tenshinro今回の訪問店は東片端の天津楼さん。名古屋人なら『洋菓子・喫茶のボンボン』の隣と言えばすぐ分かることでしょう。
お隣の『ボンボン』は昭和24年創業の老舗。ボンボンの社長さんのラーメン好きが高じて喫茶とほぼ同時期にオープンさせたというから、約60年の歴史がある老舗中華です。
『ボンボン』『天津楼』という店名は、運=“ん”が重なるように、という意味が込められているそうです。
昔『PS愛してる』の取材を受けた時の店長が、現在の呵呵(津島)の店主であるという裏話は知っている方もいらっしゃるでしょう。
お昼時の訪問ということで、お昼のランチ(各750円)を注文することにします。餃子とラーメンの専門店ですが、チャーハンも美味いとよく聞きますので、Aランチ(チャーハン+ラーメン)を。

tenshinro_a_set

ラーメン・チャーハン共に少し小さめですが、これで750円はお徳ですね。
ラーメンはあっさりした醤油味のスープに、緩やかな縮れの中太麺。しっかり味の染みたチャーシューとゆで卵が1/4切れ、メンマにネギ。シンプルな構成ですが、これで必要十分。
パラパラに仕上がったチャーハンは、控えめな味付けで好印象。
普通の町の中華料理屋さんと言えばそれまでですが、歴史を重ねた美味さがありますね。美味しかったです。
ラーメンを食べた後に、ボンボンでケーキ・・・とハシゴして昭和の時代にタイムスリップするのもオススメです。ボンボンは桜山店のノスタルジーさにも定評が有り、さらにその横にある『ボンボンセンター』という居酒屋やスナックが軒を連ねる飲み屋横丁は、まさに昭和遺産。必見です。

メニュー
柳麺(ラーメン) 450円  上柳麺(卵入ラーメン) 500円
什錦オー麺(五目ラーメン) 550円  揚州炸麺(あんかけバリそば) 550円
寧波炒麺(あんかけやきそば) 550円  チャプスイ麺(あんかけラーメン) 580円
天津麺(かに玉入ラーメン) 580円  叉焼麺(チャーシューラーメン) 600円
味噌らーめん 600円  台湾らーめん 600円
お昼のランチ 各750円
Aランチ チャーハン+ラーメン
Bランチ ミニ天津飯+ラーメン
Cランチ ミニ中華飯+ラーメン
Dランチ 餃子+ラーメン+小ライス

店データ
住所:東区泉2-1-22
電話番号:052-931-1415
営業時間:平日11:00~15:00 17:00~22:00
       日曜祝日11:00~21:00
定休日:月曜日
駐車場:ボンボン共同P有り