東海シックス準備良し!

東海大学湘南校舎体育会航空部の公式ブログです。 合宿、大会、整備、各種会合の様子をお伝えします。 公式Twitter(@tokaiavia2014)のフォローもよろしくお願いします!

2011年02月

今回も写真いっぱいでお伝えしたいと思います。

DSCF2557

前回の報告からの続き。左翼のガセット修理。

DSCF2567

小骨が損傷していました。修理します。


DSCF2584

エアロダックス(木部接着剤)で接着、クランプ、クリップで固定。


DSCF2570

ガセットが剥がれていました。剥がした後、接着面を整えます。


DSCF2581

エアロダックスを塗ります。


DSCF2580

ガセットを張り付けて、この後ここはタッカー(ホチキスのようなもの)で固定します。


DSCF2566

今度は、右翼の進行状況。翼に残っているドープ塗料や、羽布をヤスリで落とします。


DSCF2561

後縁の外板が浮いていたので剥がしました。


DSCF2575

新しい外板を航空ベニヤで作成し、接着面を整えた後


DSCF2582

またまたエアロダックスで接着します。


DSCF2587

クランプで固定。

以上、現在の進行状況はこんな感じです。

東海大学航空部 機体主任 2年 須藤 保史

今日は左翼も羽布を剥がす作業をしました。

DSCF2515r

これが(左翼のみ参照)

DSCF2554r

こんな感じになりました。

これで両翼とも羽布を剥がし終えました。

前回のBlogで紹介した陸送の次の日(22日)より東海13の修理作業が始まっております。

DSCF2515r

これを

DSCF2520r

JAナンバーの型取りして

DSCF2525r

エルロンを外してから

DSCF2530r

羽布を破きます。


右翼

何者かによって反対側が見えるようになった主翼。


P2240131

P2240129

ガセット

小骨についてた剥がれたガセットを修理します。

DSCF2542r

右翼の作業がここまで進みました。


東海大学航空部 機体主任 2年 須藤 保史

2月21日東海13を妻沼より東海大学格納庫まで陸送しました。
明日よりいよいよ大整備が幕を開けます。

以下、今日1日の様子。
DSCF2483r


DSCF2490r


朝10時ごろの妻沼宿舎の様子。手配した運送業者のトラックへ積み込みます。


DSCF2494r


陸送中。

DSCF2504r

午後3時、東海大学格納庫到着。

DSCF2507r

積み下ろし後の様子。

以上、陸送時間約5時間、部員ドライバーの運転時間約10時間の長い一日が終わりました。

羽布貼り替えを終わらせ、また広い青空へ東海13が戻れるよう長い道のりですが部員一同頑張りたいと思います。

主翼全面ハフ貼り替えの様子を見学したい方いつでも大歓迎です。
また、羽布修理の体験整備をしてみたい方も歓迎します。

Blogにて、整備の様子は更新していくつもりですので、温かいご声援の程をよろしくお願いいたします。

最後に、今日1日陸送についてアドバイスして下さった中西整備士様、この場を借りて厚くお礼申し上げます。


東海大学航空部 機体主任 2年須藤 保史

昨日はなんと風が平均20m/s、最大27m/sを記録! 時速100km/hです。もうウインチなしで離陸できます。自然の力は偉大です

DSCF2463r
事務所の風速計。25m/sを指しています。

DSCF2460r
あまりの風でフライトを早々と断念し、RWに排水溝を作りに重機を繰り出す中央のS教官。

昨日で中央大学の合宿への外人合宿(自分はバイト合宿でしたが…)が終了しました。
天候も条件も決していいとは言えませんでしたが、ランウェイも空いていて静穏でベーシック訓練にはもってこいの環境でした。下級生の上達の事を考えると東海も予定していた合宿が中止になってしまったのは残念でなりません… 
早く合宿が再開できるようにしたいです。他大学でも活動費を全額払いきれている人は多くなく、支払いが辛いのはうちだけではないようですが、他大はそれでも合宿できているのはそれなりの工夫があるからかもしれません… ただ、お金持ちだけが飛べて、お金のない人はさようならという部活にはしたくないので何か方法を見つけたいところです。あと1ヶ月ちょっとですが、後輩が充実した活動ができる環境作りへの手がかりを探っていきたいと思います。


さて、合宿に外人参加していた2年須藤でしたが、ASK21への慣熟と自家用科目に懸命でした。他大の機体なのでソロに出られなかったのは残念ですが、発数がだいぶ伸びたこともあり、かなり慣熟でき、自家用科目も順調に消化できた様子 まぁ新人戦でも乗ってるし、21ソロも出たことあるならそのくらいサクっと出来てくれなきゃ困るよってハードルを上げるイジワルな先輩がいたとか…
東海13改修中はしばらく借用の21になるので、他の部員も21へシフトしなければなりませんね。

そして全国大会に出場する角谷と自分ですが、大会規定の1ヶ月前フライトを行い全国への準備が整いました。久々の21複座での飛行で、Ka6と比べると飛行中の重量が250kg以上も違うので慣性を非常に強く感じました。やっぱりKa6は軽くて俊敏で偉い子です(笑) それでも、バッタではなくソアリングできたので良かったと思います。関東大会では高性能機向きのトップの低い条件で苦戦を強いられましたが、全国では6の強みを出せるような条件になることを祈るばかりです。
今回外人参加でフライトをさせていただいた中央大学さん、ありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

ここで、全国前に大きなイベントがあるのでお知らせします。
東海13があさって2月21日に妻沼から湘南校舎格納庫へ陸送されますその後は毎日整備 陸送の様子は後日レポートします。
また、1,2年生の計5名がまもなくライセンス取得のため海外にTakeOffします。東海に海外ライセンスブームが到来したようです。どんな機種に乗ってくるのか、その技量のほどはどうなのか、気になりますが今後の合宿でその成果を魅せつけてください
くれぐれも安全に、楽しんで来てください。いってらっしゃい!!

新田

このページのトップヘ