに各校とも発航をキャンセル。14時を待たずして撤収となりました。

RIMG0003_R


各校キャンセルしてショルダー。他校の機体を見学したりのんびりムードが漂いました。


夜は毎年恒例のクリスマスパーティーで盛り上がりました。

DSCF0662_R


DSCF0663_R


現在雨が降り続いており、明日の午前いっぱいまで長引くようです。ノーコンテストの気配濃厚ですが、せめて午後にはできるよう祈るばかりです。
残り2日、全国枠から外れないように気合いを入れていきたいと思います。

こんばんは

4年の角谷です。

大会4日目は、逆転層がべったりかつ穏やかな天気だったので、滞空すらしたチームはありませんでした。晴れているのに浮かないというのはなんとももどかしいものです。短いですが報告終わります。

明日から後半に入るので、一瞬のチャンスを逃さないよう頑張っていきます。

このページのトップヘ