東海シックス準備良し!

東海大学湘南校舎体育会航空部の公式ブログです。 合宿、大会、整備、各種会合の様子をお伝えします。 公式Twitter(@tokaiavia2014)のフォローもよろしくお願いします!

2011年09月

こんばんは。
合宿二日目も快晴にとなり、ベーシック訓練日和となりました。
午後からは台風の影響からか風が強くなり、1年生は初めての強風でのフライトを経験できたと思います(冬の妻沼はもっと強いよ)

また、この日は次の日から台風のため早めの撤収となりました。
2日間の短い合宿となりましたが、少ない人数(8、9人)ながら効率良く発数もまわり大きな成果が出た合宿となりました。

DSCF3333

東海の保有する羽布機2機。
妻沼では東海と日大だけとなってしまいました…。


DSCF3334

1年生も順調に発数がたまっております。
この調子で地上作業のスキルもどんどん身につけてほしいです。


合宿ではお忙しい中ご指導いただいた、野尻教官、会田教官、山中教官、有難うございました。この場を借りて厚くお礼申し上げます。

次の合宿はOB搭乗会となります。
羽布貼り替えを終えた東海13にぜひ乗りに来てください。

こんにちは! 3年の鎌田です。

OB搭乗会についてのお知らせです!
10月8日から10月10日にてOB搭乗会を行います。
場所は、妻沼滑空場になります。
たくさんの方に、またグライダーに搭乗していただけたらと思います。


お越しになる方、詳しいことを知りたい際には、
3年主務 上谷まで連絡をお願いします。
主務 上谷の連絡先 9aeu1203@mail.tokai-u.jp

部員一同、お待ちしています!

こんばんは。
今合宿は初日から大きな成果がありました

ついに、3年、須藤、上谷によるファーストKa6が出ました
また、2rd、3rd、と順調に発数を伸ばし二人とも一日で6発飛び、須藤は指定養成のソロ経歴をクリアすることができました。
今年は天候不良、人数不足などによってなかなかシックスで出るタイミングが合わずに苦しい思いをしてきましたが、やっと報われました


他にも、ベーシックトレーニングには最適な条件だったこともあり、合宿に参加した3年生全員がソロに出たことや、1年生も一日で4発も周り人数が少ないながらも今年で一番の効率良く訓練することが出来た一日でした。

DSCF3310
須藤 ファーストKa6


DSCF3315_R
着陸


DSCF3319_R
上谷 ファーストKa6

DSCF3317
離陸



明日からも気を抜かずに成果を残して行きたいと思います。


こんばんわ。またモコです。
本日9月合宿を行うため妻沼入りしました。

午前中にka6を組みました。
なんか、すごい久しぶりに見たような気がします。(タブン・・・)

しかし今日は風が大変強く翼端も風にあおられてました。

午後には13も無事に組むことが出来ました。
機体係のS先輩は「13組のメインピンを入れるコツがわかった〜」
と言っていました・・・(汗)

明日からの訓練は一回一回を大切にフライトしようと思います。



picsay-1316262104
ka6


こんばんわ。もこです。

ブログの更新が原田杯より出来ていませんでした。
まことに申し訳ありません。

遅れましたがここに原田覚一郎杯の結果を報告させていただきます。

団体賞

団体優勝     日本大学 Bチーム 31040点
団体準優勝    日本大学 Aチーム 24840点
3位       中央大学 Aチーム 22400点
敢闘賞 青山学院大学 Aチーム 18100点
滑空奨励賞 日本大学 Bチーム 31040点

個人賞

最優秀選手賞    北 信哉    中央大学 16800点
優秀選手賞     山田 裕太郎 日本大学 14740点
3位 高橋 真璃子 日本大学 14500点
4位 坂田 大樹 青山学院大学 12800点
5位 國分 洋輔 日本大学 10450点
6位 北田 絢子   日本大学 7370点
Aコース距離選手賞 北 信哉 中央大学 9200点
Bコース距離選手賞 原 健人 中央大学 2310点
滞空選手賞 高橋 真璃子 日本大学 10000点
1フライト ハイスコア賞 國分 洋輔 日本大学 8150点
女子最優秀選手賞 高橋 真璃子 日本大学 14500点
熊谷市長賞 北 信哉 中央大学 16800点
滑空奨励賞 北 信哉 中央大学 16800点

のような結果となりました。

東海チームは最後にトラブルを抱えてしまい、まったく結果を
残すことが出来ませんでした。
応援していただきました皆さまには本当に申し訳ありませんでした。

今回原田覚一郎杯ではいろいろな問題点も発見されました。
これは、部員一人一人が反省し、1つずつ解決していく必要性が
感じられました。

これからは、部員一同この航空部をより良いものにするために
日々努力を重ね精一杯努力していきたいと思いますので、
これからも東海大学航空部をよろしくお願いいたします。


このページのトップヘ