旧街道をロードバイクで!ゼロからの挑戦

古地図を使い街巡りが大好きなオジサンです。古地図を片手に都内の散策にそろそろ飽き、旧街道の文化に触れたくなりました。古の街道をめぐるために、ロードバイクを購入して全国に挑みます。流行を追ってロードバイクに乗るわけではありません。まずは、五街道。次に四国八十八カ所、最後はスペインの聖地巡礼サンティアゴに・・・ ゼロから達成までの記録です。

自転車乗りしか受けないかな?

夏が来た。自転車乗りてー。

最近、ロードバイク乗っている人にすれ違うことが多くなりました。
梅雨明けたら走るぞー。

なんて思っていたら、こんな面白い記事を見つけました。

IMG_0238

スティーブジョブスの言葉のようです。
なんだかわからないですよね。

詳細はこれ。
IMG_0237

知的財産保護の訴えです。

知的財産侵害は盗み。アナログチックに人間性にコメントしているところがジョブズらしいと感じました。

この写真の中で自転車のリムが映っています。

盗みを表現した写真ですが、ロードバイク乗りにとっては”アルアル”ですよね。
でも、ロードバイクを乗っていない人は意味わかんないだろうな。
IMG_0239

良かったらポチって下さい。
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

すでに夏気分。

梅雨入り。
そして、梅雨が明けると夏がやってきますね。

梅雨の晴れ間に地元をぶらつく。
レストラン駐車場に人の賑わいを見つける。
地元の農家の方が出張販売中です。
農家の方と言っても年齢は20代の若い方でした。
「地元で農業やっていて、トラックに野菜を乗せ販売しているんです」
明るく爽やかな笑顔は好感が持てます。自然と頑張ってと言いたくなる気持ちになりジャガイモと玉ねぎを購入した。

その横でメキシカンレストランの方がこんなものを販売していました。
IMG_0229

フローズンマルガリータ。
名前の通りカクテルを凍らせたものです。 この日の暑さを吹き飛ばすにはちょうど良い。
これを片手に持ち、ほろ酔い気分で散策
住宅地の間を通過するとブルーベリー畑に出くわす。ここでも若い方が一生懸命にブルーベリーの手入れをしていた。
さらに進むと下り坂。その先にはきれいな緑の森が広がる。ここは、小金井カントリークラブです。
IMG_0231

IMG_0232

ゴルフ場との境にも住宅がありますが、家の前にこの景色。
避暑地に住んでいるような感覚になるのでしょうね。
IMG_0230

良かったらポチって下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

映画館に行ってみました

経済活動が徐々に再開しつつありますね。

知り合いのお店の方何人かとお話しするとまだまだお客さんの戻りは遅いと言っていました。

そんな中、映画館の再開も先週から開始です。
待望の映画館。 

恐る恐るではあるが、映画館に足を運んでみることに。
まだ、旧作やコロナ前に放映していた映画中心なので新しいものがないのですが、まだ観ていなかった「アキラ」を見ることに。

渋谷の映画館。 開演10分前でも全体的に人気はない。

もしかしたらと思いつつ、スクリーンへ。
入口でAI検温マシーンがお出迎え。 係りの方に誘導されてカメラの前に行くと自分の顔が映し出されすぐに体温が表示されると同時に淵がグリーンに変わる。

36.3度 まあ、平熱です。
入口をクリア。そして予約している席に移動。
IMG_0240

ぱっと見たところ、5人くらいしかいません。 私の席のラインは私のみ。
少ないと想定はしていたが予想を上回るスキスキ度です。

IMG_0241

ほぼ、開店休業に近い状態でした。
安心&ゆったりして観ることができました。

混みすぎているの心配ですが、こんなに空いていると映画関係者のことを思うと複雑な心境です。


良かったらポチって下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

夏のサイクリング旅行

GWが終わると次は夏休みの計画を練ったりしますが、家族での旅行は白紙ですね。

3月上旬に家族旅行に行ってきたのですが、いま思うと旅行として楽しんだ良い思い出でした。
まだ、日本ではコロナ騒ぎが本格化し始めようとした矢先の時でしたね。

この時は、なんとなく自粛モードの世の中だったのですでに人出や旅行者はいつもよりも少なかったです。
今、考えれば我々も自粛すべきだったのかな。と反省。


香川 父母の浜

潮のひくタイミングで水面が鏡のようになるシーンを使っての撮影ポイント
大勢の若者が撮影しに来ていました。
IMG_2988


瀬戸内海に沈む夕日  コロナ収束しますようにと願いつつ
IMG_3085

春楽しんだので夏は大人しくししようかとは思っていますが、本当は落ち着いたら旅行でお金使った方が経済効果になるんだよね。 でも今は今後を予想できないのでしばらくは考えるのをやめます。


ソロ旅ならありか? 
毎年、ロードバイクで旧街道をひとりで走っていますが、今年はどうしようか。
これももう少し様子みです。

毎年言っている乗鞍岳ユルクライム。
前日にキャンプしながら飲むのがメインのような企画なので微妙。
クライムするだけならありか・・・


うーん。やっぱりどれももう少し静観ですね。

良かったらポチって下さい。
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




Baggege160開始で輪行はどうなる?

自転車で遠出したいと思っている人多いと思います。

自走で走るのも良いのですが、やっぱりちょっと足を延ばしたい。
でもコロナだと公共交通機関は避けなければと自粛している人多いと思います。

そんな中で、最近TVでBaggage160の広告をよく見ます。
大型荷物を持ち込むときは予約が必要ってやつです。 以前より話題にはなっていましたが、5月20日から開始されるようです。

新幹線のサービスなので輪行で利用する人は少ないかもしれませんが、私のような旧街道を走りたい派は結構遠出するので新幹線使うこと多いのです。

大きな荷物と聞いて、自転車もそうかなと勝手に思い込んでいました。
良く調べると、こんな説明です。
IMG_0162

そうそう、ここの席ねらい目で使うことあった。ここが開いていないと車両の連結部分を使っていました。
やっぱり予約必要なのかな~。

おおっ。こんなQAがある。 自転車等のスポーツ用品。 そうか、特大荷物スペースを使うときは予約必要。
他の場所であれば予約不要か。
輪行の場合、乗る電車は決まっていないことが多く予約は厳しいなと思っていたのでほっとした。

IMG_0161


詳細を見るとこのような説明がありました。
IMG_0160

あまり気にしなくてもよさそうです。

夏にはどこか走りたいです。江戸幕府時代の奥州街道は制覇したが、白河より北上する奥州街道は史跡の坩堝なので行ってみたいな。


良かったらポチって下さい。
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ 

行きつけのお店のサバイバル

全国では、コロナ患者数が減り自粛モードが少し軽くなってきましたが、東京はまだまだですね。

テレワーク主体の生活から1か月強。 
ほかの会社では来月から徐々に出社が始まるような話を聞きましたが、こちらはまだ継続です。

ということで、先日は職場のメンバーとネット飲み会を開催。
各自お酒、食べ物調達なので充実した肴を準備したいとおもいいつも行きつけのお店でおつまみ9点セットを購入。お酒もテイクアウト。たかちよ「サマーブルー」があったのでつい手がでてしまった。夏酒ですが今年はまだ市場に出回っていないというフレッシュものです。

店主と話しましたが、店主の第一声は「お酒飲めなくて困っているでしょう~」(笑)
私「お酒抜いているので体は清められているかな」(笑)

頑張っている様を見ると応援したくなります。
ついつい、お店で販売していた”たかちよ"ののおちょこフォルダも併せて購入。

IMG_0146(w

これらを家に持ち込み楽しいネット飲み会ができました。

翌日は、お仕事の関係でどうしても外出しなかればならず、どうせ出るなら一気に片付けようと思い、ミーティング3つセッティング。 

久しぶりに赤坂で一日を過ごしたのです。
赤坂の行きつけのお店が気になり、いつもの美容室に行きました。
売上は60%減とのことです。
美容室なので休業補償もでない。2軒あるお店の一つをどうしようかと考えているとも言っていました。
そんな話を聞くと、カットだけでなくヘアカラーまでおまけにお願いしてしまった。

美容室を出て一ツ木通りを歩いているとお世話になっているバーのオーナーと遭遇。
お店があるビルの入り口で弁当を販売していました。

しばらく雑談して状況を聞いてみたら、厳しいながらもセイフティネットだろうと思いますが、融資を500万円受けられしばらくはやっていけそうと少し明るい表情でした。
隣がTBSなのでTBSのコロナ取材も受けたようです。そのときの映像を見せてもらいましたが、お店もオーナーもがっつり取材されていました。 マスク付き弁当を売っていたらピックアップされたようです。
オーナー「赤坂、かわりました」
私「どんな部分?」
オーナー「夜はお店が締まり、ひっそりしています。夜の赤坂に人がいないなんて」

そして、オーナーは空を見上げた。
その目線の先は歩道の街路樹。
私「何かあるのですか?」
オーナー「人が少ないので、街路樹にカラスが巣作りしているんです」

確かに、木の中ほどに巣らしきものがある。
IMG_0148

街には、野生動物が進出し始めているというニュースは聞いたことありますが、森を住みかとするカラスが町中で巣を作るとはすごいです。

オーナー「カラスの雛が生まれると親カラスは狂暴になるのでちょっと心配。でも今は、ネズミ発生の駆除の役割もありよいです。」

なるほど。

赤坂の街を歩いていてびっくりしたのですが、お昼は夜の店も昼の店も店先でお弁当売っています。それも大きな声の呼び込みが町中に響いていました。

ランチは、長らく通わせてもらったお店に様子見がてら立ち寄りました。
お店の中は想定どおりがらんとしています。

厨房とホール1名づつの最小メンバーでの運営をされていまいた。
話を聞いてみたのですが、昼はダメダメだけど夜はそんなにも悪くないと言っていました。
夜空いているお店が少ないのでお客さんが集まるようです。
満席近くになることもあるとのことでホットする反面、感染クラスタにならないか心配はします。

午後のヘビーなミーティングを終えて、赤坂のオフィスを出たときはすでに真っ暗。
在宅でガチガチになっていた肩、腰をほぐしに行きつけていたマッサージ店へ。
こんなご時世なのでお客少ないかと思っていたのですが、そこそこ来られていました。
私の同じように運動不足からくる肩こりで困っている人多いのではないでしょうか。

体をリフレッシュして帰路へ。 赤坂の街はひっそり。お客いないのに呼び込みのお兄さんは数少ない通行人に必死に声をかけていました。とういことは、開店している夜のお店があるということですね。(汗)
でもこの状況では厳しいでしょう。
(赤坂)
IMG_0149
IMG_0150

既に20時を超えていたが、写真のようにほとんどのお店は閉店。
しかし、開いているお店もポツリポツリあります。
お店の中を覗き込むと意外とお客さん混んでいます。
お昼のランチ食べた時のお店の話は本当のようです。
補助金受け取るより普通に営業していたほうが収入的には良いなんて思ってします人もいるかもしれないと感じました。
そして、赤坂見附の駅に向かう途中の道路でなにやら黒いものが動いている。
そうです、ネズミです。 バーのオーナーの話を思いだしました。
人がいなくなるとネズミも堂々と表に出てくるのですね。 しかし、デカかった。

丸の内線に乗り、新宿で乗り換え。
途中、歌舞伎町の前を通りかかったが、人は少ないですが、ぽつぽつと。
赤坂と同じように開店しているお店はあるのでしょう。
(歌舞伎町)
IMG_0151

6月になればと思いつつも、しばらくは元に戻らない。
お店の方たちのサバイバルは続きます。

良かったらポチって下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

青梅の古城をロードバイクで

今年のGWの三密を避けるために、自転車で史跡ポタをしてきました。
久々にロードバイクに乗ったのですが、こんなに軽快かつ気持ちよく走れるものだと改めて感じました。

運動不足の解消にもなるからね。

自宅から行きやすい所沢と青梅の史跡めぐりをしてきました。

所沢は新田貞義の鎌倉幕府討伐の古戦場を中心にめぐってきました。(前のブログを見てください。)

その足で青梅の城跡を探索してきましたので紹介します。
1500年以降のお城が青梅エリアで点在しているので青梅を選んだ理由です。

青梅は三田氏が鎌倉時代までは統治していて、上杉側についてことで北条氏から攻められて没落した歴史があります。

今回は、その三田氏全盛期に築かれた勝沼城跡からスタートです。

所沢から自転車走らせ、実家に立ち寄りそこから40分ほどロードバイクで飛ばして走る。
道路は比較的すいているので走りやすかったです。

東青梅駅近くを通過し、勝沼城跡へ。

1500年中期は、鎌倉から室町へ変わる戦国時代。
どの地区も平城から守りが強い山城へとシフトして行っています。

武蔵の国の城分布
中世武蔵地区の城分布
古河、館林、佐野あたりにかなり集中しています。

勝沼城は八王子城の北西。 八王子城主の北条氏から近い。

◆勝沼城
勝沼城は関東管領・山内上杉氏の重臣、三田氏の居城です。山内上杉氏の勢力が衰退し、北条氏の勢力が関東に伸びてくると三田政定は北条氏康に従属します。しかし1561年(永禄4年)に上杉政虎(謙信)が上杉憲政を奉じて関東へ侵攻してくると、三田綱秀は諸豪族とともに上杉氏に付き従いました。謙信が越後へ引き上げると、ほかの豪族は再び北条氏に臣従しましたが、三田氏は辛垣城へ居城を移しながらも北条氏に抵抗しつづけ、北条氏によって攻め滅ぼされました。その後は北条氏照の属城となり、三田氏の旧臣で三田氏一族と伝える師岡将影が城主となる。
豊臣の小田原攻めの際に、八王子城とともに攻め落とされて1590年に廃城となった。

この城は、山城までではないですが、丘城という感じでしょうか。
高低差20mくらいの丘の上に築かれたお城で、現在も曲輪、空堀、土塁がしっかり残っています。

どこからアプローチしてよいのか分からなかったが、お寺の脇道を進むと人がひとり歩ける程度の細道が見えたのでそこから登城した。

勝沼城推定復元俯瞰図
勝沼城跡古絵図

IMG_0052
IMG_0066


結構な急斜面。


上がりきったところに平らな箇所が出没。
城郭があった場所ですね。まだ、石垣など整備される前の自然の地形をがうまく活用されています。
IMG_0058

IMG_0055

土塁
IMG_0056


空堀
IMG_0060
IMG_0062

近くに高圧鉄塔が設置され、墓地も配下に見えるのですが、当時は八王子方向はよく見渡せた場所のようですね。

一通り、城跡を散策し遺構を観ながら古の城を想像して楽しみました。


次にほぼ北東へ約3kmくらい移動したところに藤橋城がありそちらに向かいました。
青梅三城マップ


◆藤橋城
歴史的には築城者など不明な点があるようですが、戦国時代に北条氏照の家臣と伝わる平山越前守虎吉なる武将の居城だったそうです。
歴史舞台でもあまり名前が出てこないですね。

現在は公園になっています。
IMG_0067
IMG_0069


70m×60mくらいの広さなのでそんなに大きくないです。
平城ですが、北川には霞川が見下ろせ、田畑が広がっています。
IMG_0072

IMG_0073

土塁
IMG_0076

空堀的なものも遺構として残っています。
IMG_0078

城というよりは居住館だったのでしょうね。

次は、今井城。さらに2kmくらい北東に進んだところにある。
青梅三城マップ


今回、訪問した中で今井城が一番良い感じで遺構が残っていて気に入りました。

住宅地の中にこんもりとした雑木林がある。
ここが城跡なのだが入口がどこからか分からずウロウロ。

◆今井城跡
築城年代など詳しい経歴は明らかでありませんが築城は1520年ころのようです。
日本城郭大系によれば今井四郎左衛門尉経家の子孫が数代にわたり領主となりましたが、天正年間に断絶したと伝わります。

IMG_0095

自転車を置き、ガードレールを跨いで斜面を登る。
登り切ったところで、ここが城跡であることがはっきりわかる遺構が目に入る。
なんだかうれしい。
いったん上がると空堀が現れる。
IMG_0080
IMG_0082
IMG_0083

空堀から再び土塁を登ると平らな場所にです。
城郭があった場所ですね。

IMG_0084

南側に移動すると畑が眼下に広がっています。城らしい場所ですね。

IMG_0086

曲輪をなぞるように歩いてみる。見事な空堀が遺構として残っています。
IMG_0087
IMG_0088

空堀の向こう側にも平らな部分が見えたので行ってみるとそこも城郭があったようだ。

IMG_0093

何やら表示板があることを発見。
近寄ってみる。
IMG_0089
IMG_0090
IMG_0091

やはり曲輪は二カ所あったようですね。
この看板、3年前に建てられたようだが、なぜか古びている感じです。

今井城跡は当時の城郭を想像できるくらいきっちり土塁、空堀が残っていて素晴らしい遺構です。

三つの城がこんなに近くにあり、また、同時代に存在していたようなので少し不思議な感じがします。

ロードバイクで古城跡めぐりは今後ハマりそうです。



良かったらポチって下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

所沢の古戦場をロードバイクで

5月いっぱいまで頑張り期間が続きますね。

このような状況ではソロのサイクリングはぴったりかと思っていました。
ほとんど人との接触せず楽しめるのはこれかな。

街を歩くと、ロードバイクを走らせているおやじ達もよく見かけます。

とは言え、この時期に遠くまで足を延ばすのも気が引けるし、人は来ないでくださいと訴えているエリアも少なくない。

近郊の好きな史跡巡りだと人に接触する機会はほとんどないし、好きな古の空間を楽しめるしとのことで所沢、青梅当たりの史跡を巡るサイクリングをしてきました。

八王子、青梅、川越エリアは城跡が多く存在しています。1500年前後の中世の城跡が多く、石垣や天守閣などない自然の地形を活用して作られているのです。
なので、ほとんどの城跡は鬱蒼とした森だったりするので普段の生活では気づかない場所にあります。

青梅周辺では固まって3つくらいの中世の城跡があるのでそこをめがけて行くことに。

直接行くだけでは楽しくない。
途中に立ち寄るところないかと考えていたところ、ふと旧鎌倉街道を舞台にした新田義貞の合戦場がいくつもあることを思い出した。

以前から知ってはいたものの、近くを通るだけであったので時間がある今回は良い機会だ。

まずは、狭山湖まで爽快サイクリング。
IMG_0033

写真のキティちゃんは意味ありません。タオルを入れてもらったらこれが入っていました。(笑)
堤防には、ジョギング、散歩、サイクリングの人が想定したよりも集まっていました。
人が多いので長居せず、史跡スポットへ移動です。
IMG_0034


①将軍塚
 最初のスポットは将軍塚。
 史跡名称としてはどこにでもありそうな名前です。
 狭山湖近く、西武園に面したところに八国山があります。
 おっとどこかで聞いた響き。となりのトトロのモデルになった森のようです。バスが出てくるシーンで行先が初
 国山となっていました。メイのお母さんが入院している病院も七国山病院。

 しかし、八国山は歴史舞台としては由緒正しいエリアです。
 鎌倉時代に鎌倉幕府討伐で北条氏と戦った新田氏。 
 小手指ケ原、久米川、分倍ケ原で合戦が繰り広げられた。
 小手指ケ原で優勢に戦い、久米川まで南下したときにこの八国山の頂に見張り陣を構えたところとして有名
 である。
 
 1980年代に開発された高級住宅地ゾーンに寄り添うようにこの八国山はある。
 山と言っても20mくらいの高低差しかない丘である。
 将軍塚に向かうが森への入り口がよくわからない。うろうろしてやっと見つけた。
 森に入ると森を散策している家族連れが何組か来ています。
 人は少ないと思っていたがここでも予想を外してしまった。
 
 IMG_0039
 森の中は遊歩道が整備されているので歩きやすい。 
 
こんもりと盛り上がったところに将軍塚の石碑がある。
IMG_0036

IMG_0035

元弘三年斎藤盛貞等戦死供養碑
新田義貞の鎌倉進撃に従って討死したという飽間斎藤一族の供養碑で、石碑は八国山の中腹にあったらしい。これは記念碑ですね。
IMG_0037

八国山というだけにここからは、八国が見ることができたそうな。
八国とは上野下野常陸安房相模駿河信濃甲斐ですね。


②久米川古戦場
 新田軍と北条軍激戦の地。
 八国山のふもとにあります。
 今は、石碑が建てられ公園になっています。
 IMG_0040
 このあたりは、旧鎌倉街道の通り道であり久米川宿として旅人の重要な拠点だったらしいが、戦いのときはのっぱらだったのか。
八国山に向かう山道発見。 なかなか良い雰囲気。
IMG_0041

この道は、八国山の切通的な地形につけられている。
実は、東山道武蔵路がこのあたりを通過していたようだ。
国分寺から北にほぼ直線で進むとこの八国山にぶつかる。
この八国山を乗り越えて北に向かっていたというのが最近の調査結果による。

東山道武蔵路地図1

赤い線が東山道武蔵路で、赤丸の箇所が遺構が見つかった場所。
東山道武蔵路地図2

当時の土木技術はすごいとは思っていたが、こんな山も迂回せずに道路を取り付けたなんて素晴らしいです。
鎌倉街道に沿って次の場所へ。

②小手指ケ原古戦場
 新田軍が北条軍と激戦した戦場。
 新田軍はここでかなり優位な戦いになったようです。
 今は、畑の真ん中にひっそりと石碑が立っていました。
 
IMG_0042

 すぐ近くには白旗塚跡があります。新田軍が白旗を立てて軍の士気を高めたところ。
 このこんもりした小山は近くの中学生が復元したものらしい。
 小手指が原古戦場は、2度の合戦があった場所。
 1333年は新田ー鎌倉幕府。1352年は足利尊氏新田義宗の武蔵野合戦。
 IMG_0044

 戦いは関ケ原のように○○ケ原という平原な場所になるのでしょう。
 もう少し、古を想像していたかったが、ここから青梅に移動して中世の城跡を探索することにした。

つづく


良かったらポチって下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

しゃれているエコバック

外出自粛の呼びかけに従い、買い物も最小限度に抑えている。

我が家では、分担して一人づつ買い物に出かけていますが、スーパーマーケットはどこも人で混雑。

どう見ても、家族や夫婦で来ている方多いですね。
今日も、大変な混雑でした。 自宅にいて外食しないと自宅での食料消費は当然ながら普段より増えるから買い物の回数が増えるのはやむを得ないところです。
そして、家飲み中心となるので、お酒調達も増えているのでしょうね。

巣ごもりはエネルギー消費が少ないので、食べて、飲んでの生活は太るだけでなく私にとっては痛風の発作につながるのでお酒も抑え気味。
と言いながらも、わずかな楽しみとしてTVで宣伝している「神泡」を楽しんでいます。
泡の量を調整するのが難しいですが、缶ビールでも外で生ビールを飲んでいる気分になります。
IMG_8074
IMG_8073


買い物の話に戻しますが、短時間で買い物して帰るので無駄遣いも減っているように思えます。
この日もそそくさと帰ろうとしたときに、スーパーマーケットで販売しているエコバックが目に入った。

デザインがユニークです。
市区町村ごとをテーマにした絵柄がとても楽しい。
これは、練馬。 練馬区役所やとしまえんが絵柄になっています。
IMG_2896

所沢
飛行場発祥の地である所沢の航空記念公園でしょうか。
IMG_2897

大宮
大宮駅、新幹線が描かれています。
IMG_2898

三崎
神奈川県の三崎ですね。海をモチーフに夏らしい絵柄です。
IMG_2899

東京 八王子
高尾山ですね。天狗もいる。
IMG_2900

最後は東京の白金。
色合いはシックです。
自然公園と明治学院大学のチャペルでしょうか。
IMG_2901

どれが売れているのだろうか。
この中で一つだけもっています。もらったのですが三崎ですね。
その時は他地区のものがこんなにあるとは想像していませんでしたが、これは楽しいアイディアです。
少し心が和みました。

良かったらポチって下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

自分の足のサイズ

外出しない生活が続いていますが、ネットショップは大流行のようです。
先日、ZOZOの持ち株会社の決算発表がありましたが、ネットショップの調子良さを示す結果でしたね。

先日、娘がこんなシートを広げてスマホで足を撮影していた。


私 「何しているの? 」

娘「足のサイズを測っているの。」

私「そんなので正確に測れるの?」

娘「よく分からなので一度試してみる。アプリで測ったら自分の足に合うシューズが抽選でプレゼントされるんだ」

ご存じかもしれないがZOZOのツールです。
ZOZOスーツの時は斬新ではあったものの「ちょっとな」というイメージでしたが、足の測定ではあるかも。

靴は履いてみないと合うか合わないか分からないものなので正確に自分の足にあったシューズを通販で選べればうれしいですね。

私は足のサイズが大きいので、自分の足に合う足型のブランドを決めています。
日本よりも海外の方が大きいサイズのラインナップが多いので海外通販が多いですね。

こんな私にも朗報な測定ツールかと思い試してみた。

まずは、アプリをDL。
そして、足型が印刷されている紙のシートに足をのせる。

ZOZO

アプリの指示に従いながら6方向から足を撮影。シートの色別の方向から撮影すればよい。
実に分かりやすくできた仕組みです。

測定は3分ほどで完了。 そしてすぐに自分の足が分析される。

足の縦、横サイズは当然あるのですが、踵、甲の幅なども正確に出てくる。
これは、すごい。

こんな感じです。
IMG_8080
IMG_8081

上記は一部ですが、もっとわかりやすくいろいろなデータが見れます。

相性の良いシューズがレコメンドされますがこれは商売のみそですね。

興味本位でも一度試してみる価値はありそうです。あとは本当にレコメンドされる靴が足に合うのか試してみたいころです。


良かったらポチって下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

今時のジョギングマナー

完全テレワーク体制になってから3週間になります。

毎日発表されるコロナウイルス感染者数に一喜一憂。

映画館鑑賞が大好きな映画好きなのですが、1.5か月ご無沙汰しています。
この絵柄は何だと思いますか?
スクリーンショット 2020-04-03 13.40.11


映画館が完全閉鎖になる直前の座席予約画面です。
感染防止のためにとなりの席は埋まらないよう市松模様のようです。
この対策も今となっては懐かしい。

私は、大好きなお酒も、娯楽は諦めて今までできなかった勉強にチャレンジすることにしました。
こんなに勉強したのは大学受験の時以来だろうか。

とはいえ、動かないので余ったカロリーはぜい肉に順調に変換されている。
3月上旬から比べると4kgは増量してしまった。

ということで、運動だけはやっぱりやろう。
ジョギングもマスクつけてがマナー。私は、冬の自転車走行用に顔の防寒用として使っていた”BUFF”を装着して走ってみました。
IMG_3133

かなり怪しいですね。(笑)
でも、こんな格好でジョギングしている人は沢山いますので、今なら違和感ないですよ。

ジョギングはいつもの小金井公園を走るルート。
やっぱり公園に来る人多いな。

公園のアナウンスは「公園利用を自粛しましょう。ご利用も1時間以内」と流している。
ジョギングなので1時間はいないが、公園に来ていることも後ろめたい気持ちになります。
公園内は立ち入り禁止テープがあちらこちらに張られています。
IMG_3128
IMG_3129



しかし、経済活動がストップしている分、都心の空気は澄んでいるように思えます。
IMG_3134

さあ、今夜もこれから勉強です。(笑)


良かったらポチって下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

Fukushima50を観て

今日は、3.11
コロナウィルスの拡大でイベントが軒並み中止になっていて、東日本大地震の追悼式典も中止。

複雑な思いです。
3.11から9年間。 
今、あの時の福島原発で起きていたことを赤裸々に映像化した「Fukushima50」が上映されている。

門田将隆さんの「死の淵を見た男」が原作です。

ドキュメンタリー的な仕上がりなら面白くないかなと思ったが、実際に鑑賞したら心打たれる映画でした。
想定外への対応の難しさ、政治の介入、現場目線と官僚目線のギャプと葛藤、そして人間愛。
映像もリアリティがあり引きもまれました。

日本のために自身を犠牲にした奮闘する原発作業員。涙

この時期だからでなく、日本人として、人間として原子力発電に対する考え方を改めて考えさせられる映画でした。

映画封切前にこんなイベントやっていました。”黒板アート”
IMG_7952

チョークで描くFukushima50

完成は見れませんでしたが、素晴らしい描写でした。
でも、描いている方なぜ白衣を着ているのだろうか?
IMG_7951
IMG_7953



良かったらポチって下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

この異常な流れに対応して行く

世界中がコロナウィルスに振り回されています。

オフィス、学校、レジャー施設から人が消え、街も閑散とし始めてきた。
リモート勤務に戸惑うビジネスマン。
株価下落。経済停滞。
その一方でマスクだけでなくトイレットペーパーなどの日用品まで市場から無くなってきた。
中国からの輸入に頼っていた農作物も品不足。
変なスパイラルが回り始めていると誰もが感じていると思います。

このようなときは、自分の身の安全を確保しつつも、暗くならずにこのような時こそできる事を見つけるのも良いです。ストレス貯めたくないですからね。

人と接触するない、ジョギングやサイクリングなど良いのではないでしょうか。何れもソロ推奨。
暖かくなったしね。

インドアだと読書かな。
電子書籍の販売が伸びつつあります。外に出ずに好きな本読めるんだからこのタイミングに合っているように思います。

映画館も人が集まると言うことで避けている人多いが、私は無言でスクリーンの方向を見ている観客なので感染の心配はさほどないように思うのですが。

先日、「1917」を見てきました。
戦争映画?ではなく戦争を舞台にした人の愛情を描いた作品と感じました。
ストーリはシンプル。本部から全線に作戦中止の命令を伝える任務を全うする内容。
二人で伝令役で進むがアイボーが途中で戦死。それも助けた相手に殺される。
前線で戦っているお兄さんに会いたいとの思いも伝えるために必死に進む。
戦争とは人の殺し合い。
この作品では、墜落した飛行機から助けた相手に殺害される。本来ならば見放すはずなのに人命を救助するという”愛”があります。
前線に向かう途中に敵を決して殺さず、それが仇になり自らの命の危険を犯すシーンもあったり。
この映画は人へのやさしさを感じたね。

現在もこんな時だからこそ人への優しさは失いたくないと思った。

ワンカット撮影は凄い。まるで一緒に伝令を届けている感覚になる。
そして、初めて体感した超大型スクリーン、高精細映像のIMAX with Laser。
映像にこだわったこの映画にピッタリです。床から天井までスクリーンになっているのですから。
そして両端は緩やかに包み込むようにラウンドしています。
IMG_2844

お勧めです。

「37Seconds」も心打たれました。
人の成長を題材にした素晴らしい作品なのでぜひとも。

あとは、電子書籍はauで大幅に割引を掛けています。かなり安く購入できますよ。

むしゃむしゃしたら、滝行なんてどうでしょうか。
IMG_9315

私が体験したのは真冬だったのでかなり辛かった。少し舐めていました。

何れにしてもこの異常事態をネガティブにならずに対して行きたいです。


良かったらポチって下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

青梅マラソン2020疾走記

2月16日(日)に青梅マラソンが予定通り開催されました。

東京マラソン一般参加者中止などイベントが軒並み中止になる中、青梅マラソンはその手前だったので開催されたようです。1週間遅かったら中止だったかも。

私は、1月26日の勝田マラソンに出走していますが、それから約3週間になります。
マラソン直後は筋肉痛だけだったのですが、10日くらい経過したところで左足の付け根に痛みが出たのです。それから静養ということでなかなか痛み取れず、青梅マラソン開催日になりました。

3週間、走行距離0km
おいおい、こんなんで走って大丈夫と私の両足が叫んでいる。

出るかでないか悩んだ。おまけに天気も雨予報。気温も低い。
これは出走停止かななんて思い当日に。

朝起きたら、天気予報は変わらず。変わっていたのが気温。暖かいではないか。
この気温なら多少の雨でも大丈夫かと思い、荷物を詰め電車に乗り込んだ。

青梅マラソン参加者らしき人が電車の中にちらほら。
電車に乗るまでは悩んだが、乗ってしまえば心が落ち着く。

青梅線河辺駅に到着。
昨年初めて出走した青梅マラソン。今回は2回目。
前回と同じように駅は人でごった返し。

幸いにもまだ雨は落ちていない。
河辺小学校でエントリーを済ませ、着替えるために少し離れた総合体育館に向かう。

総合体育館に向かう途中で遂に雨が落ちてきた。

体育館内はすでに多くのランナーが集まっている。着替える場所をと探してみるが、大きなビニールシートで団体さんが場所をキープ。敷物禁止との看板を全く無視しているではないか。
IMG_2830

そんな場所がほとんどで個人の人が使えるスペースは半分以下になっている。(涙)
おまけに外は本降り。アップに出るランナーもいないので体育館内は大混雑。

移動するのにも時間がかかるのです。
着替えを済ませ、スタート集合まで時間つぶし。
軽食や水分補給を行い、スタートに備える。

スタート30分前にランナー整列が開始。このタイミングで外に出たらなんと雨がほぼ上がっているではないか。ラッキー。

IMG_2831


スタートラインの自分ゼッケンのブロックへ移動。
しばし、隣のランナーと談笑して時間つぶし。この方、青梅マラソン4回目とのこと。
昨年は東京マラソンを走ったらしい。その時寒かったとのことで、今回は完全防寒防備の姿でした。
この日は気温は8,9度なので何とか耐えられる。
IMG_2835

号砲とともにスタート。
今年のスターターは澤穂希さん。
IMG_2836
IMG_2839

「澤さーん」と大きな声援が響く。隣はキューちゃん。

昨年は連れがいたので前半のんびりペース。後半はスピード上げての力走。

今年は、前半もう少し早く走ろうと思っていた。青梅マラソンスタートから5kmくらいは道幅一杯にランナーが走るのでほぼ流れに任せるだけ。
5kmからマイペースで走れるようになったものの上りを考えると想定より少し早いペース。
あとで足に来なければ良いかと気になったが、悪い予感が的中。
折り返し点前あたりから少し足が重いではないか。昨年はここから快走したはずなのに。

一向にペースが上がらない。21kmあたりの長い上りでは歩いてしまった。
その後は下り基調だったので何とか足を運んでいた。
途中、頭ふらふらする感覚に襲われる。

水分はしっかり取っているが、襲われた感覚は脱水症状のようだ。

そのまま足り続けるもやはりふら付く。宙を走っているような感覚。
少し身の危険を感じたので歩いてみた。 すると少しらくになる。

このように騙しだまし29km付近を通過。
その前からトイレに行きたい思っていたが、膀胱がパンパン気味になってきた。
走っていても苦痛だった。

市役所横を通過したときにここで市役所のトイレに駆け込む。
今まで、フルでもハーフでも走っている最中にトイレによることはなかった。

今回はいつもと体調が違う。
トイレをしたら血圧が低くなったためか、またもやフラフラ。
しばらく歩いて残り500メートルからラン再開。

なんとかゴールテープを切る。
それでも昨年より4分ほど早かった。

30kmくらいは楽しく走れると思っていたが、フルマラソンなみに今回はつらかったな。
IMG_2832
IMG_2843

しばらくは、フルマラソンも青梅マラソンも出なくて良いかな。(汗)


良かったらポチって下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

この季節は熱燗だね。

日本酒の虜になってから5、6年くらい経つかな?

冷中心で楽しんでいたが、最近は熱燗の良さも楽しくなってきた。
特に寒い日は、熱燗はグッとくるよね。

いつも行く赤坂のお店「ほたる」で冷え込んだ日に立ち寄った。

いつもはビールからだが、この日は日本酒、熱燗からスタート。
おつまみはこれ。
酒飲八寸。
IMG_7721
IMG_7720


八寸サイズの箱に多種の食材が入っている。酒飲みにはこのちょこちょこあるのがたまらないのです。
これと、レンコンチップがあれば十分です。

若鶴”玄” この辛口は熱燗向きだね。
IMG_7717

「玉旭」 純米無濾過原酒。
こちらは冷でも十分美味しいが、熱燗にすると香りがさらに引き立つ。
IMG_7724
IMG_7725

あっと、銘柄忘れた。
山廃仕込みでガツンときますが、味わい深いです。
この琥珀色がかったのがいいんです。
IMG_2481 (1)

良かったらポチって下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

勝田マラソン疾走記

先週日曜日、4年ぶりにフルマラソンを走ってきました。

直近のフルマラソンは4年前の東京マラソン。
その時は、事前にトレーニングし過ぎたのかレース2カ月前に右ひざが腸脛靭帯炎になってしまったので2カ月間ろくに走りこまずに出走。

5kmも走ると痛くて走れなかったが、ロキソニン飲んで走ったら痛みがでず4時間ちょっとで完走できてしまった。

その後も走量を増やす練習をするとどこかが痛む。
過度なトレーニングは故障を招く体になっていることを自覚した。

と言うわけで、事前の走り込み練習が必要なフルマラソンを走るのをやめていた。
今回は、自転車仲間に誘われ、飲んだ勢いで申し込んでしまった。

出場は”勝田マラソン”
また、故障したくないとの思いで、走り込みは最小限度にした。
4年前の東京マラソンでも出走前2カ月間走らなくてもなんとかなったとの経験がそのように判断させた。

でも、走量が少ないと後半失速するのは否めない。そして、足が吊りまくる苦しさに耐えなければいけないのである。

自転車仲間と上野から勝田まで常磐線普通電車に揺られ2時間。
車中、目標タイムを聞かれた。4時間15分くらいを目標にしていると言ったときに、少し驚かれた。
当然である。月に50kmから70kmほどしか走りこんでいない。今回の仲間の中では一番少ない走り込み量なのだから。


BlogPaint


この日は、非常に気温が低く、数日前の天気予報では雪であった。
日頃の行いが良かったのかどんよりとした空であったが後半は晴れてマラソン日和となった。

荷物は預かってくれるがナンバーカードと照合するスタイル。最近はこのパターンが多いね。
IMG_7752


スタートはHブロックまである中で後ろから三つ目のブロックのFからスタート
スタート直後はのろのろだが、1kmくらい走ると広い幹線道路を上下全車線をコースに開放。
広々したのでスタート渋滞はすぐに解消された。
IMG_7754

コースは総じて広さを確保されている点、直線が多いので先の情報が視界に入ってくることから走りやすいコースだと思う。

前半抑えようと思っていたが、コースが広くなり快適に走れてしまったのでついついオーバースピード気味。 1km5分ちょいくらいのペース。
このペースだと最後まで持たないとセーブすることを意識するもののそんなに変わらないペースで走ってしまう。

あれよあれよと言う間に中間点を通過。
タイムは、1時間51分。 これは、飛ばしすぎだ。

しかし、この調子のまま25kmまで進む。25kmすぎた当たりからややスピードダウン。
30kmまでは足が吊ることもなく無事に通過。

しかし、心配していたことはここから発生。
右もも裏、左もも裏、右脹脛と順番に吊り始めた。

吊ったときには止まらずに走り続けるとどこかで解消することを経験しているので、ここは止まらずはしり続ける。

でも、足が前に出なくなる。坂になると特につらくなってきた。
エネルギー補給は持参したもので10kmごとに捕食したのでガス欠ではないはず。

やはり、走り込み不足による足の筋力の問題と前半のハイペースが原因だと思う。

37km過ぎまでは誤魔化しながら走行。エードステーションでは毎回水分補給。
足が止まってきたのでしょうがない。

途中までは、楽勝でサブ4だと思っていたが、どうやらギリギリになってきた。
あまりゆっくりしている余裕がなくなったことを自覚し、無理無理足を前に運ぶ。

なんとか3時間56分でゴール。 
久々のフルマラソン。キツカッタです。

帰りはグリーン車でゆったり、ビールと酎ハイを飲みながら仲間と戦績を語り合う。
この時間が一番充実感あるんだよね。

次は、青梅マラソンに出る予定。距離は30kmであるが山岳エリアなので登り多しです。
しばらくは足の筋肉回復に努めます。



良かったらポチって下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

今年の初日の出と初詣

2020スタートしました。

元旦は自転車で初日の出を拝みに行こうかと思いつつも、今月あるフルマラソンに備えるとやっぱり走っておきたい。
ということで、多摩湖までジョギングで初日の出を拝みに行ってみました。
まだ、暗いうちから自宅をスタート。多摩湖に徐々に近づく。空が白んじて日の出が近いことを知らせる。

多摩湖の土手の上からだと7時くらいには太陽が頭を出すのでそれには十分間に合う時間に到着。
土手につくといつものように沢山の日の出見物者がいるが、なんとなく盛り上がっていない空気。

東の空を見ると、地平線には雲が張り付いているではないか。
IMG_2411

この雲の上に出てくるのは何時になるのか?
7時10分を過ぎても現れない。 さらに雲は厚く、高くなりあきらめて帰り始める人も出る始末。
私も諦めて富士山を拝みに反対側に向いたそのとき、急に明るくなった。

雲の隙間から太陽が出てきたのである。
IMG_2415

初日の出~。 しかし、三分間ほどでまた雲の中に。

しかし、この初春の陽を浴びて富士山は美しく彩られていました。
IMG_2416

初詣は、三女が今年アルバイトをしている「新井薬師」に行ってきました。
初めての新井薬師。 小さいお寺であるが、参拝者は列をなしています。
周囲は古い町並です。 中野駅から新井薬師に向かう参道があり沿道のお店も昭和の香りがそのまま残っています。
IMG_2437
IMG_2438

正式には新井 ”梅照院”という名称です。
お寺の説明板には以下のように書かれています。
「寺伝によると、鎌倉末期、相模国(神奈川県)から行春(ぎょうしゅん)という沙門(僧)が新井の里を訪れます。清水の湧き出るこの地こそ、真言密教の修行道場にふさわしいと感じて草庵を結びました。
この草庵は、徳川初期頃になると廃寺同然の荒れ果て様でありましたが、庭に植わる梅の古木が夜毎に光るという現象が起こり、天正14年3月21日、梅の木を調べると薬師如来が現れました。
中野郷新井の郷士であり、元新田義興の臣 窪寺某が太田金山城に祀られていた尊像であることを確認し、薬師堂を建立したのが梅照院のはじまりです。」

境内の参道両脇には立派な梅の木が隆々しく立っていました。

娘はお守りを売っていたらしいです。かみさんと娘を探しながら、四女の受験に備えてお守りも買ってあげました。

良かったらポチって下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

江戸文化を満喫

少し前ですが、上野の国立科学博物館で開催されているミイラ展に行ってきました。

ミイラ展だけだと少々物足りないと思い、こんな歴史三昧ゴールデンコース。

TOHOシネマズ上野「決算、忠臣蔵」

上野公園、不忍の池を散策

国立科学博物館「ミイラ展」

大江戸博物館「大浮世絵展」

亀戸餃子


朝から夕方までの中々ハードな予定。

「決算 忠臣蔵」想像していたより良かった。
 良くある忠臣蔵とは違って討入の場面なし。討入の準備を金銭的な切り口でまとめている。
 金銭の基準が”そば”
 当時は江戸では”かけそば”16文。 現代のかけそばを480円とし一文30円で換算しての物語の展開。 
 そばを啜るシーンが何度も出てくる。 映画を見終わったあと、思わず「富士そば」に立ち寄ってしまった。(笑)

IMG_2326

国立博物館に向かいながら上野公園を散策。
久しぶりに不忍池へ

IMG_2329

弁財天ですね。 江戸時代はこの参道しかつながっていなかった出島です。
IMG_2331

明治初期の地図
IMG_2330
大正時代には反対側に橋ができています。
IMG_2338
この橋の部分、今はこんな感じ。
IMG_2339

弁財天の周りには、面白い供養塔が乱立しています。
IMG_2340
IMG_2341
IMG_2334
IMG_2335
IMG_2336

包丁塚とはめずらしいですね。

上野公園に上り、上野東照宮に立ち寄る。

IMG_2344
IMG_2346
立派ですね。
外国人の方が多い多い。
御三家灯篭は、特に存在感があります。
左から
紀伊  徳川頼宜(家康の十男)
水戸  徳川頼房(家康の十一男)
尾張  徳川光義(家康の孫)

IMG_2348

沢山の灯篭が参道に立っている。 慶安4年(1652年)に寄贈されているものが多いです。
IMG_2352


上野東照宮で徳川家の威厳を肌で感じ、その後ミイラ展へ。
予想通り混んでいる。 世界各国のミイラが展示されているだけでなく、古いものから新しいものまで相当多様です。 国の文化、宗教の違いとミイラが結びつく興味深い展示でした。

IMG_2356

紅葉で色ずく上野公園を後に、両国へ足を運ぶ。
IMG_2357
IMG_2358

大江戸博物館の「大浮世絵」展もすばらしかったな。
歌麿、写楽、北斎、広重、國芳の代表作から作風を象徴するものまで一挙に見れます。
描かれている江戸の文化の空気感も素敵です。

映画、寺院、展示会と江戸文化を満喫でき大満足でした。
歩きすぎて喉からから。亀戸餃子の看板につられビールと餃子。素晴らしい締めでした。


良かったらポチって下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

人気もののラグビー日本代表は・・

毎年、文芸・映画など様々な文化分野において業績をあげた個人や団体を表彰するである菊池寛賞。

毎年、ご招待いただき都合が会う年には参加させてもらっています。

今年は、作家の「浅田次郎先生」「ラグビーワールドカップ日本代表」バレリーナの「吉田都」さん
IMG_2232

バレリーナの「吉田都」さん
IMG_2234

IMG_2231

浅田次郎さんの作品は好きです。そして今年毎年応援に行ったラグビーワールドカップ。

この二つが受賞されているのであれば行かなければと、別の予定が終わってから駆け付けた。

浅田次郎さんとは少しお話させてもらったので満足。(握手してもらいました)

しかし、ラグビー代表は誰もいません。
聞いてみると最初は何人か授賞式に参加される予定だったらしいが、一人抜け一人抜けで前日には2人までになったらしい。そして、当日はゼロ。
主催者側もお祝いに参加した方の期待も分かっていたのでがっくりしていました。

特集されているナンバーが少し寂しく感じます。
IMG_2238

今は、TVやイベントで引っ張りだこの選手なのでやむを得ないですね。

会場には、こんな方もいらっしゃいました。

IMG_2239
BlogPaint



良かったらポチって下さい。
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】関西カレーの雄、”ボンカラカレー”

東京では、渋谷と虎ノ門エリアの再開発が物凄いことになっています。

街自体が別物になるほど変化しつつある状況。

3年前に虎ノ門病院で手術し半月入院した時に病室から再開発工事をいつも眺めていました。
虎の門病院の隣に新虎の門病院が建設されてそこに病院が引っ越し、旧病院が取り壊されて新たなビルになる予定。

今年、病院が引っ越したようです。年に一回、術後の確認検査に通っていますが、今年は新しい病院に行ってきました。

病棟の窓から工事中のビルを見ていたがこんなに立派なビルに変わりました。
IMG_2217
IMG_2219

当然のことながら最新の設備が整い以前より断然快適に診察が進みます。
IMG_2218

システマティックかつ、予約時間通りに進むのが心地よい。
会計も並ばずにすぐにできる。
ストレスフリーです。

診察の順番が来るとメールでお知らせされるのもGoodです。
以前の虎ノ門病院は電波すらまともに入らなかったので。

帰り際に、遅いランチ。
虎ノ門再開発地区のすぐ横にあるアークヒルズ。ここも30年ほど前の再開発ビルですが、今もその新しさを残しています。

アークヒルズの3階はリニューアルされて名店がいくつも入居しています。
私は、カレー屋目当てにフロアに上がる。

「ボンガラカレー」です。
IMG_2227

関西のカレー選手権で優勝したとか。
名物のスリランカカレーを注文。
IMG_2221
IMG_2222

2種類のカレーを選択できます。カレー2種類と薬味的なものが5種類お皿にのっています。
IMG_2224

お店の人には、「最後は混ぜて食べてください」と言われ、食べ方があるんだとキョロキョロしたらこんな説明書きがあった。
IMG_2220

確かに個性的な食べ方ですね。
混ぜたらこんな感じ。
IMG_2225
見栄えは良くないが、色々な味が混ざりゴチャゴジャ感が良いかも。

今回は普通の米を頼んだが、このお店推奨はこのお米のようです。
カレーに合うお米だそうです。
IMG_2226



良かったらポチって下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ギャラリー
  • 自転車乗りしか受けないかな?
  • 自転車乗りしか受けないかな?
  • 自転車乗りしか受けないかな?
  • すでに夏気分。
  • すでに夏気分。
  • すでに夏気分。
プロフィール

旧東海道走破

QRコード
QRコード
RSS
livedoor 天気