トーカイ ノスタルジックラーメン PLUS

温故知新・原点回帰。東海地区の老舗店で、心も身体も温まるノスタルジックラーメンをいただきます。

カテゴリ: 大衆食堂系

石巻出張2日目は午後からの仕事で時間的に余裕があるので、昼食はちょっと中心地から離れます。
前日の夜に引き続き、大衆食堂でお昼をいただきます。

kikaku

この店構え、いいですね~
創業は昭和15年。建物が当時の物かどうかは分かりませんが、店内の雰囲気も思いっきり昭和です。
一昨年の夏に放送された、「孤独のグルメスペシャル!真夏の東北・宮城出張編」でも取り上げられており、この出張でどうしても行きたかった店なのであります。

kikaku_saba_katsu

孤独のグルメで五郎さんが食べていたサバだしらーめんを半ソースかつ丼とのセットでいただきます。
ここ飯野川地区の家庭や食堂では伝統的にサバだしが用いられており、それを石巻市の産学・異業種連携がサバだしラーメンとして商品化しているそうです。
食堂きかくも創業当時からラーメンのスープにサバ節を使用していて、これに倣っての商品化という感じでしょうか。
提供されたのは食堂のラーメンらしからぬちょっと奇抜なヴィジュアルのもの。
透き通った綺麗な色のスープは、サバの頭と中骨から身を取って洗い、熱風乾燥したものからダシを取っているとのこと。鮮魚系のような臭さはなく、コク深い独特の味わい。ただ、ちょっとカエシが強めでショッパさがあるのと、香辛料が邪魔なような気もします。
白い細麺は柔すぎず固すぎず。チャーシューは濃い目の味付け。
サバだしラーメンとして名物化する際、サバだしラーメン三箇条なるものを制定。トッピングにサバを入れる必要がある為、サバのツミレが入っているのです。右下のやつがそれ。無理矢理入れた感が有りますねー。
もっとボサいラーメンを想像していたのですが、いい意味で裏切られたというか。
ソースかつ丼はウナギのタレのような味わいが特徴的。これはフルサイズでがっつり食べたかったな。
ラーメンもかつ丼も美味かった。五郎さんが「食べ逃したら後悔する」と言った意味が分かります。

メニュー
サバだしらーめん 700円  中華そば 550円
チャーシューメン 800円  味噌らーめん 800円
チャーシューメン 750円  五目中華 750円
ずるびきうどん 700円
ソースかつ丼 800円  親子丼 800円
チャーシュー丼 800円  あぶら麩玉子丼 800円
ソースかつ丼+サバだしらーめん 1,350円
ソースかつ丼+中華そば 1,200円
ソースかつ丼+半中華そば 950円
半ソースかつ丼+サバだしらーめん 1,050円
半ソースかつ丼+中華そば 900円


店データ
住所:宮城県石巻市相野谷飯野川町171
電話番号:0225-62-3381
営業時間:11:00~14:00
定休日:月曜日
駐車場:有
mixiチェック

今年に入り4回目の石巻出張。
午後からの仕事前に支那そばやへ、仕事終わりで食堂パレスへ行く計画をしていましたので、その通りに。

palace

創業は昭和26年。創業当時はクラブだったそうで、店名はその名残。昼の支那そばやは先の東日本大震災の津波で膝まで浸かったようですが、こちらは1.5mの浸水だったそうです。
半年後には営業を再開したものの、建物が傾いていることが判明するなどして建て直し、2013年10月に新店舗で営業再開しています。
人気のラーメンに半チャーハンがセットになった、半チャンラーメンをいただきます

palace_chara

半チャンラーメンは訪問前から決めていたのでメニューをよく見ていなく・・・
カレーセットの存在に気付いていませんでした。この店の人気メニュー、黄色いカレーとラーメンがセットになっているなら、そちらを選択すべきでしたが・・・まぁ、次回のお楽しみということにしておきます。
スープはあっさりした見た目とは裏腹に、しっかり魚が主張しています。サバ・鰹・煮干しの出汁がビンビン来ています。
細縮れの麺はつるりとした食感で、チャーシューは味の染みたウマいヤツ。
チャーハンはパラりとした仕上がりで、素朴な味付け。
どちらも素直に美味かった。次回出張時は黄色いカレーをぜったい食う!

メニュー
ラーメン 550円  わかめラーメン 700円
みそラーメン 700円  たんめん 700円
チャーシューメン 750円  五目中華 750円
五目やきそば 750円  つけ麺(カレー味・みそ味) 800円
冷中華 750円  カレーセット(ラーメン+ミニカレー) 800円
半チャンラーメン(ラーメン+半チャーハン) 850円


店データ
住所:宮城県石巻市住吉町1-6-8
電話番号:0225-22-1937
営業時間:11:00~18:30
定休日:水曜日
駐車場:有
mixiチェック

この日は仕事で八尾へ。午後からの打合せ前に、まずはRISEで河内の塩をいただき、道を挟んで隣にある本町橋食堂で2杯目をいただくことにします。

honmachibashisyokudou

渋~い店構えです。看板はコカ・コーラで自販機はチェリオ。イカしてますw
詳しい創業年は分かりませんが、天ぷら店として開業し、50年以上の歴史が有るようです。

honmachibashisyokudou2

店に入ってすぐに天ぷらコーナー。どれも1個60円で、個数によって取り皿が分かれる方式です。
その後ろのショーケースにおかずが有って、飯・麺・汁物は注文するスタイル。
えび天、とり天、よせあげを皿に取り、中華そばを注文して着席します。

honmachibashisyokudou3

薄っすらと濁るスープは、昆布ベース和風出汁と表現するべきか、どうなのか。あっさりの中にも香辛料的な引き締めも有り。
白くて丸くて太い麺は柔らかめの仕上がり。ツルリとしなやかな舌触りに、ややボソりとした歯ごたえ。
具材は豚コマにキャベツ、モヤシ、ネギ、ナルト。
天ぷらは揚げ置きで衣厚めですが、スープによく浸してふにゃふにゃにして食べるも良し、そのままかぶりつくのも良し。
久しぶりに昭和を感じさせる、貴重なお店に出会いました。

メニュー 
中華そば 400円  黄かけそば 250円
素うどん 250円  素そば 250円 
きつねうどん(そば) 350円  たぬき 350円 
ハイカラうどん(そば) 350円  月見うどん(そば) 350円
他 

店データ
住所:大阪府八尾市本町3-11-22
電話番号:072-922-3031
営業時間:11:00~15:00 17:00~19:30
定休日:日曜祝日
駐車場:有り 
mixiチェック

かなり放置しているノスタルジック、久しぶりに更新します。
半年ぐらい前に訪問して、画像だけ編集してそのままにしていました。
名鉄三河線碧南中央駅前にある、ラーメンとかどやさん。
色んなブログで紹介されていますので、その情報によると、元々は洋食屋さんだそうです。その名残でしょうか、定食メニューが充実していますね。

ramentokadoya

いただいたのは、誰かのブログで見て非常にキニナッテいたハンバーグラーメン。

ramentokadoya_hamburg

マルシンハンバーグみたいなのが乗っかってくるかと思いきや、これがまた本格的。
表面はカリッと、中はふんわり柔らかジューシー。デミグラスっぽいソースも美味し。
プリンとした細ストレート麺に、シャキシャキのモヤシ。
醤油味のスープは脂多めで味濃いめ。ハンバーグのソースが混ざっても、それがまた美味かったりします。
唐揚ラーメンと焼き鳥ラーメンも食べてみたい!
碧南にまた行きたい店が増えました。

メニュー 
醤油ラーメン 400円  みそラーメン 400円
甘みそラーメン 480円  ニンニクもやしラーメン 480円 
肉みそラーメン 480円  メンマラーメン 480円
唐揚ラーメン 600円  焼き鳥ラーメン 600円
ハンバーグラーメン 600円  ヘルシーラーメン 600円
チャーシューメン 600円  ランチラーメンセット 530円


店データ
住所:碧南市野田町46
電話番号:0566-41-4774
営業時間:11:00~22:00
定休日:不定休
駐車場:有り
mixiチェック

今回は番外編です。
仕事で群馬県富岡市へ。富岡製糸場の近辺に狙っていた店があったのですが、この日は水曜で定休日。どうやら富岡は水曜定休の店が多いようです。
そこで、もう少し足を伸ばして、安中市の中山道板鼻宿へ向かいます。

itahanakan

今回の訪問店は、江戸時代に旅籠屋として創業し、明治時代からは料理店として営業している板鼻館さん。
カツ丼が有名な店で、タルタルソースが乗ったタルタルカツ丼(名前そのまま)がメディアで度々取り上げられているようです。
もちろんラーメンも提供されているのですが、カツ丼も食べたい。
ということで、らーめんとミニタルカツ丼のセットを注文します。

itahanakan_tarutaru

まず先にタルタルソースが運ばれてきます。カツ丼が来るまで、自分の好きな具合にかき混ぜておくのです。
玉子を少し大きめに残しながら混ぜ混ぜして待ちます。

itahanakan_ramen_minitarukatsu
 
らーめんとミニタルカツ丼が登場。先ほど混ぜ混ぜしたタルタルソースを乗せてパチリと撮影。
スープは鶏ベースで脂少な目、醤油ダレ控えめのあっさり仕上げ。
中細麺はやや縮れ。柔い麺という事前情報でしたが、全然そんなことなく。
肉々しいチャーシューは味がしっかり染み込んだ噛み締めるタイプ。
ナルトとワカメがノスタルジックな雰囲気を醸し出します。
ミニカツ丼はカツが一切れ。玉子とじのカツ丼ではなく、甘塩っぱい醤油ダレにカツをくぐらせたもの。
これに先ほど混ぜ混ぜしたタルタルを少しずつ乗せていただきます。
カツとご飯の間には飴色の玉ねぎ。肉厚のカツにタルタルと玉ねぎを絡めてかぶりつく。
素朴なラーメンも良かったけど、タルタルカツ丼が美味かった。次に訪問する機会があるなら、上タルタルカツ丼を食べたいな。

メニュー
カツ丼(ロース2枚モモ1枚) 900円
上カツ丼(ヒレ) 1,200円
タルタルカツ丼(ロース2枚モモ1枚) 1,000円
上タルタルカツ丼(ヒレ) 1,300円  
ミニタルカツ丼(カツ1枚) 600円
玉子とじカツ丼 1,000円
帆立と牡蠣のタルタルカツ丼 1,000円
海老豚タルタルカツ丼 1,000円
カラシタルタルカツ丼 1,000円
らーめん(大盛りは100円増し) 700円
ちゃーしゅーめん 800円
五目そば(冬季限定) 800円
具無しらーめん 400円
らーめんとミニカツ丼 1,100円 
らーめんとミニタルカツ丼 1,200円
他 

店データ
電話番号:027-382-5403
営業時間:11:30~14:30 16:30~20:00
駐車場:有り
mixiチェック

このページのトップヘ