旧街道をロードバイクで!ゼロからの挑戦

古地図を使い街巡りが大好きなオジサンです。古地図を片手に都内の散策にそろそろ飽き、旧街道の文化に触れたくなりました。古の街道をめぐるために、ロードバイクを購入して全国に挑みます。流行を追ってロードバイクに乗るわけではありません。まずは、五街道。次に四国八十八カ所、最後はスペインの聖地巡礼サンティアゴに・・・ ゼロから達成までの記録です。

荒川ジョグ

暑い日々が続きます。

完全に右ひざの靭帯炎を克服でき、早朝に7kmくらい毎日ジョギングしています。
朝でも6時台を超えると気温がグングン上がってしまうので、5時台から走ることも多くなってきました。

ぼちぼち自転車も復活しようかと。
実は、昨年9月に旧中山道を完走してからご無沙汰にしています。

いつものジョギングコースですが、季節の移り変わりを楽しめるところもよいです。

荒川沿いの堤防コースが本当に気持ち良い。

鉄橋や橋を潜りながらも距離感がつかめます。

地下鉄東西線の陸橋です。 地下鉄ですが荒川越えはやっぱり上を通ります。
IMG_0404

いつものテラスコース
IMG_0405

走っていると川に建てられた杭の上に見慣れぬ鳥が。
IMG_0407

嘴がかなり大きいですが、何という鳥だろうか。

親水公園沿いも夏にはピッタリのコースです。木蔭が多いコースなので直射日光は避けられます。

この場所でいつもストレッチするのですが、見上げると青い実がたわわに実っています。
IMG_0408

これは梅の実?  梅の実の収穫時期は梅雨の季節の6月~7月かと思ったのですがまだ青々としています。

一つもいでみました。
IMG_0411

立派な実です。梅酒によさそう。

しかし、この梅の木はほっそりしています。その割には実がいっぱいついている。
そのため、実の重さに耐えられない枝がありました。こんなバランスが悪いことが自然界で起きるものだろうか?赤丸で囲んだところでぽっきり折れています。

BlogPaint





よかったらポチってください

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

あんみつ「相模屋」

出会う人の合言葉のように交わされる「暑いね」

明日からオリンピックも始まり、さらに熱い夜が始まりそうです。

今朝は、東京オリンピックの追加競技が正式に承認されたとニュースの話題になっています。
多くの日本人がメダルを獲得できるチャンスが増えてよいことです。
知らなかったのですが、今回選ばれた競技は東京オリンピック後も開催される保証はないのですね。

さて先日、お客様を訪問。 こんな時だからこそ手土産は涼し気なものがGoodですね。
会社近くであんみつが有名な老舗の「相模屋」さんで購入。

実は、私も食べたことがない。評判が良いのでまあいいかと購入してみた。

IMG_0140

IMG_0141

老舗らしく店舗内は着飾ってなく素朴な感じ。
あんみつを購入するが化粧箱などは豪ジャスさはない。

小装されているものより何人前かかたまりで販売しているものの方が売れているようだ。

手土産の手提げ袋もシンプルですね。

IMG_0142
IMG_0143



よかったらポチってください

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

変貌を遂げた虎ノ門

梅雨明け後、夏らしい天候にはなっているものの大気が不安定で豪雨に見舞われることも多いです。

空が晴れていても油断できないです。ランチも空模様見ながら場所を決める感じですね。

さて、先日 官公庁街霞が関のお膝元、虎ノ門へ久々に足を運びました。

虎ノ門というと江戸城にあった門の名前がそのまま地名になっている。
虎ノ門交差点に小さな可愛い虎が待ってます~

現在の虎ノ門の一帯は、ちょうど麻布の台地と愛宕山に挟まれた低地であることから、西久保と呼ばれていた。西久保地区の大部分は武家地・寺社地だったそうは、現代のようなビジネス街とは程遠い雰囲気だったのだろう。

近年は、官公庁との関係が深い企業がオフィスエリアとして栄えていた。
サラリーマンの町として気軽な飲み屋さんも多かった。

私が社会人となって初めて勤務したのも虎ノ門である。
なので非常に思いである街です。

新橋にも近く先輩に連れられて新橋までよく飲みにいきました。

最近は、俗称マッカーサー道路が整備されて虎ノ門付近からトンネルに入ると築地まで一気に抜けられる。
虎ノ門、新橋付近の渋滞エリアをバイパスできる道。

その道路建設と合わせて開発されたのが虎ノ門ヒルズ。

私はまだ行ったことがなかったので外出中のランチとして立ち寄ってみた。

IMG_1512

トンネル入り口の上に虎ノ門ヒルズがあります。

トンネルの上にはこんな庭園が整備されている。
IMG_1513

入り口です。低層階はレストラン、ショップ。高層階はオフィスと住宅です。
最近の高層ビルにおける典型的なパターンですね。
IMG_1514

ぶらりとレストラン街を歩く。おしゃれな店が多いです。

こだわりなく空いているお店にIN.
割とオープンな店のつくり。

IMG_1516

無難にパスタランチセット。
IMG_1515
IMG_1518

冷たいかぼちゃスープがおいしかったです。

スペイン料理とのことだが、これってイタリアン??

さて、食事を終えて虎ノ門ヒルズを後にする。

再びビルを見上げてみた。
IMG_1519


こんな立派なビルが建つ前はどんな場所だったとちょっとキョロキョロ。

隣のエリアではビル解体中。

その横には教会がある。

この教会は見覚えがある。以前に勤めていたビルの近くにあった。
そうだとすると、解体中なのは西松建設の本社ビルだった。

私が社会人として初めて働いたビルのすぐ近くにあったのが西松建設ビル。

ということは・・・・・

虎ノ門ヒルズが建っている場所に勤務していたビルがあったということ。

地図にするとこんな感じ

私が勤務していたことの地図
IMG_1523


そして、現在の地図
IMG_1524

おまけで明治初期の地図
低地であったためか池のようなものがあちらこちらに見受けられます。
IMG_1525


おおっ。 まさに虎ノ門開発に捧げていたとは。

複雑な思いですがこのように時代の変化に飲み込まれることは都心ではよくある話ですので、未来への土台となったと思うと何となく誇らしく感じました。



よかったらポチってください
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

梅雨明けたよ、蝉くん

ついに梅雨明け宣言。

去年より18日遅いらしい。

夏本番です。

夏といえば風物詩の蝉の鳴き声ですが、いまだに聞こえてきません。

でも、毎朝のジョギングコースではこんなものを発見。
IMG_0353

せみ

おお、蝉の抜け殻。
子供の頃に脱皮する様子を夜中に観察したことを思い出す。

こんなところで変態したんだ。と周りを見回すと抜け殻さんのオンパレードです。
IMG_0344
IMG_0345
IMG_0346
IMG_0347
IMG_0348
IMG_0349
IMG_0350
IMG_0351
IMG_0352

私は、木の幹などで見たことはあったのですが、雑草でも見れるのですね。

きっとこれから鳴き声が聞こえるのでしょう。その脇では成虫になった蝉くんの羽が落ちていた。
鳥に狙われたかな。

何れにしても夏本番。体調には十分注意するぞ。


よかったらポチってください

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

赤坂ランチ「友」

梅雨明け宣言を待つ今日この頃。

本格的な夏到来までもう少し。

そろそろ蝉の鳴き声が聞こえてきてもよさそうかなと思っていたら公園には蝉の抜け殻をいくつか発見。
せみ

いよいよ夏本番の序奏というところでしょうか。

さて、赤坂ランチシリーズですが、赤坂では超有名なラーメン屋「友」です。
赤坂のお店の紹介では取り上げられないことがないくらいです。
IMG_0860

なので、お昼時は待ちが出ることがよくあります。

待つのは嫌いな私は空いている日に入店しました。

IMG_0859

調味料小鉢??

これのようです。
IMG_0858

特性のラー油が用意されていて、好みでラーメンに入れると味が2度楽しめます。
IMG_0857

スープは濃厚で麺はやや太め。
水菜がトッピングされているのが珍しいですね。

濃厚さの中にさっぱり感を楽しめます。
しばらく食べてから特性ラー油を入れるとスープの味がガラリと変わります。
このスパイシーさも好きです。

≪評価≫★★★★

地図は有名すぎるので省略です。


よかったらポチってください

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

驚きの餡爆弾「メイカセブン」

最近は、健康管理を目的に朝6時くらいから毎日ジョギングしています。

朝から散歩されている方の多さに驚きます。
年配の方が多いのでジョギングしているひとはチラホラですが。

川沿いの土手を走るのでとても気分最高ですね。

さて、健康管理と言った矢先ですが、甘いものも大好きです。
先日、江東区大島付近を通りかかったときに名物アンパンがあることを思い出した。

記憶をたどりながらスマホで調べると狙ったかのように近くを歩いていました。

お店はここです。
「メイカセブン」
IMG_1327

一見、普通のパン屋さん。
中に入るとパン売り場以外にイートインエリアも結構広いです。
IMG_1326

さて、お目当てのアンパン。
これです。
IMG_1322

新東京名物と書かれています。

うすかわあんぱん。手に取るとずっしりと重い。300gくらいはあるのかな。

いくつかお土産で買っていこうとトレイにのせるが、6個ものせるとトレイがしなる。

手に持って運ぶことを考えるとこのくらいが限界かな。

お土産以外にもその場で食べるために1つ余分に購入。

イートインコーナーで食します。
IMG_1323

うすかわというか、餡を包装しているように見えます。
IMG_1324

アンパンを食べているというよりは餡を食べている感じです。
頑張って1個食べてみましたがひとりで一つは結構きついです。

あんこ好きには良いが普通の人は4等分して1つ食べれれば十分でしょう。

よかったらポチってください

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

浮世絵入りメガネクロス使うのに勇気いるな

昨日の総務省発表によると日本の人口減は27万人。 1年間の減り幅としては最大だそうです。

出生数が伸びないのでこのような結果ですかね。

最近、本当にお年寄りが周囲に増えたように感じます。
近所のスーパーマーケットに買い物に行ったとき、冷静に回りを見渡すと高齢者ばかりであることに気づきます。

また、通勤時、途中にあるスポーツクラブにはオープン前から並んでいる沢山の高齢者。

あと10年も経つと東京もものすごい状況になっているのではないかと思います。

新聞記事では、東京一極集中止まらずとなっています。最近は、都内でも住宅販売価格が手ごろになった上に低金利なので首都圏周辺に住まずに便利な東京を選択してしまうのは自然の流れのように思います。

もし、東京の土地、住宅、物価がバブルのように高くなればまた分散化するでしょうが。東京オリンピック開催までの2020年までは当面増加は止まらないかな。

その中でも注目すべきは人口増加率2位の沖縄です。
長寿県で有名ですが、環境も良く物価が安い沖縄へ移住者もそれなりにいるからなのでしょう。
私も沖縄県は大好きです。

さて、話は変わり先般東京駅近くの八重洲ブックセンターに行ってきました。

歴史ものの本が充実しており、たまに足を運びます。
街道系だけでもこんな感じ。
IMG_0914


IMG_0915


古地図も充実です。
IMG_0916

年代ごとに古地図がありますが、東京エリアは特に充実しています。
IMG_0917


お目当ての書籍を手にレジに向かったころ、見慣れないものが目に入ってきた。
CDか?

IMG_0911


近寄ってみると赤富士や日本橋、品川宿の浮世絵です。
IMG_0912

手に取ってみるとどうやら布に印刷されている。
この商品の上に見本があった。

メガネクロスのようです。 著作権関係ないからと言ってこんな風に使ってしまうのですね。
IMG_0913


人前で使うのはためらってしまいそうですが、外人さんには喜ばれるのではないかな。
外人向けのお土産として最適そうですので候補としてリストに入れます。


よかったらポチってください

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

赤坂ランチ「とんかつまさむね」


連日の夏日。
強い日差しに夏を感じながらも水瓶の状況がきになります。

最近は、この暑さなので早朝にジョギングです。
いつもの葛西臨海公園までジョグ。
IMG_1402
IMG_1403

ローディさんはチラホラです。

さて、赤坂ランチの紹介です。
赤坂で有名なとんかつ屋さんです。

IMG_1412


お昼時はいつも行列ができています。時間を思いっきりずらしても列はなくなりません。
ということで、ずっとあきらめていました。

たまたま、通りがかったときに列がないことを見つけ、迷わず入店です。

テーブルは満席、カウンターがいくつか開いていた。カウンターに案内されたが、人気のカツカレーは完売。
上ロースカツも売り切れでした。

ということで、無難にロースかつ定食を注文。
IMG_1406


待つ間、お店の様子をキョロキョロと確認。

お店が狭いことと注文後に揚げるためか15分間くらい待たされる。
これではお客の回転はそんなに良くないです。行列が消えない理由は何となくわかります。

IMG_1407


もち豚のお肉を使っているようです。
カウンタには食べ方を説明したものもあります。
レモンと塩で食べることをお勧めしていますね。とんかつといえばソースですがこちらではレモンを衣では肉につけ、岩塩をつけて食べるのですね。

待つこと15分、やっと出ていました。
IMG_1408
IMG_1410

肉はこんな感じ。私としてはもう少し脂が少なくてもよいかな。
IMG_1411

きめ細かなお肉は噂通りのおいしさです。

≪評価≫★★★★




よかったらポチってください
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

都心赤坂にあった今井城

梅雨の合間の好天は真夏のように暑いです。
体調を崩されている方もそろそろ出てきそうですね。

さて、赤坂は名所、旧跡が多い地区ですが今回は、赤坂氷川神社へ

赤坂氷川神社は赤坂丘陵地帯の高い位置にあります。

ただでさえ歴史ある場所なのですが、ある地図に赤坂氷川神社敷地内に旧跡マークがありそこには「今井城跡」と記載されている。

こんなところにお城があったのか。確かに高台に位置するので城を構えるには良い場所かもしれない。

その痕跡がどうなのか。

赤坂氷川神社へGO!!

この辺は坂が多いです。境内に向かう途中に勝海舟住居跡がある。
勝海舟は赤坂の街に好んで住んでいたらしい。
3箇所くらい移り住んだらしい。

赤坂氷川神社近くの住居跡は、その中でも長く住んでいた場所。

今は1階がお店の住居にひっそりと勝海舟住居跡を示す表示がある。
IMG_1313
IMG_1314

この建物の横にある坂道は「本氷川坂」 途中かんりの傾斜です。
IMG_1287
IMG_1289

登り切ったら左手が赤坂氷川神社。 しかし、右手には立派な門の建物がある。

IMG_1290

地図にも表示なし。門にも何もついていない。気になるなー

反対側が赤坂氷川神社の敷地となる。
IMG_1291
IMG_1293
都心とは思えない神社の境内

まずはお参りです。
IMG_1388

東京十社めぐりの一つとなっている。
そもそも赤坂氷川神社は別の場所にあった。

この土地には忠臣蔵・浅野内匠頭の夫人 瑤泉院の実家である浅野土佐守邸跡で、大石内蔵助が討ち入り前に訪れて別れを告げたといわれている。
「雪の別れ」で有名な「南部坂」が近くにあるが、実際はこのような事実はなかったとの説がある。 赤穂浪士の討ち入りを盛り上げるための演出として付け足されたのか。

浅野藩取り潰しにより浅野土佐守の屋敷は取り壊されそのあとに吉宗が赤坂氷川神社を1730年に移設した。

300年弱前です。
入口にはこんな看板が。 300年記念の寄付の募集です。
IMG_1295

IMG_1296

東京十社めぐりの神社です。
良く見てみると王子神社以外はすべて訪問したことがある。
IMG_1297

神社のさい銭箱の横に名刺が置かれている。

良く見るとFacebookの紹介です。最近の神社はこれですね。 
IMG_1298

お参りをして境内を散策。
浅野土佐守屋敷跡の看板があります。


IMG_1389

グルリと見回すと巨木が数本あり、巨木の前に看板がある。
IMG_1302
IMG_1301

東京都文化財、天然記念物である。
樹齢はなんと400年

浅野土佐守屋敷があったころの銀杏の木です。
太いと思ったけれども中は空洞になっていました。 大切に守りたいですね。
IMG_1304

敷地にはさりげなく狛犬等の石像がおかれています。
IMG_1306
IMG_1307

石灯籠も見当たるがこれは、
遷座の年に岡崎城主老中水野忠之が奉納したものです。
IMG_1308
IMG_1309

階段を下る。この階段もいいですね。
IMG_1311
IMG_1310

いい味出しています。

今井城跡の痕跡はまったくありません。
今井城は平安時代末期に活躍した木曽義仲四天王の一人にして、巴御前の兄である今井兼平の城があったと伝わりる。
ただし今井兼平自身は長野に領土を貰っていたようで、最期は滋賀県の「粟津の戦い」で主人義仲を追って自害したとされるため、今井兼平が築城したという根拠はまったくなく伝承にすぎないとのこと。

真実は良く分からないが今井城はTBSのあった場所との説もある。


よかったらポチってください
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

赤坂ランチ「マンダラ」

赤坂ランチシリーズです。

赤坂の街を歩いていると焼肉、韓国、中国の看板が多く目につきます。
それ以外にモンゴル、スペイン、ブラジル、トルコ等々多数の国の料理が食べられる店も多いです。

その中で「ネパール料理」 をいただきました。

ネパール料理はそんなに知らないが、以前にインドのカレー料理とそんなに変わらないと聞いたことがあります。

ネットで調べるとベスト10の料理が掲載されていました。
1. ダルバート (カナ) dalbhat
2. モモ momo
3. カリー&ナンcurry&nan
4. チャウミン chowmin
5. セクワ sekuwa
6. サモサ samosa
7. セルロティ selroti
8. ダヒ dahi
9. ラッシー lassi
10. チャウチャウ(インスタントラーメン) chawchaw

蒸し餃子や焼きそばのようなものもありますね。

さて、今回訪問したのは、ここです。
IMG_1114

お店はB1にあります。

階段を降りていくと穴蔵に入っていくような感じの内装です。
IMG_1113

お店の雰囲気は独特ですね。 ネパール人?(見分けつかないですが)のような方が案内してくれる。
接客は大雑把なようだ。細い入口から奥に入ると割と広い空間があった。

IMG_1112

ランチなので期待していたメニューはなく、ランチのカレーメニューがいくつかある。
ナンは食べ放題のようだ。
周囲はカレーを食べている人は多かったが、他のものを選択したいところ。

”ガパオライスセット”
おいおい、ガパオライスはタイ料理ではないでしょうか。??
まあ、いいや。

注文してからしばらく待ちました。
IMG_1109

しばらくすると出てきた料理がこれです。
IMG_1110

肉、サラダ、たまご、ライスと一皿にガツッと盛られています。

肉はやっぱりカレー味ですね。


IMG_1111


ネパール料理の店に来ていたつもりですが、ナシゴレンもあることからどちらかというとアジア多国籍料理の店ということでしょうかね。


≪評価≫
☆☆

マンダラ地図



よかったらポチってください
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

赤坂ランチ「わいず製麺」

日本人、ラーメンなしでは・・というほど生活に根付いた食べ物ですね。

職場の同僚ではお昼はラーメンしか食べないと言っている人もいますが。
体に悪そう。

わが町の赤坂もラーメン屋は山ほど。一つひとつ落としてゆこうと思ています。

”わいず製麺”
聞いたことないな。
濃厚旨口か。

濃厚は分かるが、旨口とは旨さに相当自信があるのであろうか。

神田にある”わいず”ラーメンのチェーン店のようです。赤坂には今年上陸したようですね。

IMG_1150

芸能人の写真が。取材でしょうかね。
IMG_1152


時間を外したので店内は私のほか2名だけ。

カウンター越しにチャーシューを発見。
IMG_1147

この日は、いつものようにお店のベースとなる”らーめん”を注文
脂の分量を好みで伝えることができるが、普通がどれほどか分からないので”普通”にした。

ドーンと出てきました。
IMG_1148
IMG_1149


ほうれん草ががっちり載っているのも珍しい。

スープは豚骨。濃厚。 パンチあります。
麺は太目です。チャーシューは目の前で塊を見たのでちょっと小さいように感じます。

この濃さはこってりと相まってくせになりそうですね。 

≪評価≫
☆☆☆

わいず地図


よかったらポチってください

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ピカジョの意味しっていますか。

先日、フラット文具メーカPLUSのショールームに初めて入ってみた。

IMG_0978
IMG_0978


オフィス文具から家具まで展示しています。
非常にユニークな発想で商品づくりされているので参考になります。

日も案内の女性が丁寧に展示しているものを説明してくれて質問に答えてくれる。

見て触って楽しい。デザインは女性が使うことをイメージしてどれも可愛いですね。
おじさんが使うにしてはちょっと絵にならないなー。

ショールームに休憩や語らいの場としてワゴンのようなものがある。そのワゴンにはお菓子やコーヒーなどミニカフェとなっている。

見慣れないお菓子が乗っているではないか。

スナック菓子??

IMG_0975


”ピカジョチップス” ”イケメンチップス” ”社長チップス”

なんでしょう。 イケメンって良く使われるが、女性のイケメン的な表現はピカジョなのですね。

今度使ってみよう。

チップスの前には写真? プロマイド?

IMG_0976

このお菓子の袋に付録で入っているらしい。昔懐かしい仮面ライダースナックの乗りですね。

この美女、美男子は本当に存在する会社員らしい。

おっと横には。

社長チップス。 ニッポンの底力との副題。 社長のカードも入っているのでしょう。
やはりあまり見る気しないですね。
IMG_0977



よかったらポチってください

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

赤坂ランチ「たけくま」

赤坂のランチ堪能中です。

中華料理ですがいつも込み合う評判のお店。

行列するのはあまり好きでないので見合わせていました。

この日は天気が悪く空いていたので入店しました。

「たけくま」さんです。

IMG_0974

この椅子にずらっと座っていることが多いのですが、この日はこんな感じ
IMG_0973

狙いは大好きな酸辣湯面です。

辛さと酸っぱさが絶妙に味わえる一品ですが、このメニューお店ごとに味付けに個性がでるメニューです。
酢の使い方、ラー油の種類など味付け方に違いがでます。

IMG_0972

IMG_0971

こちらの酸辣湯面は、意外と酢が控えめ。辛さもマイルド。

むせるくらいのすっぱからいが好きな私としてはちょいと物足りなかったです。

≪評価≫
☆☆☆




よかったらポチってください

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

旧芝離宮址の遺構を探索

先日、浜松町へ行ったのですが、以前の駅南側は竹芝桟橋へ行くルートくらいで他には旧芝離宮恩賜庭園くらいしかなかったです。

最近は、再開発が進み新しいビルがガツンと建っていました。
そのビルの正面には芝浜離宮公園があります。浜離宮公園は有名ですが旧芝離宮恩賜庭園を訪れる人は少ないのではないかな。

この庭園のそもそもは、

明暦(1655~1658年)の頃に海面を埋め立てた土地を、延宝6年(1678年)に老中・大久保忠朝が4代将軍家綱から拝領し忠朝は屋敷を建てるにあたり、藩地の小田原から庭師を呼び庭園を造ったと言われている。庭園は「楽壽園」と呼ばれていた。

こんな近くにあるのだからと思い、ちょっとだけ寄り道してみた。
IMG_1067

IMG_1068

中に入ると見事な庭園です。ビルに囲まれてはいますが当時の庭園がほぼそのまま残っている。
であれば、史跡も結構あるはずではないか。と思い庭園を探索です。

IMG_1039

IMG_1040

この池の水は、江戸時代は海とつながり汐を引いていた。浜離宮と同じです。

その海水を取り入れ口がここ。 水路がまだ残っています。
IMG_1043

IMG_1045

IMG_1069


この水路の海側がどうなっているか気になります。向こう側は弓道場が作られていますが、敷地外から見たらこんな具合になっています。

IMG_1078

この水路からは当時は海でした。 護岸の石積みは当時のものだと思います。
IMG_1081


さて、庭園内を更に進むと、こんな説明書きが出てきました。
”九尺台”

こんもりとした高台となっています。 明治天皇がここに来られた時にこの台から海を眺められ漁師が漁をするのを眺めたとのこと。

IMG_1046

明治初期の地図にこの場所をGPSでプロットすると海への縁であることが良くわかります。
IMG_1047

この台に上って海の方を眺めてみると、当然ビルしか見えません。(笑)
IMG_1048

しばらく散策。
IMG_1051

この四角石柱は何?

IMG_1053

IMG_1072

との説明書きが庭園の入口にありました。

IMG_1054

これも庭園の説明は以下のおとり。
IMG_1074

IMG_1062
IMG_1075


こんもりと土積みされた庭園ないで一番高いところに上り撮影
IMG_1058

結構高いです。
IMG_1060

庭園内には弓道場があります。 庭園内なので雰囲気ありますよ。
IMG_1063

帰り際に出口を見ると、「芝離宮址」とちゃんと書かれていました。
IMG_1077

都会の庭園には随所に旧跡が残っているのでそれなりに楽しめます。


よかったらポチってください
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

赤坂ランチ「百済」500円ランチ

赤坂と言えば韓国料理の店。

本当に沢山のお店があります。

昼もしっかりランチやっていますね。 

赤坂はおいしいお店があるのですが、相場がちょいと高いです。
大体、1000円札は消えていくと思った方が良いですね。

そんな中でも500円ランチを見つけました。
最近、クーポンを買って500円というランチはあるがここは誰でも注文できる素の500円ランチです。

お店は雑居ビルの地下にあるので入口が分かりにくい。

お店は「百済」
IMG_0033

看板からすると普
通のお店です。

入口は”焼肉”を前面に出しています。
IMG_0032

時間をずらしたが席は満席でした。
IMG_0029

500円のランチは一品でなくて種類豊富です。

迷ったらメニューに一番目を頼む習性があり今回もAランチのもつ鍋を頼んでみた。

もつ鍋とつけ添えがいくつか。
味はOKですが、やっぱり500円だけあって材料もそんなに良いものではない。
まあ、500円なんでこんなものでしょうか。
IMG_0030


≪評価≫
☆☆





よかったらポチってください

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

赤坂ランチ「YAKIYA]&赤坂中ノ町散策

赤坂ランチシリーズです。

赤坂の人気ランチ店はすべて制覇してやるとの勢いで昼はいろいろと新しいお店にアタックしています。

今回の紹介はここ。

グリル系の料理を楽しませてくれるお店です。
「YAKIYA」
IMG_0738


グリル系のワイルドな内装ですが、上を見上げるとペンダントが沢山ぶら下がっています
私のテーブルの上を見上げた写真ですが、こんな感じ。 この内装もこだわりがあるようですね。

拘りがあるお店は期待感がかまります。(経験則上)

IMG_0739


今回メニューはいろいろあったのですが、今回選んだのがチキングリルです。
カウンターの向こうにある厨房で焼いているようですが、待っている間にサラダが出てきました。
IMG_0735

なんと、こんな器に入っているではないですか。
最近、こんなサラダの出しかた増えてきましたね。

しかし、個人的に意見ですがちょいと食べにくい。

IMG_0736


想像とおり、がっちり焼かれたチキンが。
この木の器が更にグリル感を増していますね。

味はジューシーでよい塩加減です。すごくシンプルな味付けですが、バーベーキューを楽しんでいるようでよかったです。

≪評価≫
☆☆☆☆

YAKIYA地図

■散策です。

このお店の近くにはこんな赤坂の旧跡が残っています。

IMG_0745

案内板には、広島の浅野家の分家の屋敷があったとのこと。
そのあとにこの地は小学校になり、そして今は公園になっています。


IMG_0743

この時は、バラがきれいに咲いていました。
IMG_0741-EFFECTS
IMG_0740

このあたりの地名由来です。
IMG_0744


明治初期、赤丸の場所です。武家屋敷のようにも見えます。
jpeg

大正初期の地図には、学校になっていますね。
IMG_1103



よかったらポチってください

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

旧小松川閘門→荒川ロックゲート


荒川と言えばサイクリングコースとして楽しまれている方多いと思います。

4、5年前に荒川ロックゲートが整備されている。レンガ造りの美しい建造物です。
荒サイを走るローディたちの休憩スポットにもなっています。

このゲートは荒川と小名木川の水位差を調整するためのものですが、実際に使われているのだろうか。

そもそもは、荒川ができる前には、江戸へ物資を運ぶための重要な運河であった小名木川。その先は旧江戸川へ繋がる運河であった新川。この二つの川で安房国から江戸へ塩、醤油などの物資が運ばれていた。

「小名木川地図」の画像検索結果

中川と小名木川が合流する地点は物流の拠点であったので河の関所である中川番所があった。
「小名木川地図」の画像検索結果


近年、隅田川の洪水対策として超大規模な治水事業であった荒川放水路が建設された。
明治44年から20年間かけて作られた。これほどの規模の土木工事を当時行われたと思うと感動します。

その荒川放水路ができたことで小名木川と新川が分断され、小名木川と荒川がつながった。
両河の行き来のために小松川閘門が構築された。

明治当初の地図を見ると荒川放水路ができる前の様子が良くわかります。
明治初期



昭和に入ると荒川放水路が地図にしっかり記載されています。
昭和初期
昭和初期写真
船堀橋は現在よりもっと川下にあったようですね。

そして、荒川付近が再整備されて小松川閘門が埋め込まれています。
交通の発展でこの運河が使われなくなったためらしい。昭和40年代に閉鎖されている。

現在写真1
現在写真2





現在は、埋め立てられて上部のみ頭を出しているという感じです。
しかし、デザイン凝っていますね。小松川閘門が重要な建造物であったことが偲ばれます。
今は公園になっています。ちょっと高台となっているので災害時の避難場所です。
私は、ここから見る荒川の光景が大好きです。
ここから一望できる荒川は川幅は広く雄大さを感じ現実から解き放ってくれます。
IMG_0855
IMG_0852


しかし、お気に入りスポットも現在河川敷の工事のため光景が台無しとなっていました。
IMG_0854


反対側は東京スカイツリーがくっきり。
夕日に浮かぶシュリエットはムードありますよね。
IMG_0851


よかったらポチってください

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

チョコレートの新し楽しみ方

だんだんムシムシする日が多くなってきたように思えます。

天気図では、前線がすぐに高気圧をかぶせてくるので好天の日はそんなに続かない。
いよいよ梅雨突入ですかね。

先日、東京駅付近で仕事があり、休憩しようとカフェを探してみた。
スタバやドトールなど検索するとヒットしたが、なんとなく面白くない。

もう少し検索していたらチョコレートカフェなるものを発見。

チョコレート系のドリンクしかないらしい。 甘いもの好きのオヤジは当然チョコレートも大好きです。

オヤジひとりで行って浮くようなお店だったらどうしようとの不安はあったが、とりあえず行ってみた。

その店は、あのチョコレートの明治が運営している店のようだ。明治本社の1階にある。

IMG_0900

店の外装、内装とも想像通りおしゃれな作り。
店の中には女性2人のグループと女性の外人一人がチョコレートを楽しんでいた。

入るのに一瞬怯みました。

勇気を出して入店。
IMG_0909


カウンターで注文するも、チョコレートを使ったドリンクメニューが多数ある。
自分としてはこだわりはないので、このような時はお店の方にレコメンドしてもらうのが一番。

勧められたのがこれ。
IMG_0901

3箇所の産地のカカオを味比べするもの。

左からガーナ、マダガスカル、ペルー

カップを上げるとその下に味を示したレーダーチャートがある。
IMG_0902

IMG_0905

いつも日本人が食べているのがガーナ産。
まずは、これから味わってくださいとのこと。 慣れ親しんだ味です。

次にマダガスカル。香りが華やかです。 ペルーは香りが強いが大人の感じでしょうか。
表現は難しいのでこのくらいに。

お店はおしゃれですね。多数の種類のチョコレートが売られています。
お店にいた方は購入されて帰えられました。

IMG_0904

付け添えにチョコレートがあるところがうれしいです。
IMG_0903

このようにチョコレートのケースがお店の装飾として使われています。
IMG_0910


よかったらポチってください

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

雷電の手形、デカい


赤坂界隈歴史シリーズを新たに立てました。
しばらくはこの付近でお世話になりますのでランチと史跡をセットというところでしょうか。

赤坂は起伏のある地形です。武家屋敷や大名屋敷跡があったり溜池があったりと探索が頼みです。

さて、第一弾は、伝説の力士、雷電のお墓に行ってみました。
TBSの裏手にある報土寺にあります。

赤坂駅から乃木坂方向へ歩きTBSの裏手に向かうと強烈な坂が待ち受けます。
この坂を右に曲がったところが三文坂
IMG_0875

三文坂の名前は、
急坂のため通る車賃を銀3分(さんぷん:百円余)増したためという。

IMG_0876


遠くから見るとこんな感じ。 短いですが壁のように見えます。
IMG_0892


IMG_0886


この坂の麓に報土寺があります。

IMG_0881

IMG_0878


そんなに広くない境内ですが、ここにはあの雷電のお墓があります。
IMG_0879


境内の奥が墓地です。あっさりした墓石ですが年月を感じますね。
IMG_0882

お墓から少し離れた境内に雷電の手形が刻まれた石を発見。

IMG_0884

大きさを自分の手と比較してみた。私も手は大きいほうであるが比べ物にならないです。
IMG_0885

報土寺界隈を少し散策してみました。

急坂を上ると台地となります。
なので、台地の回りは坂だらけですね。
トラックの奥まではフラットですが、この先が急坂に。

IMG_0887

細い道が江戸時代のまま残っています。

IMG_0889

IMG_0891


地図に落としてみました。
地図1



明治初期の地図です。三文坂は階段のようにも見えますが。
IMG_0922



よかったらポチってください
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

赤坂ランチ「一刀家」ラーメン

勤務地が赤坂に変わりました。

仕事の内容も相当変わったのですが、赤坂にオフィスとはどんな感じか。

ご存じのとおり、赤坂周辺は永田町という国会の匂いがする反面、歴史ある神社、史跡が残っている。
そして、夜は飲み屋が星の数ほどある。

有名店や人気店がひしめきあっている。
20年以上前は良く飲みに来たが、その時は韓国と夜の店だらけだった。

最近は、おしゃれな店や大衆酒場、多国籍料理、こだわりの店とかなり多様化している。

なんたって楽しめるのがランチ。
ランチは本当に充実している。私は、1カ月以上一度も同じお店に行っていない。
開拓するためにわざとである。

きっとお気に入りのお店に最後は収斂すると思われるが。

ということで、「赤坂でランチ」というカテゴリーを追加してご紹介することにします。

特に、赤坂にはラーメン屋さんが非常に多いです。
ラーメンに関してはすべてを回るつもりです。

最初にご紹介するのは、”一刀家”

お昼時はいつも行列ができています。

正直「横浜家系ラーメン」って何と依然から疑問があった。

最近非常に目に付くがブランドの安売りっぽくて。

調べてみると
1974年以降に登場した日本神奈川県横浜市磯子区・西区発祥の豚骨醤油ベースで太いストレート麺を特徴とするラーメンおよびそのラーメン店群である。ラーメン店「吉村家」を源流らしい。
IMG_0040

私は、初めて行くときは看板メニューを頼むことにしている。なので、中途半端にトッピングなどは注文しない。

この日頼んだのは、「とんこつ醤油ラーメン」
コクのある豚骨スープベースが特徴のようだ。

IMG_0039

海苔が3枚とちょっと多めです。ほうれん草がトッピングされているが珍しいです。
麺は太麺ぽいです。
スープはアピール通り濃厚ですが、味には極端な特徴はなくたれでも好きな味付けのように感じました。

IMG_0038

≪評価≫
☆☆☆☆

地図

よかったらポチってください
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気