トーカイ ノスタルジックラーメン PLUS

温故知新・原点回帰。東海地区の老舗店で、心も身体も温まるノスタルジックラーメンをいただきます。

カテゴリ: 閉店

すっかりラーメンに対する熱が冷めてしまい、更新をサボっています。

そんな中で、瑞浪市の鈴屋食堂が閉店したとの情報が有りましたので、閉店情報を更新してみました。
対象店の各エントリータイトル後ろに(閉店)を書き加えましたので、ご確認いただき、漏れや誤りが有りましたらコメントいただけると嬉しいです。
mixiチェック

センパの「あかさたな」が9月1日で閉店という情報でしたので、最終日の夜に行ってきました。
店の外には閉店のお知らせが掲示してあるものの、店内は至って普通。最終日感全く無し。
センパ開業と同時にオープンだそうですので、昭和53年から営業していることになります。
確か、途中で位置が変わっていると思いますが、いつのことだったか覚えていません。
今の場所になってから二度目の訪問のはずですが、前回がいつだったか、記憶も記録もありません。
あかさたな自体は、2012年にサンロード店で食べたのが最後。この時も写真は撮りましたが特にUPはしていません。

akasatana_cp

2001年発行の「東海ラーメン教典」によると、1976年に1号店を京都にオープンさせているようです。この本が発売された時点では東海地区に4店舗有ったようですが、現在は(おそらく)サンロード店のみの営業かと思います。他の地域に残っているかも不明です。

akasatana_cp_noritama

メニューにイチオシと書かれている、のり玉らーめん(630円)をいただきます。
あっさりかと思いきや、醤油ダレの味が濃い目のスープ。細縮れ麺はボソボソした食感で、チャーシューは薄い物が一枚。海苔は溶けやすく、玉子は固まりかけの半熟。
正直に言うと、630円でも高いと思わせる寂しい内容。閉店した店に対して失礼ではありますが、不味くはないけど、美味くもない。それが現実です。
サイドメニューや甘味があるということで、学生やファミリーのお客さんが付いてきたのかな。

京風らーめんであって、京都のラーメンではない、あかさたな。
そういえば、東海ラーメン教典には「東京にいるオーナーが・・・」という記述も。今はどうか分かりませんが。

akasatana_cp_heiten

mixiチェック

お気に入りの店、水野屋へ自宅から徒歩で。

mizunoya3

今回は最初っからこれを注文しようと決めて行きました。
メニューには無い、天ぷら中華を。
中華そばに天ぷらを乗せてくださいと注文。伝票には、「中か 天入 800」と記入されいました。

mizunoya_tenpurachuka
 

色鮮やかなお顔ですね。三種の神器(名古屋蒲鉾・花麩・縁が赤いハム)が完璧に揃い、そこに天ぷらが追加されます。
今回のスープはちょっぴりショッパめ。ボソリとした食感のクラシカルな縮れ麺が良く合います。
揚げたての天ぷらは海老と茄子。既に汁を吸って衣がフニャリとなっているので、追加注文したライスにオン。
一枚だけ乗るチャーシューは相変わらずのウマさ。
岐阜市柳ケ瀬界隈で食べられている天ぷら中華もイイけど、名古屋でもウマいのが食べられるんです。

メニュー 
中華そば 500円  五目中華 700円
味噌中華 700円  チャーシューめん 750円 
中華そば天ぷら入り 800円 
他 

店データ
住所:瑞穂区苗代町28-16
電話番号:052-811-4552
営業時間:11:00~14:30 17:00~19:15LO
定休日:日曜日
駐車場:有り 
mixiチェック

金山のラーメンハウスつるしげが閉店すると聞き、常連さんで賑わう最終日の夜に行ってきました。

tsurushige2

11年前、上海駐在を終えて帰国した当日、最初に行ったラーメン店がココでした。
ラーメン仲間と金山で集まり、焼肉を食べた後に寄ったのですが、仲間の一人が酔っ払っていて店の前のポストにしがみついて寝ていた・・・という思い出の店でもあります。

tsurushige_chara2
 
いただたのはラーメンチャーハン。前回訪問時(7年前)と同じ物を注文しましたが、値上げせずに頑張っていらっしゃったようです。
濁りのある醤油味のスープは少々しょっぱめで、太く短い麺は固めの仕上がり。
炒めモヤシが香ばしく、チャーシューは肉の旨味を噛みしめるタイプのウマいやつ。
大盛りのチャーハンは、しっとりとパラパラの中間で、スープとの相性良く味付けあっさり。
もちろん完汁完食。30年間お疲れ様でした!

tsurushige_heiten

mixiチェック

定期的に訪問している河正。
最初にノスタルジックで取り上げた時、創業は昭和40年代という推測でしたが、どうやら昭和52年創業が正しいようです。
このブログで扱うのはこの時以来2年ぶり。この日も前回同様、中華そば+カツのせごはんをいただきます。

kawasho_katsu

先にカツのせごはんが提供されました。
腹が減っているのでガッつきたいところですが、中華そばの提供を待ちます。

kawasho_chuka_katsu4

程なくして中華そばが到着。スープなみなみです。
そして、ご飯の上のカツの半分をスープにイン、残りはソースを多めにかけて準備完了。
醤油と胡椒が香ばしいスープにカツの衣と油が溶け出します。しばらくカツは放置して、麺とスープを交互に。衣が十分ふやけたところで、ガブリといただく。これがウマいんですよ。
ご飯の上のカツはサクサクの衣とソースの甘みのハーモニー。同じカツで食感の違いを同時に楽しむ。これがカツのせごはんの醍醐味ですね。
「あー、美味かった。」半セルフ会計をした後、思わず口にした言葉です。

メニュー
中華そば 500円  うどん・きしめん 450円
玉子とじうどん 550円  天ぷらうどん 570円
ざるうどん・きしめん 650円  志の田うどん 550円
おかめうどん 550円  チャーシューメン 780円
塩ラーメン 650円  かけそば 520円
とりなんばうどん 550円  親子なんばうどん 680円
カツとじうどん 680円  天そば 700円
天とじうどん 700円  ざるそば 670円
中華そば+カツのせごはん 750円
うどん+カツのせごはん 650円

店データ
電話番号:052-243-2002
営業時間:11:30~19:30
定休日:日曜祝日

mixiチェック

このページのトップヘ