梅雨が早く明け夏がもう来てしまった。
アウトドアの活動は暑さとの格闘です。

7月の乗鞍岳楽クライムに向けて先週からまじめに坂練をし始めました。
先々週は都民の森、風張峠。
先週日曜日は和田峠で練習です。

練習と言ってもガチトーンなし。
坂だけねということで、今回は自走なし。 高尾駅前まで自動車で移動してスタート

和田峠は昨年もトライしました。
その時は自走でしたがこの暑さで自走は結構つらいと思っての判断だったので私たちにとっては正解でした。

激坂と言われている八王子側からの登板はやめて相模湖側からの登板を選択。
昨年、八王子方向から登った時道幅が狭いこと、タクシーが多く通ることから今回は登りやすい相模湖側からのトライにしました。

炎天下、高尾駅近くの広めの駐車場に車を止めてスタート。

まずは、大垂水峠でウォーミングアップと言いたいとこだが、暑さが予想以上に体を傷めつけてる。
峠途中からの景色はGoodです。
IMG_5125


もう、休憩です。そうです、この日はゆったりツーリングを鼻から決めていました。

コンビニでアイスを購入。相模湖畔の公園でまどろむことに決めた。
日陰求め近寄るとなにやらテーブルを並べて作業をしている”お姉さん””がいる。その横のベンチで腰掛たとたん、捕まった。
七夕の短冊を書いていきませんか。今なら一番のりです。
元気よく気さくな方だったのでOK、OKと二つ返事。

まずは、解けないうちにアイスを食す。
そうすると若い男女グループが近寄ってきた。同じように七夕姉さんが声を掛ける。
先に彼女たちに越されてしまった。
IMG_5130

若いっていいな、なんて眺めてばかりはいられない。おじさんライダーもすぐに後を追う。
BlogPaint
あっ、何を書いたかは見せられませんがオヤジギャグです。気になる方は見に行ってください。(笑)

IMG_5137

相模湖を後にし、和田峠に向かいます。
相模湖側からは道幅が広く、車が殆ど通らないのでいいですね。
やっぱり和田峠だけりこんな場所もありますが。

IMG_5153

ゼイゼイ言いながらなんとか峠に到着。
昨年は数名程しかいなかったが峠付近は坂挑戦のライダーでごった返していました。
IMG_5193

IMG_5145
グループで来られている方が多かったです。
グループの一人(女性)が登ったところで倒れこみ動けなくなっていました。
流石、和田峠。 こんなバッチも売っているようです。最大勾配19%
IMG_5150


2度目の登峠 記念写真
BlogPaint

八王子方面へ下山。
やっぱい道狭いです。 思いっきりダウンヒルという感じではないですね。
これから登板するライダーと10組くらいとすれ違いました。

高尾まで戻る途中に八王子城跡に立ち寄りました。
歴史好きとしては関東に名高き名城跡を見逃せない。

ここの史跡はきっちり整備されています。ガイダンス棟なるところで史跡案内をガッチリしてくれます。
IMG_5165
IMG_5166

本丸跡に行きたかったのですが、ここから山道を300mくらい登ることになり40分間くらい歩くとのこと。 もう、足は限界との相方の言葉もあり登らずに見れる史跡に足を運んだ。
IMG_5167

御主殿までの古道。 この古道から館までは深い渓谷があり、橋でつながっています。
この渓谷は自然の要塞となっています。難攻不落の名城と言われるのも良く分かります。
IMG_5169
IMG_5172


IMG_5171

広々した御主殿跡。建物基礎も残っています。
IMG_5173
IMG_5175

御主殿の滝。
豊臣秀吉が小田原城に攻めた時に、上杉等の軍勢に攻められ1日で落城。
その時に残っていた女子供がこの滝で自害したらしい。三日三晩血に染まった滝だったとのこと。
IMG_5180
IMG_5177

この日はこの渓谷付近で野鳥撮影の方でごった返していました。


これで、坂練はとりあえず終了。
あとは、乗鞍岳登板前夜祭向けにお酒を調達するだけ。


よかったらポチって下さい

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ