旧街道をロードバイクで!ゼロからの挑戦

古地図を使い街巡りが大好きなオジサンです。古地図を片手に都内の散策にそろそろ飽き、旧街道の文化に触れたくなりました。古の街道をめぐるために、ロードバイクを購入して全国に挑みます。流行を追ってロードバイクに乗るわけではありません。まずは、五街道。次に四国八十八カ所、最後はスペインの聖地巡礼サンティアゴに・・・ ゼロから達成までの記録です。

【赤坂ランチ】とんかつ末吉 カキフライ

今日は成人の日です。
次女が成人式を迎えます。朝から送迎の仕事が待っています。天気悪そうだけど何とか持ってほしいな。

さて、赤坂ランチシリーズです。
季節的にカキが美味しい季節です。
カキフライたまりませんね。赤坂でも美味しいカキフライを食べさせてくれるお店の紹介です。

「とんかつ末吉」
IMG_3464

名前のとおりとんかつがメインのお店です。こちらのトンカツも美味しいのですが、やっぱりこの季節になるとカキフライを食べに来てしまいます。

大ぶりのカキを使っていてぷりぷりです。

ちょっとお値段が高め(1500円)だが値段の価値あります。

IMG_3460


お皿が小さいのではないです。このお皿は普通にとんかつが乗ってくるお皿です。
こぶし大のカキ。大きさ伝わりますか。

iPhone6と比較してみました。
IMG_3462

これで大きさ伝わりますね。
この大粒が5個のっているのです。

ガリっとかじるとジューシーな中身が現れます。
IMG_3463

これを揚げたて熱々が食べれるのですから最高ですね。

【評価】
味★★★★★
値段★★★★
雰囲気★★★
接客★★★

とんかつ末吉地図




よかったらポチって下さい

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【孤独のグルメ的行動】イチローが愛したチャーハン 交通飯店


今日から仕事はじめでしたが、ご挨拶回りや年始早々の仕事をこなすために昨日からガッチリ仕事スタートさせました。

午前中挨拶回り。以前から気になっていた有楽町の靴磨き。
NHKの72時間などでも紹介されてピカピカになる靴を見た時に一度は磨いてもらいたいという衝動にかられたことと仕事始めということもあり行ってみました。

現地に到着したときは4人の靴磨き職人の前にお客さんが座っていたが行列はなく空くまで順番待ち。
磨き代はどの靴も1100円均一。 私の靴の場合、ワックスがしみ込みにくい加工がされているのでピカピカにはならないと告げれたが折角なのでやってもらうことにした。

IMG_3716
IMG_3718

腕はあるのだが接客対応はイマイチでした。

Before

IMG_3715

after
IMG_3719

革が足に馴染んだ感じがします。

さて、折角有楽町に来たのだからここでちょっと早い時間だったがこのビルでランチを頂くことに。
交通会館ビルは古くからあるビル。なので地下にある飲食店のテナントは相当長く営業している店ばかり。それでもって店舗は狭い。

地下に降りるとすでに行列ができている店がある。”麵屋ひょっとこ”。
こちらはカウンタしかなく6名座れば満席。回転は速いだろうが並ぶのが好きでないので別のお店を物色。 この日はお休みのお店もあり選択肢は多くない。

その時、”交通飯店”という看板が目に入る。私の脳の記憶を刺激。
確かメジャーリーガーのイチローが絶賛するチャーハンがある店だ。

IMG_3722

思い出したここに行くべしと体が勝手に動く。
幸い席も3つほど空いていたので即入店。

やっぱりチャーハンでしょう。他のメニューもあったが自宅の夕食に餃子が出ることが分かっていたので餃子はやめてチャーハン単品で注文。

周りを見渡すと餃子セットを注文している人もちらほら。やっぱり餃子うまいんだろうか。

となりの年配の紳士は半チャーハンのみ。半チャーハンのみを注文されたのがその後出てきたチャーハンを見て納得した。


IMG_3721


普通の1.5倍はある。食べ終わった後、少し胃もたれを感じるくらい。
味の方は至って普通。イチロー絶賛とのことだが私にはそれほどまで感じることができなかった。
半チャーハンくらいの分量の方が美味しく感じるのかもしれないな。

よかったらポチって下さい

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

初日の出、初詣、初峠、初温泉サイクリング

元旦は好天に恵まをれました。

恒例の初日の出を見るために早起き。
そう、やはり家族はみな断念。ということで毎年のようにソロで初日の出を拝みに行きましたよ。

予想はしていたのでそうなったら、初日の出以外にも楽しくサイクリングしようと心に決めていました。

年始早々にこのルートを企画
①多摩湖で初日の出を拝む
②狭山不動尊で初詣
③青梅で多摩川上流のせせらぎ
④秋川街道で二ツ塚峠通過
⑤秋川渓谷でまどろむ
⑥瀬音の湯で温泉につかる

こんな計画です。 77km、獲得標高472m 正月なのでこんなもんでしょう。
正月ツーリング地図

①初日の出
 少し自宅を遅めに出たがギリギリ日の出に間にあった。
 いつものように凄い人出です。
DSCF4943

私は、多摩湖から見える初日に染まる富士山が好きです。
DSCF4948
DSCF4954

富士山のベストショットを撮ってから初詣へ向かう

②狭山不動尊初詣
 早朝の為か人は少なかったです。お参りするのに行列ができたことが過去にあったのですが、元旦の早朝が狙い目かもしれません。
DSCF4970

このまま、狭山湖を舐めるように進み青梅街道へ出る。
青梅街道から青梅に向けてひたすらペダルを回すだけ。
思っていたより早く到着。 途中コンビニで空腹を満たす。朝のコーヒーが美味い。

③青梅 調布橋
 ここから多摩川の流れをしばし鑑賞。
DSCF4976
DSCF4978

さあ、ここからが秋川街道。 プチ峠の二ツ塚峠を越えて秋川渓谷まで。

④今年初峠
 高低差150m程度のプチ峠。 登り苦手な私としては、正月の走りではプチでもよいので峠のルートを通りたかった。
DSCF4982
登りの終わりが見えたときの快感は何とも言えません。
前日、雪でも降ったのか路面はかなり湿っています。日影では凍結していました。
DSCF4983
DSCF4984

ここから下り切って秋川渓谷に到着。

⑤秋川渓谷
 DSCF4985
 ここまで来ると気温は大分上がってきた。しかし、フェースマスクしないと風は冷たいです。
DSCF4989

秋川の流れの中に鷺?を発見。
DSCF4988

清流が流れる川面に目をやりながら時計をチェック。 次の目的地である「瀬音の湯」は10時オープン。 20分前なのでボチボチ次の目的地へ

⑥瀬音の湯
「つるつる温泉」か「瀬音の湯」が迷ったが、今回は「瀬音の湯」を選択。
10時きっかりに到着するが開店からそこそこのお客さんの入り。
隅にロードバイクを留めて、入館。 900円也。
足湯もあるようだがやっぱり温泉に入りたい。アルカリ性の温泉なので肌がすべすべになるとか。
DSCF5004

内湯と露天風呂。露天風呂からは秋川を足元に緑広がります。
露天風呂で外国の方がいたので話かけたところ、御岳山へ初日の出を見に行った帰りだとか。ポーランド人だそうで日本では大学の教授だとか。
相当温泉好きのようである。

長湯でない方なので40分ほどで温泉から出て休憩所で一休み。湯冷めしないようにとね。景色を楽しめる場所にはロングチェアーがいくつもセットされている。
休憩所からの眺めも抜群。この日は風もなく日向ではぽかぽかするくらいです。
DSCF4992

温泉総選挙で”うる肌部門”で第三位だそうです。温泉総選挙なんて初めてしりましたが。
DSCF4999

隣の売店では地元の野菜や地元名産品が多く並べられている。ここでぺたんこ饅頭や柚子饅頭を家族の為に購入。
DSCF5003


家族からLINEのメッセージが入る。早く帰宅しろとのご指示がありました。(汗)
ここからひたすら自宅までペダルを回し休むことなく1時間40分で到着。

後半せわしかったが半日で充実したプランだったように思います。

よかったらポチって下さい

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

来年の初日の出は家族で??

今年の元旦の予定。
毎年、初日の出を拝みに行っています。

東京西部に引っ越してからは水平線から上がる日の出は無理なので高いところに登って日の出時間からタイムラグでの初日の出となります。

昨年は多摩湖。家族も行く気満々だったが、いざ当日となると「一人で行ってきて」との寝床からの声。

仕方ないので、一人ロードバイクに跨り多摩湖へ向かった。

今年はどうするのだろうか。もう、自転車で行こうなんて言っていない。
「電車で行くか?」というと「えー、車がいい」だと。

周辺には駐車場少ないから無理と言っているが、どうなるか。

私の予想としては、今回も行かないだろう。

それも想定して、30日にはすぐに出れるようにロードバイクをセット。
2週間前に箱根に行ったきり輪行袋に入れたままだったので。

ロードバイクで行くとなると多摩湖だけだと物足りない。
昨年は青梅までぷらりと言ってみたが今回はもう少し計画的にルートを決めておきたい。
ということでルートラボと縛り睨めっこ。

でも、初日の出から帰ってくるとお雑煮作れとかアウトレットに連れていけなど祝えるのだろうな。

私は買い物にはあまり興味がないが、この”Gong-cha”が気にっているので行っても良いかな。台湾から来た飲み物らしいが。
IMG_3125
IMG_3126

そういえば正月は車が動かないほど渋滞したっけ。


よかったらポチって下さい

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】絶品本鮪「SSAW」

2017年も残すところ1日

この休みは12月に暴飲暴食でぶくぶくになった体を少しシェープしなければと早朝ジョギングをしています。

早朝だと気温ゼロ度。
流石にこの寒さだとジョギングする人がめっきり減ります。
IMG_3696


小金井公園の池も氷が張っていました。
IMG_3695
IMG_3694

さて、赤坂ランチの紹介です。
今回紹介するお店は久しぶりのヒットです。

2ヵ月前にできた新しいお店ですが、すでに口コミで昼間は早いうちから満席。
そして、遅くに行くと売り切れという感じです。

なので、この日は12時前に行ってみたがすでに満席。待つこと15分、入れました。
IMG_3677

お店の名前が変わっている。「SSAW」
Spring Summer Autumn Winte の頭文字を取ったようです。

IMG_3675

メニューは2種類だけ。
かき揚げ丼かマグロと真鯛の漬け丼。これらはWinterメニューですね。
IMG_3678

今回は、本鮪というキーワードに釣られた。

待つこと15分。出てきました。
IMG_3679

小鉢に天ぷらがあってうれしい。
お汁が鯛汁。 これもこくがあってうまい。

さあ、メインのこれ。
IMG_3680
清水港から直送のマグロ。 鯛のだし汁にさっと通したものと、江戸料理の代表的な漬けの2種類のマグロがある。

前者にはからし、後者にはワサビが品よくのっている。

卵の黄身も付け込まれたもので濃くある味のとなって刺身を包み込んでくれる。

どれも、美味しい。これで1000円なのだからメチャメチャコスパです。

【評価】
味★★★★★
値段★★★★★
雰囲気★★★★
接客★★★

SSAW地図


よかったらポチって下さい

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】メキシカン メヒコシンド



赤坂ランチの紹介です。
溜池山王駅から少し離れたところにあるメキシコ料理の店、「メヒコヒンド」

メキシコ料理のお店は最近はポピュラーになりましたが私がこの店に初めて入ったのは30年ほど前。

会社の上司に連れてきてもらった。日本はバブル景気でその上司も株で一儲けをしたらしく気前よく奢ってくれた。今はその上司も亡くなり時の流れを感じます。

そのような店でもあったので再度行ってみたかった。
IMG_3119

入り口はメキシコ感出ています。当時と変わっていません。
店の前に看板に書かれていたメキシカンピラフが目当てだったがすでに売り切れていた。
IMG_3110
IMG_3111

今回は”ブリトー”と注文。

店内
IMG_3112

しばらく待ち、料理が運ばれてきた。
IMG_3114
皮に包まれている中身は、ごはんと牛肉の料理。
サラダも上にのっているのでバランス良い感じです。
IMG_3115

味の変化を楽しむためにこんなものも置かれている。
IMG_3116

甘辛系の香辛料ですね。

スープも付いています。
IMG_3113

コーヒー付きが少しうれしい。
IMG_3117

メキシコ料理なのでこんな感じかと思いますが、味は普通かな。
見た目よりもボリューム感はありました。


【評価】
味 ★★★
値段★★
雰囲気★★★
接客★★

メキコリンド地図


よかったらポチって下さい

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】中華居酒屋 三九厨房

仕事納めです。
通勤電車はいつもより少し空いていたように感じました。
今日くらいから休み取っている人多いのでしょうね。

赤坂ランチシリーズです。
今回トライしたのは中華居酒屋さんのランチ。

居酒屋さんランチなので味はそんなに期待はしていない。コスパ度がどこまでかなーなんて思いながら入店。

IMG_3689


「三九厨房」と言う名は、おつまみ統一で390円という設定だから。
待つ間にメニュー見てみると本当に全品390円です。
IMG_3686

お昼はどんなメニューがあるのか。

IMG_3685

出たー。ワンコインとはいかないが600円ランチです。
赤坂では相当安い水準。

野菜たっぷりの五目焼きそばの写真に連られて半チャーハンセットを注文。
IMG_3687

写真とおり五目焼きそばのアンは野菜たっぷりです。
味はまあまあだが、少し油っぽいかな。

チャーハンは普通です。

コスパランチとしてはありです。

少し脂っこいものを食べたので日枝神社経由で回り道。
IMG_3690

しっかり新年モードです。初詣準備で忙しそう。
山王日枝神社に行くときはいつも雰囲気あるこの階段を使います。
IMG_3692


境内を除いてみると想定通り初詣準備でバタバタしていました。
IMG_3693

新年は初日の出見に行く? 初詣どこに行く? なんて考える前に明日から大掃除が待っている。(汗)


よかったらポチって下さい

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【孤独のグルメ的行動】神谷町・天雷軒

知らない町をブラ付きながらうまいものを見つけることありませんか。

私は知らない街は当然ですが、知っている街でも行ったことのないお店を開拓するのが大好きです。

赤坂ランチシリーズもそのノリで掲載しています。

これって、「
孤独グルメ」的な行動ですよね。 出張や外出先で一人の時は孤独のグルメやりますが、知っている街でも初めてのお店を掘り当てるときは一人の時が多いです。

私はお店チョイス失敗してもそれはそれで面白いと思っていますが、「失敗するのがいや」なのでいつも同じ店に行くなんて人多いです。
なのでお店開拓は基本孤独で行きます。(笑)

とういことで、今回から「孤独のグルメ的行動」シリーズでまとめることにしました。

その第一弾として、東京の神谷町です。

神谷町エリアは普段行かない場所です。東京タワー?各国の大使館の最寄り駅。宗教法人の霊友会も駅近くにそびえ立っています。

この日は、アメリカンクラブで仕事があり利用した。
仕事が終わり東京タワーをビルの間から見ながら帰る。
IMG_3445
この付近は地形が複雑なエリア。坂道、階段沢山あります。
IMG_1860
IMG_1863

この坂はアイドルグループの撮影場所として使われたことで有名。

桜田通りから裏手に入るあたりは道が入り組んでいて散策するのには楽しいエリアである。

もう暗かったのでウロウロはできないが。
神谷町駅に向かっている途中でこんな看板を発見。
IMG_3450

「ごはんBar」 ごはんのバー? 何だろう気になる。
すぐそことの看板に誘われて足を向ける。
IMG_3446
IMG_3447

この裏通りにはこのように味のあるお店もありました。

目指す「ごはんBar」に辿り着く。
IMG_3451
シックで落ち着いたいる。 中はカウンターしかないようだ。
常連さんのお店でしょうかね。
勇気を出して扉を開けてみた。 するとカウンターはほぼ満席。
お店のマスターが「いらっしゃい」と声がかかる。
無理すれば座れるが、初めての店でマスターと気軽に話ながら飲みたい派なので今回は遠慮しました。

中途半端な気持ちのまま表通りに戻り駅近くに行くと気になるラーメン屋さんを発見。
「らーめん天雷軒」
店名よりも”台湾まぜそば”のメニュー
IMG_3456
店内は7割くらい席が埋まっていた。
カウンターに案内されてメニューと睨めっこ。
IMG_3452みそ

醤油ラーメンに”琥珀醤油”とのネーミング。琥珀色に輝くスープを想像させる。その割には味噌ラーメンのネーミングは普通。

やっぱり、入店を誘われた”台湾まぜそば”を注文。
少々のどが渇いていたこと、さっきのバーでアルコールを頂く気満々だったのがすかされたこと、そして注文のそばにはきっとビールが合うと想像し”生ビール”を注文。
IMG_3453

ビールで喉を潤しながら待つこと10分。出てきました。
IMG_3454

そばに辛みそ、ネギと万能ねぎ、そして海苔。海苔には粉がまぶされている。 これらを思いっきり混ぜて食す。
IMG_3455

辛味はそこそこ、海苔とその上にかかっていたカツオの粉のようなものが味に濃くをもたらしている。
麺はそんなに特徴なく普通のラーメン。 思った通りビールに合う。

ペロッと平らげ店をあとにした。


よかったらポチって下さい

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

箱根そしてホッピーの名店へ

年末、自転車仲間と一緒にホッピーの聖地”柳屋”で忘年会をやろうと誘われた。

以前からこのお店の噂は聞いていたが未踏である。

行ってみたいという衝動は抑えられなく鎖骨骨折完治前だが参加することにした。

藤沢駅集合。
当初は自走で行くつもりだったが日の出前の出発となるので路面は見えにくい。
もしもこけたら折角治りかかった骨折がと不安になり直前に輪行に変更です。

とはいえ、早朝出発。
久々に自転車を輪行袋に詰め込んで出発。
IMG_3629

フレームが大きいので輪行袋に余裕なし。なので輪行はどちらかと言うと好きでない。

電車に揺られ2度の乗り継ぎ。
藤沢駅に到着。北口といっても広いではないか。 どこに陣取れば良いかと見渡すが自転車仲間は見えない。

駅を出たところで自転車を組み立て。そうするとメンバーが現れた。
自走組や若干遅れたもののほぼ予定通り出発です。

藤沢駅からひたすら箱根湯本に向かって突っ走る。 皆さん寒風をものともせず元気にクランクをまわします。


箱根湯本駅付近に12時過ぎに到着。駅付近は車が大渋滞。
IMG_3648

もともと国道1号で箱根に登ろうとしていたが、渋滞を見て急きょ、旧街道に変更。

こちらは、車空いている。しかし、1号よりも急こう配の坂が続く。
やっぱり久しぶりの登りはきつい。 同行したきんちゃんとひかりさんはグングン前の進みます。まあ、ゆっくり登ろうと心に決めたとき途中でチェーン外れ。 直前にスプロケ取り換えたがインナーに落としてのチューニングを設定するの忘れてたことを思いだす。

チェーンをはめ再走行。しかし、ギアをローにしたときにまた外れた。
チェーン外れるとなんとなくやる気なくす。 もう、ギアー変更しないと決めて登るが随分時間ロスしたのでギプアップ宣言をしたじゅんちゃんと畠宿まで行こうと決めて登る。

このころには雪がちらほら落ちてきた。 畑宿は一里塚がある場所。 5年ぶり、懐かしい。
IMG_3634
IMG_3633
IMG_3645

しばらく待っていると純ちゃんが上がってきましたね。

IMG_3639

私は、九十九折れのところまで登り、折り返し箱根湯本に戻る。
集合場所で甘いものと家族へのお土産を購入する。しかし、すごい人混みです。
IMG_3649
IMG_3650

ここからはいざ本番の柳家へ。しかし、時間はまだ13時30分。
まだお店やっていないんじゃない。(笑)
途中ガストでお茶して時間潰す。お店は思っていたより早く開いてくれたようでお茶も早々に切り上げる。

柳家の場所は分かりにくいですね。本当に知っている人しか来れないロケーション。
この絵とそっくりの旦那さんと奥さんが切り盛りしています。
IMG_3667
IMG_3651


「ホッピーの王道の味を作り上げた伝説の名店」ですって。
ホッピーの入れ方には相当拘りがあるようです。
ホッピーの会長が社長時代に通い詰めたらしい。

料理はホルモンベース。今回はそんなに走りこんでいないので自転車でカロリー消費した以上のカロリーとってしまった。
IMG_3664
IMG_3665
IMG_3666
IMG_3668

今回は、噂で聞いていたきんちゃんの自転車師匠とも杯をかわすことができて良かったなー。

15時くらいから19時前まで4時間ほど飲み、ヘベレケで小田急線に乗り込み帰宅。
楽しかった。 来年は峠をまじめに登ろうと思う。


よかったらポチって下さい

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

初冬の国分寺散策

12月に入って寒さが厳しくなりました。

ようやく骨折していた鎖骨が8割方付いた感じです。↑の部分が骨折箇所。
IMG_3328

もう、普段の生活に戻し落ちた筋肉をもとに戻すつもりです。
来週は、久々のロードバイク。行先は箱根と小田原飲み(笑)

先日は、かみさんのリクエストで国分寺を再散策。
国分寺の勤務先で受付の業務をしているので何かと聞かれることが多いので地理マスターしたいとのこと。
当初は自転車で行こうかと思ったが寒さのあまり自動車に変更。

以前に散策したので今回はまだ足を運んでない場所に行く。

まずは、国分寺駅前の殿ヶ谷戸庭園で紅葉を満喫。
IMG_3539

一番の紅葉時期なので多くの人が訪れていた。
IMG_3500
IMG_3503
IMG_3510
IMG_3514
IMG_3519

IMG_3520
IMG_3527

落ち葉も絵画のようです。

尺八と琴の演奏会もやっていました。なかなか良かったです。
IMG_3499

東京最後の紅葉ってところでしょうか。

この庭園は東京都が買い取っているが元の持ち主はあの岩崎弥太郎のお孫さんの彦彌太さんの別荘だったらしい。
IMG_3535

一族の写真。当時の雰囲気が伝わってきます。
IMG_3537


この足で国分寺付近へ移動。
武蔵国分寺ではなく江戸時代に再建された国分寺。
ここには万葉植物園が境内にあります。万葉集に出てくる草木花が境内の敷地にさり気なく植えられている。

仁王門
木材の一部は建武2年(1335)に新田義貞が再興した薬師堂の古材を使用していると伝えられている。
IMG_3542

この階段の先に薬師堂があります。
建武2年(1335年)新田義貞の寄進により、武蔵国分寺史跡の金堂跡付近に建立されたと伝えられています。現在の薬師堂は宝暦年間(1751年から1764年)に今の場所に移され、建て替えられたものです。

IMG_3543

中には国指定重要文化財「木造薬師如来坐像」が安置されており10月10日の御開帳時に拝観できる。

ここから武蔵国分寺資料館に移動。
お鷹の道沿いにあったが初めてはいる。

思ったより綺麗に整備された建物。
IMG_3544

中に入ると正面に武蔵国分寺付近の当時を想定した模型が展示されていて全容が俯瞰的に見れて良いです。
IMG_3545

ボランティアの案内の方が丁寧に説明して頂ける。瓦や展示物など背景やエピソードを紹介してくれて実に面白く聞けた。

この模型にもあるが、武蔵国分寺領域を表す溝が周囲に巡らされていた。
その一部が今も保存されているとのことで、武蔵国分寺の北側、裏手の方に回ってみた。
区画溝跡が地図の場所に存在している。
IMG_3549
IMG_3550
人工的に作られた溝であることが断面から察することができる。
IMG_3552
柵の向こうに伸びる道も区画の溝があった。今はマンションを背にしているのでそれであったことは説明を受けないとわからない。

冬の日は早く落ちる。すでに薄暗くなり国分寺をあとにした。
かみさんはそれなりに楽しめたようで満足気な表情だったな。
これでお客さんに国分寺付近の史跡を尋ねられても説明できるだろう。

よかったらポチって下さい

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

日本経緯度原点に行ってみた

今日から12月、師走です。
あっという間の1年間。

都心でも紅葉が楽しめます。
近くの小金井公園も銀杏、紅葉が楽しめます。
IMG_3420
IMG_3416
IMG_3422
IMG_3424

東京たてもの園ないも絵になっていました。
IMG_3430

さて、仕事で東京タワーの足元、飯倉にある東京アメリカンクラブに行ってきました。ロシア大使館とアフガニスタン大使館に囲まれている。
在日アメリカ人が妻や恋人と楽しむための会員制社交クラブとして設立されている。18年前に訪れたときは、施設内はまさにアメリカ。案内も英語、そして空気もアメリカでこの異文化空間に感動した記憶がある。

しかし、2010年に新しい建物に建て替えられ近代的になったが当時の良い雰囲気は消え失せていた。
IMG_3431
IMG_3444
ここから見える東京タワーは絶景です。
IMG_3433

この施設で用事を済ませて帰ろうとGoogleMapを開いた。その時に「日本緯経度原点」と示された場所があることに気づく。

緯度経度の基準点か? こんな場所にあるんだと気になり行ってみることにした。

すっかり暗くなり分かりにくい。ウロウロしていると大使館の人に声を掛けられるのではないかと少しドキドキです。

日本緯経度原点とは文字通り、国内の緯度経度を示す時にこの点がすべて基準となる。
日本におけるすべての三角測量の出発点となる。日本の土地は地殻変動や地震の影響を受けて緯度経度がずれる。それの補正を行っているらしい。東日本大震災の時も再設定されている。
IMG_1859

公園みたいになっていて、奥に行くと石標が設置されている。
整備されてから時間経っていないのか真新しかった。
IMG_1856
IMG_1857
右にある丸い部分が原点。
IMG_1858

五街道の標準点である日本橋の道標よりもスケール感あって感動したいところですがもう少し史跡っぽい渋さがあったら良いのにな。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

豊島屋酒造フェスタ2017

都内の数少ない酒蔵。
豊島屋酒造です。

所在地は東村山市。お隣はすぐに埼玉県ですが。

「屋守」という日本酒は昨年に出会い私の中の好きな日本酒リストにあります。

その豊島屋酒造さんでフェスが行われるとの情報を聞き、今年初参戦。

お酒を飲むので電車でアプローチ。 西武新宿線東村山駅から府中街道を歩くこと15分、豊島屋酒造さんに到着

近くに行くと参加の方や案内係の方が大勢いてフェス会場の雰囲気が出てきました。

IMG_3386

酒蔵の敷地を利用してのフェス。
入場すると既に多くの方が試飲の列をなしています。
参加費は1500円。 試飲5種類と500円チケットが付いています。
このガイドブックを首からぶら下げて会場を歩きます。

IMG_3390
IMG_3391


迷うことなく試飲の列に並んだ。
IMG_3338

一杯目は、蔵出しの無濾過。 甘味があってうまい。
そして濁り酒。 程よい酸味が良いですね。

IMG_3337

二つ目の試飲は、蔵の中。

IMG_3343
IMG_3344
限定酒 亀口酒です。
IMG_3340

最後は、十右衛。
IMG_3346

5種類を飲み干し、更に会場奥に行くとステージと飲食売店が連なる。
開会セレモニーをやっていました。豊島屋酒造社長さんのご挨拶です。

IMG_3350
IMG_3352
IMG_3366
IMG_3367

まずは、サザエを頂きました。
IMG_3351

そんでもってチケット500円を使ってこれを購入。
IMG_3353
IMG_3355

二つを手に取ったが、どこで飲もうか? テーブルはどこも一杯である。
そうすると、「映画」の上映が始まります?との呼び声が耳に入ってきた。

映画を観ながらゆっくり飲むのもいいね。と会場へ足を運ぶ。
同じようなことを考えて集まってきている人多かったかな。隣のおばさんも同じだった。

IMG_3358

どんな映画が見られるのだろうと期待していたが、不思議な映画3本。独自編集でしょうか。 最後の淀川長治さんの映画解説を集めたものが結構楽しかった。

朝、10時過ぎに来たがすでに会場は満員。私も朝から酔っ払い。周りもみな酔っ払い。なんだか変な感じ(笑)
映画会場には”Miss SAKE TOKYO”のお嬢さんがいたので一応記念撮影。
加藤香さん。 このようなミスさんいたのですね。

BlogPaint

メンチカツをほうばりながらステージに行ってみたらラッパーのステージが始まっていた。
IMG_3368
IMG_3369

IMG_3373

地元愛と酔っ払いのディスリがバランス良い、乗り良いラップです。
いやー、自分は物凄く盛り上がってしまいました。 ラップには縁がない方も多くじっとステージ見守る人も多かったような。

IMG_3372

ラップで盛り上がったところでタイムアップ。まだまだステージは楽しそうなプログラムがあったようだが、午後から用事があるので午前中までだったのです。皆さんまだまだこれからという感じです。
IMG_3394

IMG_3378

お土産買って帰るかな。こんなのぼりも売っているようですが、私はやっぱり日本酒です。
IMG_3380
IMG_3392

”新酒しぼりたての生原酒”とフェスタ限定の”純米吟醸無濾過原酒2年熟成”を購入。
絞りたてと熟成というコンビ。 飲んだ7種類からの厳選?です。

IMG_3395
IMG_3396
IMG_3397

結構楽しかったです。途中クラブのようなエリアもあり中ではクラブのカウンターのようなところで屋守が販売されていました。面白い企画ですね。
IMG_3381

途中、酒蔵らしく杜氏の方がいらっしゃった。
IMG_3383

お酒になる麹を初めて食した。 風味と甘味、柔らかな食感。初めて体験。
IMG_3382

バタバタと1時間半。 ほろ酔い気分で東村山駅まで歩いたが途中、歴史好きとしては気になる看板を発見。
IMG_3388
史跡があるではないか。 300m先と書いているので行ってみようと途中まで。
尿意をもよおし早く駅に向かいたくなり中止です。

しかし、東京中ののんべいが集まったのでないかと思ってしまうくらいの盛況ぶりでした。来年はゆっくり時間とってきます。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



TOKYO数寄(すき)フェス2017

晩秋になりボチボチ冬の足音が聞こえつつあります。
街を歩く人はコートに身を包んでいる人増えています。

秋と言えば食欲? いや芸術ですよね。

先日、「古代アンデス文明展」に行ったときに上野公園を久しぶりに通った。

銀座線 上野駅を下車。上野公園の端に位置するのでここから上野公園を縦断。

途中、桜並木の下を通るが今はイルミネーションがセットされていて綺麗です。桜を意識したLED色です。

IMG_3257

真っ直ぐ進むとスタバが見えてきますが、その奥の噴水に浮かぶ不思議なオブジェ。

IMG_3267
IMG_3269

11月10日~19日まで開催されている「TOKYO数寄(すき)フェス2017」の展示物らしい。
奥には国立博物館の建物が映りこんでいます。

オブジェの説明
噴水前広場の池に設置された立体の大型オブジェ「プラネテス」。モチーフはかつてこの敷地にあった寛永寺の山門「文殊楼」で、高さ約十四メートル、幅約十三メートル、奥行き約九メートルとほぼ原寸大で再現した。日没後は内部がライトアップされ、幻想的に浮かび上がる仕掛けで、制作したアーティスト大巻伸嗣さんは「よみがえったこの土地の記憶に何か感じてもらえれば」と話す。

芸術作品だったのか。

国立科学博物館も歴史的建造物です。
1928年完成
IMG_3266


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

インカ道って凄い街道ですね

最近、スマホ渋滞という言葉が使われていますね。

スマホを見ながら歩く人。当然のことながらゆっくりしたペースになります。
朝のラッシュ時はこれが結構迷惑行為となります。
電車の中にはこんなポスターが張られていますね。
IMG_3237

自分が迷惑行為となっている認識がない人が多いようです。

さて、先日上野の国立科学博物館で開催されている「古代アンデス文明展」を覗いてきました。
IMG_3265


アンデスというとインカ帝国が注目されるが今回の展示はアンデス文明ということで1万5千年間の通史として歴史を旅できる展示となっている。

インカ帝国が集大成となっているが、それまでには9つの文明が南米の西海岸沿いの低地から高地にと展開されていた。

まったく交わらない文明から統合された文明など多様な歴史が繰り広げられている。

スペイン侵略時にインカ帝国から金財宝はすべて略奪されていますが、インカ帝国より前に栄えたシカン文化やモティ文化が金装飾品の原点かもしれない。

IMG_3258
IMG_3259
IMG_3260
IMG_3261

死者の仮面としての装飾も見事です。
IMG_3264
IMG_3262

時代ごとの展示物は文化の移り変わりを視覚化できて良い展示だと感じました。

しかし、私が注目したのが”インカ道”
アンデス地区は各文化がバラバラだったのだが、インカ時代に道路整備されてたことにより広大なインカ帝国として統一された。

このインカ道。整備距離は4万kmとのこと。すごいです。
インカ道

残念ながらこの街道に関しての展示はなかったが気になったのでちょっと調べてみた。
4万キロと言っても高地や山岳エリアがほとんど。
「カパック・ニャン」と称されているが、カパック・ニャンは王の道。ハトゥン・ニャンは広い道。フチャイ・ニャンは細い道。ルナ・ニャンは庶民の道として呼び分けられていたようだが、現在は総称してカパック・ニャンと呼ばれているらしい。
インカ道写真1
インカ道写真2
インカ道写真3

どちらかというと物資と文化が運ばれた道だったようだ。
この道はクスコを原点として整備された。日本の五街道の日本橋のようなものですね。

日本の街道のように宿場があり30km毎に整備されていた。
5km毎に駅もあり、情報伝達を効率的の行えるシステムの整備もあった。
江戸時代の伝馬制度に似ている。

万国とも街道なく文化は語れません。

ちなみにこのインカ道はスペイン征服の際に使われたようで文化、経済の動脈が武力の道となってしまった。
その後、インカ道は使われなくなり衰退した。これは、インカ道自体がリャマや人が通行する道であったために40度から最大80度の傾斜を持った道であったので馬、馬車などを使うヨーロッパ文化には馴染まない道だったのでしょう。


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

上野エキナカの面白いお店

久しぶりに上野にある国立科学博物館に行った。
「古代アンデス文明展」の鑑賞。

上野駅にも久しぶりに利用。
何気なくコンコースを歩いているとこんな看板が目に入ってきた。
IMG_3279

「UENO LAND」?
お土産屋??

気になったので覗いてみた。
上野らしくパンダの小物が沢山。
IMG_3273
IMG_3272

しかし、パンダだけではなかった。

私の目に飛び込んできたのはこれ。
IMG_3270
”東海道”フィギュアおみやげ

所謂”ギャチャガチャ”です。
このコーナーには他にも多種ガチャガチャが。
IMG_3271

千葉?京都?など他地域のものもある。がそれだけではない
IMG_3275

中にはどんなものが入っているのだろうかと思ったら外にフィギュアが展示されていた。

IMG_3276

東海道には少し魅かれたがフィギュアの内容は私がイメージするものでなかったので見るだけにした。

その横で”えっ”と声を出してしまうような物凄いものがある。
IMG_3278

上野駅近くの高架下のジオラマ。実に細かく、正確に製作されている。
これ売っているのかと値札を確認。
IMG_3277
378万円也。

手が込んだ大作だけあって高価です。
出来が良くしばらく見入ってしまいましたよ。

他にも興味深く、初めて見る者ばかり。 お時間空いているときに足を運ぶと楽しい。

小腹がすいたのでちょっとしたスイーツでも食して少しお腹を起こしてから帰ろうかとお土産などを置いているコーナーに向かう。

ここでも個性派のお店が多かったです。

あっ、谷中ポタリングの時に寄ったアップルパイのお店も出店しているんですね。「マミーズ・アン・スリール」

東北フェアが開催されていて、東北のコーナーに行く。
食べたことのないまんじゅうを発見。
IMG_3282
仙台みやこがね本舗

”金時芋まんじゅう”
これを購入して休憩所でパクリ。
艶やかでサツマイモの皮がちらほらと見えます。
IMG_3280

食感は柔らかいが弾力や粘りもある。
中はこんな感じ。芋の風合いが口の中で若干香り立ちます。
IMG_3281


上野駅、楽しいっす。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

外国人観光スポットはどこまで拡大するの?

先週は、トランプ来日で国内は厳重体制でした。赤坂も路地裏まで警察官が張り付いていました。道路も車線規制です。
IMG_3231

先週後半はやっと落ち着いたかな?

先週からジョギング復活。
今週末も走ってきました。 とは言いながらもまだ慣らし運転。

小金井公園を軽く回って約8kmのコース

昨日は青空の青が素晴らしかったな。紅葉の色と交じると葉の色と空の色がお互いに色を際立たせ合っている。
IMG_3289

風は強いが気持ちよかったです。

その後、立川まで。
かみさんのお母さんをしばらく預かっているので、週末くらいはどこかに連れて行かねばと昭和記念公園へ。
車いすなのでウロウロできないなは思っていたが、予想外の事になってしまった。

立川付近は車が多く渋滞だらけ。 駐車場に入るまで結構時間費やしました。
やっとの思いで駐車したあと、チケット売り場に向かう。

すると大変な人混み。チケット購入の人が各窓口に列をなし人の塊となっている。
IMG_3293

これは、15分以上並ぶ? 
ゲートの向こうを覗いてみた。
IMG_3292

なんだ、これ!!  園内も人だらけ。

車いす引いてこの人混みはないよねと断念。

入り口近くの紅葉を見て帰ることにした。
IMG_3295

僅かな紅葉の木々をバックに写真撮影している人も多かったな。
写真を撮っている人の会話がすんなり耳に入ってこない。

どうやら海外の方? 中国、台湾? 

振り返ってみるとかなりの割合で日本人以外。

こんな場所まで海外観光客が来るのか? 在日外国人?
いづれにしても日本の環境は変化しつつあるようです。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

アディダスランニングシューズ履き比べ

先週からようやくジョギングを開始しこの3連休は2日間ならしジョグをしてみました。

そのうち一日は皇居ラン。
初めての皇居ランでした。

まあ、わざわざ皇居まで行かなくても快適なジョギングコースが身近にあったので必要性がなかったです。

ランニングサークルにも入っているわけでもなく。しかし、今回はあるグループのお誘いを受けて一緒に走ってきています。
トランプ大統領来日の前日でしたが皇居周辺の警備モードはそんなに厳しくなかったかな。
IMG_3199

思ったより走りやすかったです。

10月末のフルマラソンに合わせてシューズを新調していたのだが、まったく履かずに6カ月放置したシューズを使い始めてみました。

ちょっと前はアシックス信者で膝の負担が少なくオーバーブロネーション対応のシューズとして良く購入していた。
なのでかかとにガッチリGELが入っています。

クッション性を重視すると重量が重くなる。
昔はクッションが良いシューズの方がフルマラソンには良いと思っていたが間違えであることい数年前に気づいた。

それなりに走り込み筋肉をつけた足であればクッションよりも軽い方が良い。

いや、圧倒的に軽い方が良いと思う。

3年ほど前からレースではこれを着用

・アディゼロジャパン1ハイレモデル復刻版
IMG_3170
初めてフルマラソン2時間3分台に突入した「ハイレ・ゲブレセラシエ」選手モデル。当時世界記録を出したシューズの復刻版です。

スポーツショップの方に勧められた購入。細身のアディダスは今まで敬遠していたが、このモデルを何足も大量買いするようなファンが多いらいしい。
それにつられて買ったが、これがなかなか良かった。しかしちょっと幅が狭く足の中指が当たる感じ。

練習シューズとしてアディゼロボストンを買った。
それもワイドタイプ。
IMG_3167

小金井公園をこれで走ってみた。
IMG_3168

同じアディダスランニングシューズでも味付けが違いますね。
アディゼロジャパン1の方が圧倒的に軽量である。

ボストンは靴底がBoostを使っているのですごくクッションが良いとの評判であったが履いた感じはそれほど柔らかくはなく程よいソールのようにおみます。

しかし、Boostでないクッションを備えているアディゼロジャパン1の方が遥かにクッション感がある。

ちょっと比較してみた。
黄色がアディゼロジャパン1ハイレモデル復刻版
青がアディゼロジャパンボストンです。
横幅はボストンの方が広く先がラウンド感があります。
IMG_3169

踵をチェック

なんとアディゼロジャパン1の方がソールがずいぶんと厚い。
着地部分もアディゼロジャパン1の方がしっかり黒いゴムでサポートしています。
IMG_3171

裏面のパターン比較
IMG_3172

アディゼロジャパン1の方がグリップのリップルが多いように見えます。
また、ラバーの厚みがアディゼロジャパン1の方が厚い。

耐久性からするとボストンはすぐにすり減ってしまいそう。
でもこれはドイツのタイヤメーカであるContinental社のラバー。
きっと耐久性はそれなりにあるのであろう。と期待。

今まで持っていたアシックスニューヨークとも比較してみた。
アシックスは相当ごつい感じです。
アシックスでもレーシングモデルであればアディゼロボストンと同じようなフォルムですがね。
IMG_3174


三つ比較。
IMG_3175
同じサイズなのに大きさ感は以下の通りである。
アシックスニューヨーク<アディゼロボストン<アディゼロジャパン1復刻版

アディゼロボストンにしばらくお世話になってみます。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

夫婦で武蔵国分寺史跡周辺ポタ その4


夫婦で回った武蔵国分寺史跡のポタリング。

かみさんはママチャリでしたが、史跡、遺構の魅力に取りつかれたようで疲れを出さずに一緒に付き合ってくれました。

GoogleMapで作った史跡地図で説明しながら次なる場所へ向かいます。
七重塔跡を見た次は、ちょっと休憩したくなりました。

残すところは、おたかの湧く水と真姿の池湧水群です。
国分寺崖線を背にして武蔵国分寺が建てられていた。 武蔵台地からの端っこの崖である。 湧き水が豊富な好立地な場所でもあった。

国分寺散策地図3
地形図

IMG_1996


■おたカフェ
ここは史跡の駅とも称されている。
史跡の駅か、初めて聞いたな。

IMG_1990

こじんまりとしていて良い雰囲気。
店内。
中二階はこんな個室的な空間。

IMG_2001

お土産や歴史資料がそろっていました。
IMG_2002

お鷹の湧く水は資料館敷地内のようですが、閉館時間を過ぎたので今回はパス。

■お鷹の道
江戸時代に市内の村々は尾張徳川家の御鷹場に指定されていました。それにちなんで、崖線下の湧水が集 まり野川にそそぐ清流沿いの小径を“お鷹の道”と名づけ、現在約350メ-トルを遊歩道として整備 されている。


BlogPaint



■真姿の湧水

この湧き水にはこのような伝説がある。
847年(承和14年)、当時絶世の美女と謡われた玉造小町は、業病とされた皮膚の病に冒され、その容色を失い、治療の効なく変わり果てた己が姿に、「御仏の慈悲にすがっても」と意を決し、小町は当地の国分寺を訪れ、薬師如来にぬかづいて一心に祈り続けたところ、三×七=二十一日目に一人の童子が忽然と現われ、小町をとある池の畔に誘い、「この池水にて身を洗うべし」そういいおいて童子は姿を消してしまうが、藁にもすがる想いで小町がいわれたとおりにしたところが、七日にして、元の美しい姿を取り戻した。」

IMG_1991
IMG_1992
IMG_1993
IMG_1994

水は名水百選に選ばれているだけあって澄んでいて清らかな水である。
IMG_1995
IMG_1999

崖の上に登ってみると台地っぽくフラットな土地となっていました。
IMG_1998

お鷹の道は京都の小道を思わせる空間がありかみさんは凄く気に入っていました。

武蔵国分寺付近の史跡を夫婦でポタリングしたが、観光地に来たような錯覚でした。

かみさんは病みつきになり回り切れていない箇所もあるのでもう一度行こうと誘われています。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

夫婦で武蔵国分寺周辺史跡ポタ その3

表題のその2の続きです。

国分寺周辺の史跡、遺構の多さには今回改めて感心しましたが、それよりもかみさんの方が感銘したのではないかと思います。

私は日ごろから史跡巡りは好きなのでかなりディープに調査して訪ねて行きます。今回はそれに初めてつき合わせたのですが、かみさんもまんざらでないようで一緒に結構楽しんでいました。

さて、国分寺尼寺跡でじっくりと案内や説明版を読みながら古の空間を想像して少し時間を使いました。

いよいよメインの国分寺跡になります。
全国国分寺の中でも最大級だった武蔵国分寺。
地は東西8町、南北5町半。
東大寺が最大で最大で東西南北とも8町。これからも大規模であったことが分かる。

国分寺散策地図2

当時はこんな感じだったのでしゅうかね。
「武蔵国分寺」の画像検索結果
■国分寺南門跡

国分寺跡付近は保存地区なので空き地が多くだだっ広いです。 写真の方向が武蔵国分寺になります。
この道は当時の参道とほぼ同じ筋となっている。

IMG_1981

道を進むと南門跡に到着。 南門の基礎部分を復元して整備されています。
IMG_1982

■国分寺中門跡
こちらも最近復元されたような。何本か柱のようなものが建っていますね。
中門のあった場所をイメージさせるのでしょうが、まだ整備中でした。

IMG_1983


■国分寺金堂跡
南門跡からさらに北に進む。中門跡を通過すると金堂跡に到着する。
何もない広場にポツンと石碑が立っている。
創建時は間口7間、奥行4間あったどうだ。

IMG_1984

近づいてみると金堂跡と記されていました。
IMG_1986

IMG_1987



■七重塔
金堂跡の東側に七重塔が建設されていた。
近くに行ってみると塔跡は2か所あるではないか。
835年に落雷で焼失して再建されたとあるが、同じ場所に再建されたのか場所を変えて再建されたのか明確でないらしい。

いづれにしても2か所の塔跡が発見されている。
塔跡1

IMG_2006
IMG_2003

塔跡1から50m西に行った場所にこんもりとしている部分が塔跡2?
基礎跡の確認は表面からはできませんでした。

IMG_2007

IMG_2009

重塔を有している諸国国分寺は多いがここは七重塔。高さにすると70m~80m? 創建当時にこれだけの建造物が作られたのは凄いです。

ここからは武蔵国分寺史跡巡りも終盤に向かいます。
つづきはその4で。
よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

夫婦で武蔵国分寺周辺史跡ポタ その2

「夫婦で武蔵国分寺周辺史跡ポタ その1」の続きです。

東山道武蔵路跡に感銘を受けた後は、旧鎌倉街道跡に行くことにした。

旧鎌倉街道の方が当然ながら東山道よりも後世にできた道である。
道幅10mの道は国府への道としては廃れて行った。
あんなに立派な道を後世の人はなぜ使わなかったのだろうかと疑問に思ってします。

私なりの解釈ではあるが、武家政治へと時代が変わるとあのような当時の高速道路のような道は領地を守る人にとっては迷惑な道であったのだろう。

東山道の原型は東海道や中山道等の幹線道路として活用はされているが何れも細くくねくねした道になっている。

これも上記の理由であろう。

旧鎌倉街道も鎌倉幕府へとつながる道であるが道幅細く、土塁で囲まれたりと戦国の為の道と化している。

その鎌倉街道の名残として当時に近いまま残っている場所が国分寺にもある。

東山道武蔵路から西へ300mくらいのところに平行して旧鎌倉街道がある。

■武蔵台遺跡敷石住居跡

旧鎌倉街道に向かう途中には、「武蔵台遺跡敷石住居跡」が公園として整備されていた。原始・古代・中世・近世の複合遺跡なので、そのうち縄文時代では縄文早期(9000年前)と縄文中期(4000年前)にムラがあり、上の敷石住居は中期の遺跡を移築して保存したものらしい。
IMG_1951


■鎌倉街道

ここから北に向かい坂を下ると住宅地からうっそうとした林の中に突入する。
入り口には旧鎌倉街道として保護するために通行止めとしている説明がある。

この道は切通しになっている。
IMG_1952

IMG_1953

でも細い道です。

■塚

両脇には史跡が残っています。
案内版は土で汚れているので読みにくい。

IMG_1956
IMG_1955
”塚”と案内には書かれている。
「中世(1415世紀頃)において種々の祈願の成就を得るために作法に則り本尊に対し祈祷するために築かれた修法壇跡伝祥応寺との関係を有するものと推考される」と説明されていた。

■伝承応寺跡

その伝承応寺が鎌倉街道を挟んで反対側にある。
IMG_1959
IMG_1963
IMG_1958


階段を上ると案内版がある。これもかなり汚れている。
IMG_1960
案内版には「旧鎌倉街道と言われる切通しに東面して土塁(基底部幅3m、高さ1.2m以上)と溝とで東西30m、南北45mの長方形の区画が形づくられている。現存する大小15個の礎石の分布などから東西9m南北18m程の規模の堂がその中央にあり、瓦を用いない建物だったと推定されている」と示されている。
IMG_1961
登ると平坦な土地が広がっていた。

更に切通の鎌倉街道を下る。
IMG_1964

■武蔵国分寺尼寺金堂
 旧鎌倉街道を挟むようにして武蔵国分寺の尼寺の遺構がある。

奈良時代中頃、聖武天皇の詔により鎮護国家を祈願する官立寺院として国分寺(僧寺)とあわせて国分尼寺が国ごとに建立された。
IMG_1971

IMG_1966
IMG_1967

IMG_1969

復元された基礎
IMG_1972

立派な講堂も建設されていた。
IMG_1973
IMG_1974

IMG_1977
IMG_1978

発掘調査時の様子。
IMG_1979


IMG_1980

武蔵国分寺付近の遺構は凄いです。この辺はJRの拡幅に伴い発掘調査が進んだエリアでもあります。 まだまだ、眠っている遺構は沢山ありそうですね。

尼寺の後は本丸の国分寺跡へと向かいました。
続きはその3で。


国分寺 鎌倉街道


よかったらポチってください 


 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ギャラリー
  • 【赤坂ランチ】とんかつ末吉 カキフライ
  • 【赤坂ランチ】とんかつ末吉 カキフライ
  • 【赤坂ランチ】とんかつ末吉 カキフライ
  • 【赤坂ランチ】とんかつ末吉 カキフライ
  • 【赤坂ランチ】とんかつ末吉 カキフライ
  • 【孤独のグルメ的行動】イチローが愛したチャーハン 交通飯店
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気