都内の数少ない酒蔵。
豊島屋酒造です。

所在地は東村山市。お隣はすぐに埼玉県ですが。

「屋守」という日本酒は昨年に出会い私の中の好きな日本酒リストにあります。

その豊島屋酒造さんでフェスが行われるとの情報を聞き、今年初参戦。

お酒を飲むので電車でアプローチ。 西武新宿線東村山駅から府中街道を歩くこと15分、豊島屋酒造さんに到着

近くに行くと参加の方や案内係の方が大勢いてフェス会場の雰囲気が出てきました。

IMG_3386

酒蔵の敷地を利用してのフェス。
入場すると既に多くの方が試飲の列をなしています。
参加費は1500円。 試飲5種類と500円チケットが付いています。
このガイドブックを首からぶら下げて会場を歩きます。

IMG_3390
IMG_3391


迷うことなく試飲の列に並んだ。
IMG_3338

一杯目は、蔵出しの無濾過。 甘味があってうまい。
そして濁り酒。 程よい酸味が良いですね。

IMG_3337

二つ目の試飲は、蔵の中。

IMG_3343
IMG_3344
限定酒 亀口酒です。
IMG_3340

最後は、十右衛。
IMG_3346

5種類を飲み干し、更に会場奥に行くとステージと飲食売店が連なる。
開会セレモニーをやっていました。豊島屋酒造社長さんのご挨拶です。

IMG_3350
IMG_3352
IMG_3366
IMG_3367

まずは、サザエを頂きました。
IMG_3351

そんでもってチケット500円を使ってこれを購入。
IMG_3353
IMG_3355

二つを手に取ったが、どこで飲もうか? テーブルはどこも一杯である。
そうすると、「映画」の上映が始まります?との呼び声が耳に入ってきた。

映画を観ながらゆっくり飲むのもいいね。と会場へ足を運ぶ。
同じようなことを考えて集まってきている人多かったかな。隣のおばさんも同じだった。

IMG_3358

どんな映画が見られるのだろうと期待していたが、不思議な映画3本。独自編集でしょうか。 最後の淀川長治さんの映画解説を集めたものが結構楽しかった。

朝、10時過ぎに来たがすでに会場は満員。私も朝から酔っ払い。周りもみな酔っ払い。なんだか変な感じ(笑)
映画会場には”Miss SAKE TOKYO”のお嬢さんがいたので一応記念撮影。
加藤香さん。 このようなミスさんいたのですね。

BlogPaint

メンチカツをほうばりながらステージに行ってみたらラッパーのステージが始まっていた。
IMG_3368
IMG_3369

IMG_3373

地元愛と酔っ払いのディスリがバランス良い、乗り良いラップです。
いやー、自分は物凄く盛り上がってしまいました。 ラップには縁がない方も多くじっとステージ見守る人も多かったような。

IMG_3372

ラップで盛り上がったところでタイムアップ。まだまだステージは楽しそうなプログラムがあったようだが、午後から用事があるので午前中までだったのです。皆さんまだまだこれからという感じです。
IMG_3394

IMG_3378

お土産買って帰るかな。こんなのぼりも売っているようですが、私はやっぱり日本酒です。
IMG_3380
IMG_3392

”新酒しぼりたての生原酒”とフェスタ限定の”純米吟醸無濾過原酒2年熟成”を購入。
絞りたてと熟成というコンビ。 飲んだ7種類からの厳選?です。

IMG_3395
IMG_3396
IMG_3397

結構楽しかったです。途中クラブのようなエリアもあり中ではクラブのカウンターのようなところで屋守が販売されていました。面白い企画ですね。
IMG_3381

途中、酒蔵らしく杜氏の方がいらっしゃった。
IMG_3383

お酒になる麹を初めて食した。 風味と甘味、柔らかな食感。初めて体験。
IMG_3382

バタバタと1時間半。 ほろ酔い気分で東村山駅まで歩いたが途中、歴史好きとしては気になる看板を発見。
IMG_3388
史跡があるではないか。 300m先と書いているので行ってみようと途中まで。
尿意をもよおし早く駅に向かいたくなり中止です。

しかし、東京中ののんべいが集まったのでないかと思ってしまうくらいの盛況ぶりでした。来年はゆっくり時間とってきます。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ