トーカイ ノスタルジックラーメン PLUS

温故知新・原点回帰。東海地区の老舗店で、心も身体も温まるノスタルジックラーメンをいただきます。

すっかりラーメンに対する熱が冷めてしまい、更新をサボっています。

そんな中で、瑞浪市の鈴屋食堂が閉店したとの情報が有りましたので、閉店情報を更新してみました。
対象店の各エントリータイトル後ろに(閉店)を書き加えましたので、ご確認いただき、漏れや誤りが有りましたらコメントいただけると嬉しいです。
mixiチェック

この日は、第4回世界えだまめ早食い選手権に出場するために新潟県長岡市へ。
選手権にエントリーしたものの、ロクに練習もせずぶっつけ本番で臨みましたので、予想通りあっけなく予選落ち。
決勝戦・表彰式まで時間も有るので、長岡のラーメンをいただきます。
新潟5大ラーメンの一つ、生姜醤油系。その元祖が青島食堂と言われています。
青島食堂は何店舗か有りますが、一番古くから営業している宮内駅前の店を訪問しました。

aoshima_miyauchi

生姜醤油系と言えば、名古屋にも一瞬だけ専門店がありました。5年ぐらい前の話です。
その時の印象は生姜と醤油が際立っていて、イマイチだなーと。
そんなことを思い出しながら、最新式のタッチパネル券売機で青島ラーメンの食券を購入して店内へ。

aoshima_miyauchi_ra

食欲がそそられる綺麗なヴィジュアルですね。
ゲンコツがベースの動物清湯スープに濃い目の醤油ダレ、そこにスッキリした生姜の風味が加わります。名古屋のなんちゃって店で食べたのとはまるで別物。ウマいんです。
自家製麺はキッチリ計量されてから大釜で泳がされ、平ザルで湯切り。中細やや縮れで固めの仕上がり。
チャーシューは脂が少ない部位で、しっとりした歯ごたえの柔らかいもの。これもまた美味し。
予想外に良かった。チャーシュー麺にしとけば良かったと後悔。

メニュー
青島ラーメン 800円  青島ラーメン麺大盛 850円
青島チャーシュー 900円  青島チャーシュー麺大盛 950円
自家製麺 50円/100円  自家製チャーシュー 50円/100円
茹ホウレン草 50円/100円  自家製メンマ 50円/100円
薬味刻みねぎ 50円  6切のり5枚 50円  他

店データ
住所:新潟県長岡市宮内3-5-3
電話番号:0258-34-1186
営業時間:11:00~20:00
定休日:第三水曜日
駐車場:有
mixiチェック

第4回世界えだまめ早食い選手権の決勝戦・表彰式も終わり解散。
枝豆たくさん食べたけど、サラっと何か食べて帰りたいところ。
会場であるアオーレ長岡の並びにイイ店が有りました。

mimatsu

洋菓子・喫茶の美松。イートインスペースのあるケーキ屋さんです。
ここで提供されるのが、長岡の夏の風物詩「レーメン」。冷麺ではなくレーメンです。
昭和34年の創業当時から提供されているレーメン。
秘密のケンミンショーでも紹介された長岡のソウルフードをいただきます。

mimatsu_lemen

麺類の提供はこのレーメンのみ。
具材はレタス、キュウリ、トマト、茹で玉子、チャーシュー、カニカマ、パイナップル。
柔らかい酸味のタレと自家製マヨネーズを絡めていただきます。(チャーシューに隠れていますが、たっぷりのマヨネーズが添えられています。)
冷水で〆られた麺は、プリリとした食感のやや太目なもの。
タレ(スープ)とマヨネーズは分離せずに混ざるのですが、あえて混ぜずに食べ進め、途中から味の変化を楽しみつついただきました。
イイものをいただけました。教えていただいた、観光案内所のおばちゃんに感謝。

メニュー
レーメン 680円  大盛 +100円


店データ
住所:新潟県長岡市大手通1-4-12 都屋ビル1F
電話番号:0258-36-0852
営業時間:10:00~19:00(レーメンは11:00~LO18:30)
定休日:無休
駐車場:無し
mixiチェック

この日は岡山へ出張。
岡山市民なら知らない人はいないという有名店、食堂やまとへ行って来ました。

yamato_okayama

創業は昭和23年。中華そば、カツ丼、ハヤシライス、カレー、シチュー、オムレツを提供する洋食店として、長く愛されてきた店です。
中華そばとカツ丼小をいただきます。

yamato_okayama_chuka_katsudon

茶褐色のスープは、豚骨ベースに節系の魚介が強く主張したもの。
今時な味の組み立てですが、これは創業当時から変えていないというから驚きです。
麺は中太ストレート。チャーシューは分厚くて肉々しく、しっかり味の染みたウマいやつ。

カツ丼はいわゆるデミカツ丼で、デミグラスソースがかかる岡山スタイル。これも創業時から提供されているそうです。
ドロリとした高濃度のデミグラスは中華そばのスープをベースにソースやケチャップを加えているそうで、酸味が効いていて美味し。カツにはヒレ肉とバラ肉の両方が使われていて、サクサクジューシー。
老舗食堂の人気メニューをしっかり堪能。美味かった!

メニュー
中華そば 730円 大 880円  小 520円
五目そば 880円 大 1,040円
野菜そば 780円 大 930円  小 570円
チャーシュー麺 880円 大 1,040円
キムチそば 780円 大 930円
トマト野菜そば 780円 大 930円
カツ丼 780円 大 930円  小 520円


店データ
住所:岡山県岡山市北区表町1-9-7
電話番号:086-232-3944
営業時間:11:00~19:00(15:00~16:00は麺類のみ)
定休日:火曜日
駐車場:なし
mixiチェック

この日は新潟へ出張。
このエントリーとは別の日です。
新潟5大ラーメンのうち新潟あっさり系と呼ばれているのが、新潟市内で長く愛されている、あっさり醤油ラーメン。
新潟あっさり系の老舗と言えば有名なのは三吉屋なのですが、この日は残念ながら定休日。
色々候補は有りましたが、新潟あっさり系の中でも歴史のあるコチラの店をチョイスしました。

houraiken_niigata

蓬来軒は1956年に屋台から始まり、当時と変わらない味を守り続けています。
ちょいと調べると、蓬来軒の初代が屋台時代、三吉屋に味を教えていたというから、新潟あっさり系の元祖はこの店ということになるのでしょう。
セットメニューは無いので、らーめんとちゃーはん(820円)を単品で注文します。

houraiken_niigata_chara

綺麗に透き通ったスープは、豚骨ベースに鶏ガラ、ウルメイワシに野菜。これに淡いカエシが加わり、優しさの中に力強さも有る深い味わいに。
極細ストレート麺はしなやかな歯ざわり。小振りのチャーシューは肉々しいもの。
ちゃーはんはパラッパラに仕上がっていて、絶妙な味付け。
この組み合わせ、最強です。

メニュー
らーめん 600円  めんまらーめん 780円
ちゃーしゅーめん 880円  潮らーめん 780円
たんめん 820円  味噌たんめん 900円
四川たんめん 930円  きくらげたんめん 920円
特製たんめん 900円  焼きそば 820円
揚げそば 850円  広東めん 880円
麻婆めん 880円  天津めん 950円
わんたんめん 820円  冷し中華 900円


店データ
住所:新潟市中央区上大川前通9-1262
電話番号:025-222-7208
営業時間:11:00~14:00 17:30~21:00
定休日:日曜日
駐車場:2台
mixiチェック

このページのトップヘ