2年半ぶりの訪問です。ノスタルジックで扱うのは7年ぶりということになります。
創業年についておさらいしておくと、戦後に栄で創業、昭和39年に日比野へ移ってきたということで、現在は2代目と3代目が店を切り盛りしています。
メニューも価格も前回訪問時から変動無しのようです。平日21時台の訪問ですが、お客さん入ってますね~。
この日は腹が減っていたので、ちょっとリッチに炒飯を付けようかと。そうなると麺は必然的にデフォのラーメンになります。そうでないとちょっと値が張るので。

 chukaichiban2_chahan

まずは炒飯がやって来ます。美しい盛りですね。外見だけでウマいと分かるヤツです。
先に食べちゃおうと思っていたら、すぐにラーメンも到着。ほぼ同時提供、嬉しいですよね。

chukaichiban2_chara2

濁りのあるスープはいつもと印象が変わらないですね。少しだけスパイスが効ていて、魚弱めの中華寄り。まろやかでしみじみ旨いやつです。
縮れ麺はツルシコな歯触りで、厚切りのチャーシューは適度な噛み応えのある肉々しいもの。
炒飯は流石の出来。パラりとしていて味付けは穏やか。ラーメンスープとの相性抜群です。
半炒飯の設定が有ったら、毎回頼んじゃうんだけどなー。

メニュー 
ワンタンメン 800円  チャーシューワンタンメン 980円
ラーメン 600円  チャーシューメン 800円 
メンマラーメン 800円  五目そば 900円
めん大盛り 120円増
炒飯 600円  炒飯(大) 900円

店データ
住所:熱田区青池町3-105
電話番号:052-682-6818
営業時間:11:00~14:15 17:00~22:15
定休日:月曜日
駐車場:サンパティークヒビノのP