史跡巡りも街道巡りも良い地図次第で楽しさが全然違います。

その1、その2と現代と昔をつなげてくれる地図アプリの紹介をしましたが、今回は地形が手に取るようにわかる地図の紹介です。
私が地形地図を楽しむのは河川と生活、池、沼等と生活が古代から深く関連する関係であり古の歴史は地形に刻まれていると思っています。 建物が建ったりして分からなくなった古の空間をこの地形地図から想像できるのが楽しい。

前回紹介した時層地図にも地形の高低差が良く見える段彩陰影地図がありましたが、東京付近だけです。
今回ご紹介するのは全国版。
「スーパー地形」。スーパーっ付いているのは伊達じゃないです。
IMG_1999

これは江戸城跡周辺の地図です。堀、江戸湾、河川、河岸段丘も良く見えます。
センター(バッテンが付いているところ)を合わせるとそこの標高も表示せれます。
地形の標高差もすぐに測れるのがうれしい。
IMG_2001


地図の下にメニューがあります。 地図、検索、GPS、ツール、設定

実は機能もすごいんです。地図のメニューを開けるとこんなに多種の地図が見れるんです。
IMG_2002

地形データ地図+普通の地図
IMG_2003

航空写真も約80年前から9段階で見れます。
IMG_2004

1936年の写真。 皇居エリアは空白にされています。
IMG_2005

地形図と写真を見比べると更に意味深くなります。
IMG_2006

そしてGPSメニュー。移動したトラッキングもできるし、移動したルートを地図に落とせます。
ナビもできる? GPSで移動速度も表示できる。
もうこうなると地図の域を超えています。
IMG_2008


ツールメニュー
何これって思いませんか。
断面図作成、見通し判定、パノラマ展開図
何となくお気づきになった方いらっしゃると思いますが、この地図は登山する方向けだと思います。

IMG_2009


断面図を作ってみる。靖国神社から皇居正門付近までの直線の断面。
IMG_2010

そして、日本武道館付近から水戸藩後楽園の見通し図。
見通せないのが一目瞭然。
IMG_2011

3D地図で表示するとこんな感じです。Googleアースのように向きを変えて見れます。
IMG_2012

そして、富士山頂上からのパノラマ図を作ってみました。
そこから見える山が何かわかるのです。
IMG_2014


そして、シミュレーション。
この機能って何か?
地球の海面が上昇した時の水位がシミュレーションできます。
あと、飛行機の航空規制ゾーンを地図に落とすこともできます。
無人航空機とあるのでドローンのことでしょうかね?
IMG_2015

海面上昇シミュレーションをやってみた。 海面を30mくらい上昇させてみた。
色がついているところは海の中になります。 高台しか陸地として残っていない。
IMG_2016

そして最後に設定メニューの紹介です。
ここまでくると使い熟せません。
IMG_2018

この地図を弄っているだけでも地図好きは大満足です。しかし、実利用としてはオーバースペックかな。
この地図、有料ですが1000円程度だったかな。
頻繁にバージョンアップして機能もどんどん上がっていく。
この価格でこの機能とは恐れいりました。


よかったらポチって下さい

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ