marudebu第三回目の訪問店は、岐阜の丸デブ本店さん。
創業は大正6年。明治末に開店した日本で最初のラーメン屋『来々軒』で修行し、『来々軒』の味をそのまま伝えているそうです。この地方では一番の老舗ということになります。
店名の『丸デブ』は商標登録されていて、創業者の方が太っていたことからその名前が付けられたとか。
メニューは中華そばとわんたんの2種類のみ。常連の男性客で両方を注文している方も多いようですが、今回は中華そばをいただくことにしました。
常連さんの中には、ネギ多目とか、味濃い目とか、麺こわめとか注文されている方もいらっしゃいました。

marudebu_chukasoba

小さな器になみなみとスープが注がれ、その中に中太の麺がビッシリと詰まっています。熱々のスープは見た目の色ほど味は濃くなくて、ほんのり甘めの昔懐かし系。油がほとんど浮いていないので、中華というよりは和風のツユといった印象です。
麺はもっちりした食感で、勝手に想像していた頼りなさは感じられません。今時のガッツリ系の麺ではありませんが、食べ応えがあります。
3枚のチャーシューはしっかり味が染みていて、噛み応えがあります。昔ながらの製法なんでしょうね。
考えていたよりもボリューム満点で、お腹いっぱいになりました。もしわんたんも注文していたら、とても食べきれなかったでしょう。
店内はテーブル席のみで相席が基本なんですが、接客が非常に丁寧で、気持ち良くいただくことができました。日本一古い中華そばの味を受け継いだ一杯、美味しかったです。

メニュー
中華そば 400円  わんたん 400円

店データ
住所:岐阜市日ノ出町3-1
電話番号:058-262-9573
営業時間:11:00~売り切れまで
定休日:毎月6日・16日・26日
駐車場:なし