旧街道をロードバイクで!ゼロからの挑戦

古地図を使い街巡りが大好きなオジサンです。古地図を片手に都内の散策にそろそろ飽き、旧街道の文化に触れたくなりました。古の街道をめぐるために、ロードバイクを購入して全国に挑みます。流行を追ってロードバイクに乗るわけではありません。まずは、五街道。次に四国八十八カ所、最後はスペインの聖地巡礼サンティアゴに・・・ ゼロから達成までの記録です。

貧脚で乗鞍へ登るの?

梅雨らしくじめっとする日が続いています。

先日、「乗鞍へ行こう」とお誘いを受け、「空の星がすごいんだ」なんて言葉に思わず”YES”と言ってしまった。

しかし、よくよく聞くとかなり厳しい登りになりそうだ。
「大丈夫、ゆっくりでいいから」なんて言われても坂が苦手の貧脚の持ち主としては不安になる。

なんせ、江戸サイ、荒サイに親しんできた”平道くん”なのです。(笑)
旧街道を走る時に峠越えがいくつかあるのでその時は歯を食いしばって登りますが「はあはあゼイゼイ」

また、旧街道の本当の峠はどちらかと言うと未舗装の登山道ばかり。歩きは鍛えられているが。

ということで、久しく坂登っていないので週末にちょい坂に行ってきました。

その前に、以前からスプロケットの異音が気になっていた。
スプロケのギア間にどうやら若干の隙間があるようだ。
これをやっつけないと登る気はしない。

ロックリングの締め付けが緩いかと思いしっかり絞めても効果なし。
スプロケを取り外し丁寧に付け直してもダメ。
スペーサーが足らなくなっているのかとシマノのHPで11速ホイールに10速のスプロケを取り付ける構成図をじっくり眺めても不足しているものはない。

IMG_2597

どうしたもんかと悩みんでシマノの説書をじっくり読んだところホイールの付属品としてある1.85mmのスペーサーがあったことを認識。図には載っていなかったので見落としてしまった。
良く見ると私にはそのスペーサーはなかった。どこかでなくしたのだろうか。

これを購入して取り付けたところ問題解決。
IMG_2596

平日朝起きてチェックできたので、土曜日に峠に行くことに。

いきなりきついのもなーと思い、手軽な和田峠に行くことにした。
ルートは自宅から八王子経由で和田峠、そして相模湖に降りてR20号で戻ってくる。
R20号もちょっとした峠がある。 走行距離97kmの行程。

何分、和田峠すら初めて行くことになるのでどんな感じなのか想像できない。
前半はそんなでもないが、後半3kmくらいから結構辛くダンシングとシッティングを交互に交えながらなんとか標高690mに登峠。
IMG_2599
途中、ひとりのサイクリストにスルスルと追い越されたが、私にとっては追いつこうなどという闘争心などこれっぽっちもない。(笑)

タクシーも一台通り過ぎたがどこに行くかと思いきや和田峠でお客を下して戻っていく。
タクシーから出てきた方は高齢の登山者?
この峠から陣馬山に向かうようだ。ここからだと標高差160mくらいになるのだろうか。
その後ももう一組タクシーで高齢登山者グループがお出まし。

一方、峠で一服していると、何人かのサイクリストも登ってきた。一人ひとり声を掛けますが皆さん割と無口です。
IMG_2598

愛想の良いおじさんローディと談笑。世間話をしばらくしてから出発。

長い下りだが怪我したらもともこも無いので慎重に降りる。

相模湖に到着すると流石に国道20号は交通量多い。
IMG_2600

緩やかに200mほど登る標高400m弱の大垂水峠を越える。
この坂でも何人かのサイクリストが抜いて前を進んだ。和田峠で足を使った私にとってはマイペースで進むしかない。

峠付近で追い抜いたサイクリストと下りは一緒。
ジャージの背中には「激坂」という大きな文字が坂好きであることを覗わせる。
IMG_2601

仕事の連絡が11時ごろに入るとのことで帰途にコンビニで休憩。
甘い物、冷たい物は夏のサイクリングには欠かせない。
このマンゴーアイスはしっとり感がいいです。
IMG_2604
IMG_2602
ほとんど何も食っていないがついつい健康系に手が行く。炭酸のシュワっと感がたまらない。
IMG_2605

ここで連絡とっていると和田峠で談笑したおじさんローディと遭遇。私が休んでいるのを彼が見つけてくれたようだ。三鷹まで帰るらしく私と方向が一緒なので同じようなルートだったようだ。

この日のコースは地図の通り。
まあ、なんとか登り切ったが帰ってから体には疲労がたまった。この何倍も登る乗鞍大丈夫かな。

和田峠地図


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

北斎美術館と両国ランチ&史跡

やっと梅雨っぽくなってきました。

先日、以前から訪問したいと思ったすみだ北斎美術館
IMG_2328

昨年新しく出来てからいつか行こうと思っていた。たまたま近くに用事があったので立ち寄ることに。
かなり個性的な建物です。
IMG_2326

場所柄、東京スカイツリーがすぐ近くです。
IMG_2327

ちょうど東海道の企画展が開催されていました。
IMG_2329

1階のショップには北斎関連の書籍など目を引くものがそろっていますね。
IMG_2323
IMG_2324
IMG_2325

提示室は、3階と4階

結構な人の賑わいです。しかし、年配の方が多いです。

東海道企画展では、当時の地図が宿場毎に展示されているのが良かったです。東海道を旅した記憶が蘇ってきます。

常設展より企画展の方がやっぱり内容濃かったですね。

美術館を後にし、ちょうどランチタイム。
界隈で美味い物が食べたいとネットで検索してたどりついたのがここ
「千代福」

”うなぎ”です。最近食べていないなーと思いチョイス。

IMG_2333

ここを選んだのがリーズナブルなうなぎのランチメニューがあること。
IMG_2330

注文したのは「らんち重」
1000円という価格なのに、うなぎ+焼き鳥+玉子焼きがごはんの上にのっている。
IMG_2332

流石にうなぎは小さいがうなぎ食べた満足感は十分です。

ここ、結構Goodです。
うな重でも2500円と手が届く範囲ですね。

さてうなぎを食べた満足感一杯に店を出て両国駅へ。

史跡好きにはどこを歩いても史跡の匂いを感じてしまいます。
途中の神社

IMG_2338


案内板がガッチリあるではないですか。
はんのき馬場跡。
この馬場は武士の弓場の稽古のために設けられたとのこと。
IMG_2334

そして、葛飾北斎が近くに住んでいた。良く知られているように北斎は90回以上も転居をした。
この辺りに住んでいたのは1840年ごろ。80才を超えた時期だったようだ。
IMG_2336


下町はあちこちで史跡があり本当に楽しいですね。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

新しい虎ノ門の史跡

東京の官庁街にある虎ノ門。
私にとっては社会に出て初めて働いた思い出の地でもある。

最近は、虎ノ門ヒルズに始まり周辺の再開発は物凄いことになっている。
建物の建て替えもかなりあり昔の面影も少なくなってきています。

虎ノ門でランチと思い、30年前によく通っていたお店に足を運ぶがことごとく無くなっていたり、お店が変わっていたりした。

その当時からの人気店であった長崎ちゃんぽんの店「長崎飯店」は今も健在でした。
お店を見つけるが、当時はお昼となると行列ができていたが今は行列どころか店内もガラリ。
味が変わったのかちょっと心配になったが、入店してちゃんぽんをいただく。味は変わっていなかったようだ。
IMG_2442


虎ノ門で気になっていた史跡がある。虎ノ門に用事があり地図を見ていたところ今までに認識していたかった史跡マークが。文化庁の敷地に「史跡 江戸城外堀跡地下展示室」と記載されている。
たぶん、文科省の建て替えが行われた時に整備されたのだろう。

虎ノ門地図

IMG_2444

この地下に行って観た。
地下通路から少し外れる非常階段のような階段。
IMG_2447

しっかり案内看板もあります。期待できます。
壁にはこんなものが。 堀の底レベルを示している。史跡好きとしてはうれしい。
IMG_2448

階段を上がると展示室が出現。
IMG_2453
IMG_2454

かなり、立派に整備されています。
展示室の奥には石垣が保存されています。
IMG_2449
IMG_2451


昔の文科省の敷地内に放置されていた石垣だったようです。

現在の地図
虎ノ門地図現代

明治初期の地図
虎ノ門明治地図

赤丸で囲った付近の石垣のようです。
この外堀は明治中期の地図を見るとはすでに埋められていました。

この展示室には詳細な解説も付いていて見ごたえあります。

IMG_2455
IMG_2456
IMG_2457
IMG_2458
IMG_2459
IMG_2460

虎ノ門に行ったときに是非立ち寄ってください。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】蓮月の餃子弁当

まだ梅雨前なのに大気が不安定でスコールに見舞われることがあります。
最近の異常気象は地球の温暖化に起因するとかTVで解説していました。 トランプよ。もう一度考え直してほしい。

さて、赤坂ランチシリーズです。
赤坂にあるのは青山の店の出店ってところでしょうか。お弁当しかやっていません。
それも時間限定。

以前よりお店の前を通りかかるときに気になっていた。

天気の良い日に公園にでも行って食べたい。
ちょっと前になりますがバラのシーズンの赤坂氷川公園がキレイなのでタイミングを狙ってみた。

しかし、お店が2日間くらい不定期な休み。
おお、もうバラの花終わるよと思っていたら案の定でした。

お店は看板だけでマンションの一室で調理し玄関先で渡されるという感じです。
蓮月の餃子は一時TVで取り上げらえたり有名人が行くお店として話題になったことがあるがまだ私は食べたことがない。のでわくわく。

IMG_2414

こんな玄関先でお弁当を受け取ります。
IMG_2413


注文してから調理するので10分間くらい待った。
注文は王道の餃子弁当。餃子をじっくり味わいたい。
出てきた弁当がこれ。

IMG_2419


赤坂氷川公園へ。やっぱりバラは完全にピーク外した。
IMG_2415
IMG_2417

でも残った花はきれいです。


さっそく、餃子弁当を頂く。チャーハン付きなので充実感あります。
IMG_2420

評判の餃子。
IMG_2421

餃子は皮がうまいですね。ちょっと小ぶりだけどまずますです。
しかし、私の知っている餃子の中では中の中かな。

チャーハンもパラパラしていて美味しいが私にとっては味が薄く物足りないかな。

700円のお弁当としては価値はあります。
餃子+酢豚、+回鍋肉的なものもあったのでそちらなら餃子に頼りすぎなくてよいかも。

【評価】
味 ★★★
価格★★★
接客★★★
雰囲気★

蓮月地図




よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

横浜観光コースをジョギングしてみました

暑い五月も終わり、6月です。

少し蒸す感じになってきました。梅雨も近い。

さて、10日ほど前に横浜に宿泊しました。
横浜は近いので泊まることは今までになかったです。

横浜泊まるのであれば、泊まらないとできないこと? なんかあるかなと考えていたところ早朝の横浜をジョギングするのはいいんじゃないかとひらめいた。

景色最高だし、意外と高低差あるコースもとれる。
バックにジョギングシューズとウェアを詰め込みました。

宿泊ホテルの窓からの風景。オーシャンビューで最高です。IMG_2351
IMG_2352

夜は遅くまで飲んだくれた後でしたが、気合入っていたので朝5時過ぎに目が覚めた。
窓から入ってくる朝日の浴びながら着替えます。
IMG_2353

早朝でも同じようにジョギングしている人いますね。
まずは、ホテルの周辺を周回。
IMG_2354
IMG_2355
IMG_2359

最高です。

ここから山下公園に向かう。この道も快適。
IMG_2360

潮風を感じながらのジョギング。

次に元町に向かい急な坂道へと。
IMG_2361

この谷戸坂は後半がきついですね。
登りきると港の見える丘公園です。実は咲き乱れるバラを見たくてこのコースにしました。

IMG_2365
IMG_2366
IMG_2369
IMG_2372
IMG_2373

サイコーでしょ。

バラの美しさを満喫し、尾根沿いを通り本牧方向へ。

丘を降りる坂道の傾斜もきつい。 普通に走ると転んでしまいそうなのでゆっくり下ります。

本牧手前で折り返しフェリス女子大のある丘に再度登ります。

IMG_2375

フェリス女子大から元町に向かう坂がこれもすごい。
この傾斜。女子大生はハイヒールなのでタクシー使うらしい。流石お嬢様。
IMG_2377

元町から山下公園を通り、今度は大さん橋に立ち寄る。
朝の元町は静かです。
IMG_2379

大さん橋
IMG_2380
IMG_2381
IMG_2382

この日は、クラシックカーのイベントがあったようで朝からクラシックカーが大桟橋に集結。
IMG_2386
IMG_2387
IMG_2389
IMG_2390

車好きにはたまらないでしょう。

赤レンガ倉庫の横を過ぎてホテルに戻る。
IMG_2391

ざっと、12kmのコースです。
観光コースのようなジョギングルート。高低差バンバンでイベントにも遭遇。
素晴らしく充実したジョギングでしたね。





よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

旧甲州街道をロードバイクで(日野宿~八王子宿)

甲州街道をロードバイクで辿っています。
日本橋から日野宿まで走行したが旧街道の史跡としては乏しい区間だった。

日野宿に到着してからは少し面白くなってきました。

日野宿地図

日野宿
本陣1、脇本陣1、旅籠20



◇高札場、問屋場跡
日野宿の脇本陣前にある。今は公民館になっているがここに高札場があった。
DSCF4892
DSCF4893

◇日野宿本陣跡
 甲州街道を挟んで高札場の向かいに本陣跡がある。本当は脇本陣だったそうだが。
DSCF4894

脇本陣であったことを説明しています。
DSCF4895

この二つの説明版は紛らわしいですね。
DSCF4896
DSCF4897

ここは、佐藤家が管理している建物だそうで、建物内を観覧できる。
入館料200円とのことなので気軽に見れます。私は新選組ふるさと歴史館の入館料セットのお得チケットを購入。

玄関でチケットを購入し、ボランティアの人の説明を聞けるとのことだったのですがタイミング合わず独自に閲覧。

DSCF4898
DSCF4899
DSCF4900



この佐藤家と土方家は縁戚だったのですね。

建物自体は火災で焼けており、焼け残った一部が展示されている。
また、当時の調度品も展示されており、この辺の説明を聞きたいときは案内人にお願いするのがよいと思う。

脇本陣跡を後にし、八王子に向かうが先ほど購入したチケットには日野市新選組ふるさと歴史館の入場兼もついているので立ち寄ることにした。日野は土方歳三の生まれとの関係からこの歴史観も新選組一色です。
DSCF4901
DSCF4906

急こう配な坂を登ったところに市役所とこの歴史観があるがこの坂、住民にとっては大変だろうな。

日野宿の説明と旧甲州街道に関する展示もしっかりあります。
しかし、やっぱりメインは土方さんと新選組。

2階の特別展では新選組を題材にした本、漫画が展示されています。
女子には人気あるのかな。?

DSCF4903
DSCF4904

この日は時間に余裕があったのでじっくり見たので30分以上時間使いました。

旧甲州街道に戻り八王子宿に向かう。

途中、史跡はほとんどなく八王子付近に一里塚跡の石碑があるので立ち寄った。

八王子宿地図


DSCF4907
DSCF4908
DSCF4909


八王子宿は横山町の場所にあった。

DSCF4911

ここで、今回は一旦終了。 残りは1泊2日の行程で行けそうです。

八王子駅に向かい、ちょっと一服。
DSCF4910


駅前の商店街はイベントやっていたので人多し。自転車から降りて押しながら進む。
甘いもの発見。
少しエネルギーを補充してここから自宅へ戻る。
DSCF4913
DSCF4914


自宅→日本橋→旧甲州街道→八王子→自宅  トータル107kmでした。



よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

旧甲州街道をロードバイクで(府中宿~日野宿)


旧甲州街道(新宿高井戸)2

西府中駅付近にこんな交差点名。 宿場と関係するネーミングかと思ったが違っていた。
DSCF4880


□関家かなどこ跡

関家とは
江戸時代から明治初期まで鋳造を業としていた
DSCF4881
DSCF4882


□元上谷保村の常夜灯
西暦1794年に建てられた。
この常夜燈は、上谷保村の油屋(屋号、今の甲州街道北側の原田幸治氏宅)の東隣に置かれていたもの。その後、道路改修のときに現在地に移されたらしい。

200年強の月日を感じる風化具合です。


DSCF4883
DSCF4884


□元青柳村の常夜灯
上谷保村の常夜灯とほぼ同じ時期に設置されたようです。
DSCF4885


街道沿いに真新しい鳥居がありますが、細い参道が永遠と続いて言います。府中付近にもありましたが、現代に残る神社の参道は不思議な空間です。
DSCF4886


□日野の渡し
 多摩川にはいくつかの渡し場があった。旧甲州街道は日野宿に向かう途中に多摩川を渡ることになる。渡し場の場所は移動していたらしいが江戸時代の貞享年間に現在の場所に定まったらしい。


DSCF4887

DSCF4888
DSCF4889

現代の立派な橋。 ここから多摩川の日野の渡しルートを想像するのです。
DSCF4890
DSCF4891


多摩川を越えると日野宿に到着。
DSCF4892


次へ続く


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

旧甲州街道をロードバイクで(高井戸宿~府中宿)その2

旧甲州街道をロードバイクで巡るシリーズです。
高井戸宿までは、史跡らしいものが少なく、この傾向は府中宿手前まで続きます。


旧甲州街道(新宿高井戸)2

府中宿付近まで来るとお祭りの雰囲気が漂う。
この4月30日~5月6日は大國魂神社で「くらやみ祭り」が行われている。

変わった名前のお祭りです。 夜の神事を明かりを消して行われるのでこのような名前になったとのこと。

旧甲州街道沿いの神社も同じようにお祭りの準備。はっぴを着た人が目に付く。お神輿も町内会毎に用意されている。ムードたっぷりです。

武蔵国府八幡宮あたりにもこんな看板が。
DSCF4860
DSCF4861

この神社の参道がやけに長い。どこまで続いているのかちょっと追ってみた。
住宅地の間に参道があるというか参道を囲むようにして住宅が作られている。

なんと参道には踏切まで。
DSCF4862

時代の変遷を感じつつも参道だけはしっかり残っているのが不思議ですね。

府中宿に更に向かう。

この辺が中宿の八幡宿だったのだろう。 交差点の名前となっています。
DSCF4863

大國魂神社に到着。

物凄い人です。
DSCF4864
DSCF4865

屋台もかなりの数。 ちょうどお昼くらいなのでお腹減ってきた。

ここまで来ると府中宿です。

旧甲州街道(新宿高井戸)3

◇府中高札場跡
DSCF4866
DSCF4867

おお、やっと街道らしくなってきた。

◇札の辻と問屋場跡
DSCF4868


この交差点の高札場跡の対面に蔵風の建物がある。
DSCF4870
DSCF4869

さり気なく案内場が設置されているので中々気づかなかった。

この建物、地元酒屋さんがお店として使われている。
蔵の建物も素敵だったので中を覗いてみると喫茶店のようだ。

DSCF4871

街道らしい雰囲気を味わいに入店してランチを食べることにした。
店内はおしゃれに改装されています。でも蔵の良さは残っていますね。


DSCF4872

DSCF4873
DSCF4874

隣の酒屋も蔵を上手く活用していました。このカフェから続いています。
DSCF4877
DSCF4878


お酒の種類も豊富です。

カフェの入り口の看板に出ていたお店のおすすめ商品の由来がわかりました。
DSCF4876

出てきたランチはカレーランチ。無難です。
お店の方が優しく声をかけてくれます。ほっとしますね。
DSCF4875

お腹いっぱい。
さあ、日野宿へ向けて出発です。
DSCF4879


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

旧甲州街道をロードバイクで(内藤新宿~高井戸宿~府中宿)

旧甲州街道をロードバイクでの続きです。

日本橋からスタート、新宿の繁華街を通過して高井戸宿に向かいます。
しかし、旧甲州街道は史跡らしいものが少ない。
ロードバイクでペダル漕ぐ時間が長く、予定よりかなり早く進む。

【内藤新宿~高井戸宿】
新宿南口、昨年できたNEWoManのビル前を甲州街道が抜ける。
坂を下りきったところから旧街道は一本北側の細い道になる。新宿西口のヨドバシカメラや飲食店街だ。当然のことながら旧甲州街道の名残はゼロです。

GW期間なので中央高速道路は渋滞のようだが甲州街道は以外と車は空いていた。
このくらいの広い道はロードバイクにとっても車をそんなに気にしないので走りやすい。
旧甲州街道(新宿高井戸)1

◇一里塚跡(四番目)
そんな単調な甲州街道であるが日本橋から4番目の一里塚の名残がある場所を通過。
塚も樹木も何もない。 バス停「一里塚」がその場所に一里塚があったことを伝えてくれる。
この一里塚の手前が高井戸宿となるが宿場の痕跡はなし。
DSCF4827

【高井戸~府中宿】
旧甲州街道(新宿高井戸)2


桜上水付近を通った時に甲州街道から南に向かう細い道に違和感のある車止めがある。
「水道局用地」と書かれている。もともとは水道局管理の道だったのだろうか。

DSCF4828

◇世田谷百景 
武州千歳村大橋場跡を探していたが見つからず。
残念ながら見つけることができなかったが探している付近の公園にこんな説明の碑を発見。

DSCF4829


DSCF4830

甲州街道の面影を残す風景だそうだ。

◇中宿
国領付近から国道20号から離れ旧街道を走れる。旧街道らしい適度な道路の曲がりが良いです。

途中にはこんなバス停が。
DSCF4832

高井戸から府中まではいくつかの中宿が設けられていた。
ここは国領宿あたりになるかな。

◇近藤勇の座像
DSCF4854

京王線西調布駅近く、中央高速と旧甲州街道が交差する手前あたりでこんな標識が目に入った。ノーマークの史跡なのか??

寺の奥に進むとこんな真新しい近藤勇の像があった。
DSCF4856

その横にはこんな説明が。
DSCF4855

調布は近藤勇の故郷であること、慶応4年(1868)3月、近藤勇が甲陽鎮撫隊をひきいて甲府へ向かった時も、この寺で休憩したと書かれている。真実は良く分からないが少しの事でも関連つけて像を造られたのかな。

◇常久の碑
味の素スタジアムを右手に望み更に旧甲州街道を進む。
途中京王線の飛田給駅の横を通過するが、以前と比べてあまりにも綺麗に再開発されていることにびっくりです。

常久は旧甲州街道沿いあった集落の名前。現在は公園の入り口付近に立派な石碑が飾られている。
最近作ったんだね。
DSCF4857

碑には銅板のようなものが張り付けられている。近寄ってみてみると上段は旧甲州街道の地図のようだ。しかし、読み取ることはできないです。
DSCF4858

この付近は旧甲州街道なので交通も少なくゆったりとした時間が流れているようにも感じますね。
DSCF4859



よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

旧甲州街道をロードバイクで(日本橋~内藤新宿))

今年のGWは天候も良くお出かけ日和が続いています。

こんなに天候の良い日が続くならまだ残っている五街道のうちどれかを走破する計画を立てればよかったかな。

今年のGWは1日だけ旧街道の旅に充てました。

区間は、日本橋~八王子まで。この区間の距離は45kmくらいでたいしたことないが、今回は自宅からの自走で出発、帰宅したので走った距離は107km。
まあ、1日で史跡をめぐるのであればちょうど良い距離かな。

【日本橋~内藤新宿】
日本橋~桜田門

早朝自宅を出発。8時過ぎに日本橋到着です。
DSCF4801


旧東海道、旧中山道、旧日光街道、旧水戸街道でもここ起点。 5度目になります。
何度来ても気が引き締まります。
DSCF4802
DSCF4806


この場所にロードバイク置いて撮影するの定番となっています。
写真を撮る傍らで男女1組の方が江戸風旅支度をしているではないですか。

どこまで行くのだろうと声を掛けようと思ったらお二人は既に出発。方向からすると中山道の旅なのかもしれない。中山道は長いがそれに見合う楽しみがある。

今回私が行く甲州街道は日野宿までは割と単調で旧街道を味わえるところが少ない。
他街道と比べて甲州街道は参勤交代でもほとんど利用されなかった。物資輸送や庶民の娯楽ルートとしての役割の方が多かった。

日本橋を出発し大手町方向へ向かう。ここでは立ち寄りたい場所がある。
街道から少し外れるが将門塚がある。
DSCF4807

日経新聞本社の一角にこんな空間があるなんて。
あの平将門の首塚です。
将門の首級は京都に送られ、獄門にかけられたが、三日後白光を放って東方に飛び去り、武蔵国豊島郡芝崎に落ちた。大地は鳴動し太陽も光を失って暗夜のようになったという。村人は恐怖して塚を築いて埋葬した。これ即ちこの場所であり、将門の首塚と語り伝えられている。」
DSCF4808
DSCF4811
DSCF4812

ここは、祟り話があって有名です。 敷地内にはこんな記事がぶら下がっています。
DSCF4813

早朝にも関わらず、お参り来る方が何人かいました。ジョギングの途中に立ち寄る方もいたかな。

将門塚を後にして街道に戻り皇居の内堀通りを走る。
DSCF4814

この辺りは江戸城の堀、石垣が残っており好きな場所である。

和田倉門跡に立ち寄ってみた。
和田倉門付近は綺麗に公園整備されている。
DSCF4818

和田倉門の石垣。堂々としています。
DSCF4815
DSCF4817
DSCF4816

旧街道を進むとあの桜田門。井伊直弼が殺害された歴史的な場所である。
日野宿付近行くと土方歳三の故郷でもありこの時代の展示物が歴史館にある。

DSCF4819

横目で桜田門をチェックして次に進む。
四谷~内藤新宿

途中見どころ少なし。史跡もほとんどなし。
四谷大木戸跡が残っているが交差点の歩道に目立たなく表示されている。
DSCF4820

そこから内藤新宿に向かう途中に玉川上水水番所跡の石碑がある。
羽村から永遠と流れてきた玉川上水はここから分水され江戸市中へ配られた。
DSCF4821
DSCF4822

玉川上水は新宿御苑に沿って今でもルートが存在している。
旧甲州街道は玉川上水と並行しながらこの先進むことになる。

この辺りが内藤新宿があった場所。
日本橋から初めての宿場。この宿ができる前は高井戸宿が一番初めの宿であったが、この区間が長いとのことで商人等が宿場設置を要望した。
信濃国高遠藩内藤家中屋敷の一部や旗本の屋敷などが存在したが、これらの土地を幕府に返上させて宿場用地となった。
DSCF4823

内藤新宿を抜けると成木街道(青梅街道)と甲州街道の分岐点である追分がある。
交差点を挟んで伊勢丹の対角。丸井の前にこんな表示がある。
買い物客はこれにはほとんど気づいていない。写真を撮る私の姿を訝しく見る人もいます。
DSCF4825
DSCF4826

次は高井戸宿へ。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】絶品トンカツ 「とんかつ末吉」

GW前半が始まりました。

天気もまずます。
この季節のジョギングは大好きです。

新緑の燃える緑、爽やかな風、そしてきりっとした太陽光線。

緑の中を走っているといつまでも走っていられそうな錯覚に陥ります。
いつものコースの多摩湖サイクリングロードはこんな具合に適度な木蔭の中を走れます。
IMG_2295

隣接している小金井公園も緑いっぱい。
IMG_2280
IMG_2281
IMG_2282

サイコー


さて、赤坂ランチの紹介です。
今回はオーソドックスなトンカツ屋さん。

赤坂のトンカツと言えば”まさむね”が圧倒的に人気あります。
ランチはいつも行列ですね。

もう一つの人気店である”とんかつ末吉”
お店は、THEトンカツ屋という店構えと内装。

肉厚でジューシーな豚肉とそれを強調するようなサクッとした衣はたまんない。

しかし、この時はトンカツでなくカキフライを注文。

他のお客さんの前に出ているカキフライの立派さに釣られた。
image

写真では大きさが分からないが小さい女の子のこぶしくらいはあったかな。

想像通りのうまさ。 サクッとした衣に閉じ込めあられたカキの風味が「さくっと」カキを口に入れるたびに広がってくる。

火の通り具合もカキらしさを殺さない抜群さ。

また、シーズンになったら立ち寄りたいですね。

【評価】
味 ★★★★
価格★★★
雰囲気★★★
接客★★

とんかつ末吉地図



よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

川越歴史ポタ(郊外編)

先週、映画「グレートウォール」を見てきました。
万里の長城を舞台にした歴史アクションです。

万里の長城建造の目的とされる一つの史説に基づき作られたとか。
60年に一度現れる得体のしれない怪物を街に入れないための壁。 怪物の数の迫力とそれを退治する爽快感はありますが、万里の長城の受け止め方少し変わったように思います。

さて、川越歴史ポタの続きです。

市街地は城下町中心の史跡でしたが、郊外はどちらかと言うと戦国時代の防衛戦略が見え隠れするポイントです。

探索ルートは以下の通り。

川越歴史ポタ1

川越城下町から北西に向かう。
入間川を越えて大穴城跡に向かう。
途中、空腹を満たすためにコンビニで昼食をとる。
IMG_2250

川越市境ですが坂戸市に入ったところに大穴城跡がある。
室町の中期頃、ここに陣屋があったと言い伝えられていますが、この城の城主が誰であったか詳しく分かりません。江戸時代は陣屋として使われて居たらしい。

遺構らしきものが見当たらない。土塁が残っているとのことだが公園整備にかき消されてよくわからない。公園内に入ってみる。
公園内に案内板を発見し、ここが大穴城跡であることを確認。

IMG_2251

更に北西に向かう。
中央自動車連絡道の手前を右折して雑木林の道を進むと大堀山館跡の案内板を発見する。
IMG_2254

うっそうとしているが雑木林の中はこんもりと盛り上がっている。ここに館があったようだ。
IMG_2252
IMG_2253

館は500年前に作られて三重の堀と土塁でできている。
鎌倉街道が近くを通っている。上杉氏の川越城と鉢形城をつなぐルートも通っており交通の要所に設置されたいたようだ。

ちょっと雑木林に足を踏み入れると空堀らしい遺構が存在する。
IMG_2255

ここから南下
旧鎌倉街道上道のルートの遺構があるとのことで立ち寄った。
市民の森見たいになってる。

IMG_2257
IMG_2258

ボランティアが作成した案内板。ここでは、堀兼道と書かれている。
本来の鎌倉街道はもっと西側を走っており、この街道は鎌倉街道の支道ということだ。
所沢付近の
古来より数々の歌に詠まれた堀兼の井戸がある場所から分岐しているので堀兼道となっている。この道は河越館にもつながっていた。

しかし、鎌倉街道の両脇土塁というような遺構は見つからなかった。
IMG_2259

今回、最終目的地の河越館跡に向かう。


平安時代末から南北朝時代にかけて武蔵国で有数の勢力を誇った武士である河越氏の居館跡。
近くに行くとのっぱらです。
IMG_2260

IMG_2278

こんな風に紹介されています。

「河越館は鎌倉時代、この地域で最大の勢力を誇った河越氏の居館です。
河越重頼源頼朝に重用され、その娘(郷御前)が源義経の正妻となっています。河越館は河越氏の居館としてだけではなく、幕府の武蔵国政庁としても機能していました。また、戦国時代初頭に起きた「長享の乱」の際には関東管領・上杉顕定河越城の扇谷上杉氏を攻撃するために7年にわたってこの地に陣(上戸陣)を構えました。その後、北条氏が河越城一帯を勢力下におさめると、重臣・大道寺政繁が砦を築いたとされています。現在、館跡一帯は「河越館史跡公園」として整備されており、一部には常楽寺が建てられています。」

IMG_2279

どこが遺構なのか分からなかったが近寄ってはっきり分かった。
堀跡が残っている。

IMG_2268

IMG_2267


館中心に堀が取り巻いている。その外側には道があったようあ。
IMG_2261
IMG_2262
IMG_2263
IMG_2264
IMG_2265
IMG_2266
IMG_2270
IMG_2271
IMG_2272
IMG_2273
IMG_2274
IMG_2275
IMG_2277

説明版が詳しい。ポイントポイントに説明されているのが良い。
人はほとんどいないのでゆっくり古の河越館の想像しながら楽しませてもらった。
帰りは雨に降られたが、充実した史跡巡りでした。


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

川越歴史ポタ(市街地編)

GW前の週。 
川越へ歴史ポタしてきました。

川越は20年以上前に訪れたことがあるがそれ以来。
最近は小江戸として完全に観光地として定着しましたね。

自転車で川越をポタリングしたいと以前から思ってました。
GWで混み合う前の川越に行くことにしました。

観光でなく歴史スポットや史跡を回るコース。
ルートラボで経路をチェック。

これをデータでエクスポートし、Googleマップにインポート
史跡や立ち寄りスポットを入力するのにはGoogleマップの方が使いやすい。

今回の川越付近の立ち寄りルートです。

全体の立ち寄りルート
川越歴史ポタ1

川越市街地
川越歴史ポタ2


自宅から自転車で川越に向かう。
田舎道なのでやっぱり車道が狭い。

自転車お構いなしにトラックが横を通りすぎる。
神経擦り減ります。

川越までは緩やかな下りなので快調に走れるのですが荒れた道で異音が発生し気になる。
何度かチェックするものの”カチャカチャ”という音は消えず。
川越到着後、じっくりチェックしたところスプロケの締めが甘くそれで音がしていたようだ。
まあ、外れることはないのでそのまま走行。

まずは、喜多院。 正確には川越大師 喜多院。
午前中の早い時間だったので人気少なし。
IMG_2211


実は、喜多院に入るの初めて。喜多院案内係のボランティアさんが何人かいる。 
「先週までは桜があったので人で多かったけどね」

そうか、丁度良く混み合う週から外れたようだ。
慈眼堂でお参りを済ませ、客殿(重要文化財)へ入る。入場料400円であるが江戸城から移築さえた家光誕生の部屋など将軍の部屋、春日局の部屋があるとのことで見ものです。

IMG_2212

庭も見処です。
IMG_2218


部屋の外から撮影。
IMG_2215

将軍のトイレとお風呂。 来場者は興味深々で覗かれていきますね。
IMG_2217

部屋を見ながら当時の状況を想像して楽しめます。

入館料には五百羅漢像見学もついています。
IMG_2221
IMG_2225

表情は全部違います。表情を見るだけでも楽しい。
「暦応の古碑」 喜多院の歴代住職の名前が刻まれている。県の史跡に指定されている。
IMG_2228


小一時間使ったかな?
喜多院山門付近にある甘いもののお店で好物の”かりんと饅頭”を購入。

IMG_2230

その名も”つばさかりん” その場で上げているので表面がカリカリ。中身は川越らしく小豆餡でなく芋餡が使われている。
IMG_2231
IMG_2232

この足で川越歴史博物館に立ち寄るつもりだったが前まで行くと細いビルに館長らしき方が入口で構えている。観光地博物館的なにおいがしたのでパス。

大正ロマン通りを通り抜ける。 なかなか良い街並みである。端午の節句シーズンなので鯉のぼりが所狭しと吊り下げられています。
IMG_2233

建物もレトロでいいですね。
IMG_2234
IMG_2236

小一時間使ったかな? このまま、「時の鐘」があるメイン通りへ。

GW前とは言えども観光客は多いです。 歩道がないので結構自動車通りにくそう。

IMG_2237

IMG_2239
IMG_2242

何か食べようと思ったが、お店が観光観光しているので引いた。
時の鐘と記念撮影。

このあと、お菓子横丁に寄りこのまま、川越城本丸へ。

お菓子横丁。
IMG_2243

川越城本丸。

IMG_2245
入館料は100円と安い。
川越城は焼失してしまったので当時のものは残っていない。
天守閣を持たないお城。

IMG_2247


現在は、奉行詰所の一部が建物として見学できる。(建物図の赤く囲まれている建物)
IMG_2248


ここから川越郊外の史跡に向かう。
つづく。


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂】パンケーキ Fru-full

ゴールデンウィークが近づいてきたと思うような気候になってきました。
昨日は、日中は痛いくらいの日差しが強く、朝夕は肌寒いキンとした空気に包まれます。

GW中はどこも観光スポットは凄い人出となるので避けるつもり。
土曜日は、混み合う前の川越へ歴史ポタをしました。その様子は後日アップします。

さて、私が大好きなスイーツ。
最近はパンケーキとなるとハワイや北米の有名店系列のホイップクリーム山々のものやフワフワ系のパンケーキが人気店の主流です。

その中でも昔ながらのパンケーキの良さを味うことができる店が赤坂にあります。
このお店は、神保町にあった老舖の喫茶店で有名だったパンケーキが食べられる。
神保町のお店は閉店してしまったが、そこで働いていた方が赤坂で店を出したそうだ。

赤坂の中でも裏エリアにあり知らないと行けない場所ですね。
いつも、店先でお客さんが待っていることが多いがこの日も2組待ち。

2組なので少し待って入店。
お店の中はほぼ女性です。なので男ひとりでは入りにくく見合わせていた。
今回は、会社の女性の方が一緒だったので気にせず入店できた。

注文したのは定番のパンケーキとフルーツサンド。
IMG_2026

パンケーキは表面がカリッとしていて中はしっとり。
ホイップクリームは別に盛り付けられており、お好み量を調整できるようだ。
重いのかと思ったが、非常に軽くペロリと食べてしまった。

フルーツサンド。
IMG_2025
大きめのフルーツがしっかり入っている。
甘さ控えめのホイップクリームフルーツの甘さと調和してちょうど良いです。

美味いです。

【評価】
味 ★★★★
値段★★
雰囲気 ★★★
接客★★★

Fru-Full地図



よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

セグウェイでゴルフ

暖かい天候からここ数日は暑いくらいの気候になってきました。
今日は、気温28度だそうです。明日は半袖?にしようか。

そんな陽気の中、久しぶりにゴルフへ。

それも、セグウェイでゴルフです。

ゴルフよりもセグウェイに乗るのが楽しみでした。

ゴルフ場を移動するシーンをビデオで見たが実にカッコいいではないか。

スタート前にセグウェイ講習を受ける。操作自体は慣れれば難しくない。
IMG_2156
IMG_2157

ゴルフバックを積み込んでもオートでバランスを取り直立してくれる。
わかっているものの直に見るとやっぱりすごい。

セグウェイだと進入禁止エリア以外はどこでも走れるのがいいね。

一人ひとりが行動するのでTショットの後はグリーンまでメンバーが会わないことが多い。
IMG_2159

ボール間近まで寄れるし、スピードも慣れればそれなりに出るので移動時間もスムーズ。
しかし、余り飛ばし過ぎるとバンピーな部分では飛び跳ねるので危険です。
一度、危ないところがありました。

前進、ストップは体重を前後して調整。左右はこのバーを右左に倒して操作。
バランスよく回れば、その場で旋回できる。
自由に操作できるようになると操縦にはまってしまいます。(笑)
IMG_2160

コースから少し外れてもボール探しはスムーズ。ちょっと高い目線となるので上から見やすい。
他の人のボール探しも広い行動範囲をスピーディに移動して探せました。

人によっては座れる機会がなく、立ちっぱなしなので疲れると言う人もいましたが、私としては移動時間の短縮がうれしい。

しかし、この日のコースは進行詰まり気味。
待ち時間が長いときは流石に座りたくなりますね。
IMG_2162

ゴルフのコースと施設、サービスはイマイチでしたが、セグウェイを1日のり十分楽しむことができましたよ。
IMG_2170



よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

渋谷ランチ+アディダスショップ

すっかり春めいてきました。

アウトドアが楽しい季節です。

今年からヨットにチャレンジ中です。
ウォーター用にボートシューズを購入しようと検討していました。

ヘンリーハンセンのブランドものはちょっと高すぎるのでお手頃のものがないかとネットで探していたらアディダスからアウトドアシューズシリーズにしっかりラインナップされていた。

夏に向けたシーズンものなので4月から発売される。
足のサイズが大きい私にとっては発売直後が適したサイズ在庫があり狙い目なのである。

オンラインショップで購入できるものやはり履いてみないと適切なサイズを選べるか自信はない。

新宿のアディダスショップに先日行ったら、アウトドア向けのシューズは扱っていないとのこと。
渋谷、六本木、池袋なら取り扱っていると聞いた。

仕事で渋谷に行く機会があったので渋谷店へGO。

”109”のすぐ近くにあることは知っていたが初めての入店。
お店の中はシューズが綺麗に陳列されている。
IMG_2139

お目当ての商品について店員さんに聞いてみた。

IMG_2140

中国人の方のようだ。
そうです、アディダスショップは外国人だらけなのです。
お店に入って気づいたのですが日本語が聞こえてこないではないですか。

私が頼んだ店員さんはやはり商品については詳しくなく日本人定員にバトンタッチ。
お目当ての商品を出してくれた。おおむねサイズ感は分かった。

しかし、渡航者が日本のアディダスショップに行く理由が良くわからないです。

その足で、ランチです。
渋谷の人気ランチをチェックして”109”の奥にあるお店に行くことにした。

ローストビーフが500円で食べられるとか。しかし、数量限定なので13時前のこの時には残こっていることは期待していない。

お店の名前は”コックマン”

入り口は目立たなくわかりにくい。

IMG_2146

IMG_2145

しかし、店構えの雰囲気はGOODです。

お店に入った直後に女性の方が多い店であることに気づく。
店内は洋風居酒屋的な感じで女性好みではないのに。

ローストビーフが想定通り売り切れだったので”ローストポーク”を注文。(850円)
ボリュームたっぷりとのフレーズに釣られた。

おひとり様なのでカウンターへ案内される。
IMG_2142

最初は前菜として一皿運ばれてきた。
コーンスープに漬けこまれた野菜たち。
IMG_2141

しばらくすると御大登場。
IMG_2143

美味しそうではないかと口にポークを運ぶ。
ソースもポークも美味しいがなんと予想外であったが冷たい。

「おいおい、温かくないのか」と心でつぶやく。
他にもメニューを持ってくるのを忘れたり、お水も出すのを忘れたりとイマイチの接客でした。

まあ、このようなものなのかもしれないが。

【評価】
味 ★★★
雰囲気 ★★★
価格 ★★★
接客 ★★

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

予定変更続きの週末

生憎の天気です。桜満開のタイミングで・・・
まあ、今年は桜を楽しめる期間が長かったのでそれはそれで良かったのかと思っています。

家族と近くの桜の名所へ。

IMG_2104

所は、ICU。 

IMG_2094

やっぱり桜は青空でないとイマイチです。

天気が悪いので、週末の予定は大幅に変更。
ヨットも中止、サイクリングも中止、花見もほぼ中止。

ということで久しぶりに映画館へ。

IMG_2091
IMG_2090

観た映画は「La La Land」
ミュージカル映画はそんなに好きではないが、話題になった作品でもあるし、主題曲が非常に気に入っていたのでこれをチョイス。
ミュージカル映画でありながらミュージカルミュージカルしていないのが良かったかな。
私の知人にもアーティストの世界で成功しようと頑張っている人はいるが、この映画のように成功する人は一握り。でも、成功することを諦めたら終わり。この映画は夢を続けることの素晴らしさを感じたことと、何かを得るには何かを失う覚悟も必要感じましたね。


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

新調したBluetooth イヤホン

やっと桜が満開近くになってきました。
しかし、すごい強風が吹き荒れていて週末の雨と相まって散るのが早そうです。

日曜日は天候悪くなるので金曜日と土曜日は桜の名所ではすごく混雑しそうです。

今週末はヨット乗りに行くので花見はなしとなりそうです。

最近、家に帰ると娘が就活。
PCでエントリーシートを記入したりWebテストをやったりと大変そうです。
Webテストを横で眺めるのですが正に頭の良さを問われる問題ですね。それも結構なスピードで回答しなければならないらしく大変のようです。

私の役割はPC対応です。Webテストの環境確認、設定確認やトラブル対応。
PC弱い学生は場合によっては受験機会を失ってしまうように思えます。

最近は英語力も問われる会社が多い。新卒だけでなく社員にも英語力を求められます。
昨年度はTOEICを受けて点数を申告しろとの会社からの指示。 最近は英語ご無沙汰気味。
耳を慣らすために移動中に例題にトライできるように新しくBluetooth対応のイヤホンを購入した。

家電量販店で見ると結構な値段です。
アマゾン売り上げ1位と紹介されていた商品が手ごろな値段だったので購入しました。
IMG_1869


聞いたこともないメーカ
でも口コミはそこそこよかった。

届いた箱を開けるとこんなおしゃれなケースが出てきた。
IMG_1870
さらにケースを開けるとイヤフォンが出現
IMG_1871

パーツも一緒に入っている。なかなかコンパクトでよい。
ビニール袋に入ったパーツを出したところ結構いろいろな種類が入っている。
IMG_1872
耳のサイズにぴったり合いそうです。
一番大きいものを選択。

説明書はついていたもののほとんど読まなくても簡単に設定できた。
IMG_1878

Bluetoothの設定も簡単です。スマホ2台、PC1台をペアリング。

IMG_1876

左右のイヤホンがマグネットでつくからいいね。
IMG_1874
IMG_1877


さて、使い心地は?
耳にフィットした。このぽっちがあるタイプは始めただが耳の内側でホールどされて中々良いです。

音は標準以上かな。低温から高温までフラットにカバーされている感じ。
電池の持ちも毎日の通勤で利用するくらいならば十分。
機能もシンプル。マルチファンクションボタンで電源の入切やスマホの着信応答などができる。
エコーキャンセル機能付きとの仕様であったがエコーキャンセルの効果はあるのかないのかわかりずらい。
BOSEのヘッドフォンと比較するからかな。

耳のずれ感が少なかったのでジョギングで使ってみた。ジョギングで使えるまでは期待していなかったが予想以上に耳の中でホールドされている。これは使えます。

3000円弱の値段でしたがお値段以上です。(ニトリ??)

伊達にアマゾン1位ではなかった。
コンパクトでホールド感あるので自転車乗りながらでも全く問題なさそうだが、流石に自転車で使うのは危険なので使わないが。


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】雷や ハラミステーキ

赤坂ランチシリーズです。

今回は老舗のステーキ屋さんです。
美味しいハラミがリーズナブルな価格で食べれるとのうわさを聞き訪問。

雑居ビル1階の奥まったところにお店はある。

IMG_1867

大人しめの看板があるので店の所在地が確認できる。

入り口にはメニューがあります。

IMG_1868

シャトーブリアンも食べれるのだが、今回は一般向けのランチメニューの本ハラミステーキを注文。

店内はレトロな感じです。 ワインもあれば焼酎もある。 居酒屋感が強いです。
店内は狭い。 カウンターに通される。
ちょっと年配の夫婦らしき方がお店をやっているようです。
IMG_1865

しばらく待つと出てきたした。
IMG_1866

225g。それなりのボリューム感があります。

それなりにおいしいが思ったよりもお肉が固めかな。
しっかり焼かれているので口の中では肉汁の広がりがなく少々寂しい。
今度は奮発してシャトーブリアンを注文するかな。

【評価】
味 ★★
値段★★★
雰囲気★★
接客★★★


雷や地図


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

初春の為にロードバイクの足回り整備

4月に突入。
新生活シーズンですね。 
しかし、桜は開花が早かったにもかかわらずまだ五分咲き程度です。

今日は桜を見て走りたく、ジョギングコースは小金井公園経由にしました。
少し肌寒いながらも公園には多くの花見客が集まっています。

公園に向かう道も人人でまっすぐ走れません。
IMG_2057

しかし、小金井公園も満開までは程遠い。
IMG_2058

IMG_2055

菜の花の方は見ごろでしたね。菜の花越に桜を撮影。菜の花の黄色と桜のピンクがコントラストとしてばっちりなはずだが、こんな感じです。
IMG_2054

ジョギング終了後、少し暖かったので久しぶりに自転車のメンテナンスをしました。

ずっと変えていなかったブレーキシューを交換。

今までつけていたブレーキシュー。こいつは、ともに中山道、東海道を走ってくれた重要なパーツ。
交換するが少し名残惜しい。
IMG_2067

まだ、使えそうですね。

新しいのはこれ。 ブレーキシューだけ少しグレードアップしました。

IMG_2064
IMG_2069

それと気になっていたのがリアホールのタイヤです。
昨年中山道を走った時にブレーキシューがホイールの上までセリ上がってしまいタイヤを気づ付けてしまった。タイヤのサイドは亀裂のような筋が入ってしまった。

IMG_2061

いつバーストするのだろうかと不安だったので一昨年タイヤを購入していたが、ロードバイクに乗る機会が少なかったので放置していた。

タイヤを取り外してみたが、内側への影響は全くない。これもしばらく使えたかもしれない。
IMG_2063

まあ、取り換えると決めたので。

新しいタイヤもContinental Grand Prix SⅡ
このタイヤの耐久性を味わってしまったら他は使えないです。
IMG_2059

タイヤ交換も久しぶりになります。このタイヤに変えたからパンクはゼロ。なのでパンク修理のためにタイヤを外すこともなかった。

何度も取り換えたことがあるので手は交換の要領を覚えていたようでスムーズに完了。
空気を入れる前は折曲がって箱に収納されていたのでその癖が残ったままです。
奇妙な絵だったので写真撮ってしまいました。
IMG_2060

ガッチリ空気注入。

IMG_2068

さあ、4月、5月のツーリングプランでも考えるかな。


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ギャラリー
  • 貧脚で乗鞍へ登るの?
  • 貧脚で乗鞍へ登るの?
  • 貧脚で乗鞍へ登るの?
  • 貧脚で乗鞍へ登るの?
  • 貧脚で乗鞍へ登るの?
  • 貧脚で乗鞍へ登るの?
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気