shinanoya第二回目の訪問店は、多治見の信濃屋さん。
創業が昭和5年頃といういことで、もう80年近く続いている老舗中の老舗です。
色々な文献を読んでみると、最初は名古屋で創業、戦災で焼け出され昭和23年に多治見へ移り、現在の御主人が二代目だそうです。
恥ずかしながら今回が初訪ということで、混み具合等も分からず、開店の20分前に到着。暖簾が出ていたので中に入ってみると、まだ開店時間じゃないけど中でお待ちくださいとの気配り。
店内はテーブル席が2つと小あがり、奥に座敷。座敷と言っても、民家の居住スペースと言ってもおかしくないような佇まい。昭和30年台で時間が止まったかのような、そんな雰囲気です。
メニューは『うどん』『ころかけ』『支那そば』の3種類のみ。初訪である旨を伝えると、常連さんがよく注文する方法を丁寧に教えていただけました。
shinanoya_koro_shinasoba教えてもらった通り、最初にころかけをいただき、後から支那そばをいただくことに。ころかけを何杯も食べる人も居るそうですが、一杯ずつで。
ころかけは甘めの溜り醤油と和風だしのツユに滑らかモチモチで喉越しの楽しい麺。なるほど、これなら何杯でも食べれそう。
支那そばは、うどんツユに自家製ラードを浮かべたもの。透き通ったきしめんのような形状で、独特の歯ごたえの麺が、シンプルなスープの旨味を引き出しています。
ご主人が中から出て来て、お客さんに味の濃い/薄いを聞いて回っていました。それもすごく丁寧に。その他の従業員の方の接客を見ても、本当にお客さんを大事にしている店なんだなぁ・・・と感心しました。
ちょっと値段は張りますが、2杯とも美味しかったです。

メニュー
うどん 並660円  ころかけ 並660円
支那そば 並880円
小はそれぞれ半額

店データ
住所:岐阜県多治見市上野町3-46
電話番号:0572-22-1984
営業時間:11:30~麺無くなる迄
定休日:日曜・月曜・火曜
駐車場:13台