旧街道をロードバイクで!ゼロからの挑戦

古地図を使い街巡りが大好きなオジサンです。古地図を片手に都内の散策にそろそろ飽き、旧街道の文化に触れたくなりました。古の街道をめぐるために、ロードバイクを購入して全国に挑みます。流行を追ってロードバイクに乗るわけではありません。まずは、五街道。次に四国八十八カ所、最後はスペインの聖地巡礼サンティアゴに・・・ ゼロから達成までの記録です。

豊島屋酒造フェスタ2017

都内の数少ない酒蔵。
豊島屋酒造です。

所在地は東村山市。お隣はすぐに埼玉県ですが。

「屋守」という日本酒は昨年に出会い私の中の好きな日本酒リストにあります。

その豊島屋酒造さんでフェスが行われるとの情報を聞き、今年初参戦。

お酒を飲むので電車でアプローチ。 西武新宿線東村山駅から府中街道を歩くこと15分、豊島屋酒造さんに到着

近くに行くと参加の方や案内係の方が大勢いてフェス会場の雰囲気が出てきました。

IMG_3386

酒蔵の敷地を利用してのフェス。
入場すると既に多くの方が試飲の列をなしています。
参加費は1500円。 試飲5種類と500円チケットが付いています。
このガイドブックを首からぶら下げて会場を歩きます。

IMG_3390
IMG_3391


迷うことなく試飲の列に並んだ。
IMG_3338

一杯目は、蔵出しの無濾過。 甘味があってうまい。
そして濁り酒。 程よい酸味が良いですね。

IMG_3337

二つ目の試飲は、蔵の中。

IMG_3343
IMG_3344
限定酒 亀口酒です。
IMG_3340

最後は、十右衛。
IMG_3346

5種類を飲み干し、更に会場奥に行くとステージと飲食売店が連なる。
開会セレモニーをやっていました。豊島屋酒造社長さんのご挨拶です。

IMG_3350
IMG_3352
IMG_3366
IMG_3367

まずは、サザエを頂きました。
IMG_3351

そんでもってチケット500円を使ってこれを購入。
IMG_3353
IMG_3355

二つを手に取ったが、どこで飲もうか? テーブルはどこも一杯である。
そうすると、「映画」の上映が始まります?との呼び声が耳に入ってきた。

映画を観ながらゆっくり飲むのもいいね。と会場へ足を運ぶ。
同じようなことを考えて集まってきている人多かったかな。隣のおばさんも同じだった。

IMG_3358

どんな映画が見られるのだろうと期待していたが、不思議な映画3本。独自編集でしょうか。 最後の淀川長治さんの映画解説を集めたものが結構楽しかった。

朝、10時過ぎに来たがすでに会場は満員。私も朝から酔っ払い。周りもみな酔っ払い。なんだか変な感じ(笑)
映画会場には”Miss SAKE TOKYO”のお嬢さんがいたので一応記念撮影。
加藤香さん。 このようなミスさんいたのですね。

BlogPaint

メンチカツをほうばりながらステージに行ってみたらラッパーのステージが始まっていた。
IMG_3368
IMG_3369

IMG_3373

地元愛と酔っ払いのディスリがバランス良い、乗り良いラップです。
いやー、自分は物凄く盛り上がってしまいました。 ラップには縁がない方も多くじっとステージ見守る人も多かったような。

IMG_3372

ラップで盛り上がったところでタイムアップ。まだまだステージは楽しそうなプログラムがあったようだが、午後から用事があるので午前中までだったのです。皆さんまだまだこれからという感じです。
IMG_3394

IMG_3378

お土産買って帰るかな。こんなのぼりも売っているようですが、私はやっぱり日本酒です。
IMG_3380
IMG_3392

”新酒しぼりたての生原酒”とフェスタ限定の”純米吟醸無濾過原酒2年熟成”を購入。
絞りたてと熟成というコンビ。 飲んだ7種類からの厳選?です。

IMG_3395
IMG_3396
IMG_3397

結構楽しかったです。途中クラブのようなエリアもあり中ではクラブのカウンターのようなところで屋守が販売されていました。面白い企画ですね。
IMG_3381

途中、酒蔵らしく杜氏の方がいらっしゃった。
IMG_3383

お酒になる麹を初めて食した。 風味と甘味、柔らかな食感。初めて体験。
IMG_3382

バタバタと1時間半。 ほろ酔い気分で東村山駅まで歩いたが途中、歴史好きとしては気になる看板を発見。
IMG_3388
史跡があるではないか。 300m先と書いているので行ってみようと途中まで。
尿意をもよおし早く駅に向かいたくなり中止です。

しかし、東京中ののんべいが集まったのでないかと思ってしまうくらいの盛況ぶりでした。来年はゆっくり時間とってきます。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



TOKYO数寄(すき)フェス2017

晩秋になりボチボチ冬の足音が聞こえつつあります。
街を歩く人はコートに身を包んでいる人増えています。

秋と言えば食欲? いや芸術ですよね。

先日、「古代アンデス文明展」に行ったときに上野公園を久しぶりに通った。

銀座線 上野駅を下車。上野公園の端に位置するのでここから上野公園を縦断。

途中、桜並木の下を通るが今はイルミネーションがセットされていて綺麗です。桜を意識したLED色です。

IMG_3257

真っ直ぐ進むとスタバが見えてきますが、その奥の噴水に浮かぶ不思議なオブジェ。

IMG_3267
IMG_3269

11月10日~19日まで開催されている「TOKYO数寄(すき)フェス2017」の展示物らしい。
奥には国立博物館の建物が映りこんでいます。

オブジェの説明
噴水前広場の池に設置された立体の大型オブジェ「プラネテス」。モチーフはかつてこの敷地にあった寛永寺の山門「文殊楼」で、高さ約十四メートル、幅約十三メートル、奥行き約九メートルとほぼ原寸大で再現した。日没後は内部がライトアップされ、幻想的に浮かび上がる仕掛けで、制作したアーティスト大巻伸嗣さんは「よみがえったこの土地の記憶に何か感じてもらえれば」と話す。

芸術作品だったのか。

国立科学博物館も歴史的建造物です。
1928年完成
IMG_3266


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

インカ道って凄い街道ですね

最近、スマホ渋滞という言葉が使われていますね。

スマホを見ながら歩く人。当然のことながらゆっくりしたペースになります。
朝のラッシュ時はこれが結構迷惑行為となります。
電車の中にはこんなポスターが張られていますね。
IMG_3237

自分が迷惑行為となっている認識がない人が多いようです。

さて、先日上野の国立科学博物館で開催されている「古代アンデス文明展」を覗いてきました。
IMG_3265


アンデスというとインカ帝国が注目されるが今回の展示はアンデス文明ということで1万5千年間の通史として歴史を旅できる展示となっている。

インカ帝国が集大成となっているが、それまでには9つの文明が南米の西海岸沿いの低地から高地にと展開されていた。

まったく交わらない文明から統合された文明など多様な歴史が繰り広げられている。

スペイン侵略時にインカ帝国から金財宝はすべて略奪されていますが、インカ帝国より前に栄えたシカン文化やモティ文化が金装飾品の原点かもしれない。

IMG_3258
IMG_3259
IMG_3260
IMG_3261

死者の仮面としての装飾も見事です。
IMG_3264
IMG_3262

時代ごとの展示物は文化の移り変わりを視覚化できて良い展示だと感じました。

しかし、私が注目したのが”インカ道”
アンデス地区は各文化がバラバラだったのだが、インカ時代に道路整備されてたことにより広大なインカ帝国として統一された。

このインカ道。整備距離は4万kmとのこと。すごいです。
インカ道

残念ながらこの街道に関しての展示はなかったが気になったのでちょっと調べてみた。
4万キロと言っても高地や山岳エリアがほとんど。
「カパック・ニャン」と称されているが、カパック・ニャンは王の道。ハトゥン・ニャンは広い道。フチャイ・ニャンは細い道。ルナ・ニャンは庶民の道として呼び分けられていたようだが、現在は総称してカパック・ニャンと呼ばれているらしい。
インカ道写真1
インカ道写真2
インカ道写真3

どちらかというと物資と文化が運ばれた道だったようだ。
この道はクスコを原点として整備された。日本の五街道の日本橋のようなものですね。

日本の街道のように宿場があり30km毎に整備されていた。
5km毎に駅もあり、情報伝達を効率的の行えるシステムの整備もあった。
江戸時代の伝馬制度に似ている。

万国とも街道なく文化は語れません。

ちなみにこのインカ道はスペイン征服の際に使われたようで文化、経済の動脈が武力の道となってしまった。
その後、インカ道は使われなくなり衰退した。これは、インカ道自体がリャマや人が通行する道であったために40度から最大80度の傾斜を持った道であったので馬、馬車などを使うヨーロッパ文化には馴染まない道だったのでしょう。


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

上野エキナカの面白いお店

久しぶりに上野にある国立科学博物館に行った。
「古代アンデス文明展」の鑑賞。

上野駅にも久しぶりに利用。
何気なくコンコースを歩いているとこんな看板が目に入ってきた。
IMG_3279

「UENO LAND」?
お土産屋??

気になったので覗いてみた。
上野らしくパンダの小物が沢山。
IMG_3273
IMG_3272

しかし、パンダだけではなかった。

私の目に飛び込んできたのはこれ。
IMG_3270
”東海道”フィギュアおみやげ

所謂”ギャチャガチャ”です。
このコーナーには他にも多種ガチャガチャが。
IMG_3271

千葉?京都?など他地域のものもある。がそれだけではない
IMG_3275

中にはどんなものが入っているのだろうかと思ったら外にフィギュアが展示されていた。

IMG_3276

東海道には少し魅かれたがフィギュアの内容は私がイメージするものでなかったので見るだけにした。

その横で”えっ”と声を出してしまうような物凄いものがある。
IMG_3278

上野駅近くの高架下のジオラマ。実に細かく、正確に製作されている。
これ売っているのかと値札を確認。
IMG_3277
378万円也。

手が込んだ大作だけあって高価です。
出来が良くしばらく見入ってしまいましたよ。

他にも興味深く、初めて見る者ばかり。 お時間空いているときに足を運ぶと楽しい。

小腹がすいたのでちょっとしたスイーツでも食して少しお腹を起こしてから帰ろうかとお土産などを置いているコーナーに向かう。

ここでも個性派のお店が多かったです。

あっ、谷中ポタリングの時に寄ったアップルパイのお店も出店しているんですね。「マミーズ・アン・スリール」

東北フェアが開催されていて、東北のコーナーに行く。
食べたことのないまんじゅうを発見。
IMG_3282
仙台みやこがね本舗

”金時芋まんじゅう”
これを購入して休憩所でパクリ。
艶やかでサツマイモの皮がちらほらと見えます。
IMG_3280

食感は柔らかいが弾力や粘りもある。
中はこんな感じ。芋の風合いが口の中で若干香り立ちます。
IMG_3281


上野駅、楽しいっす。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

外国人観光スポットはどこまで拡大するの?

先週は、トランプ来日で国内は厳重体制でした。赤坂も路地裏まで警察官が張り付いていました。道路も車線規制です。
IMG_3231

先週後半はやっと落ち着いたかな?

先週からジョギング復活。
今週末も走ってきました。 とは言いながらもまだ慣らし運転。

小金井公園を軽く回って約8kmのコース

昨日は青空の青が素晴らしかったな。紅葉の色と交じると葉の色と空の色がお互いに色を際立たせ合っている。
IMG_3289

風は強いが気持ちよかったです。

その後、立川まで。
かみさんのお母さんをしばらく預かっているので、週末くらいはどこかに連れて行かねばと昭和記念公園へ。
車いすなのでウロウロできないなは思っていたが、予想外の事になってしまった。

立川付近は車が多く渋滞だらけ。 駐車場に入るまで結構時間費やしました。
やっとの思いで駐車したあと、チケット売り場に向かう。

すると大変な人混み。チケット購入の人が各窓口に列をなし人の塊となっている。
IMG_3293

これは、15分以上並ぶ? 
ゲートの向こうを覗いてみた。
IMG_3292

なんだ、これ!!  園内も人だらけ。

車いす引いてこの人混みはないよねと断念。

入り口近くの紅葉を見て帰ることにした。
IMG_3295

僅かな紅葉の木々をバックに写真撮影している人も多かったな。
写真を撮っている人の会話がすんなり耳に入ってこない。

どうやら海外の方? 中国、台湾? 

振り返ってみるとかなりの割合で日本人以外。

こんな場所まで海外観光客が来るのか? 在日外国人?
いづれにしても日本の環境は変化しつつあるようです。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

アディダスランニングシューズ履き比べ

先週からようやくジョギングを開始しこの3連休は2日間ならしジョグをしてみました。

そのうち一日は皇居ラン。
初めての皇居ランでした。

まあ、わざわざ皇居まで行かなくても快適なジョギングコースが身近にあったので必要性がなかったです。

ランニングサークルにも入っているわけでもなく。しかし、今回はあるグループのお誘いを受けて一緒に走ってきています。
トランプ大統領来日の前日でしたが皇居周辺の警備モードはそんなに厳しくなかったかな。
IMG_3199

思ったより走りやすかったです。

10月末のフルマラソンに合わせてシューズを新調していたのだが、まったく履かずに6カ月放置したシューズを使い始めてみました。

ちょっと前はアシックス信者で膝の負担が少なくオーバーブロネーション対応のシューズとして良く購入していた。
なのでかかとにガッチリGELが入っています。

クッション性を重視すると重量が重くなる。
昔はクッションが良いシューズの方がフルマラソンには良いと思っていたが間違えであることい数年前に気づいた。

それなりに走り込み筋肉をつけた足であればクッションよりも軽い方が良い。

いや、圧倒的に軽い方が良いと思う。

3年ほど前からレースではこれを着用

・アディゼロジャパン1ハイレモデル復刻版
IMG_3170
初めてフルマラソン2時間3分台に突入した「ハイレ・ゲブレセラシエ」選手モデル。当時世界記録を出したシューズの復刻版です。

スポーツショップの方に勧められた購入。細身のアディダスは今まで敬遠していたが、このモデルを何足も大量買いするようなファンが多いらいしい。
それにつられて買ったが、これがなかなか良かった。しかしちょっと幅が狭く足の中指が当たる感じ。

練習シューズとしてアディゼロボストンを買った。
それもワイドタイプ。
IMG_3167

小金井公園をこれで走ってみた。
IMG_3168

同じアディダスランニングシューズでも味付けが違いますね。
アディゼロジャパン1の方が圧倒的に軽量である。

ボストンは靴底がBoostを使っているのですごくクッションが良いとの評判であったが履いた感じはそれほど柔らかくはなく程よいソールのようにおみます。

しかし、Boostでないクッションを備えているアディゼロジャパン1の方が遥かにクッション感がある。

ちょっと比較してみた。
黄色がアディゼロジャパン1ハイレモデル復刻版
青がアディゼロジャパンボストンです。
横幅はボストンの方が広く先がラウンド感があります。
IMG_3169

踵をチェック

なんとアディゼロジャパン1の方がソールがずいぶんと厚い。
着地部分もアディゼロジャパン1の方がしっかり黒いゴムでサポートしています。
IMG_3171

裏面のパターン比較
IMG_3172

アディゼロジャパン1の方がグリップのリップルが多いように見えます。
また、ラバーの厚みがアディゼロジャパン1の方が厚い。

耐久性からするとボストンはすぐにすり減ってしまいそう。
でもこれはドイツのタイヤメーカであるContinental社のラバー。
きっと耐久性はそれなりにあるのであろう。と期待。

今まで持っていたアシックスニューヨークとも比較してみた。
アシックスは相当ごつい感じです。
アシックスでもレーシングモデルであればアディゼロボストンと同じようなフォルムですがね。
IMG_3174


三つ比較。
IMG_3175
同じサイズなのに大きさ感は以下の通りである。
アシックスニューヨーク<アディゼロボストン<アディゼロジャパン1復刻版

アディゼロボストンにしばらくお世話になってみます。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

夫婦で武蔵国分寺史跡周辺ポタ その4


夫婦で回った武蔵国分寺史跡のポタリング。

かみさんはママチャリでしたが、史跡、遺構の魅力に取りつかれたようで疲れを出さずに一緒に付き合ってくれました。

GoogleMapで作った史跡地図で説明しながら次なる場所へ向かいます。
七重塔跡を見た次は、ちょっと休憩したくなりました。

残すところは、おたかの湧く水と真姿の池湧水群です。
国分寺崖線を背にして武蔵国分寺が建てられていた。 武蔵台地からの端っこの崖である。 湧き水が豊富な好立地な場所でもあった。

国分寺散策地図3
地形図

IMG_1996


■おたカフェ
ここは史跡の駅とも称されている。
史跡の駅か、初めて聞いたな。

IMG_1990

こじんまりとしていて良い雰囲気。
店内。
中二階はこんな個室的な空間。

IMG_2001

お土産や歴史資料がそろっていました。
IMG_2002

お鷹の湧く水は資料館敷地内のようですが、閉館時間を過ぎたので今回はパス。

■お鷹の道
江戸時代に市内の村々は尾張徳川家の御鷹場に指定されていました。それにちなんで、崖線下の湧水が集 まり野川にそそぐ清流沿いの小径を“お鷹の道”と名づけ、現在約350メ-トルを遊歩道として整備 されている。


BlogPaint



■真姿の湧水

この湧き水にはこのような伝説がある。
847年(承和14年)、当時絶世の美女と謡われた玉造小町は、業病とされた皮膚の病に冒され、その容色を失い、治療の効なく変わり果てた己が姿に、「御仏の慈悲にすがっても」と意を決し、小町は当地の国分寺を訪れ、薬師如来にぬかづいて一心に祈り続けたところ、三×七=二十一日目に一人の童子が忽然と現われ、小町をとある池の畔に誘い、「この池水にて身を洗うべし」そういいおいて童子は姿を消してしまうが、藁にもすがる想いで小町がいわれたとおりにしたところが、七日にして、元の美しい姿を取り戻した。」

IMG_1991
IMG_1992
IMG_1993
IMG_1994

水は名水百選に選ばれているだけあって澄んでいて清らかな水である。
IMG_1995
IMG_1999

崖の上に登ってみると台地っぽくフラットな土地となっていました。
IMG_1998

お鷹の道は京都の小道を思わせる空間がありかみさんは凄く気に入っていました。

武蔵国分寺付近の史跡を夫婦でポタリングしたが、観光地に来たような錯覚でした。

かみさんは病みつきになり回り切れていない箇所もあるのでもう一度行こうと誘われています。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

夫婦で武蔵国分寺周辺史跡ポタ その3

表題のその2の続きです。

国分寺周辺の史跡、遺構の多さには今回改めて感心しましたが、それよりもかみさんの方が感銘したのではないかと思います。

私は日ごろから史跡巡りは好きなのでかなりディープに調査して訪ねて行きます。今回はそれに初めてつき合わせたのですが、かみさんもまんざらでないようで一緒に結構楽しんでいました。

さて、国分寺尼寺跡でじっくりと案内や説明版を読みながら古の空間を想像して少し時間を使いました。

いよいよメインの国分寺跡になります。
全国国分寺の中でも最大級だった武蔵国分寺。
地は東西8町、南北5町半。
東大寺が最大で最大で東西南北とも8町。これからも大規模であったことが分かる。

国分寺散策地図2

当時はこんな感じだったのでしゅうかね。
「武蔵国分寺」の画像検索結果
■国分寺南門跡

国分寺跡付近は保存地区なので空き地が多くだだっ広いです。 写真の方向が武蔵国分寺になります。
この道は当時の参道とほぼ同じ筋となっている。

IMG_1981

道を進むと南門跡に到着。 南門の基礎部分を復元して整備されています。
IMG_1982

■国分寺中門跡
こちらも最近復元されたような。何本か柱のようなものが建っていますね。
中門のあった場所をイメージさせるのでしょうが、まだ整備中でした。

IMG_1983


■国分寺金堂跡
南門跡からさらに北に進む。中門跡を通過すると金堂跡に到着する。
何もない広場にポツンと石碑が立っている。
創建時は間口7間、奥行4間あったどうだ。

IMG_1984

近づいてみると金堂跡と記されていました。
IMG_1986

IMG_1987



■七重塔
金堂跡の東側に七重塔が建設されていた。
近くに行ってみると塔跡は2か所あるではないか。
835年に落雷で焼失して再建されたとあるが、同じ場所に再建されたのか場所を変えて再建されたのか明確でないらしい。

いづれにしても2か所の塔跡が発見されている。
塔跡1

IMG_2006
IMG_2003

塔跡1から50m西に行った場所にこんもりとしている部分が塔跡2?
基礎跡の確認は表面からはできませんでした。

IMG_2007

IMG_2009

重塔を有している諸国国分寺は多いがここは七重塔。高さにすると70m~80m? 創建当時にこれだけの建造物が作られたのは凄いです。

ここからは武蔵国分寺史跡巡りも終盤に向かいます。
つづきはその4で。
よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

夫婦で武蔵国分寺周辺史跡ポタ その2

「夫婦で武蔵国分寺周辺史跡ポタ その1」の続きです。

東山道武蔵路跡に感銘を受けた後は、旧鎌倉街道跡に行くことにした。

旧鎌倉街道の方が当然ながら東山道よりも後世にできた道である。
道幅10mの道は国府への道としては廃れて行った。
あんなに立派な道を後世の人はなぜ使わなかったのだろうかと疑問に思ってします。

私なりの解釈ではあるが、武家政治へと時代が変わるとあのような当時の高速道路のような道は領地を守る人にとっては迷惑な道であったのだろう。

東山道の原型は東海道や中山道等の幹線道路として活用はされているが何れも細くくねくねした道になっている。

これも上記の理由であろう。

旧鎌倉街道も鎌倉幕府へとつながる道であるが道幅細く、土塁で囲まれたりと戦国の為の道と化している。

その鎌倉街道の名残として当時に近いまま残っている場所が国分寺にもある。

東山道武蔵路から西へ300mくらいのところに平行して旧鎌倉街道がある。

■武蔵台遺跡敷石住居跡

旧鎌倉街道に向かう途中には、「武蔵台遺跡敷石住居跡」が公園として整備されていた。原始・古代・中世・近世の複合遺跡なので、そのうち縄文時代では縄文早期(9000年前)と縄文中期(4000年前)にムラがあり、上の敷石住居は中期の遺跡を移築して保存したものらしい。
IMG_1951


■鎌倉街道

ここから北に向かい坂を下ると住宅地からうっそうとした林の中に突入する。
入り口には旧鎌倉街道として保護するために通行止めとしている説明がある。

この道は切通しになっている。
IMG_1952

IMG_1953

でも細い道です。

■塚

両脇には史跡が残っています。
案内版は土で汚れているので読みにくい。

IMG_1956
IMG_1955
”塚”と案内には書かれている。
「中世(1415世紀頃)において種々の祈願の成就を得るために作法に則り本尊に対し祈祷するために築かれた修法壇跡伝祥応寺との関係を有するものと推考される」と説明されていた。

■伝承応寺跡

その伝承応寺が鎌倉街道を挟んで反対側にある。
IMG_1959
IMG_1963
IMG_1958


階段を上ると案内版がある。これもかなり汚れている。
IMG_1960
案内版には「旧鎌倉街道と言われる切通しに東面して土塁(基底部幅3m、高さ1.2m以上)と溝とで東西30m、南北45mの長方形の区画が形づくられている。現存する大小15個の礎石の分布などから東西9m南北18m程の規模の堂がその中央にあり、瓦を用いない建物だったと推定されている」と示されている。
IMG_1961
登ると平坦な土地が広がっていた。

更に切通の鎌倉街道を下る。
IMG_1964

■武蔵国分寺尼寺金堂
 旧鎌倉街道を挟むようにして武蔵国分寺の尼寺の遺構がある。

奈良時代中頃、聖武天皇の詔により鎮護国家を祈願する官立寺院として国分寺(僧寺)とあわせて国分尼寺が国ごとに建立された。
IMG_1971

IMG_1966
IMG_1967

IMG_1969

復元された基礎
IMG_1972

立派な講堂も建設されていた。
IMG_1973
IMG_1974

IMG_1977
IMG_1978

発掘調査時の様子。
IMG_1979


IMG_1980

武蔵国分寺付近の遺構は凄いです。この辺はJRの拡幅に伴い発掘調査が進んだエリアでもあります。 まだまだ、眠っている遺構は沢山ありそうですね。

尼寺の後は本丸の国分寺跡へと向かいました。
続きはその3で。


国分寺 鎌倉街道


よかったらポチってください 


 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

夫婦で武蔵国分寺周辺史跡ポタ その1

久々に史跡関連の記事です。

今年の春先にかみさんが国分寺を散策したいとのリクエストがあった。
この辺で働き始めたので土地勘を高めたいとのこと。

そうであれば、以前から企画していた国分寺周辺の史跡巡りを提案して行くことにした。

かみさんと二人だけで自転車乗るの久しぶりだな。

もちろんかみさんはばっちり籠付きのママチャリ。これで国分寺までの10kmを走ります。
IMG_1931

ペースはゆっくりです。
40分間くらい走って国分寺到着。

今回の訪問は、国分寺跡は基より、東山道武蔵路、旧鎌倉街道を中心に国分寺付近に多数点在する史跡を回る。
マークをプロットしている場所が史跡です。 茶色い一本線は東山道武蔵路です。

国分寺散策地図

スタートは東山道武蔵路の痕跡辿りから。
東山道と軽く言うが、本当にすごい道路。
IMG_1929

東山道は都から東国の国府へ向かう官道であった。
7世紀末に整備されているが日本国を貫く幹線道路の規模の大きさは圧巻です。
IMG_1928

武蔵の国府には当初はつながっていなかった。
武蔵国分寺へ向かう道路として東山道武蔵路が作られた。
地図の赤いライン。
群馬県の新田あたりからほぼ真っ直ぐ南下している。

都立多摩図書館の脇に大きなスペースがある。
IMG_1930
歩道だと思ってしまいがちだがこれが東山道武蔵路の後だ。
良く見ると茶色い色が付いている。
かみさんもこの道良く通ったらしいが東山道だと知りびっくりしていた。

しかし、道幅広い。
詳細な案内が出ている。
道幅は10m、側溝まで整備されていた。
道路もフラット。 
IMG_1923
IMG_1924
IMG_1925

そしてもっとすごいのが道路が直線で整備されていること。
道路って地形に合わせて楽な作り方するのだが地形を無視した直線道路を作るのは大変。 古代の土木技術おそるべし。
IMG_1926

更に南下すると史跡として残されている部分があります。
IMG_1935

住宅地に突然現れる広い空き地。これ、空き地じゃなくて東山道武蔵路の史跡です。
見てみてみて、この道幅。
IMG_1937
そして道路の両脇に整備されている側溝。年代によって側溝の位置は変ったようだ。
IMG_1940

IMG_1941
IMG_1942

地面にも説明書きがあります。
IMG_1943

当時の雰囲気を再現した絵。 国分寺脇を直線道路が貫いている。
山に向かって伸びているの方向は現在の所沢あたり。
IMG_1945

所沢付近の武蔵路の発掘写真がありました。
IMG_1947
IMG_1948
IMG_1949

古の人々がこの道を通った様子を想像するだけで感動します。

しかしこの道は数年に一度くらいしか使われていなかったそうだ。
それなのにこの道を作るか。ロマンあるね。


ここから旧鎌倉街道へと向かう。 続きはその2をご覧ください。


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】炒めスパゲティの”PP AKASAKA”

先週末、今週末とも台風来訪で天候悪し。

鎖骨骨折のために不参加となったゴルフコンペも結局は中止。
フルマラソンも大雨だったので不参加で良かったかもしれない。

昨日、4ヵ月ぶりのジョギングをし本日やっぱり筋肉痛。
筋肉って使わないと激減するんですよね。 早く元の筋肉に戻したい。

運動と食事。これが重要。
ということで赤坂ランチの紹介です。

溜池山王駅近くにあるスパゲティ屋さん
イタリア料理屋でなくスパベティ屋なんです。
以前からちょっと気になっていた。
店はいつもドアが開いていて店内が見える。
カウンターに軽微な椅子。 カウンター居酒屋をそのまま居抜きで使ったのではないかと思わせる。

店内は薄暗い。
少し入りにくい雰囲気だ。
IMG_3104

店内に入りカウンターに座る。
IMG_3099

ドラゴンズのキャラクターがまず目に入った。
店主は中日ファン?

ぐるっと見渡すとそうではないようだ。
IMG_3101

さて、メニュー。

イタリアン、ミートソース、ナポリタン、明太子、ジャポネ、ブルドック。

昭和の香りが漂ってきます。

しかし、ジャポネ?、ブルドック?
これなんだろう。

ブルドックがソース味らしい。
昔ながらのフライパンでパスタを炒めるもののようですね。
自宅で作っていたスパゲッティです。

ここは、ど真ん中のナポリタンにした。 普通、中盛り、大盛とも値段一緒なので大盛を注文。


待つこと10分間。
出来上がってきました。

IMG_3103


大盛と言っても物凄く多い訳ではない。
味は、想定していたものよりもピリ辛です。

噛みしめながら子供も頃を思い出す。
値段は600円と安いのでちょっとお腹を満たしい時はこれもありだね。


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

4ヵ月ぶりのジョギング、ロードバイクはお預け

7月に梨状筋を痛め、8月に鎖骨骨折したために7月からジョギングするのを封印していた。

2週間前に整形外科の先生からジョギングOKの了解を得たのですぐにでも走りたかったが雨の日が多くその機会はずいぶん伸びてしまった。

台風前のつかの間の曇り。それもAMだけ。

なので、今日は4ヵ月ぶりではあるが久しぶりにジョギングしてきました。
29日開催される水戸黄門漫遊マラソンはこのような事情なので棄権しました。

久しぶりの多摩湖サイクリングロードです。
やっぱりジョギングは気持ちいい。
IMG_3142

今回は軽く短い距離。7.5kmほど。

意外と快調に走れました。ブランクのインパクト少なかったかな。
でもハーフ走るのが限界でしょうね。

ジョギング後、整形外科へ定期診断。

もうOKと言ってもらえると思いきや、完全につくのはまだ時間かかるとのこと。
レントゲン
BlogPaint

丸で囲んだ場所がまだ骨が付いていない箇所。少し黒くなっています。

医者に聞くとあと3ヵ月掛かるのではとのこと。医者泣かせの箇所らしい。

ゴルフをやっても良いか聞いたところOKが出た。
自転車は・・ 保証できないとのことでした。
転倒する可能性が高い自転車なので判断できないとのことです。

ああ。 もう少し様子を見るかな。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

びっくりの変わりダネラーメン


秋も深まったところで台風接近です。

最近は、毎日雨が続き。
傘も湿っぽい匂いが染みついてきました。

鎖骨骨折もかなり良くなってきて先日医者からジョギングしても良いと言われていたが走れる天候悪しということでジョグできていません。

自転車はNGと言われています。

つかの間の晴天に恵まれた先日。ちょいと小金井公園までウォーキング。
サルビアの赤が青い空に染み入っています。
IMG_3057
IMG_3058

この季節はやっぱりコスモス。 背丈もだいぶん高くなっていました。
IMG_3062
IMG_3060
IMG_3062

気分転換になります。

この地元に特徴ある良い店が多くあります。

その中でも個性派のラーメン屋。
油そばをメインとしているようだがちょっと変わりダネメニューも沢山あるのです。

店名は「メンデザイン」
名前からも創作ラーメンを想像できますね。

メニューはこれです。
IMG_3105

注目したのは”洋風油そば”

洋風??
ワサビクリーム、カルボナーラ、カルボナーラ焦がしニンニク、グラタン麺。

カルボナーラはスパゲッティがラーメンになったと思えばよいが、グラタンな想像つかない。

勇気を出してこれを注文。

店内は空いていたので思ったより早く注文品が出てきました。
IMG_3106


クリームソースとこんがり色が付いたパン粉。
麺が見えません。
IMG_3107

下からほじったら出てきました。
太麺ですね。
IMG_3109

本当のグラタンのような味付けです。
麺にホワイトソースがたっぷり絡みつきます。

ここまで来るとラーメンと食べている感覚はなくなりますね。

味はGoodです。
でもラーメンと一緒に食べるのが美味いかどうか??
コストは掛かっているかな。

こういったチャレンジングなメニュー、支持します。


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】流石 胡麻だれ丼

鎖骨骨折からもうすぐ2.5カ月になる。

先日レントゲンとったらだいぶん骨が付きかけてきた。
がまだまだ不十分だった。

ちょっとショックだな。やっぱり完治は年内一杯になりそう。

医者曰く、三大治りにくい場所のひとつなので仕方ないとのこと。
これでも治り良い方だと言われた。
ベッカムや松井が骨折の時に使ったという超音波治療器。
治る期間が3,4割早くなるらしい。 

嬉しい話としては医者からジョギングしても良いと言われた。
転倒して方から落ちるようなことがないようにと注意はされたが。

動けないので食べることしかブログに載せていなかったな。
ということで赤坂ランチシリーズです。

今回は、ふらっと立ち寄ったお店です。
何となくうまそうなものがある予感がしたので地下ですが入店してみました。「流石」さん
IMG_3025

地下に入り店内は落ち着いた雰囲気です。
カウンター中心のお店のようで、一人で食べにきてカウンターに座れれている方が多いようです。

ランチメニューを見てみると。
・銀だらの西京焼きと肉巻き海老フライ 1300円
・旬の松花堂弁当 1200円
・真鯛と鮪の胡麻だれ丼と冷やしとろろうどん980円
・選べる焼魚御膳 980円
・週替わり御膳 900円


銀だらと海老フライに惹かれるな~。
でも1000円以内にしたい。 焼き魚は売り切れがあるとのこと。

そうなると、真鯛、胡麻だれのキーワードに引き寄せられる。
真鯛と鮪の胡麻だれ丼と冷やしとろろうどん」を注文。
うどんまで付いている。お得じゃね。

はいこれです。
IMG_3020

海老フライも付いているではないか。

胡麻だれ丼。
IMG_3021

変わり味で美味しかったが真鯛もマグロも薄すぎます。(笑)
真鯛なんて透けてご飯が見えている。

うどん。
IMG_3022

とろろうどんであっさり。

最後にデザートまで出てきた。これはタイムサービスのようです。
わらび餅です。うれしい。
IMG_3023

色々楽しめてので刺身の薄さはさておき良いランチだと思います。

【評価】
味★★★★
値段★★★★
雰囲気★★★
接客★★★

流石地図


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

20年振りに食べたランチ

ふと、若いころに通っていたお店に行きたくなることありませんか。

「まだ、お店あるのかな?」
「昔のメニュー残っているかな?」
「名物店員さんはまだ働いている?」

なんて無性に確認したくなることがあります。
今回久振りに行ったのは、麹町にあるカジュアルイタリアンのお店。

麹町の日本テレビビルの斜め向かいくらいにあるお店。
ビルの2階で階段も入り口も狭い。
人が一人通るくらいのスペース。

お店の名前は「ラ・タベルナ」
タベルナはイタリヤ語で食堂のこと。

その食堂という雰囲気のお店。
20年振りというのに内装は一切変わっていない。
IMG_3039

この丸木のテーブルもそのまま。足の入れどころがあまりなく使いにくいテーブルだったが使いにくさはそのまま。(笑)

お店を見渡し、メニューを確認。
若頃に良く食べたメニューがまだあるではいか。
IMG_3040

「チキンホットライス」
うっ。よく見ると照り焼きチキンホットライスと書かれている。

そんな名前だったかな?

しかし、これを食べに来たようなものだ。

テーブルに運ばれた瞬間「懐かしい」と思わず声が出た。
黄色いライスはスパイスが効いて辛めの味が付いている。上にのっているのはチキン。
だが本当に照り焼きチキンがのっている。
以前はもっとパリッとした皮がついたチキンだったんだけど。
IMG_3041

ライスは多いなー。 若いころはペロッと食べたのだろうが今はズシリと胃にもたれそう。
IMG_3042

ホットライスは20年前とそんなに変わらないように思うがやっぱりチキンが違うな。

まあ、食べながら死にそうになって働いていた頃を思いだし楽しく間食。

このチキン以外に違う点は店員さん。
以前は超不愛想な男性店員がいたが今は凄く愛想が良い店主と思われる女性の方と男性、外国人の3名でやっている。

この店主のような方はお話し好き。
お客様へのメニューの説明もかなり丁寧で詳しい。

私が食べ終わり会計に向かうとこの店主が声をかけてきた。
「ずいぶん久しぶりに来られたのですか?」

私が「懐かしい」と吐いた言葉をキャッチしてくれていたようだ。

「はい、30年前から来ていて最後は20年くらい前になります」

店主「どう味変わった?」
私「ホットライスの上にのっているチキンがちょっと変わったように思います」
店主「そりゃ、月日が経つと多少は変わるのよね」

まあ、その通りだと思う。作っているコックさんだって変わっているはず。
なのにメニューがそのまま残っているのは素晴らしい。

帰り際に「こちらに来ることあるの?」

たまに来ると答えるとサービス券をくれた。このお店40周年らしい。

立派です。 

次は50周年の時でも来るかな。


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】フットボールメンチカツ 竹屋

また、企業の不祥事が出始めました。
神戸製鋼のような歴史ある会社がと思ってしまいますが、歴史ある会社ほど悪しき慣習が残ってしまうものです。

自動車会社もリコール多いです。
日産自動車の件もありましたが、トヨタさんも結構リコールあります。
私が使っている車もリコール3回目かな。

先日、その3回目のリコールのためにディーラーに向かいました。
新しく出来たディーラーで設備が新しい。
IMG_2974
モニターで預けた車の整備状況がモニターに映し出され、仕上がり予定もリストで表示されている。
待たされる側としては時間を短く感じさせる良いサービスだと思います。

さて、赤坂ランチの紹介です。
赤坂というよりはほぼ溜池になります。
以前より気になっていた「竹屋」というお店。

夜は飲み屋ですが、ランチはそこそこ人気あります。
IMG_2889
この日も若干列ができています。
気になっていた食べ物は「フットボールメンチカツ」
このお店の名物?だとか。

きっとビックサイズなんだろうなと期待しながら注文。
しかし、周辺のお客さんでこれを頼んでいる人が少ない。不安になる。

運ばれてきました。
IMG_2884

お皿いっぱいにドデガイメンチかつ。
キャベツの盛りが小さく感じます。
IMG_2886

中には卵が入っています。
卵をミンチで包んで揚げたのでしょうね。

食するとこの卵がボリューム感をアップさせます。

ネーミングに惹かれて食べたが、味はおいしかったです。

【評価】
味 ★★★★
値段★★★
雰囲気★★★
接客 ★★★

竹屋地図


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

マラソン大会の参加賞って。。

骨折のため10月のフルマラソンを断念すると決めた次の日。

断念したその大会から郵送物が。

「第2回 水戸黄門漫遊マラソン」と封筒に記載されている。
中には参加賞。

参加賞が事前に郵送されてきたようだ。
IMG_3055

ナンバーカードと計測チップは別便で送られてくるらしい。
送り返すことになるが。

参加賞何かなと思って封筒を開けてみるとやっぱり記念Tシャツ。
大会名がローマ字で書かれたTシャツ。

残念ながらデザインとしては今三歩という感じかな。
先日、衣類を整理した時に封も開けていない記念Tシャツが山ほどあったな。 また、一枚追加です。

まだ、スポーツタオルの方が使い手あるんだけどな。

何て考えているうちに晩飯の時間。
今日はとっておきの牛肉ですき焼き鍋だー。

気温低くなると鍋系はうれしいよね。

黒毛和牛。最近ブランド牛としても認知が上がっている佐賀牛です。
IMG_3035

この脂と赤身のバランスがいいよね。
IMG_3036

流石に美味い。柔らかい。
子供たちに食べさせるのはもったいないが。 ガッツリ食べていたな。
IMG_3037

食欲の秋、真っただ中という季節感です。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

自転車もジョギングもできない日々

鎖骨骨折して2ヵ月になります。

先週末にレントゲンを撮ったらパックリと筋が入っていた骨がぼんやりとした映像に変わっていた。

鎖骨は時間かかると医者からは聞いていたが本当です。
なので、自転車ネタもジョギングネタもなくこのブログのテーマにあった投稿ができないです。(笑)

ということで今回も。

巷では来春新入社員予定者の内定式があちらこちらで行われていたようですね。 私の娘も内定式に行っていました。

今年も売手市場とのことで早々と就職活動が終わり久しぶりのリクルートスーツに身を包んだ方ばかりなのでしょうね。
このお二人も内定式に向かうのでしょう。
IMG_3038

夜は、内定式帰りの若者が盛り場にあふれていましたよ。
会社主催のものもあれば、友人同士の飲み会。
男女グループも多くこの日知り合った方ばかりなのであろうか。
IMG_3044

若者たちがあふれている新宿歌舞伎町を通りかかったときに、葉加瀬太郎の情熱大陸が流れてきた。

バイオリン専門の楽器屋さんクロサワのショーウィンドウ内で女性が演奏しているようだ。 人だかり。
IMG_3043

私も立ち止まって聞いていたら、ビラを渡された。
IMG_3046

Ayasaさんという方らしい。知らなかった。

ロックバイオリニストのようです。
アイドル系グループのバックバンドやアニソンの演奏者としても活躍されているとのこと。
26歳、美形の方なのでこれから大いに売り出されるのでしょう。
IMG_3047


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

東京マラソンハズレ、気を取り直して・・

先日、無常なメールが届いた。
東京マラソン落選です。
昨年は応募しなかったので通算3勝8敗となりました。

以前は”落選”と書かれていたように記憶しているが、今年のメールは
「誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました」でした。
意向に沿えないか・・
まあ、落選と書かれるよりはマイルドです。

そんなに期待はしていなかったのでサバサバしています。
今は鎖骨を骨折しているので走り込みもゼロだしね。

と言いながらもスカッとしに逗子まで車を飛ばしました。
初めて娘と二人のドライブです。

逗子マリーナが目的地ですが、まっすぐ行くのも何なので寄り道しながら向かいます。

葉山に向かいマーロウのプリンを頂きに。
お店はそんなに混んでいないのですが案内されるのに結構待たされたな。
IMG_3003
IMG_3005
二人ともプリンセットを所望。

私は抹茶オレも注文。 量は多かったですが濃厚で美味かったな。

その後、海沿いをドライブしたいと要望する娘にサービス。
葉山から逗子海岸を通って逗子マリーナをオーバーし由比ガ浜まで。

そこから逗子の披露山公園に登り、逗子の海を一望。
公園の足元にはあの高級住宅エリアの披露山公園住宅が見える。
娘に芸能人や著名人、会社の経営者などが住んでいる豪邸ばかりとの説明をしたら行ってみたいと。

何れは豪邸に住むんだって。そのために参考に見ておきたいだと。
夢は大きい方が良いよね。

全ての豪邸を見て気持ちが大きくなったところで逗子マリーナへ。
いつ来てもリゾート気分満喫できる空間です。

最近はこの光景がインスタ映えするとのことで若い女性が大勢撮影にくるそうだ。
逗子マリーナの象徴のパームツリー
IMG_3012
ここからの夕陽は格別です。この日はピンク掛かっていました。
IMG_3011

今日の食事はここ。
IMG_3009

以前から憧れていたレストランです。
北海道フェアをやっていて北海道の食材を使ったコース料理。
どれも秀逸です。解説することなく五つ星だ。
IMG_3013
IMG_3014
IMG_3016
IMG_3017
IMG_3019

デザートまで食べるとお腹一杯。ちょっと食べすぎた。
しかし、良い雰囲気のレストランでこんなに美味しいものを食べるの久々かな。娘にはちょいともったいなかった。


よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

【赤坂ランチ】鉄火丼の”和知”

文化祭シーズンですね。
娘の文化祭にも久しぶりに行ってみました。

最近の高校生の文化祭は動画をかなり駆使しています。
ソフトの効果もあるのですが素人目から見てもかなり出来が良いです。

この日は、娘のオーケストラを鑑賞しに行きました。
IMG_2947

高校生でオーケストラはちょっと珍しい。 未経験者もいながらしっかり音出ていました。

さて、赤坂ランチシリーズです。

和食からイタリアン、フレンチ、中華、トルコ、エチオピア、スペイン・・・
と世界各国の料理店が並んでいる赤坂ですが、和食といったら寿司ですかね。

中でも鉄火丼一本でランチをやっているお店で、味とボリュームには定評があります。

そちらへ行ってみました。
雑居ビルの2階にあり知らないと辿り着けないお店。
IMG_2916

2階なのに階段を使わずにエレベータで上がるように書かれている。
IMG_2915

鉄火丼のみ。ごはんの盛りは選べるようだ。
店内はカウンター中心。奥に座敷があるが4人座れるテーブルが一つだけ。
カウンター内には店主1名。奥さんらしき方が切り盛りしている。

お客さんもほとんど”ボッチランチ”のようです。
普通盛りを頼み出てきました。
IMG_2914
手振れしました。

中とろと赤身がバランス良く入っています。
ちょっと値段は高いが、値段に見合った内容です。
安いお店は刺身を薄くスライスして丼に載せるのですが、ここは違いますね。

新鮮さも伝わってきて満足の鉄火丼でした。

【評価】
味 ★★★★
値段★★★
雰囲気★★
接客★★★

和知地図

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ギャラリー
  • 小金井公園が酷いことに!!
  • 小金井公園が酷いことに!!
  • 小金井公園が酷いことに!!
  • 小金井公園が酷いことに!!
  • 小金井公園が酷いことに!!
  • 小金井公園が酷いことに!!
プロフィール

旧東海道走破

QRコード
QRコード
livedoor 天気