旧街道をロードバイクで!ゼロからの挑戦

古地図を使い街巡りが大好きなオジサンです。古地図を片手に都内の散策にそろそろ飽き、旧街道の文化に触れたくなりました。古の街道をめぐるために、ロードバイクを購入して全国に挑みます。流行を追ってロードバイクに乗るわけではありません。まずは、五街道。次に四国八十八カ所、最後はスペインの聖地巡礼サンティアゴに・・・ ゼロから達成までの記録です。

貧脚で乗鞍岳へ

乗鞍岳を登ってきました。

坂道苦手な貧脚の”平道”くんとしてはかなり挑戦的なイベントです。(笑)

前日の夜に入山。 今回は、三本滝レストハウス駐車場に集合。
満天の星空を見ながら酒を酌み交わす楽しい時間が待っています。

私にとってはこれがメインかな。

今回はお誘い頂いたメンバーとご一緒させてもらうことに。
皆さん、気さくでY談好きの良いオヤジばかりです。

東京からはソロ運転で集合場所に駆け付けるものの、真っ暗な山道は長く感じます。駐車場に着くと淡い光が。
皆さん、すっかり出来上がっていましたので急いで追い付くつもりでしたが2時間遅れは最後まで取り戻せなかったかな。

こんなに沢山の星空を肉眼で見たのは初めて。超感動です。
望遠のカメラで写真に収めたかったな。

さて、飲み明かした後に車中泊。早朝6時にゲート開くのに合わせて出発です。
IMG_2717
IMG_2719
IMG_2720

身支度をして6時過スタート。すでに標高1800m。 ここから2700mまでの登りを楽しみ?ます。

日本の百滝に三本滝上流。 涼やかな水の音が朝の空気と交じり爽やかさを届けてくれます。
IMG_2728

ゆったりと登りながら途中の位ケ原山荘で一服です。
IMG_2734
ここで乗鞍岳登山の祈念でバンダナ購入しました。

この日の早朝は晴天で山頂の景色最高でした。
IMG_2731

後半は、絶景を楽しみながらなので苦しさ半減します。
IMG_2735

山頂近くでは残雪が残っているのですね。
IMG_2737
IMG_2738
IMG_2744

この残雪でスーボードとスキーをやりに来ています。
斜面をシコシコと登り一瞬で降りてくる。楽しいのかな?
それを言うと自転車で登山楽しいのかな?と返されまね。(笑)
IMG_2747

仲間と楽しく登ったので想像したよりも短く感じました。
標高2712m。一番高いところまで行ける道路。
相当高地なので空気が薄く苦しいかと思ったのですが私にとっては平地とそんなに変わらない感じでした。
一緒に登った仲間は途中「気持ち悪い」とボヤいていましたが、昨夜の酒が残っているのでは・・(笑)
IMG_2748

銀嶺荘で一服。お決まりのソフトクリームで糖分補給。
IMG_2754

流石に風は冷たい。ウィンドブレーカを羽生いダウンヒルで駐車場まで。
あっという間の下山。
ああ、楽しかった。 また行きたいです。

帰りは乗鞍温泉で汗を流し東京へ戻りました。
この日は12時過ぎに温泉を出たので東京には早く帰れると家族に連絡したのもつかの間。 中央高速 事故通行止めのサインが目に入る。
勝沼ー大月間が通行止めなのだ。
IMG_2758
勝沼出口1kmのとこころで渋滞が始まりなんとこのインター料金所を抜けるのに2時間近くかかった。国道合流点でも大渋滞。
渋滞ののろのろ運転に3時間くらい消費してしまった。
ソロ運転なので辛かったな。

なんとか自宅に到着。荷物整理しているとペットボトルが変形。
やっぱり気圧の差、こんなにあったのですね。
IMG_2760

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

浅草の「まるごとにっぽん」

昨日の雷雨は物凄かったですね。

オフィスにいたので雨に会わずに済みましたが、TVのニュース映像を見ていると雹や風、東京でこんなシーンを見るの珍しいです。

さて、最近は都内の至る所で外国人観光客を見かけます。新宿歌舞伎町を帰り道通りますが、観光バスで乗り付ける団体さん。

以前は銀座で良く見る光景だったがナイトライフも観光コースの定番になったのだろうか。

元祖外国人観光客定番スポットである浅草。

近頃、少し遠ざかっています。
少し前だが日本酒の利き酒会が浅草で開催されて久しぶりに訪問。
利き酒会の模様は別途アップします。

さて、浅草ですがずいぶん建物が新しくなったり最近流行りのお店が増えたりと少し風景が変わってきました。

雷門付近では外国人風の方が着物姿で歩いていました。これも”こと”消費なのでしょうか。
IMG_2538
こちらは日本人?京都のように着物で歩くのが流行り?
IMG_2536

道路もお店も綺麗になり観光地のとしてかなりグレードアップしています。
IMG_2535
IMG_2537
IMG-2534


酒飲みの横丁も汚い雰囲気が消えました。
IMG-2533

なんだか分からないがこんなパフォーマンスも
IMG-2531

今回訪問したのが「まるごとにっぽん」という建物。
IMG-2529


花屋敷の近くで以前は長屋のような建物があったと記憶しているがビルに生まれ変わったようだ。

「まるごとにっぽん」
凝ったネーミングです。

名前の通り全国の名品のお店や商品が売られています。

ビルの中はレストランもありおしゃれ。しかしちょっと高めなためなのかお客さんは少なかったな。
IMG_2513

このビルの上層階からはスカイツリーが良く見えます。
IMG_2514

ビルの各フロアは諸国漫遊的な楽しみ方ができます。
IMG-2516
IMG-2517
IMG-2528

沢山のものが展示されているが、今回日本酒を飲んだ後でもありお酒関連のスイーツに挑戦することにした。
IMG_2519
IMG_2520

蔵めぐり。
焼酎のスイーツです。
今回は”天の川”と”雪洲”をチョイス。

IMG-2521
IMG-2522
IMG-2524

しっとりしたケーキです。お酒っぽくないですが大人のスイーツと言う感じ。甘さも控えめで美味しい。

IMG-2525
IMG-2526
IMG-2527

天の川も食す。
味は若干違うのだろうが、さんざん日本酒を飲んだ後なので良くわからなかった。(笑)

まるごとにっぽん地図


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ロードバイク斬新バックミラー

3連休は天気よかったです。

地元では、サンバ祭りが開催されていました。
駅前広場、ロータリー、周辺道路をすべて通行 止めにしてのお祭り。
サンバリームが多数出ていて想定以上に見応えがありました。
観客も一緒にサンバ気分、楽しー。
IMG_2693
IMG_2687
IMG_2684

この時期、活動は早朝か夜が良いです。

この3連休は家の用事があったので朝5時から活動開始。
この週末に乗鞍岳に自転車でツーリングの予定。
貧脚の私としては山用のスプロケットに交換。

ディレイラーの調整をしてセッティングしていたがフロントをインナーにしてリアをローにするとリアのプーリーが振動して異音がガタガタと出る。

山登りではこのギア使う可能性あるのでこの異音は気持ち悪い。
リアディレイラーのストローク調整、ワイヤーのテンションを調整しても一向に治らない。

藁をもすがる思いで今まで弄ったことのないBテンションのボルトを調整。 プーリーとギアの位置を変更したら異音がなくなった。
この方法で良かったのかちょっと不安だったが、今週末のヒルクライムはこれでとりあえず凌ぐことにした。

さて、セッティング確認のためにこの日は朝5時に自宅を出発し尾根幹をさっとライディングしてきた。早朝でしたが走っている人結構いますね。

その際に試してみた、画期的なバックミラー
今までは、後方を振り返って確認していたが視線が前から無くなる時間がちょっと気になっていた。

ハンドルバーの下ハンに付ける小さなバックミラーは見たことあるが、ミラーが小さいことと視線がかなり下に向けなければいけないので後ろを振り返っているのと前から目を離す時間は変わらないように思う。

そんなことを思っていたところで、こんな商品を発見。
IMG_2669

手首にミラーを付けるもの。これだと視線が前から逃げる時間が少なくなりそう。

普段は、こんなにコンパクト。
IMG_2671

ネーミングが「Back Eye」そのままですね。(笑)

このふたを開けるとミラーが出てくる。
IMG_2675

こんな具合。
これで、後ろが見えるのか。

ベストの角度を調整してみたところ、こんな具合です。
IMG_2677

腕の横にミラーが来るように付けると後方は確認できそう。
しかし、実際に走ってみるとこのミラーの角度キープが難しい。
写真のような理想の絵になりにくく、空を向いてしまう。

しばらく使ってみてベストな使い方があるのか試してみます。



よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】LABO 夜に行ってみたいお店

梅雨明けのような天気が続きますが、まだ梅雨明け宣言はでないようです。

もう少し雨降った方が水の問題が解決できるかもしれません。

赤坂のランチ紹介シリーズです。
お店は地上店舗の方が圧倒的に有利。5、6階のビルの上層階は知っているお客しか行かないですね。
雑居ビルではなおさら。今回はそんなお店の紹介です。

入り口の看板で辛うじてお店が存在していることが確認できます。
IMG_2584

お店は6階。しかし、エレベータは5階まで。
IMG_2583

階段で上がれとの表示。
お店に上がる階段はちょっとおしゃれです。
IMG_2582
お店の入り口も狭いがそこそこ良い雰囲気を作っています。
IMG_2581

店内に入ってみると思ったより狭い。カウンターに5名、テーブルに7、8名座ると一杯という感じである。
IMG_2578

カウンターは先客がいたので開いているテーブル席へ。
このテーブルが膝ぐらいの高さしかなく食事をするテーブルではないようです。

このお店は基本、夜がメインのバーのようですね。

いくつかメニューはあったが私はこれを注文。
IMG_2579

チキンの香草焼き?だったかな。
ワンプレートに乗っているが、男性的には量は少なめ。
お店の雰囲気からすると女性向きかな。 カウンターに来ているお客様はどうも常連そうです。
このロケーションなので常連の比率は高いのでしょう。

テーブルにはちょっと気になる夜のメニューがありました。
IMG_2580

1500円払えば一杯300円でいくらでも飲めるらしい。
それも、好みを言うとマスターがなんでも作ってくれるという触れがあります。

面白いお店です。若い方が経営されているようですが隠れ場的にちょっと飲むのには良いかもしれません。今度夜に来てみようと思います。

ちょっと気になるのが19時~36時との表記。営業時間? 昼の12時まで飲めるのか?(笑)

【評価】
味 ★★
価格★★
雰囲気★★★
サービス★★

LABO地図



よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

東京湾上で潜水艦に遭遇

今日は七夕ですね。
九州では星どころではなく大変な災害になっていて心配です。

近年私にとっては七夕は5年前に初めて購入したロードバイクの納品された記念日です。(笑)

もう、5年も経つのです。パーツは変えたがフレームやコンポーネントはほぼそのまま。
少なくてもコンポーネントは変えたいなと考えています。

夏はロードバイクで山ですね。
私は山以外にも最近は海に行っています。

ヨットでクルージング。
でも優雅なものでなくヨットの操作方法や艤装など一生懸命勉強しているのですが。
先日は、葉山~保田(房総半島)までクルージング
IMG_2429
IMG_2431

保田では地元の漁業組合の経営する食堂で新鮮?な魚を頂きました。
IMG_2433
保田港から見る夕日のシルエットになっている富士山。
房総半島からもしっかり見えるのですね。
IMG_2434

保田から葉山まで戻る途中の出来事です。
東京湾は大型船がガンガン行きかいます。
船の動きをチェックしながらセーリングするのですが、いつもと違う船の影。

真っ黒な船体。 どんどん近づいてきます。「潜水艦?」

噂には聞いてたが本当に東京湾で潜水艦が通過しているんです。
東京湾ないは潜らず水上に船体を出して走っています。

IMG_2441

100mくらいまで接近してしばらく並走です。
物凄いエンジン音と排気ガスの異臭。

潜水艦が通過した後の水面は渦だらけで色が変わっています。
IMG_2440

クルーザヨットを操作しながらもしばらく見とれていました。
こんな距離で遭遇するのは珍しい。
船上は大興奮でした。

明日もヨットのトレーニングに行ってきます。
天気予報では風は弱。 気温暑し。


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

発酵食品による健康増進

健康ブームがずっと続いていますね。

TVでは健康番組の数多いです。
最近はNHKの番組ではマニアックな医療番組もあります。
若手医師が患者の症状から病名や対処方法などを充てるクイズ。

見ている方も病気の知識はかなりのレベルで身に付きます。

でも、病気になったら直すのって大変。
やっぱり予防ですよね。

健康食? 運動? 生活リズム? 睡眠時間?

まあ、どれも大切なのでしょう。
私なんか昨年から検査ばかりしているけど結局は問題なし。
運動もしっかりしているし、食事にもそれないに気を遣っているかな。

先日、会社の近くのスーパーマーケットの棚を見たらびっくり。
甘酒のドリンクが棚一面に並んでいる。

こんなに種類があったのかと思うくらい。
IMG_2340
IMG_2342


ドリンクものもあれば、従来の酒粕的なものまで。

甘酒に含まれる発酵物にはいろいろな効果があるそうだ。
女性は美容に良いとか。
含まれている麹菌にはシミ、美白に効果があるらしい。
そのほかにも
「ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や
システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸に大量のブドウ糖!
甘酒が冬場の風邪の予防対策だけでなく、夏バテ、
肥満抑制効果、腸内環境の改善などダイエットにも
効果があるといわれるのがわかりますよね?
また、頭皮を若返らせて美しい髪を作ってくれるとか?」


とも記載されている。

凄すぎる。
発酵食品の良さを最近は見直されていて、従来の納豆や味噌などの伝統的なもの以外に新しい商品が生み出されているようだ。

カラダカルピスという商品。今までとは違う乳酸菌? この乳酸菌が体脂肪を燃やす酵素を体の中で作ってくれるらしい。 毎日飲み続けると体脂肪が減るデータも示されている。
なんでも興味をもってしまう私はすぐに購入です。

IMG_2620

味はカルピスです。 毎日飲めば効果があるのかな。

飲み物では食べた油を脂肪になりにくくするドリンクも毎朝飲んでいます。

他にもこんなドリンクを飲んでみた。
軟水は美容とダイエットに効果があるとか。 美容はどうでも良いが・・
しかし、これはまずかったのでNG。
IMG_2346
IMG_2347


最近沢山の種類が毎月のように出てくる健康ドリンク。
健康ドリンク試してみたコーナーでもブログ内で作ろうかな。(笑)

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

梨状筋性坐骨神経痛?

昨夜は帰宅途中に豪雨に見舞われた。

自宅最寄りの駅についたらバケツをひっくり返したような雨。
屋根をたたきつける音がすごい。
駅では雨が弱まるのを待つ人で溢れかえっている。

雨雲レーダをスマホでチェック。15分も待てば豪雨を降らせている雲は通り過ぎるようなので駅でステイ。予報通り雨は弱まりずぶぬれは免れた。

それよりも心配なのが足の付け根というか右の臀部が痛く走るのがつらい。
火曜日の朝にいつものジョギングを走ってから痛くなった。

いや、思い返すと日曜日に多摩湖まで走った時に違和感があった。
開脚ストレッチしても右足側が曲げにくかった。

ネットで調べるとこの痛みはどうやら梨状筋の疲労により硬くなり近くを通っている坐骨神経を刺激しているようである。
ピンク色が梨状筋で黄色が坐骨神経だそうだ。 梨状筋はインナーマッスル。
梨状筋1

ちょっと走りすぎた? でも、今までもっと走ったことがあるがこんなことになったことない。

2年前は腸脛靭帯炎で右ひざ外側が痛くて苦労した。
ほぼ完治したがその後は怖くて救世主のZAMSTのサポータは手放せない。

このサポータの役割は骨盤のゆがみからくるオーバブロネーションを抑える役割がある。
骨盤のゆがみが直っていなければ膝側で押さえつけた歪はどこかへの負担となるはずだ。

もしかしたら梨状筋に負荷を掛けてしまったのかも。
原因はあくまでも推測であるが、今できるのはしばしの休憩とストレッチ。

しばらくはジョグなしにしてストレッチしながら梨状筋を解すことにします。



よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

新調したビンディングシューズはお預け

今月は乗鞍に登りに行くんだよね。

この乏脚は今から嘆いてもどうしようもないけど。

悪あがきと思いつつ、あの登りの苦しさで心が折れないようにするためにも近くのヒルクラを味わえる場所に行きたい。 やっぱり都民の森かな。
と思い、日曜日の早朝から出かけることにした。

午後から用事があるのでなるべく午前中で戻ってこれるようにと日の出と一緒に出発を計画。
朝4時起床。 準備を整えて玄関を出たとき愕然。

天気予報では曇りだったので雨などないと思い込んでいたが土砂降りではないか。
えっ。雨雲レーダーをスマホでチェック。

雨雲が確かに押し寄せてきている。
1時間後もまだ抜けない様子。 行先の奥多摩の様子もチェック。
同じように雨雲に見舞われており、その後も雨雲が襲来すう予想。

そもそも、水溜まりがある道は好きでない。自転車もウェアもドロドロになって深い。
ロードバイクは道路の端っこを通るので水溜まりになっている確率高い。

気持ち萎えました。
ドロドロになってまで行く気しないし・・・

ということで急きょ中止。
その代わりといっては何だが、ジョギングに切り替え。
奥多摩ではなく多摩湖まで走ることに。 往復20km弱の距離。
IMG_2636

多摩湖サイクリングロードをひたすら走ると最後は多摩湖まで40mくらいの標高差の坂を上る。
平地と同じペースで走り上った。

多摩湖でストレッチをしてから戻りですが、一旦下ったものの何か物足りたくもう一度あの坂道を上った。 しかし、走っても5分もかからないので負荷少なしです。
IMG_2631

局地的豪雨は多いものの普段の梅雨からすると降水量が少なぎみかと心配したのですが多摩湖の水瓶は問題ないようです。

多摩湖サイクリングロードは緑が多いので心和みますね。
今回走った多摩湖サイクリングロードは河川を渡ることは少ない。このロードを横切る「空堀川」
歴史好きとしてはこの名前に反応してしまう。
「空堀」と聞くと水がないお城の堀を想像するがこの川はしっかり水が流れている。

調べてみるとかつては渇水期に水がなくなる(そのことから空堀と呼ばれる)一方で大雨が降ると洪水が起きる「荒れ川」であったそうだ。江戸時代に上流にあった木々を伐採したので渇水が発生したらしい。
IMG_2634
IMG_2635

早朝出発だったので帰宅したのは朝の8時。家族の一部はまだ夢の中でした。(笑)

断念したサイクリングだが、実はこの日新しいビンディングシューズ下す予定だった。

新調といっても購入したのは2年弱前。 旧中山道を走った時に使い込み過ぎてシューズのホールド感がルーズになったのでたまたま安くなっていたWeggleで購入。

そのまま、屋根裏に仕舞い2年間も眠らせてしまった。 いい味に使っているかなと恐る恐る取り出したところ購入した時のままであった。


シマノのSPDシューズ。 旧街道の山岳道を自転車を担いで上がったり史跡巡りをするのでかなり歩きます。なので、MTB用。

今まで使っていたシューズで10km以上標高者1000mくらい登山道を歩くこともありかなり使い込んだ状態になっています。
IMG_2641

今回、新たに下したシューズ。
IMG_2637

やっぱり、白色のシューズが欲しかった。 効率よく力の伝達ができるように硬めのソールです。
海外仕様のXC51なので日本では売っていない。

クリートを新たに取り付け。この位置は乗ってから微調整することになるだろう。

IMG_2640
IMG_2638

久しぶりに足を通したら、従来のものより足へのフィット感ばっちり。
どちらかというとちょっと幅が狭いくらいだ。

前のシューズはソールが少し反り返ったのだがこれはほとんどない。その代わりつま先部分に爪としてのビズが撃ち込まれている。

見た目はそこそこ良い。MTB用というよいロードっぽい。早く試したいな。
IMG_2642


しかし、レース仕様らしいのでペダリング効率は上ったとしても長距離歩くのは難があるかもしれない。
古いシューズはしばらく捨てらえないかも。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ドカヘルの汗止めをロードバイクヘルメットに付けてみた

最近は湿度が高く、じっとしていても汗が噴き出てきますね。

先週、和田峠にロードバイクで走りに行ったときヘルメットを脱いだら額にボロボロになったスポンジのゴミが付いていました。
ヘルメットについている汗止めが劣化してボロボロになったためです。
IMG_2630

これは、変えなければと思いつつもこれだけを販売はされていないですよね。
なので代替えがないかホームセンターを物色。
こんなものを見つけました。

IMG_2626

ドカヘルの汗止めパットです。パットといってもほとんどタオルですが。
光触媒で抗菌、消臭

サイズ的に無理かなと思ったのですが400円ほどなので一度購入して試してみました。
取付はヘルメット内部にあるサイズ合わせようのプラスティックのラインに巻き付けらえるマジックテープ付き。
IMG_2627

同じようにロードバイクのヘルメットに付けてみました。
IMG_2628
IMG_2629

少しフィット感はないですが、被ってみたら使えそうです。


これはこの夏の武器になるか??


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】居酒屋あどし

梅雨らしい日が続きます。
気温は高くなくても湿度が高いのでムシムシです。

梅雨の合間を狙ってジョギングやサイクリング。
こんなきれいな夕空を見ると心が安らぎますね。
IMG_2610

各地で雹などが降った荒れた日は物凄い風が吹き荒れ、翌日、いつものジョギングコースは枝葉が散乱して走りにくいです。自転車では走れませんね。
IMG_2595


さて、赤坂のランチ紹介シリーズです。
赤坂は夜の店が多いですが、ランチを営業しているお店も多いです。
夜に来てもらうためにはランチ営業必要ですね。

典型的な居酒屋さんランチ。
IMG_2594

昭和の佇まい。
店内も決しておしゃれではない。

が、ランチは何となく充実感があるお店。そして店主の愛想が良い。
お店は味とお店の方の接客が良いところに惹かれます。

前に訪問した時は若鶏塩焼きステーキを頼んだがなかなかの食べごたえ。
今回は、三元豚のカツ煮。850円
IMG_2591

鉄板に乗ってくるので熱々が食べれて良いです。
味は、普通かな。

前に着たよりお客さんが増えているような。

食事が終わった頃に、スイカのサービス
私にとって今年初スイカかな?
IMG_2593


近所のおばさんにご馳走してもらっているような感覚で「スイカたべて」なんて言われるのほのぼのします。


【評価】
味 ★★★
値段★★★
雰囲気 ★★
接客 ★★★★

あどし地図


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

貧脚で乗鞍へ登るの?

梅雨らしくじめっとする日が続いています。

先日、「乗鞍へ行こう」とお誘いを受け、「空の星がすごいんだ」なんて言葉に思わず”YES”と言ってしまった。

しかし、よくよく聞くとかなり厳しい登りになりそうだ。
「大丈夫、ゆっくりでいいから」なんて言われても坂が苦手の貧脚の持ち主としては不安になる。

なんせ、江戸サイ、荒サイに親しんできた”平道くん”なのです。(笑)
旧街道を走る時に峠越えがいくつかあるのでその時は歯を食いしばって登りますが「はあはあゼイゼイ」

また、旧街道の本当の峠はどちらかと言うと未舗装の登山道ばかり。歩きは鍛えられているが。

ということで、久しく坂登っていないので週末にちょい坂に行ってきました。

その前に、以前からスプロケットの異音が気になっていた。
スプロケのギア間にどうやら若干の隙間があるようだ。
これをやっつけないと登る気はしない。

ロックリングの締め付けが緩いかと思いしっかり絞めても効果なし。
スプロケを取り外し丁寧に付け直してもダメ。
スペーサーが足らなくなっているのかとシマノのHPで11速ホイールに10速のスプロケを取り付ける構成図をじっくり眺めても不足しているものはない。

IMG_2597

どうしたもんかと悩みんでシマノの説書をじっくり読んだところホイールの付属品としてある1.85mmのスペーサーがあったことを認識。図には載っていなかったので見落としてしまった。
良く見ると私にはそのスペーサーはなかった。どこかでなくしたのだろうか。

これを購入して取り付けたところ問題解決。
IMG_2596

平日朝起きてチェックできたので、土曜日に峠に行くことに。

いきなりきついのもなーと思い、手軽な和田峠に行くことにした。
ルートは自宅から八王子経由で和田峠、そして相模湖に降りてR20号で戻ってくる。
R20号もちょっとした峠がある。 走行距離97kmの行程。

何分、和田峠すら初めて行くことになるのでどんな感じなのか想像できない。
前半はそんなでもないが、後半3kmくらいから結構辛くダンシングとシッティングを交互に交えながらなんとか標高690mに登峠。
IMG_2599
途中、ひとりのサイクリストにスルスルと追い越されたが、私にとっては追いつこうなどという闘争心などこれっぽっちもない。(笑)

タクシーも一台通り過ぎたがどこに行くかと思いきや和田峠でお客を下して戻っていく。
タクシーから出てきた方は高齢の登山者?
この峠から陣馬山に向かうようだ。ここからだと標高差160mくらいになるのだろうか。
その後ももう一組タクシーで高齢登山者グループがお出まし。

一方、峠で一服していると、何人かのサイクリストも登ってきた。一人ひとり声を掛けますが皆さん割と無口です。
IMG_2598

愛想の良いおじさんローディと談笑。世間話をしばらくしてから出発。

長い下りだが怪我したらもともこも無いので慎重に降りる。

相模湖に到着すると流石に国道20号は交通量多い。
IMG_2600

緩やかに200mほど登る標高400m弱の大垂水峠を越える。
この坂でも何人かのサイクリストが抜いて前を進んだ。和田峠で足を使った私にとってはマイペースで進むしかない。

峠付近で追い抜いたサイクリストと下りは一緒。
ジャージの背中には「激坂」という大きな文字が坂好きであることを覗わせる。
IMG_2601

仕事の連絡が11時ごろに入るとのことで帰途にコンビニで休憩。
甘い物、冷たい物は夏のサイクリングには欠かせない。
このマンゴーアイスはしっとり感がいいです。
IMG_2604
IMG_2602
ほとんど何も食っていないがついつい健康系に手が行く。炭酸のシュワっと感がたまらない。
IMG_2605

ここで連絡とっていると和田峠で談笑したおじさんローディと遭遇。私が休んでいるのを彼が見つけてくれたようだ。三鷹まで帰るらしく私と方向が一緒なので同じようなルートだったようだ。

この日のコースは地図の通り。
まあ、なんとか登り切ったが帰ってから体には疲労がたまった。この何倍も登る乗鞍大丈夫かな。

和田峠地図


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

北斎美術館と両国ランチ&史跡

やっと梅雨っぽくなってきました。

先日、以前から訪問したいと思ったすみだ北斎美術館
IMG_2328

昨年新しく出来てからいつか行こうと思っていた。たまたま近くに用事があったので立ち寄ることに。
かなり個性的な建物です。
IMG_2326

場所柄、東京スカイツリーがすぐ近くです。
IMG_2327

ちょうど東海道の企画展が開催されていました。
IMG_2329

1階のショップには北斎関連の書籍など目を引くものがそろっていますね。
IMG_2323
IMG_2324
IMG_2325

提示室は、3階と4階

結構な人の賑わいです。しかし、年配の方が多いです。

東海道企画展では、当時の地図が宿場毎に展示されているのが良かったです。東海道を旅した記憶が蘇ってきます。

常設展より企画展の方がやっぱり内容濃かったですね。

美術館を後にし、ちょうどランチタイム。
界隈で美味い物が食べたいとネットで検索してたどりついたのがここ
「千代福」

”うなぎ”です。最近食べていないなーと思いチョイス。

IMG_2333

ここを選んだのがリーズナブルなうなぎのランチメニューがあること。
IMG_2330

注文したのは「らんち重」
1000円という価格なのに、うなぎ+焼き鳥+玉子焼きがごはんの上にのっている。
IMG_2332

流石にうなぎは小さいがうなぎ食べた満足感は十分です。

ここ、結構Goodです。
うな重でも2500円と手が届く範囲ですね。

さてうなぎを食べた満足感一杯に店を出て両国駅へ。

史跡好きにはどこを歩いても史跡の匂いを感じてしまいます。
途中の神社

IMG_2338


案内板がガッチリあるではないですか。
はんのき馬場跡。
この馬場は武士の弓場の稽古のために設けられたとのこと。
IMG_2334

そして、葛飾北斎が近くに住んでいた。良く知られているように北斎は90回以上も転居をした。
この辺りに住んでいたのは1840年ごろ。80才を超えた時期だったようだ。
IMG_2336


下町はあちこちで史跡があり本当に楽しいですね。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

新しい虎ノ門の史跡

東京の官庁街にある虎ノ門。
私にとっては社会に出て初めて働いた思い出の地でもある。

最近は、虎ノ門ヒルズに始まり周辺の再開発は物凄いことになっている。
建物の建て替えもかなりあり昔の面影も少なくなってきています。

虎ノ門でランチと思い、30年前によく通っていたお店に足を運ぶがことごとく無くなっていたり、お店が変わっていたりした。

その当時からの人気店であった長崎ちゃんぽんの店「長崎飯店」は今も健在でした。
お店を見つけるが、当時はお昼となると行列ができていたが今は行列どころか店内もガラリ。
味が変わったのかちょっと心配になったが、入店してちゃんぽんをいただく。味は変わっていなかったようだ。
IMG_2442


虎ノ門で気になっていた史跡がある。虎ノ門に用事があり地図を見ていたところ今までに認識していたかった史跡マークが。文化庁の敷地に「史跡 江戸城外堀跡地下展示室」と記載されている。
たぶん、文科省の建て替えが行われた時に整備されたのだろう。

虎ノ門地図

IMG_2444

この地下に行って観た。
地下通路から少し外れる非常階段のような階段。
IMG_2447

しっかり案内看板もあります。期待できます。
壁にはこんなものが。 堀の底レベルを示している。史跡好きとしてはうれしい。
IMG_2448

階段を上がると展示室が出現。
IMG_2453
IMG_2454

かなり、立派に整備されています。
展示室の奥には石垣が保存されています。
IMG_2449
IMG_2451


昔の文科省の敷地内に放置されていた石垣だったようです。

現在の地図
虎ノ門地図現代

明治初期の地図
虎ノ門明治地図

赤丸で囲った付近の石垣のようです。
この外堀は明治中期の地図を見るとはすでに埋められていました。

この展示室には詳細な解説も付いていて見ごたえあります。

IMG_2455
IMG_2456
IMG_2457
IMG_2458
IMG_2459
IMG_2460

虎ノ門に行ったときに是非立ち寄ってください。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】蓮月の餃子弁当

まだ梅雨前なのに大気が不安定でスコールに見舞われることがあります。
最近の異常気象は地球の温暖化に起因するとかTVで解説していました。 トランプよ。もう一度考え直してほしい。

さて、赤坂ランチシリーズです。
赤坂にあるのは青山の店の出店ってところでしょうか。お弁当しかやっていません。
それも時間限定。

以前よりお店の前を通りかかるときに気になっていた。

天気の良い日に公園にでも行って食べたい。
ちょっと前になりますがバラのシーズンの赤坂氷川公園がキレイなのでタイミングを狙ってみた。

しかし、お店が2日間くらい不定期な休み。
おお、もうバラの花終わるよと思っていたら案の定でした。

お店は看板だけでマンションの一室で調理し玄関先で渡されるという感じです。
蓮月の餃子は一時TVで取り上げらえたり有名人が行くお店として話題になったことがあるがまだ私は食べたことがない。のでわくわく。

IMG_2414

こんな玄関先でお弁当を受け取ります。
IMG_2413


注文してから調理するので10分間くらい待った。
注文は王道の餃子弁当。餃子をじっくり味わいたい。
出てきた弁当がこれ。

IMG_2419


赤坂氷川公園へ。やっぱりバラは完全にピーク外した。
IMG_2415
IMG_2417

でも残った花はきれいです。


さっそく、餃子弁当を頂く。チャーハン付きなので充実感あります。
IMG_2420

評判の餃子。
IMG_2421

餃子は皮がうまいですね。ちょっと小ぶりだけどまずますです。
しかし、私の知っている餃子の中では中の中かな。

チャーハンもパラパラしていて美味しいが私にとっては味が薄く物足りないかな。

700円のお弁当としては価値はあります。
餃子+酢豚、+回鍋肉的なものもあったのでそちらなら餃子に頼りすぎなくてよいかも。

【評価】
味 ★★★
価格★★★
接客★★★
雰囲気★

蓮月地図




よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

横浜観光コースをジョギングしてみました

暑い五月も終わり、6月です。

少し蒸す感じになってきました。梅雨も近い。

さて、10日ほど前に横浜に宿泊しました。
横浜は近いので泊まることは今までになかったです。

横浜泊まるのであれば、泊まらないとできないこと? なんかあるかなと考えていたところ早朝の横浜をジョギングするのはいいんじゃないかとひらめいた。

景色最高だし、意外と高低差あるコースもとれる。
バックにジョギングシューズとウェアを詰め込みました。

宿泊ホテルの窓からの風景。オーシャンビューで最高です。IMG_2351
IMG_2352

夜は遅くまで飲んだくれた後でしたが、気合入っていたので朝5時過ぎに目が覚めた。
窓から入ってくる朝日の浴びながら着替えます。
IMG_2353

早朝でも同じようにジョギングしている人いますね。
まずは、ホテルの周辺を周回。
IMG_2354
IMG_2355
IMG_2359

最高です。

ここから山下公園に向かう。この道も快適。
IMG_2360

潮風を感じながらのジョギング。

次に元町に向かい急な坂道へと。
IMG_2361

この谷戸坂は後半がきついですね。
登りきると港の見える丘公園です。実は咲き乱れるバラを見たくてこのコースにしました。

IMG_2365
IMG_2366
IMG_2369
IMG_2372
IMG_2373

サイコーでしょ。

バラの美しさを満喫し、尾根沿いを通り本牧方向へ。

丘を降りる坂道の傾斜もきつい。 普通に走ると転んでしまいそうなのでゆっくり下ります。

本牧手前で折り返しフェリス女子大のある丘に再度登ります。

IMG_2375

フェリス女子大から元町に向かう坂がこれもすごい。
この傾斜。女子大生はハイヒールなのでタクシー使うらしい。流石お嬢様。
IMG_2377

元町から山下公園を通り、今度は大さん橋に立ち寄る。
朝の元町は静かです。
IMG_2379

大さん橋
IMG_2380
IMG_2381
IMG_2382

この日は、クラシックカーのイベントがあったようで朝からクラシックカーが大桟橋に集結。
IMG_2386
IMG_2387
IMG_2389
IMG_2390

車好きにはたまらないでしょう。

赤レンガ倉庫の横を過ぎてホテルに戻る。
IMG_2391

ざっと、12kmのコースです。
観光コースのようなジョギングルート。高低差バンバンでイベントにも遭遇。
素晴らしく充実したジョギングでしたね。





よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

旧甲州街道をロードバイクで(日野宿~八王子宿)

甲州街道をロードバイクで辿っています。
日本橋から日野宿まで走行したが旧街道の史跡としては乏しい区間だった。

日野宿に到着してからは少し面白くなってきました。

日野宿地図

日野宿
本陣1、脇本陣1、旅籠20



◇高札場、問屋場跡
日野宿の脇本陣前にある。今は公民館になっているがここに高札場があった。
DSCF4892
DSCF4893

◇日野宿本陣跡
 甲州街道を挟んで高札場の向かいに本陣跡がある。本当は脇本陣だったそうだが。
DSCF4894

脇本陣であったことを説明しています。
DSCF4895

この二つの説明版は紛らわしいですね。
DSCF4896
DSCF4897

ここは、佐藤家が管理している建物だそうで、建物内を観覧できる。
入館料200円とのことなので気軽に見れます。私は新選組ふるさと歴史館の入館料セットのお得チケットを購入。

玄関でチケットを購入し、ボランティアの人の説明を聞けるとのことだったのですがタイミング合わず独自に閲覧。

DSCF4898
DSCF4899
DSCF4900



この佐藤家と土方家は縁戚だったのですね。

建物自体は火災で焼けており、焼け残った一部が展示されている。
また、当時の調度品も展示されており、この辺の説明を聞きたいときは案内人にお願いするのがよいと思う。

脇本陣跡を後にし、八王子に向かうが先ほど購入したチケットには日野市新選組ふるさと歴史館の入場兼もついているので立ち寄ることにした。日野は土方歳三の生まれとの関係からこの歴史観も新選組一色です。
DSCF4901
DSCF4906

急こう配な坂を登ったところに市役所とこの歴史観があるがこの坂、住民にとっては大変だろうな。

日野宿の説明と旧甲州街道に関する展示もしっかりあります。
しかし、やっぱりメインは土方さんと新選組。

2階の特別展では新選組を題材にした本、漫画が展示されています。
女子には人気あるのかな。?

DSCF4903
DSCF4904

この日は時間に余裕があったのでじっくり見たので30分以上時間使いました。

旧甲州街道に戻り八王子宿に向かう。

途中、史跡はほとんどなく八王子付近に一里塚跡の石碑があるので立ち寄った。

八王子宿地図


DSCF4907
DSCF4908
DSCF4909


八王子宿は横山町の場所にあった。

DSCF4911

ここで、今回は一旦終了。 残りは1泊2日の行程で行けそうです。

八王子駅に向かい、ちょっと一服。
DSCF4910


駅前の商店街はイベントやっていたので人多し。自転車から降りて押しながら進む。
甘いもの発見。
少しエネルギーを補充してここから自宅へ戻る。
DSCF4913
DSCF4914


自宅→日本橋→旧甲州街道→八王子→自宅  トータル107kmでした。



よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

旧甲州街道をロードバイクで(府中宿~日野宿)


旧甲州街道(新宿高井戸)2

西府中駅付近にこんな交差点名。 宿場と関係するネーミングかと思ったが違っていた。
DSCF4880


□関家かなどこ跡

関家とは
江戸時代から明治初期まで鋳造を業としていた
DSCF4881
DSCF4882


□元上谷保村の常夜灯
西暦1794年に建てられた。
この常夜燈は、上谷保村の油屋(屋号、今の甲州街道北側の原田幸治氏宅)の東隣に置かれていたもの。その後、道路改修のときに現在地に移されたらしい。

200年強の月日を感じる風化具合です。


DSCF4883
DSCF4884


□元青柳村の常夜灯
上谷保村の常夜灯とほぼ同じ時期に設置されたようです。
DSCF4885


街道沿いに真新しい鳥居がありますが、細い参道が永遠と続いて言います。府中付近にもありましたが、現代に残る神社の参道は不思議な空間です。
DSCF4886


□日野の渡し
 多摩川にはいくつかの渡し場があった。旧甲州街道は日野宿に向かう途中に多摩川を渡ることになる。渡し場の場所は移動していたらしいが江戸時代の貞享年間に現在の場所に定まったらしい。


DSCF4887

DSCF4888
DSCF4889

現代の立派な橋。 ここから多摩川の日野の渡しルートを想像するのです。
DSCF4890
DSCF4891


多摩川を越えると日野宿に到着。
DSCF4892


次へ続く


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

旧甲州街道をロードバイクで(高井戸宿~府中宿)その2

旧甲州街道をロードバイクで巡るシリーズです。
高井戸宿までは、史跡らしいものが少なく、この傾向は府中宿手前まで続きます。


旧甲州街道(新宿高井戸)2

府中宿付近まで来るとお祭りの雰囲気が漂う。
この4月30日~5月6日は大國魂神社で「くらやみ祭り」が行われている。

変わった名前のお祭りです。 夜の神事を明かりを消して行われるのでこのような名前になったとのこと。

旧甲州街道沿いの神社も同じようにお祭りの準備。はっぴを着た人が目に付く。お神輿も町内会毎に用意されている。ムードたっぷりです。

武蔵国府八幡宮あたりにもこんな看板が。
DSCF4860
DSCF4861

この神社の参道がやけに長い。どこまで続いているのかちょっと追ってみた。
住宅地の間に参道があるというか参道を囲むようにして住宅が作られている。

なんと参道には踏切まで。
DSCF4862

時代の変遷を感じつつも参道だけはしっかり残っているのが不思議ですね。

府中宿に更に向かう。

この辺が中宿の八幡宿だったのだろう。 交差点の名前となっています。
DSCF4863

大國魂神社に到着。

物凄い人です。
DSCF4864
DSCF4865

屋台もかなりの数。 ちょうどお昼くらいなのでお腹減ってきた。

ここまで来ると府中宿です。

旧甲州街道(新宿高井戸)3

◇府中高札場跡
DSCF4866
DSCF4867

おお、やっと街道らしくなってきた。

◇札の辻と問屋場跡
DSCF4868


この交差点の高札場跡の対面に蔵風の建物がある。
DSCF4870
DSCF4869

さり気なく案内場が設置されているので中々気づかなかった。

この建物、地元酒屋さんがお店として使われている。
蔵の建物も素敵だったので中を覗いてみると喫茶店のようだ。

DSCF4871

街道らしい雰囲気を味わいに入店してランチを食べることにした。
店内はおしゃれに改装されています。でも蔵の良さは残っていますね。


DSCF4872

DSCF4873
DSCF4874

隣の酒屋も蔵を上手く活用していました。このカフェから続いています。
DSCF4877
DSCF4878


お酒の種類も豊富です。

カフェの入り口の看板に出ていたお店のおすすめ商品の由来がわかりました。
DSCF4876

出てきたランチはカレーランチ。無難です。
お店の方が優しく声をかけてくれます。ほっとしますね。
DSCF4875

お腹いっぱい。
さあ、日野宿へ向けて出発です。
DSCF4879


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

旧甲州街道をロードバイクで(内藤新宿~高井戸宿~府中宿)

旧甲州街道をロードバイクでの続きです。

日本橋からスタート、新宿の繁華街を通過して高井戸宿に向かいます。
しかし、旧甲州街道は史跡らしいものが少ない。
ロードバイクでペダル漕ぐ時間が長く、予定よりかなり早く進む。

【内藤新宿~高井戸宿】
新宿南口、昨年できたNEWoManのビル前を甲州街道が抜ける。
坂を下りきったところから旧街道は一本北側の細い道になる。新宿西口のヨドバシカメラや飲食店街だ。当然のことながら旧甲州街道の名残はゼロです。

GW期間なので中央高速道路は渋滞のようだが甲州街道は以外と車は空いていた。
このくらいの広い道はロードバイクにとっても車をそんなに気にしないので走りやすい。
旧甲州街道(新宿高井戸)1

◇一里塚跡(四番目)
そんな単調な甲州街道であるが日本橋から4番目の一里塚の名残がある場所を通過。
塚も樹木も何もない。 バス停「一里塚」がその場所に一里塚があったことを伝えてくれる。
この一里塚の手前が高井戸宿となるが宿場の痕跡はなし。
DSCF4827

【高井戸~府中宿】
旧甲州街道(新宿高井戸)2


桜上水付近を通った時に甲州街道から南に向かう細い道に違和感のある車止めがある。
「水道局用地」と書かれている。もともとは水道局管理の道だったのだろうか。

DSCF4828

◇世田谷百景 
武州千歳村大橋場跡を探していたが見つからず。
残念ながら見つけることができなかったが探している付近の公園にこんな説明の碑を発見。

DSCF4829


DSCF4830

甲州街道の面影を残す風景だそうだ。

◇中宿
国領付近から国道20号から離れ旧街道を走れる。旧街道らしい適度な道路の曲がりが良いです。

途中にはこんなバス停が。
DSCF4832

高井戸から府中まではいくつかの中宿が設けられていた。
ここは国領宿あたりになるかな。

◇近藤勇の座像
DSCF4854

京王線西調布駅近く、中央高速と旧甲州街道が交差する手前あたりでこんな標識が目に入った。ノーマークの史跡なのか??

寺の奥に進むとこんな真新しい近藤勇の像があった。
DSCF4856

その横にはこんな説明が。
DSCF4855

調布は近藤勇の故郷であること、慶応4年(1868)3月、近藤勇が甲陽鎮撫隊をひきいて甲府へ向かった時も、この寺で休憩したと書かれている。真実は良く分からないが少しの事でも関連つけて像を造られたのかな。

◇常久の碑
味の素スタジアムを右手に望み更に旧甲州街道を進む。
途中京王線の飛田給駅の横を通過するが、以前と比べてあまりにも綺麗に再開発されていることにびっくりです。

常久は旧甲州街道沿いあった集落の名前。現在は公園の入り口付近に立派な石碑が飾られている。
最近作ったんだね。
DSCF4857

碑には銅板のようなものが張り付けられている。近寄ってみてみると上段は旧甲州街道の地図のようだ。しかし、読み取ることはできないです。
DSCF4858

この付近は旧甲州街道なので交通も少なくゆったりとした時間が流れているようにも感じますね。
DSCF4859



よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

旧甲州街道をロードバイクで(日本橋~内藤新宿))

今年のGWは天候も良くお出かけ日和が続いています。

こんなに天候の良い日が続くならまだ残っている五街道のうちどれかを走破する計画を立てればよかったかな。

今年のGWは1日だけ旧街道の旅に充てました。

区間は、日本橋~八王子まで。この区間の距離は45kmくらいでたいしたことないが、今回は自宅からの自走で出発、帰宅したので走った距離は107km。
まあ、1日で史跡をめぐるのであればちょうど良い距離かな。

【日本橋~内藤新宿】
日本橋~桜田門

早朝自宅を出発。8時過ぎに日本橋到着です。
DSCF4801


旧東海道、旧中山道、旧日光街道、旧水戸街道でもここ起点。 5度目になります。
何度来ても気が引き締まります。
DSCF4802
DSCF4806


この場所にロードバイク置いて撮影するの定番となっています。
写真を撮る傍らで男女1組の方が江戸風旅支度をしているではないですか。

どこまで行くのだろうと声を掛けようと思ったらお二人は既に出発。方向からすると中山道の旅なのかもしれない。中山道は長いがそれに見合う楽しみがある。

今回私が行く甲州街道は日野宿までは割と単調で旧街道を味わえるところが少ない。
他街道と比べて甲州街道は参勤交代でもほとんど利用されなかった。物資輸送や庶民の娯楽ルートとしての役割の方が多かった。

日本橋を出発し大手町方向へ向かう。ここでは立ち寄りたい場所がある。
街道から少し外れるが将門塚がある。
DSCF4807

日経新聞本社の一角にこんな空間があるなんて。
あの平将門の首塚です。
将門の首級は京都に送られ、獄門にかけられたが、三日後白光を放って東方に飛び去り、武蔵国豊島郡芝崎に落ちた。大地は鳴動し太陽も光を失って暗夜のようになったという。村人は恐怖して塚を築いて埋葬した。これ即ちこの場所であり、将門の首塚と語り伝えられている。」
DSCF4808
DSCF4811
DSCF4812

ここは、祟り話があって有名です。 敷地内にはこんな記事がぶら下がっています。
DSCF4813

早朝にも関わらず、お参り来る方が何人かいました。ジョギングの途中に立ち寄る方もいたかな。

将門塚を後にして街道に戻り皇居の内堀通りを走る。
DSCF4814

この辺りは江戸城の堀、石垣が残っており好きな場所である。

和田倉門跡に立ち寄ってみた。
和田倉門付近は綺麗に公園整備されている。
DSCF4818

和田倉門の石垣。堂々としています。
DSCF4815
DSCF4817
DSCF4816

旧街道を進むとあの桜田門。井伊直弼が殺害された歴史的な場所である。
日野宿付近行くと土方歳三の故郷でもありこの時代の展示物が歴史館にある。

DSCF4819

横目で桜田門をチェックして次に進む。
四谷~内藤新宿

途中見どころ少なし。史跡もほとんどなし。
四谷大木戸跡が残っているが交差点の歩道に目立たなく表示されている。
DSCF4820

そこから内藤新宿に向かう途中に玉川上水水番所跡の石碑がある。
羽村から永遠と流れてきた玉川上水はここから分水され江戸市中へ配られた。
DSCF4821
DSCF4822

玉川上水は新宿御苑に沿って今でもルートが存在している。
旧甲州街道は玉川上水と並行しながらこの先進むことになる。

この辺りが内藤新宿があった場所。
日本橋から初めての宿場。この宿ができる前は高井戸宿が一番初めの宿であったが、この区間が長いとのことで商人等が宿場設置を要望した。
信濃国高遠藩内藤家中屋敷の一部や旗本の屋敷などが存在したが、これらの土地を幕府に返上させて宿場用地となった。
DSCF4823

内藤新宿を抜けると成木街道(青梅街道)と甲州街道の分岐点である追分がある。
交差点を挟んで伊勢丹の対角。丸井の前にこんな表示がある。
買い物客はこれにはほとんど気づいていない。写真を撮る私の姿を訝しく見る人もいます。
DSCF4825
DSCF4826

次は高井戸宿へ。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気