旧街道をロードバイクで!ゼロからの挑戦

古地図を使い街巡りが大好きなオジサンです。古地図を片手に都内の散策にそろそろ飽き、旧街道の文化に触れたくなりました。古の街道をめぐるために、ロードバイクを購入して全国に挑みます。流行を追ってロードバイクに乗るわけではありません。まずは、五街道。次に四国八十八カ所、最後はスペインの聖地巡礼サンティアゴに・・・ ゼロから達成までの記録です。

こんなこと出来るスマホケース

最近は、温かくなったり寒くなったりと寒暖が繰り返される毎日です。

世界は、トランプ大統領の行動に寒くなりっぱなしですが(苦笑)

こんなものを衝動買いしてしまいました。

平らなところであればどこでも張り付くスマホケース。
何年か前にTV東京で紹介していたことがあるようだが、それとは別物らしい。

張り付く仕組みが粘度など使わないところが気に入った。
原理は吸盤。 ゴムに小さな穴が無数にあり、軽く押さえつけるだけでその穴一つひとつが吸盤のような役割をして面全体で張り付くようだ。
表面は洗ってきれいにしておけば吸盤力は保てるようだ。
MEGA TINY3


この商品のプロモーションビデオを見て使い方の広がりに感銘してしまった。
使い方の例は以下の写真。
MEGA TINY1
MEGA TINY2

類似品はアマゾンでも売られているようであるが原理が違うようで評判は良くない。
これはどうだろうか。発注し1か月以上経過してから到着した。発送は中国。

簡易にパッケージングされている。

恐る恐る開けてみるとシンプルなデザイン。
iPhoneにさっそく装着してみた。
前面から見ると普通です。


IMG_1682

裏面はこのようになっています。
IMG_1680


この黒い部分がNano-Suction Material

感触はゴムようのうです。べとつき感はない。

近づいても気泡のような穴は見えません。
IMG_1685


ガラスに軽く押し付けてみたところ、ぴたりと引っ付く。
そのまま10分間放置していたが落ちる気配はない。
IMG_1681


剝がすときに驚いた。 引っ張っても剝がれない。かなりの力を加えてはがれたくらい。
こんなに引っ張るとケース本体からこのゴムのようなものが取れるのではないかと心配したが全く大丈夫。
パソコンのディスプレイにもピタリと付きました。


半分疑っていたが、これは良さそうだ。

クックパットを見ながら料理をするときに使えそう。
自撮りもありだね。

飲み屋での話題としてもしばらくは使えそう。(笑)

しばらくいろいろなところに張り付けてみて楽しんでみよう。
耐久性については後程レポートですね。

興味のあるかたは以下のURLで確認してみてください。

https://www.kickstarter.com/projects/megatiny/zero-g-iphone-6-case-changing-the-way-you-use-your



よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

新宿に残る旧青梅街道の痕跡

寒い。

東北地方はひどいことになっていますね。
週末も大変なことに・・・・
センター試験受験の方も気になります。

さて、先日何気に新宿を歩いていたところ、こんな標識を見つけました。
IMG_1528

"旧青梅街道"

青梅街道は現在もしっかり道路としてあるが、”旧”がついているので現在と違うということかな。

青梅街道は内藤宿から青梅街道と甲州街道に分岐している。
そこが青梅街道の出発点。

この標識は新宿東口アルタ付近から西口に抜けるJR下を通る通路の入り口にある。
以前はなかったと思うがいつからできたのかな。

新宿付近の青梅街道の今昔をチェックしてみた。

〇明治時代初期

ダイヤのマークあたりが”旧青梅街道の標識”があった場所。
街道沿いに建物があるがそれ以外はのっぱらですね。
IMG_1675

〇明治時代後期

赤線が青梅街道。 JR線ができています。
このJR線は青梅街道を横断しています。
IMG_1676

〇大正時代
まだ、青梅街道は当初のルートのまま残っています。
IMG_1677

〇昭和時代初期
路面電車が整備されています。
黄色いラインが靖国通り。 靖国通りに路面電車の路線が整備されています。
IMG_1678

〇昭和時代初期
新宿西口にロータリーができて整備され始めました。
このころの地図から淀橋エリアに浄水場が記載されています。
IMG_1679


〇昭和中期
現在の新宿の姿に近くなっていますが、まだ淀橋浄水場は存在しています。
この時代くらいから西口の青梅街道のルートは消されつつあります。
旧青梅街道現代


とうことで、”旧青梅街道”の標識があった場所はやっぱり旧青梅街道。
今の青梅街道は靖国通りとドッキングしています。

西口に抜けるトンネルの入り口にはこんな説明書きがあります。
IMG_1534

IMG_1529

青梅街道には10か所の宿場があったようです。
開通当時は石炭の道として八王子から江戸へ石炭が運ばれたが、後半は農作物のルートとなったと説明されている。
IMG_1530

IMG_1531

切絵地図が付けらえており、現在位置も示されている。
よく見えないが”成瀬甚八”さんの土地だったようだ。

写真は昭和30年ごろ。新宿駅前に建物ができ始めている。関東大震災以後は被害の少ない東京の西側に移住した人が多く、新宿がターミナル駅へと変貌し始めた時期でもある。

IMG_1532

路面電車が交通の中心となっている。昭和38年ごろ。私が生まれたころです。
IMG_1533

昭和45年には路面電車は荒川線以外廃止されている。

新宿の変遷をこのように紹介されるのも歴史ブームのお陰なのか。

新宿東口と西口をつなぐこのトンネルは現在は通り抜ける便利な道であるが旧青梅街道だったのですね。
若干西口あたりは旧青梅街道としてのルートがなくなっているが東口は当時のまま残っている。

今度、この道を通るときは味わいながら歩くことにしたい。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】VIGOR極ウマカレーライス


昨日からトランプ氏の記者会見の模様がニュースで何度も出てきます。
Twitterを使いトランプ砲なるものを打ち込み各企業がそれに反応。

まるで王国の君主のような振舞だ。嫌悪感を覚えてしまします。
このような歪が出るやり方は長く持たないと思うが・・・・

さて、今回の赤坂ランチの紹介はカレーです。
赤坂というと焼肉、ラーメン、エスニックのお店がひきめきあっているイメージであるが最近はカレーやも増えてきたように思える。

カレーといってもインド系のカレーは沢山あったが、どちらかというとカレーライスかな。

サラリーマンとしては、さっと食べれるランチとしては最適なメニューですよね。

今回食しに言ったのはVIGORというお店。
入り口は、居酒屋っぽい。だって獺祭の垂れ幕あるんだもの。
IMG_1609

でも、表に出ているメニューはカレーライス。500円カレーが目を引きます。

今まで何度も前を通過したがこの500円カレーの文字にプレミア感を感じないカレーを想像してしまい、入店を見送っていた。

しかし、想定とは違っていた。
入店後、テーブルにメニューが平置きされています。
IMG_1601
IMG_1600


"ほろほろのチキン"なんて食欲そそりますが、他のトッピングは普通のカレーライスっぽい。

メニューにこだわりの文章がある。
IMG_1604


本格的でこだわったルーのようです。
中辛というと物足りない感じがするがあえて中辛。
ごはんが余ったらルーを追加できるなんて初めて。

ということで、これを読むとわくわくしてきた。

注文したのは、「野菜ゴロゴロ、田舎風ベジタブルカレー」
野菜をかなり強調されている。

大盛も料金変わらぬとのことで大盛を注文。

出てきた大盛がゴッツかった。
IMG_1605

写真ではわかりにくいが、お皿の直径は35cmくらい。
大きなお皿に並々のカレールー。そしてごはんもがっちりです。

この圧倒感に感動。

野菜はゴロゴロとまでは行かないが優しくトッピング。どの野菜も揚げているようです。
IMG_1606

最初は、中辛にしても辛さ甘めだなとの感想。
ルーがスープのように飲める。

しかし、しばらくすると汗が噴き出てくる。
スパイスをしっかり使って作られたカレーはこのパターン。
辛くないが汗が出る。

ホロホロチキンも文字通りホロホロでした。
IMG_1607

しかし、このボリューム感とスパイシーさはランチカレーとしてはうれしい。
久々にカレーライスを堪能できました。完食です。
IMG_1608

【評価】
味:★★★★
価格:★★★★
雰囲気:★★★★
接客:★★★

おしゃれな空間なのでカレーライス屋としては女性客比率が高いと感じました。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

石神井川の源流を真剣に探索その2

3連休のなか日。

夕方から雨の予報。
AMにジョギングに繰り出す。

しかし、昨日の石神井川源流を調べていたら現場に言ってみたくなった。
地図上で隠れてしまった石神井川の源流を推測できたが、現状はどうなっているのだろうか。
石神井川推測図

いつものジョギングコースである小金井公園を走りそこから玉川上水に出る。
IMG_1565
名勝、小金井桜の石碑。
桜の季節まではあと3ヵ月。楽しみです。

さて、そのまま西へ向かい、小金井カントリークラブの敷地隅に向かう。

地形的には窪地になっているエリアに石神井川が流れていたと思う。
石神井川起伏2
窪地の左端あたりが小金井カントリークラブと鈴木小学校がある。

ゴルフ場に近づくと早速坂が出没。
IMG_1568

ゴルフ場敷地で川があっただろう場所。
IMG_1573

ここから流れが出ていたはずだ。
明らかに窪地の一番低い場所に位置する。
IMG_1572

住宅地の川筋を探ってみた。
下の地図の赤いラインが川筋予測ライン。
青いラインが探索したルート。
IMG_1594

IMG_1574

下水道が下を流れているのだろうが、川筋と重なっている。

川筋らしき道は超緩やかな登りとなっている。
IMG_1578

突き当りが鈴木小学校。
小学校の敷地は1.5mほど高くなっているので、壁には排水穴がいくつも設置されている。
水の流れを感じます。
IMG_1581
IMG_1583

写真中央の赤い家あたりが一番低い場所なので川の始まり箇所かな?

鈴木小学校の門が開いていてグランドではサッカーをやっていた。ちょっとだけ様子を確認させもらった。
IMG_1587
IMG_1589

古代の泉の場所はどこかわからなかったがあまりウロウロしていると怪しい人の間違えられてもいやなので退散。

帰り道、この付近の鈴木新田開発用に引き込まれた用水路後を通りかかった。
玉川上水から引き込んだ用水路であるが今は水はない。
IMG_1594-1


IMG_1591
IMG_1593

現場に行っても川の明確な痕跡はなかったが、何となく納得できた。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

石神井川の源流を真剣に探ってみた

年が明けてから早くも1週間が経ちました。

新年会も多数あり、体はブヨブヨです。(笑)

こんな状況なので今朝はジョグへ。

多摩湖サイクリングロードと小金井公園のルートです。

多摩サイクリングロードから小金井公園に向かう道。公園手前で谷になる。そこには川が流れている。
河川については、そんなに気にしていなかったがこんな看板が目に入ってきた。

IMG_1557

「石神井川上流端」
おおっ。この川は石神井川だったのか。
しかし、私が知っている石神井川とはちょっと違う。 川というよりは溝があるだけ。
それも水はない。

看板の通り、ここは上流端であり川の源流ということなのか。
地図を見てみると確かに石神井川が記載されておりこの付近で川の線が途切れている。

TVで川の源流を探す番組を見たことがある。荒川なんかは相当な山の中に源流があるようだが石神井川の源流はこんなところなのか。

練馬に住んでいた子供に見た石神井川は20mくらいの川幅で汚い水が流れていた。
旧中山道の板橋宿にも石神井川が流れていたが、非常に澄んだ清流になっていたことにびっくりしたことを思い出した。


そもそも、石神井川の源流は石神井池だと思っていた。正確には三宝寺池かな。
石神井池は三宝寺池から流れ出る水を堰き止めて作った池と聞いたことがある。

そこから、隅田川まで40m強の標高差を15kmくらいの距離でダラダラと流れている。標高差がそんなにないのでグネグネとした川筋となっている。

石神井川ルート


地図を見るとさらに上流まで、そして小金井公園くらいで途切れている。
気になったので地図に載っている川の最上流まで辿ってみた。

IMG_1558

この先からは暗渠となっており川は確認できない。
IMG_1559

さらに進むと嘉悦大学敷地手前まで行ける。
左手は小金井カントリークラブ。

IMG_1562

嘉悦大学から先は柵があるので進むことはできない。
暗渠から川筋らしい溝が小金井カントリークラブに向かっている。

地図でいうとこの辺りまできた。

石神井川上端

地図では、さらに川があるように示しているが水など全くない。
IMG_1561

ゴルフ場にも大学にも入る訳にはいかないので、ここで断念。
ジョギングを終えて自宅に帰っても気になって調べてみた。

そうするとこの先の鈴木小学校が源流となっていたとのこと。
湧き水が出ていたらしい。

昭和前半まではそれなりの水量だったようだが、都市化でアスファルトや建物が増えて地下に流れる水が少なくなり枯渇したようだ。大雨の時くらいしか今は流れていないらしい。

鈴木小学校の場所を地図で確認。

地図には川らしきものはない。わずかにゴルフ場内に川筋らしいものが見える。
ふと秀逸な地図アプリがスマホにあることを思い出した。
この地図は、標高を細かく確認できるのだ。


スーパー地形

こんな感じで、地図の中心の十字の標高が細かく表示される。これを使えば窪地を確認できるではないか。
細かく標高が一番低くなっている場所を探しながら川筋を予測してみた。

この赤い線がルートになっている。小金井カントリークラブ敷地内の川筋とも合致した。

石神井川推測図

嘉悦大学前は標高61.5mくらい。
ゴルフ場内の川筋は、61.8m
小金井街道の向こうもゴルフ場敷地内であるが地図でも明らかに窪地になっている。
この辺の窪地は標高64.5mくらい。すでに3mくらいは上がっていることになる。
ゴルフ場内も航空写真でこの想定ラインを落としてみると川筋らしいものがある。


ゴルフ場内川筋

ゴルフ場から先は住宅地。
住宅地内も標高を細かくチェックすると標高65m~66mの低いラインが引ける。

そうしたら鈴木小学校敷地にラインはぶち当たった。
この推測ルートは正解のように思える。

過去の航空写真で鈴木小学校あたりを確認していたらこんなものを発見。

1974年の航空写真なので今から43年前となる。まだ小学校は建設されていない。
昭和51年に鈴木小学校が建設されたので工事途中の写真のようだ。

鈴木小学校建設の際には約1~3万年前の旧石器時代の遺跡が見つかったことでも有名である。
鈴木遺跡として現在も資料館ができている。

赤丸の中に川筋のような黒いラインが映っている。もしかしたらこれが石神井川の源流かも。
標高から割り出した場所と合致したのも興味深い。
資料文献によるとこの地には水車もあったらしい。水車の水路かもしれないが。


鈴木小学校川筋


こんなに真剣に調べるつもりはなかったがついついのめり込んでしまった。(笑)

(追加)
この投稿をした後にこんな地形図があることに気づいた。同じアプリのメニュー。
石神井川起伏2

十字のあたりが嘉悦大学。
右側が川下になる。 この谷間の終点が鈴木小学校だ。
鈴木小学校は崖の下に立つので湧き水が発生しやすい場所だと思う。
この地形図からも源流は小学校あたりであることを証明しています。

なお、この小学校から2007年に湧き水が出たとのこと。古代の泉と呼んでいるらしい。
ネットにこの泉の写真があったので掲載させてもらいます。
a0149405_1002051.jpg


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

仕事始めに意気込む

仕事始め。

と言っても私の会社は5日からスタートです。
昨年の仕事納めが29日までだったので1日シフトです。

しかし、世間様は始まっているので年始の挨拶周りです。都内三箇所移動。

挨拶周りの合間に休憩。
朝飯は食べたが朝早かったのでモーニングメニューを注文。

年始の午前中なのでお店空いています。
人の声も少なく、ゆったりとBGMに耳を傾ける。

























ハムチーズサンドとサラダ













ゆったりとした時間はいいなー何て思っていたら混み始めた。

人の声って結構ノイズだなと改めて思う。
隣にはリタイアしたらしいおじさんが二人。スマホの使い方の議論や電子マネーの使える場所が増えたと感心している。

自分も10年後は・・・

今は、実年齢より10歳弱若く見られる。10年後は20歳若く見られるように色々な事にチャレンジするぞ。

まずは今年からヨットを始めるかな。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

今年初ジョグ

今年の正月は本当に気持ち良い天候でした。

近年ではこんなお正月は記憶ないです。

昨年末に運動解禁となった体なのでこんな陽気には外に出たくなる。

昨日は、運動解禁となったので今年初ジョギングに行きました。
実は解禁前に10kmくらい走ってしまったのだが、その時にかみさんに注意されその後はおとなしくしていた。

ジョギングのマイコースは、荒サイを南下して葛西臨海公園をぐるりと一周。おおむね15kmの距離のコースだったが、移住したので新しいコースを開拓中。

今回は、多摩湖サイクリングロードから小金井公園へ行き、ぐるりと一周してみた。
距離は10km強だったのでもう一周小金井公園を走るか、多摩湖サイクリングロードを多めに距離をとるかが良いように思う。
久しぶりの割には普通に走ることができた。 ブランクがあると後半バテルはずだが今回はまったくない。
基礎体力がまだキープされているのかも。

多摩湖サイクリングロード 果てしなく一直線です。よく整備したなと感心します。
IMG_1402


小金井公園
IMG_1518

このコースは葛西臨海公園と同様にジョガーが多いです。
以前は川と海を見ながらのジョグでしたが、水が見えないのは彩的に寂しい。
新緑になると気持ち良いコースになるね。

ジョグを気持ちよく走った後は、久々に乗ったロードバイクも昨日片付けて倉庫に。いや、まだ倉庫はない。
以前は置き場に悩んでいたが今はその必要がないのに物置購入についてはまだかみさんから承認を得らえていない。(汗)



よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

初日の出ラン、予定外のソロ

新年は、初日の出に行くのが毎年の行事

昨年までは葛西臨海公園だったが今年は住居が変わったので初日の出ポイントを多摩湖にした。

前日までは、家族も自転車で行くと言っていたが朝になって断念。

ということでソロランでの初日の出。

元旦は暖かいとは聞いていたが流石に朝は寒い。
特に多摩湖となると空気の冷たさが違う。 運が良いことに風がなかったことが救われた。

6時40分に到着です。
既に地平線は明るくなっている。

日の出までは15分くらいあり、じっと待つ。
噂では聞いていたが結構な人が繰り出している。
IMG_1495

IMG_1474


初の出。
IMG_1473
IMG_1485
IMG_1483

朝日に照らされた湖面も綺麗。
IMG_1497
IMG_1499

富士山が朝日に照らされて綺麗です。
IMG_1501

今回は、急きょソロとなったのでちょっとだけ足を延ばすことにした。
どこに行こうか。

正月早朝の道路は空いているので多摩湖を集会してから青梅までちょい走りすることにした。

多摩湖青梅地図

青梅まではダラダラとした登りが続く。
まとまった距離を走るのは1年ぶり。(汗)本当は峠も攻めようかと思ったが正月から無理するのはやめた。

ひたすらペダルを回し青梅に到着。 

万年橋で一服です。

IMG_1503

水は澄んでいて冷たそう。

福生まで川を下り五日市街道で戻る。
元旦ラン。そこそこ良い運動になりました。

その後、家族と初詣。
お参りの大行列。家族の体表でソロで並ぶ。

IMG_1509


うーん。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】ANGRY PANDA

今年も残り僅かです。

今年の仕事は例年より1日遅く29日まで。
頼りにされている大掃除は30日からスタート。2日間しかないので30日はかなりの掃除量となりました。

なので、手が荒れてキーボードが打ちにくい。(笑)

初詣はどこに行こうなどと考えています。先日は、仕事の関係で鎌倉まで行きました。

ちょっとだけ時間があったので鎌倉八幡宮にお参り。
IMG_1371

小町通を抜けて行ったら人混みで時間がかかることかかること。
予定時間をオーバーしそうでした。

由比ガ浜方向を見ると夕日がきれいでしたよ。
IMG_1370

さて、赤坂ランチシリーズです。

今回は、開店したばかりのお店。
ランチ徘徊をしていたら、開店したばかりのお店が目に入る。
お店の人がメニューを持って立っていたが、私がのぞくとメニューの説明を片言の日本語でしてくれた。

IMG_1317

店名は「ANGRY PANDA」

看板のパンダは確かに怒っている。
RICE NOODLEというメニューに惹かれて入店。

早速メニューに目を通す。

IMG_1311


小麦粉でなく米でできた麺としてはビーフンが有名だがどうなのだろう。

お店の案内には以下のように説明されていた。
「【米線(べいせん)について…】
米線(べいせん)とはお米で作った中国の伝統的な麺料理の一つ。
ビーフンと非常に近いライスヌードルの一種です。
とってもGLUTEN FREE、ヘルシーで満足感の高い一杯は、本場中国でも女性に大人気♪」


お店は開店間もないのでお客さんは私だけ。
IMG_1312


牛肉マーラー 旨辛を注文。
お店の人に辛いのか聞いてみたが辛さは選べるようだ。とりあえず普通の辛さにした。

怒っているパンダの絵を見ながら待つこと15分。
IMG_1313

出てきました。
IMG_1314

見た目は辛そうですね。

麺は、パスタのように丸い。包丁で切っていなく押し出して作った麺のようだ。
ビーフンよりもずっと太くそうめんのようだ。
味は、麺としてはあっさりしている。 この辛いスープに合うのだろう。

IMG_1315


IMG_1316

スープはそこそこ辛いが旨辛というだけありそこそこ濃くがある。

ちょっと冒険して飛び込んでみたがこれはこれでありかと思う。1000円がちょっと高いかな。


【評価】
味 ★★★
値段 ★
雰囲気 ★★
接客★★★


ANGRY PANDA地図



よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

口コミがない防寒ロングタイツ

12月も日ごとに気温の差が激しい日が続きます。

フィギュアスケート日本選手権を観ていたらトップ選手がインフルエンザにかかって欠場している。
娘の周囲もインフルエンザにかかった人が増えてきたと言っていた。

体調を崩しやすくなるとウィルスは途端に攻めてきます。
幸い私は元気いっぱいですが。

昨日までクリスマス色であったがあすからは年の暮れ色に染まっていく?
年末、年始の過ごし方などを考える。

運動解禁となった体なのでやっぱり体を動かしたい。
脂肪という防寒着もそろそろ何とかしなければ。

先週末は15ヵ月ぶりにロードバイクに跨がった。

当日は暖かったが、東京の西エリアは東エリアよりも数度温度が低いと言われている。
以前は荒サイや江戸川、都内を走ることが多かったがこっちに移ってきてからは山間部を走ることが多くなりそう。

とうことで、今まではライトな防寒対策しかしていなかったが寒さに備えてしっかりとした防寒用のロングタイツを購入することにした。

ブランドには拘らないタイプなので機能と価格重視でネットで検索。

ピンキリだが、安いのは3千円代で買える。
色々なメーカーが出ているが、どれもあまり聞いたことがない。

Webで商品をじっくり研究。 これが良さそうと思った商品の口コミをチェックしようとしたところ口コミゼロ。

えっ。購入している人がいないのか、普通の商品過ぎてコメントを書く人がいないのか。

しかし、このMorethanという会社は日本企業のようだ。
こだわりがありそうな商品紹介に惹かれて購入することにした。
まあ、安いので失敗覚悟です。

数日後に商品到着。 

早速着用。
割と良い感じ。 縫製も悪くない。




IMG_1421

腿と膝の生地が違っている。膝の部分は伸縮性がある。
IMG_1422

足首にはファスナーがあり脱ぎ着しやすい。

ウェストは、後ろ側はちょっと頼りないゴム。しかし、前側はライド時の前傾で圧迫しない生地となっている。
IMG_1423


IMG_1424

変にゴワゴワ感なく黄色いラインがちょっとカッコよい。デザインも悪くないね。

パットはどうか。
IMG_1425

使ってないので何とも言えないが、及第点だろう。

口コミなしのところに書き込む責任が出てきた。(笑)

来週末でも試してみたい。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


サイクリング 1年3ヵ月ぶり

年も押し迫り、巷はクリスマスムードたっぷり。


最近は、クリスマスイルミネーションを見ても感動が薄いがイルミネーションはどこもかなりのレベルアップ。

南青山で知り合いのJAZZLiveを聴いた帰り道、ちょっと原宿まで歩いてみた。
東京では超有名だった表参道の並木道。
IMG_1344
IMG_1345

歩道橋への通行は規制されていました。撮影は歩道からしかできませんね。

表参道ヒルズも美しいツリーが。階段はカップルの撮影ポイントになっています

IMG_1346


恵比寿ガーデンプレイス

IMG_1350
IMG_1351


うーん。ムードたっぷり。
私は、忘年会でのみばかり。恵比寿も忘年会に行く途中。

昨年からロードバイクにまともにの乗っていない。
思い出すと9月に中山道を走り切って以来。

昨年は、東京マラソンの参加が決まっていたので時間があれば走り優先にしていた。
その後、過度な練習から右ひざ靭帯を痛めて自転車どころか走ることもできない。

こんな状態で練習不足ながら何とか東京マラソンは自己ベストプラス15分で走りきれたのは奇跡とっても大げさでではない。

その後、引っ越しの準備で時間を取られ、ちょっとした手術で運動禁止を言われていた。

やっと今週、運動禁止期間が終わる。

待ちきれなく2日前のフライングであるが昨日は天候が良かったのでロードバイクでチョイ乗りしてきた。

今回は、住居エリアが変わったので以前のように荒サイのチョイ走りはない。

一度も走ったことがない多摩湖サイクリングロードに行ってみた。久しぶりの足慣らしなのでこんなものんです。埼玉の実家にもついでに立ち寄りのコース。45kmくらいのショートディスタンス。

遊歩道としてほぼ一直線に整備されていることについては感心しました。
ただし、歩行者、ジョギング、普通の買い物自転車がかなり多くスピードは出せないですね。

IMG_1402

多摩湖、狭山湖あたりで軽い上り。 なんだか嬉しい。

多摩湖をぐるりと一周し、実家へ。
多摩湖は、人造湖。
、「村山上貯水池」「村山下貯水池」が別名。二つに分かれている。

昭和初期に東京の人口増に対応して水甕として整備された。

狭山湖も、「山口貯水池」との名称。

地形的には狭山丘陵というこんもりしたエリア。このような場所に貯水場を作るという発想はすごい。
山奥のダムならともかく。


実家に行ってから再度帰り道に狭山湖に向かう。
子供のころはこんなに整備されていなかったのに、遊歩道や公園などきれいに整備されています。
朝なら、富士山が見えて絵になるが、午後だったので山並みはほとんど見えない。


IMG_1403
IMG_1405


そのまま、多摩湖周回の遊歩道へ。
多摩湖も同じような光景だが私は狭山湖の方が山並みがきれいなので好きだ。
IMG_1408
IMG_1409
IMG_1412

夕方は家族と出かけるのでここからまっすぐ帰宅。

天気も良いし、風もやさしい。むしろ汗ばむくらい。

復帰ライドとしてはまずますかな。


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



オー、プーチン

今日も寒気到来。寒い寒い。

こんな時は自転車つらいですね。(苦笑)

年末のバタバタしているときに国の要人が来られるのも迷惑でしょうか。

今日は、港区、千代田区付近は大変なことになっていました。
プーチンさん、山口から東京へ舞台を移す。

「北方領土返還」と右翼の車がかなり出るのだろうなと思っていたら、道路の警備は朝からものすごいことになっていました。

日枝神社前の道は機動隊の車が行列。車線規制バリバリ。
IMG_1391

IMG_1398

IMG_1392
IMG_1393


昼過ぎにはものすごい警備の人が動員されだした。
IMG_1394
IMG_1395
IMG_1396
もろもろしい空気が漂います。

裏路地に入ってもゲート整備。
IMG_1399

しばらくすると、右翼の車が爆音を立てて入ってきた。

IMG_1400

道路閉鎖
一般の車も巻き添えです。
IMG_1401

しばらく、にらみ合いが続き大渋滞。 
年末の一風景でした。



よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】會水庵

暖かい日々が続いていると思ったら今日の午後から寒波が襲来。
会社の帰り道、物凄く寒かった。

今朝のニュースではこの寒波はサウジアラビアも襲来。 歴史上初めて雪を降らせたらしい。

また、体調崩す人が増えそうです。


こんな時はやっぱり美味い物を食べるのが一番。

今回の紹介は「會水庵」です。
こちらの丼メニューは特色があり是非とも食べたかったものである。
IMG_1287

ランチの看板メニューは「焼穴子丼」「焼いわし丼」「焼穴子玉子ふあふあ丼」など

kaisuian7


メニュー表。 青い線で囲まれた文字。注文時はこの枠内の名前でたのむようだ。

今回、注文したのは前々から食べたかった焼穴子玉子ふわふわ丼

穴子は私の大好物。特に蒸して焼をつけた穴子は香ばしく柔らかく最高なのです。

「ふわふわ下さい」が正しい注文の仕方。初めてだったのでフルにメニューを告げてしまった。(苦笑)

目の前で穴子が焼かれる。 穴子を焼くのと並行にフライパンにごま油がたっぷりひかれ、玉子が投入されてふわふわ玉子が作られる。
kaisuian5

焼いた穴子をごはんの上にのせて玉子を掛けると出来上がり。
IMG_1285

IMG_1284

アップでもう一枚。


この艶、焼目最高でしょう。

味は大満足でした。

焼いわしも脂が乗っていて焼くと煙を上げて香ばしい匂いがお店に充満。
今度は焼いわしどんぶりを注文しよう。

【評価】
味 ★★★★
価格★★★
雰囲気★★★
接客★★★

會水庵地図


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

赤坂 豆大福対決

最近はおやじでも「甘いものが好き」と堂々と言える時代になりましたね。

外出した時に近くにおいしいスイーツがあると会社にお土産でつい買ってしまいます。
自分が食べるよりひとに食べてもらう方が多いと思う。

スイーツの中でも和の代表的な大衆スイーツ

豆大福。
餡子が嫌いな人以外は好物の人多いんではないかな。

赤坂には豆大福を看板商品としている老舗がいくつかある。


①塩野
 赤坂の和菓子店老舗。 豆大福とドライ焼が有名
 Image result for 赤坂塩野
 

②青野
 こちらはどちらかというと赤坂餅で有名だが、豆大福も看板商品
 Image result for 赤坂青野

③浅田屋
 溜池の路地裏で100年以上前から和菓子屋を営む老舗「浅田家」 、本当に路地裏なので知らないと巡り合えない。企業のおもたせとしても使われるので日によっては夕方には売り切れている。
IMG_1241


④松月
 大正8年より、赤坂・一ツ木通りに暖簾を掲げる老舗
赤坂 松月の写真 - 日本, 東京都港区

⑤岡埜栄泉
 虎ノ門にある和菓子屋さん。上野にも同店はあるが虎ノ門の方が元祖?
 大正元年の創業、手土産として不動の人気を誇る「虎ノ門 岡埜栄泉」の豆大福
 午前中に売り切れることが多い。企業のお持たせ定番。
 IMG_1156



豆大福が看板の老舗和菓子屋が赤坂付近にこんなにある。

各店とも材料や製法にこだわりをもって何十年も営業しているので甲乙つけがたいところがあるが私はやっぱり③の浅田屋さん

ここの大福はマスプロ化されていなく手作り感が良い。岡埜栄泉等の有名な大福は機械で作りました。綺麗に包装していますと言わんばかり。

岡埜栄泉
IMG_1157

浅田屋
IMG_1238

違いわかりますか。浅田屋はパッケージされていません。
なので、6個購入すると
IMG_1237
IMG_1236

こんな具合に昔ながらの和菓子屋の色が出ている。

味も豆が大きく程よい柔らかさ。 餡の甘さと豆と餅の塩加減が絶妙だ。
こしあんではなく、私の好物の粒あん系。小豆の皮が残っているのがうれしい。
IMG_1239


実は、大きさも他店と比べて二回りくらい大きい。一つ食べれば胃袋にずっしりです。


赤坂浅田屋



よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】ブッチャーズ八百八

医者からしばらく激しい運動をするなとの指示があり、2カ月以上まともに動いていない。
ズボンが少しきつくなったなと思い体重計に乗ったら3kg増量でした。(汗)

赤坂で美味いランチを食べまくったこともあるかな。先日の血液検査でも中性脂肪高し。

でも、やっぱり止められない赤坂美味ランチの探索。
ということで赤坂ランチシリーズです。

今回は、肉を食べたいとの体の欲求にこたえるために「ブッチャーズ」を訪問。
もともとは、別の店名だったがいつからか「ブッチャーズヤオハン」となっている。
IMG_1047


神保町にあるブッチャーズには行ったことがあるが、ランチタイムは行列ができている。しかし、赤坂は行列ができるほどではない。

神保町で食べた肉はイマイチだったので少し躊躇したが赤坂の肉はまともでした。


ランチメニュー
IMG_1041

やっぱり、ローストビーフでしょう。

注文してカウンターでの調理を眺めて待つ。
カウンタ上にはなんだか色々な調味料がのっているが使われた形跡はなく飾りなのかな?
IMG_1042


出てきた肉プレート
IMG_1043
IMG_1044

ナイフを入れてみる。

IMG_1046

ちょうどよい赤身具合です。

少し肉は固いのかなと思ったが意外と柔らかく「肉食っているぞ」という充実感があります。
ランチのお肉にしてはまずまずです。

【評価】
味★★★
雰囲気★★★
価格★★★
接客★★
ブッチャーズ八百八地図



よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】やげんぼり

赤坂うまいものシリーズ。 
赤坂は、毎日違う店にランチしても2年間は持つといわれるほどお店多いです。

その中でも選りすぐりのランチスポットを紹介し続けていますが、今回は「やげんぼり」

やげんぼりグループのお店の一つ。京都の会社のようであるが、”薬研堀”という名前が江戸らしくて良いです。
薬研堀は狭い堀のことだが水路の路地裏といったところだろうか。

お店は、一ツ木通りに垂直につながる路地道。

普段は通らない道だ。

IMG_1152
IMG_1154

「やげんぼり」の看板がシックな黒塀からにょっきり出ている。
ここ、ここ

店は古い木造の建物を使っている。なので間口も狭く、入り口は民家の玄関。
IMG_1153

IMG_1150

引き戸を開けると玄関です。よそのお家にお邪魔したような感覚ですね。
IMG_1149

部屋は大広間的。 テーブルとカウンターがあるが、私はカウンターへ。
IMG_1147

カウンター越しに厨房の中を覗き込む。板前さんが3名で準備中。
京料理の店なので夜はそれなりの値段だが、昼はリーズナブルな価格設定。

■八坂(出し巻・赤出汁・じゃこ、小鉢・漬け物・御飯)1,100円
■嵯峨野(湯豆腐・赤出汁・じゃこ、小鉢・漬け物・御飯)1,100円
■鴨川(とろろ御飯・鮪・いくら・温泉玉子)1,100円

の3種類。 私はやっぱり出し巻を食べたく、”八坂”を注文。

注文してから出し巻を作ってくれるので少々待つ。しかし、焼き立てなので熱々、ほくほく、そしてふんわり感を味わえるので最高である。

一人前のごはんがお櫃に入ってくるのもうれしい。
IMG_1142
IMG_1144


さあ、だし巻登場。
IMG_1143

デカいのが2つ。たまごといえども侮れないボリューム。

中は想定通り、ふんわり、熱々
IMG_1145

良い感じの出汁が聞いているのでおかずに十分なるのがうれしい。

流石にうまい。結構気に入りました。


味 ★★★★
雰囲気 ★★★★
値段   ★★★
接客   ★★★

やけんぼり


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

評価が高いインド料理屋に落胆

一挙に真冬の気候になりました。
インフルエンザも流行の兆し。健康管理が大変な季節です。

先日、改札を通過したときにこんな残高表示がでました。
何となく気分良いです。
IMG_1113

今回は以前より行きたかったインド料理屋さんです。

都営新宿線船堀駅の近く。
インド人が東京で一番美味しいと評価されているインド料理店「Govinda’s」

南インド料理らしい。

土曜日のお昼過ぎに到着。
看板にはビッフェと書かれている。もしかしたら土曜日はビッフェのみ?
お店の脇から出てきた店主らしい人がいたので聞いてみたらやっぱりそうだった。
IMG_1140


まずは、中に入ってみてから決めようかと思う。
雑多な感じがする店頭。 野菜で作るインド料理の店と書かれている。 宗教的に豚肉NGのインド人向けだったのかな。

店内に入ると1組のインド人家族と1組の日本人カップルが食事をしていた。
ガランとした空気。店に並べられているビッフェ料理の眺めてみる。正直品数は少なそう。

店内はインド人好みのオブジェが飾られています。
IMG_1139


かなり迷ったが入店してしまったのでよっぽどの事がないと出る気持ちにならないので覚悟決めてランチを頂くことにした。
IMG_1133


システムがどうもわからない。
適当に取ればよいのだろう。

入店直後に飲み物のオーダーを聞いてきた。
そして料理を取りに行く。

カレーが3種類、焼きそばのようなものとサラダ、サフランライスそしてポテトチップスのように薄いクラッカー。


IMG_1136

一応全部取ってみた。
IMG_1132

何とも充実感がない。
そうだ、ナンがない。ナンてどうやって頼むのだろう。お店の人は厨房に入ったまま。

とりあえず、食べ始めてお店の人が出てきたら聞いてみることにした。
カレーはベジタブルだけあってあっさりです。香辛料聞いているので汗は出てきますが。

全部食べほし、もう一回お代わり。 カレーとしておいしいと思ったのは写真に写っている一番奥のものだけ。
名前わからず。

野菜スープのようなサムベルはイマイチかな。
IMG_1136

黄色いものは、スイーツらしい。 オレンジ色のぽろぽろとした粒。少し甘いがうーんという感じ。

IMG_1137
IMG_1135

店主登場。早速聞いてみた。
ナンはどうやって頼むのですか。
無言でうなずき厨房に戻る。きっと持ってきてくれるのだろう。
しばらくすると持ってきたものがこれ。
IMG_1134

ナンと揚げパンらしい。

このナンがイケていない。揚げパンも油でギトギト。
カレーをお代わりしてこれらを頂く。

「あかん」

一緒に出てきたドーナツのようなものも食す。
IMG_1138

甘いと思ったらピリッと辛いです。これもデザート??

もう食べるものなし。ふと思い出す。そういえば南インド料理というとドーサじゃないか。
かぼちゃなどの野菜を薄い皮で巻いたやつ。
こんな感じ。

「ドーサ 食べ方」の画像検索結果

ビックですが、店主に聞くとビッフェメニューにはないとこと。別に注文できるとのことだがやめた。

品揃え、味、ドーサが食べれなかったこととこれで1500円とは高いという落胆感が後味として残った。

Govinda



評価

味 ★★
雰囲気 ★
値段 ★
接客 ★




よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

4DXの映画ってどうなのよ。

11月に入ってすっかり初冬を感じる気候になってきました。
マスクをしている人増えました。

このように寒いと自然とインドアに足が向きます。
先日、お客様訪問の帰り道に映画館があったので久々に映画を観に行きました。 この日も寒く雨の降っている日でした。

うーん。これと言って観たいと言うものなし。
流行りの「君の名は」はまだ人気のようだが、小説を読んでしまったので今更映画を観る気はしない。

スケジュールと睨めっこ。この映画館は4DXというシステムのシートがあることに気づく。
体感型の映画も一度体験してみたくなりこの日から上映開始の「インフェルノ」を選択。

IMG_1117

3D映画もあるがインフェルノは2D映画。 普通の映画鑑賞料金プラス1000円の価値はあるのだろうか。

IMG_1118


インフェルノ自体は知能犯罪を暴くミステリー推理としては楽しめたが後半は結末が見えるので少し盛り上がりがないかな。

この映画と4DXは相性が合うのか。超アクションムービーならばリアリティを感じることができるがどうなのだろう。

映画開始の前に4DXのシステムを説明。デモ画面で椅子を揺らすは水が出るは顔に風が吹き付けるなりのパフォーマンスを体感。

違和感を持ったのが主人公目線の映像でこのような演出は効果的のように思えたが、客観視点にこの動き不自然としか思えない。なので臨場感を感じない。
また、結構椅子が揺れる。遊園地のアトラクションのようだ。

映画がスタート。 やっぱり当初の予感は当たった。

トムハンクス目線でないのにトムハンクスの体感を再現しようとしている。これって違和感ありまくり。
何といっても揺れすぎ。 フォルダーに置いたビールもゆっくり飲めません。(汗)

良いと思った揺れの使い方。
フィレンチェの街を上空から見下ろす映像では、椅子がやや前のめりになり上空に浮いた感を得ることができる。
あとは、雨のシーンでは水が落ちてくるがこれは同じ場でシーンを見ている感覚を得ることができる。

3Dにするともう少し迫力があるのかもしれないが、私としては普通の映画の見方の方が好きだな。
落ち着いて見れないんだよね。

IMG_1116


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

秋のスイーツ栗&訪問者20万人ありがとう

最近は気温が低くなり、体調を崩す人が増えてきました。
しかし、今日は暑い。 変な天候です。

このブログを始めてから4年6か月が経過しました。
多くの皆様にご訪問いただきありがとうございます。10月16日で20万訪問数を突破しました。
人口20万の都市は、埼玉県熊谷市、静岡県沼津市、三重県鈴鹿市あたりですね。

全国800市町村のうち100位くらいの人口数です。
実感わきませんね。

最初の10万訪問まで2年3か月、さらに20万訪問まで2年3か月とイーブンペースで推移しています。
前半の方が圧倒的に投稿数多かったのに意外です。

大きく分けると自転車ネタ、街道ネタ、史跡ネタ、グルメネタの4種類ですが、最近は史跡ネタ、グルメネタの比率が高い。このままでは、ブログ名を変えないとと思ってしまうくらいです。

さて、話は戻して今回もグルメネタです。

秋深まると栗を使ったスイーツが多く出てきます。昨年、旧中山道を旅した際には中津川付近で栗きんとんが多く売られていました。
DSCF4329
旧中山道は山の中も結構歩くのでこの時期は登山道にたくさんの山栗が落ちています。どれも立派な実をつけているので持って帰りたくなるほど。
栗を使った定番のスイーツありますが今回巷で目に付いたのが「栗」

天津甘栗? 一般的には栗そのものをいただくときは甘栗をいただきます。これ好きですがなんとなくナチュラル感がないです。

今回、注目したのはこれです。比沙家の京焼き栗
手土産にどうかなと思って、まずは自分用にお試しで購入

IMG_1003

こんな三角の入れ物に入っています。
見た目は、甘栗でなく煎った栗そのもの。


IMG_1004

すでに切れ目が入っているので皮を剥く苦労はないです。
表面はツルツルでなくサツマイモのような色合い。


IMG_1005

ってみるとこんな感じ。 表面はカサっとした感じだが中身はしっとり感が残っています。
IMG_1006

食してみたところ、栗ながらお芋のようなホクホク感があります。
しかし、甘栗のような甘さはなく、栗本来の自然な甘さです。
甘栗になれた舌なので若干物足りなさがありますね。

3つ目以降は若干飽き感が出てきます。
でも、たまにはこんな栗も新鮮ではないでしょうか。

ということで、この栗を沢山もらってもねと思い手土産は以下のものにチェンジです。
焼きたてにこだわったフィナンシェ。表面はパリッと、中身はしっとりがウリですね。

新宿伊勢丹の地下にある「noix de beurre <ノワ・ドゥ・ブール>」さん
普通のフィナンシェはパックに入っていて油っぽいがこれは裸のままです。

IMG_1007

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



赤坂ランチ「兄夫食堂」

気温がすっかり秋めいてきました。
朝は、肌寒いくらいです。 食欲の秋本格到来です。

さて、その食欲を満たしてくれる赤坂タウン。 ここには上手いものだらけ。
孤独のグルメを気取って店を訪問するのも楽しい。

さて、今回紹介は韓国料理の「兄夫食堂」
ヒョンブと読むらしい。 兄夫ってどんな意味なのだろう。
調べてみると女性から見てお姉さんの旦那さんのことらしい。
日本でいうと義理の兄というところでしょうか。

さて、ここのお店はちょっと奥まっているので知らないと入りにくい。
しかし、評判が良いお店である。
IMG_1002


時間をずらして入店。

中に入ると食堂っぽい雰囲気です。壁には色紙がいっぱい張られています。
IMG_0991


メニューの表面におすすめのランチメニューが載っている。
ほかにもいろいろあるようだが、ランチイベント 1580円⇒790円と記載されている。
これを注文すべしとのお店のメッセージを感じ、牛肉フンドウフチゲを注文

IMG_0992

注文するとすぐにこれが出てきた。
IMG_0995
銀色の器の中はご飯。
キムチが専用に器に入ってくる。 さすが本場。 これが旨い。これだけでご飯進むね。

IMG_0996


しかし、チゲが出てくるまでにしばらく時間がかかるようだ。これを食べていろとのことでしょうか。
お店をキョロキョロして色紙を眺めてみた。結構有名な芸能人の色紙が張られている。
皆さん来店されたのだろうか。

タモリさん、山田優さん

IMG_0994

BOAさん
IMG_1001

AAAや韓流系の方も。
IMG_0993

そうしていると注文の品が
チゲとミニビビンバ

IMG_0997
IMG_0998


ミニビビンバといっても器が大きい。
ビビンバにご飯を入れて混ぜる。美味。
フンドウフチゲはそんなに辛くない。辛さ好きには物足りないかも。
味はGoodです。

突き出し
こんにゃくを甘く煮込んだようなもの。

IMG_0999

790円だが、満足感高かったです。

評価

味  ★★★★
雰囲気★★★
値段★★★★
サービス★★★

兄夫食堂地図


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気