旧街道をロードバイクで!ゼロからの挑戦

古地図を使い街巡りが大好きなオジサンです。古地図を片手に都内の散策にそろそろ飽き、旧街道の文化に触れたくなりました。古の街道をめぐるために、ロードバイクを購入して全国に挑みます。流行を追ってロードバイクに乗るわけではありません。まずは、五街道。次に四国八十八カ所、最後はスペインの聖地巡礼サンティアゴに・・・ ゼロから達成までの記録です。

サイクリング

ジョグもロードバイクも当面お預けですね

いやー。昨日は本当に良く雪が降りました。

雪景色は雪国と錯覚するようです。

自宅付近はこの雪。
IMG_3855

主要道路も雪で多い尽くされています。
数日経過すれば雪も解けてくるとは思いますが、主要幹線でも路肩は当面雪が残っていると思う。支線道路ではしばらく解けずに残るだろう。

そうなると、ジョギングで走れない。ロードバイクも当面は走る場所ないのでは。
それよりも、明日の朝大丈夫かな。

今回の雪は天気予報より早い目に振り出した。企業では早期帰宅を一斉に出されたためか、帰宅時間はいつもより2時間ほど早く16時過ぎから混雑し始めていた。

品川で用事を終えた私も品川駅の大混乱に巻き込まれる。
IMG_3846
ホームは人で溢れ返り、列車が到着しても下りる乗客と乗る乗客がごちゃまぜになりひどい状態。

私は新宿に向かうために外回りの列車を待っていた。
内回りに比べて外回りは中々来ない。
更にホームで乗客があふれかえる。

この調子だと乗車しても乗り切れない。乗っても各駅でパニック状態になる。
そして、新宿についても私鉄への乗り換えは入場規制でごった返しているはず。

ここで、急いで帰るのを諦めた。
まずは、山の手線は空いている内回りで新宿まで向かうことに。時間は倍かかる。それでも大混乱の外回りもかなり時間食われるから時間的には変わらないであろう。

選択は成功した。スムーズに進む。そして席に座れた。
時間は掛かっても快適な状態。

普通ならば高田馬場駅で乗り換えるがネットでは入場規制。西武新宿の駅も入場規制。
2時間ほど経てば空くはず。時間を遅らせるとリスクは電車がストップしてしまうこと。

私は、遅らせる方にかけた。
2時間以上の時間つぶし。今日はauマンデー。映画が安くなる。
そうだ、映画を観よう。

ゆったり映画鑑賞。流石にこの天気で映画を観る人くない。
映画を観終わったときは外が大雪のことを忘れていた。

外に出てみると、新宿歌舞伎町もすっかり雪化粧。
IMG_3847
IMG_3848

いつもの歌舞伎町とは違い、人が少ない。
真っ白な静寂が街を包む。

この雰囲気好きだな~。
IMG_3849
IMG_3851

飲み屋の歓楽待ちも人気なし。
IMG_3853

ここから駅に向かう。
狙い通り駅もスキスキです。

IMG_3854

ゆったり座って帰宅。
しかし、途中に線路点検やポイント故障で何度も止まり、結局はいつもの倍以上電車に乗っていた。でも、じっくり読書できたのでこれはこれで良い。

大雪時は帰宅集中時間を外す帰り方良さそうです。

よかったらポチって下さい

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

初日の出、初詣、初峠、初温泉サイクリング

元旦は好天に恵まをれました。

恒例の初日の出を見るために早起き。
そう、やはり家族はみな断念。ということで毎年のようにソロで初日の出を拝みに行きましたよ。

予想はしていたのでそうなったら、初日の出以外にも楽しくサイクリングしようと心に決めていました。

年始早々にこのルートを企画
①多摩湖で初日の出を拝む
②狭山不動尊で初詣
③青梅で多摩川上流のせせらぎ
④秋川街道で二ツ塚峠通過
⑤秋川渓谷でまどろむ
⑥瀬音の湯で温泉につかる

こんな計画です。 77km、獲得標高472m 正月なのでこんなもんでしょう。
正月ツーリング地図

①初日の出
 少し自宅を遅めに出たがギリギリ日の出に間にあった。
 いつものように凄い人出です。
DSCF4943

私は、多摩湖から見える初日に染まる富士山が好きです。
DSCF4948
DSCF4954

富士山のベストショットを撮ってから初詣へ向かう

②狭山不動尊初詣
 早朝の為か人は少なかったです。お参りするのに行列ができたことが過去にあったのですが、元旦の早朝が狙い目かもしれません。
DSCF4970

このまま、狭山湖を舐めるように進み青梅街道へ出る。
青梅街道から青梅に向けてひたすらペダルを回すだけ。
思っていたより早く到着。 途中コンビニで空腹を満たす。朝のコーヒーが美味い。

③青梅 調布橋
 ここから多摩川の流れをしばし鑑賞。
DSCF4976
DSCF4978

さあ、ここからが秋川街道。 プチ峠の二ツ塚峠を越えて秋川渓谷まで。

④今年初峠
 高低差150m程度のプチ峠。 登り苦手な私としては、正月の走りではプチでもよいので峠のルートを通りたかった。
DSCF4982
登りの終わりが見えたときの快感は何とも言えません。
前日、雪でも降ったのか路面はかなり湿っています。日影では凍結していました。
DSCF4983
DSCF4984

ここから下り切って秋川渓谷に到着。

⑤秋川渓谷
 DSCF4985
 ここまで来ると気温は大分上がってきた。しかし、フェースマスクしないと風は冷たいです。
DSCF4989

秋川の流れの中に鷺?を発見。
DSCF4988

清流が流れる川面に目をやりながら時計をチェック。 次の目的地である「瀬音の湯」は10時オープン。 20分前なのでボチボチ次の目的地へ

⑥瀬音の湯
「つるつる温泉」か「瀬音の湯」が迷ったが、今回は「瀬音の湯」を選択。
10時きっかりに到着するが開店からそこそこのお客さんの入り。
隅にロードバイクを留めて、入館。 900円也。
足湯もあるようだがやっぱり温泉に入りたい。アルカリ性の温泉なので肌がすべすべになるとか。
DSCF5004

内湯と露天風呂。露天風呂からは秋川を足元に緑広がります。
露天風呂で外国の方がいたので話かけたところ、御岳山へ初日の出を見に行った帰りだとか。ポーランド人だそうで日本では大学の教授だとか。
相当温泉好きのようである。

長湯でない方なので40分ほどで温泉から出て休憩所で一休み。湯冷めしないようにとね。景色を楽しめる場所にはロングチェアーがいくつもセットされている。
休憩所からの眺めも抜群。この日は風もなく日向ではぽかぽかするくらいです。
DSCF4992

温泉総選挙で”うる肌部門”で第三位だそうです。温泉総選挙なんて初めてしりましたが。
DSCF4999

隣の売店では地元の野菜や地元名産品が多く並べられている。ここでぺたんこ饅頭や柚子饅頭を家族の為に購入。
DSCF5003


家族からLINEのメッセージが入る。早く帰宅しろとのご指示がありました。(汗)
ここからひたすら自宅までペダルを回し休むことなく1時間40分で到着。

後半せわしかったが半日で充実したプランだったように思います。

よかったらポチって下さい

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

来年の初日の出は家族で??

今年の元旦の予定。
毎年、初日の出を拝みに行っています。

東京西部に引っ越してからは水平線から上がる日の出は無理なので高いところに登って日の出時間からタイムラグでの初日の出となります。

昨年は多摩湖。家族も行く気満々だったが、いざ当日となると「一人で行ってきて」との寝床からの声。

仕方ないので、一人ロードバイクに跨り多摩湖へ向かった。

今年はどうするのだろうか。もう、自転車で行こうなんて言っていない。
「電車で行くか?」というと「えー、車がいい」だと。

周辺には駐車場少ないから無理と言っているが、どうなるか。

私の予想としては、今回も行かないだろう。

それも想定して、30日にはすぐに出れるようにロードバイクをセット。
2週間前に箱根に行ったきり輪行袋に入れたままだったので。

ロードバイクで行くとなると多摩湖だけだと物足りない。
昨年は青梅までぷらりと言ってみたが今回はもう少し計画的にルートを決めておきたい。
ということでルートラボと縛り睨めっこ。

でも、初日の出から帰ってくるとお雑煮作れとかアウトレットに連れていけなど祝えるのだろうな。

私は買い物にはあまり興味がないが、この”Gong-cha”が気にっているので行っても良いかな。台湾から来た飲み物らしいが。
IMG_3125
IMG_3126

そういえば正月は車が動かないほど渋滞したっけ。


よかったらポチって下さい

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

箱根そしてホッピーの名店へ

年末、自転車仲間と一緒にホッピーの聖地”柳屋”で忘年会をやろうと誘われた。

以前からこのお店の噂は聞いていたが未踏である。

行ってみたいという衝動は抑えられなく鎖骨骨折完治前だが参加することにした。

藤沢駅集合。
当初は自走で行くつもりだったが日の出前の出発となるので路面は見えにくい。
もしもこけたら折角治りかかった骨折がと不安になり直前に輪行に変更です。

とはいえ、早朝出発。
久々に自転車を輪行袋に詰め込んで出発。
IMG_3629

フレームが大きいので輪行袋に余裕なし。なので輪行はどちらかと言うと好きでない。

電車に揺られ2度の乗り継ぎ。
藤沢駅に到着。北口といっても広いではないか。 どこに陣取れば良いかと見渡すが自転車仲間は見えない。

駅を出たところで自転車を組み立て。そうするとメンバーが現れた。
自走組や若干遅れたもののほぼ予定通り出発です。

藤沢駅からひたすら箱根湯本に向かって突っ走る。 皆さん寒風をものともせず元気にクランクをまわします。


箱根湯本駅付近に12時過ぎに到着。駅付近は車が大渋滞。
IMG_3648

もともと国道1号で箱根に登ろうとしていたが、渋滞を見て急きょ、旧街道に変更。

こちらは、車空いている。しかし、1号よりも急こう配の坂が続く。
やっぱり久しぶりの登りはきつい。 同行したきんちゃんとひかりさんはグングン前の進みます。まあ、ゆっくり登ろうと心に決めたとき途中でチェーン外れ。 直前にスプロケ取り換えたがインナーに落としてのチューニングを設定するの忘れてたことを思いだす。

チェーンをはめ再走行。しかし、ギアをローにしたときにまた外れた。
チェーン外れるとなんとなくやる気なくす。 もう、ギアー変更しないと決めて登るが随分時間ロスしたのでギプアップ宣言をしたじゅんちゃんと畠宿まで行こうと決めて登る。

このころには雪がちらほら落ちてきた。 畑宿は一里塚がある場所。 5年ぶり、懐かしい。
IMG_3634
IMG_3633
IMG_3645

しばらく待っていると純ちゃんが上がってきましたね。

IMG_3639

私は、九十九折れのところまで登り、折り返し箱根湯本に戻る。
集合場所で甘いものと家族へのお土産を購入する。しかし、すごい人混みです。
IMG_3649
IMG_3650

ここからはいざ本番の柳家へ。しかし、時間はまだ13時30分。
まだお店やっていないんじゃない。(笑)
途中ガストでお茶して時間潰す。お店は思っていたより早く開いてくれたようでお茶も早々に切り上げる。

柳家の場所は分かりにくいですね。本当に知っている人しか来れないロケーション。
この絵とそっくりの旦那さんと奥さんが切り盛りしています。
IMG_3667
IMG_3651


「ホッピーの王道の味を作り上げた伝説の名店」ですって。
ホッピーの入れ方には相当拘りがあるようです。
ホッピーの会長が社長時代に通い詰めたらしい。

料理はホルモンベース。今回はそんなに走りこんでいないので自転車でカロリー消費した以上のカロリーとってしまった。
IMG_3664
IMG_3665
IMG_3666
IMG_3668

今回は、噂で聞いていたきんちゃんの自転車師匠とも杯をかわすことができて良かったなー。

15時くらいから19時前まで4時間ほど飲み、ヘベレケで小田急線に乗り込み帰宅。
楽しかった。 来年は峠をまじめに登ろうと思う。


よかったらポチって下さい

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

貧脚で乗鞍岳へ

乗鞍岳を登ってきました。

坂道苦手な貧脚の”平道”くんとしてはかなり挑戦的なイベントです。(笑)

前日の夜に入山。 今回は、三本滝レストハウス駐車場に集合。
満天の星空を見ながら酒を酌み交わす楽しい時間が待っています。

私にとってはこれがメインかな。

今回はお誘い頂いたメンバーとご一緒させてもらうことに。
皆さん、気さくでY談好きの良いオヤジばかりです。

東京からはソロ運転で集合場所に駆け付けるものの、真っ暗な山道は長く感じます。駐車場に着くと淡い光が。
皆さん、すっかり出来上がっていましたので急いで追い付くつもりでしたが2時間遅れは最後まで取り戻せなかったかな。

こんなに沢山の星空を肉眼で見たのは初めて。超感動です。
望遠のカメラで写真に収めたかったな。

さて、飲み明かした後に車中泊。早朝6時にゲート開くのに合わせて出発です。
IMG_2717
IMG_2719
IMG_2720

身支度をして6時過スタート。すでに標高1800m。 ここから2700mまでの登りを楽しみ?ます。

日本の百滝に三本滝上流。 涼やかな水の音が朝の空気と交じり爽やかさを届けてくれます。
IMG_2728

ゆったりと登りながら途中の位ケ原山荘で一服です。
IMG_2734
ここで乗鞍岳登山の祈念でバンダナ購入しました。

この日の早朝は晴天で山頂の景色最高でした。
IMG_2731

後半は、絶景を楽しみながらなので苦しさ半減します。
IMG_2735

山頂近くでは残雪が残っているのですね。
IMG_2737
IMG_2738
IMG_2744

この残雪でスーボードとスキーをやりに来ています。
斜面をシコシコと登り一瞬で降りてくる。楽しいのかな?
それを言うと自転車で登山楽しいのかな?と返されまね。(笑)
IMG_2747

仲間と楽しく登ったので想像したよりも短く感じました。
標高2712m。一番高いところまで行ける道路。
相当高地なので空気が薄く苦しいかと思ったのですが私にとっては平地とそんなに変わらない感じでした。
一緒に登った仲間は途中「気持ち悪い」とボヤいていましたが、昨夜の酒が残っているのでは・・(笑)
IMG_2748

銀嶺荘で一服。お決まりのソフトクリームで糖分補給。
IMG_2754

流石に風は冷たい。ウィンドブレーカを羽生いダウンヒルで駐車場まで。
あっという間の下山。
ああ、楽しかった。 また行きたいです。

帰りは乗鞍温泉で汗を流し東京へ戻りました。
この日は12時過ぎに温泉を出たので東京には早く帰れると家族に連絡したのもつかの間。 中央高速 事故通行止めのサインが目に入る。
勝沼ー大月間が通行止めなのだ。
IMG_2758
勝沼出口1kmのとこころで渋滞が始まりなんとこのインター料金所を抜けるのに2時間近くかかった。国道合流点でも大渋滞。
渋滞ののろのろ運転に3時間くらい消費してしまった。
ソロ運転なので辛かったな。

なんとか自宅に到着。荷物整理しているとペットボトルが変形。
やっぱり気圧の差、こんなにあったのですね。
IMG_2760

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

初日の出ラン、予定外のソロ

新年は、初日の出に行くのが毎年の行事

昨年までは葛西臨海公園だったが今年は住居が変わったので初日の出ポイントを多摩湖にした。

前日までは、家族も自転車で行くと言っていたが朝になって断念。

ということでソロランでの初日の出。

元旦は暖かいとは聞いていたが流石に朝は寒い。
特に多摩湖となると空気の冷たさが違う。 運が良いことに風がなかったことが救われた。

6時40分に到着です。
既に地平線は明るくなっている。

日の出までは15分くらいあり、じっと待つ。
噂では聞いていたが結構な人が繰り出している。
IMG_1495

IMG_1474


初の出。
IMG_1473
IMG_1485
IMG_1483

朝日に照らされた湖面も綺麗。
IMG_1497
IMG_1499

富士山が朝日に照らされて綺麗です。
IMG_1501

今回は、急きょソロとなったのでちょっとだけ足を延ばすことにした。
どこに行こうか。

正月早朝の道路は空いているので多摩湖を集会してから青梅までちょい走りすることにした。

多摩湖青梅地図

青梅まではダラダラとした登りが続く。
まとまった距離を走るのは1年ぶり。(汗)本当は峠も攻めようかと思ったが正月から無理するのはやめた。

ひたすらペダルを回し青梅に到着。 

万年橋で一服です。

IMG_1503

水は澄んでいて冷たそう。

福生まで川を下り五日市街道で戻る。
元旦ラン。そこそこ良い運動になりました。

その後、家族と初詣。
お参りの大行列。家族の体表でソロで並ぶ。

IMG_1509


うーん。

よかったらポチってください 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

荒サイ付近で評判のかき氷店

連日の猛暑日も一段落しました。 でもまだまだ暑いですが。

土日は、曇り気味で暑さになれた体からするとかなり楽になりました。

こんな日はちょいと自転車で朝ライドです。

目的もなく荒サイへ。

浮間舟渡付近までひたすらトレーニングのつもりで激走です。
途中、ソフトボールの練習をするチームを見かけました。先週も見かけたのですが、やはり東京オリンピックで復活するかもしれないとの期待感が活動を活発にさせているのでしょうかね。
48


さて、激走したものだから流石に体温は上昇気味。

かき氷でもかきこみたいとの欲望がもやもやと。 スマホでチェックすると近くにあるではないですか。

それも評判のお店だそうだ。

荒川からすごく近いとなると行かない選択肢はなしですね。

でも、時計は9時40分。 まだ、お店オープンしていなかも。 まあ、どこにあるのかわかっていれば今度来れるから行ってみた。

場所は住宅地にあるのでちょっと分かりにくい。
10時からオープンのようだったが、10分前にはすでに開いており、他のお客さんが注文していた。

おお、来て良かった。 しかし、知らないと通り過ぎる店構え。

56
10

さて、沢山の種類から選択したのは”青りんご”

22

中では、オジサンがシャカシャカとかき氷マシンを回して作ってくれています。
49

出来立てのかき氷です。
35

思ったよりもきめ細かい氷で、ふわふわです。 これで200円。 ネットで見ると以前は100円だったそうだ。

荒サイでひとっ走りしたあとに涼を取るのにはちょうど良い。
夏のポイント店としてリストアップだね。

かき氷屋地図




よかったらポチってください

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

正々堂々サイクリング

昨晩は、全国で花火大会が一番多く開催されている日です。

先ほど花火大会から戻ってきたばかりです。

昨日も猛暑でした。

平日のかなり疲れ果てたので、土曜日はゆっくり体を休めようと思っていた。

金曜日に帰宅するとかみさんから「明日は、娘が関東学生選手権に出るよ。応援に行かないの?」
と投げかけてきた。

土曜日はゆっくりしたいと思い、「行かないよ」と即答。

「好きな自転車で乗って行ってこれば?」

「?!!」

これは、正々堂々と自転車を楽しめる。

「じゃー行こうかな」

ということで、炎天下であることは分かっていたものの、70kmくらいなら丁度良いかなとの判断で横浜国際水泳競技場までライドしました。

もくもくと休憩なしで行くと、電車で行くのとほとんど変わらない時間で到着しました。1時間40分くらいです。


36

競技場内では、熱戦が。  
42
45
09

残念ながら娘は「あーあ」という記録。まあ、予想していたので応援を終わってすぐに帰路へ。

走りながら、この暑さについて危険を感じてきました。
こうなると寄り道などせずに無事に帰宅することだけを感がます。

中原街道を走っていると史跡風の建物。
56
34

原家、小杉宿の陣屋跡??
23

中原街道のルート案内がります。時間があれば寄って行きたかったが、この暑さでは今回は辞退です。
28


1時間ほど走ったら休憩しようとコンビニで一休み。
水分と冷を取ります。
30

この氷うまかったな。
38

暑さに! ナトリウム配合というコピーに惹かれました。
44

途中麻布十番を通過。
素通りするつもりだったが、鯛焼き好きとしてはここに寄らずにはいられない。
59

浪花屋さん。のれんと看板がいいですね。
01

16

07

このくそ暑いのにたいやきを頂きます。(笑)

皮が薄くパリッと。餡を衣が包んでいるという感じですね。
ちょっと甘めの餡が特徴でしょうか。
44

59

東京タワー
50


汐留を通過。信号待ちで止まると地獄です。
33

銀座は歩行者天国で入れず。中国人の方が観光バスで乗り付けています。
43-1
51

観光バスが沢山駐車しているので自転車は走りにくいです。
BlogPaint

銀座を通り過ぎるころには、体温上昇でヘロヘロ感に襲われましたが、無事に帰宅できました。
40


よかったらポチってください

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

猛暑でもそれぞれの楽しみ方


いやー、昨日は本当に暑かったです。東京でも今年初めての猛暑日でした。

早朝から気温高め、日差し強めということでこの日はジョギングを諦め、自転車で朝食ポタに切り替えました。

荒川河口から上流へ淡々と走ります。 目的ないと辛い単調なライドなので朝食が楽しみ。

やっぱり、暑いっす。 こんな日なのに、二つのマラソン大会に遭遇。 皆さんの表情見ていると走っているというよりは暑さとの戦いですね。

48

この日は、国道17号で橋を渡り戸田公園方向へ。  

この先のコメダ珈琲でモーニングを頂きました。
23

既に駐車場は満車。
17

席も満席なので15分間くらい待ちました。 ここのお店はお客さん多いです。
BlogPaint

いつものようにモーニングと暑かったのでミニシノロアーズを注文です。
45
16


体を冷やし、彩湖へ向かいます。
途中戸田ボートを覗きに立ち寄り

爆音を上げてボートが走行しています。見ているスカッとしますね。
37

彩湖へ到着。 グランドではこの炎天下、女の子がソフトボールの試合をしていました。
選手の皆さん汗だく、大丈夫かな。
46

50

風も弱く、彩湖サイクリングロードは気持ちよかったです。
20

彩湖のサイクリングロードを走っていると、小さな模型のヨットがいくつも置かれているのが目についた。

51

話しかけてみると、詳細に説明してくれた。この模型はレースで使うものらしい。本当のヨットレースのようにレギュレーションが決まっているとか。
自分で作るのかと聞いてみたら、既製品があって自分で組み立てるらしい。

競技人口が少ないとのこと。若い人はこのようなものに興味を示さなく年齢層は年々高くなっているとボヤイテいました。

彩湖に目をやると、大勢の年配軍団がヨットを浮かべて楽しんでいました。この日は風が弱くイマイチだったようですが。
42

24

猛暑日の中でも楽しむことを捨てない人かるい生の先輩方、すごいっす。

帰りは、私も暑さと戦いながら荒川河口に戻りました。 後半は、水分は気を付けて取っていたものの軽い熱中症的な感覚になりましたね。 70km程度の走行でしたが、猛暑日は気を付けないと。


よかったらポチってください

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

初ZONDAで海浜公園めぐりポタ(その2)

新ZONDAで海浜公園めぐりポタ(その1)の続きです。

城南島ー天王洲ー若洲2





城南島海浜公園から天王洲で朝食をとり、若洲海浜公園に向かいます。
DSCF2028
DSCF2027


築地の前を再度通過。行きよりも人出すごかったです。

築地から有明に向かいます。運河を通過する橋はどれも長い。 久ぶりのまとまった登りです。(笑)

運河を通過する橋はどの橋も眺めは良いです。車道で通過したためにゆっくり眺めることはできませんでしたが、このあたりの橋は歩道ルートを通るのが良いかと思います。

有明にでると湾岸道路をひた走り。

ガンガンスピードが出てしまいますね。

途中、新木場のライブハウス会場を通過。こちらに向かって若い人が歩いているのを見たので何をやっているのか覗いてみた。

DSCF2029
DSCF2030

「ESP学園presents COLORS2015」が開催されていたようだが、私は知らないミュージシャンばかりでした。

若洲海浜公園に到着。
グルリとサイクリングコースを周回です。
DSCF2031
DSCF2033

やっぱり、うっとりしますね。東京ゲートブリッジのシュリエット。

DSCF2034
DSCF2042


若洲海浜公園は、羽田に到着する飛行機が上空を通過します。 城南島海浜公園とは真逆です。

DSCF2039

東京湾にはヨットが浮かび、夏本番を感じさせます。
DSCF2036
DSCF2037

この日は、この東京ゲートブリッジを歩いてみました。何度も公園には来ているのですが、登るのはお初です。9階部分に展望台。橋とは8階でつながっています。

DSCF2043
DSCF2044
DSCF2045

エレベータを降りて橋へ。真ん中まで行くのに10分弱歩きます。
DSCF2047

緩やかですが、単調な歩道なので結構つらいです。自転車で走れたら最高なんだけど。
DSCF2046

眼下に見える若洲海浜公園です。釣りしている人がこんなに多いとは思いませんでした。
DSCF2048


ようやく中央付近の一番高い場所へ。
DSCF2049

橋の上から飛行機を見るとぶつかるのではないと思うくらい近くを通過します。
DSCF2050

このあたりが中央部分。
DSCF2053


DSCF2052

この日は、空気が霞んでいて景色はイマイチでした。
うっすら都内の高層ビルが見えます。
DSCF2054

天気の良い日はこんな感じなのでしょう。
DSCF2055


戻りの方が、眼下に広がる海を見ながらなので気分Goodです。
DSCF2056
DSCF2057

この日は、走行距離65kmのライトなポタリングですが、満足できるルートでした。



よかったらポチってください
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

初ZONDAで海浜公園めぐりポタ(その1)

今週末は、沖縄にいるはずでしたが、台風で航空便は欠航で出張中止となりました。

しかし、東京はこの週末夏の空となりました。

久々の天気ということで、ちょっとロードバイクで走ってきました。2か月ぶりになります。
ホイールを新調して初めてのライドです。

羽田沖近くの城南島海浜公園へ向かい、若洲海浜公園に立ち寄るルートです。

夏ということで、海浜公園めぐりとしゃれました。

途中、大好きなBread Worksで朝食を取る計画。

まずは、ZONDAの乗り心地。

ネットでは、走りだしが軽いとかギア2枚分くらい走りが変わったとのコメントがあったので期待大。

期待しすぎたのか、正直言って以前と変わらないではないかと思ってしまった。

体の方は変わらないなと言っているが、気持ちの方は「違う」と言いたがっています。(笑)

しかし、しばらく走ると追い風でもないのにいつもより巡航速度が2~3km/hくらい早い。

シフトを見ると、確かにトップから2、3枚目でガンガン走っているのです。

やっぱり良いんですね。ほっとしたのと、満足感がUPです。

さて、このZONDAで気持ち良く走行。築地市場の横を通過した時は物凄い人です。
お祭りでもあるかの勢い。築地ブームは青い目の方から東洋人にシフトしているようだ。


DSCF2001

朝は、道路が駐車場となっています。二車線くらい荷卸しで使っている場所もあり自転車は走りにくい。
DSCF2002

ひたすら、国道を走り城南島海浜公園へ到着。
この付近は、大きなトラックだらけで人影がなく寂しいですね。

正月に初日の出を見るのに良いスポットらしいので下見を兼ねていきました。
また、ここは、羽田空港の隣の埋め立て地なので飛行機が離陸した直後を撮影できるポイントです。

カメラを持って撮影している人を何人か見つけました。

DSCF2003

人口浜になっているはずですが、現在は工事中のようです。
DSCF2004

工事中なのでムードゼロです。
DSCF2005

この公園には見晴しの丘のようなものがあるので、上がってみました。
ここに来ると東京湾を見渡せ少し和みます。

DSCF2007
DSCF2006
DSCF2008

これは、羽田空港の標識灯? この上をバンバン飛行機が通過します。
DSCF2009
DSCF2013

DSCF2011

DSCF2012

この辺に来ると海浜公園らしいです。やっぱり雰囲気が良い場所には人が集まるようで人影を見て少しほっとしました。

DSCF2015

実は、学生の頃この公園近くには良く来ました。夜になるとローリング族が闊歩し、道路にはタイヤの跡が残っていたが、今はその痕跡はなく、平和な感じでした。
海浜公園から環七は海の下を通り、東京ゲートブリッジに続きます。
京浜地区から千葉に抜けるのにどれだけショートカットできるかは、最後に乗せた地図を見てもよく分かります。

城南島海浜公園を後にし、お目当の店に朝食に行きます。

天王洲にある、「Bread Works」
運河を眺めながら優雅に朝食をいただけるので大好きな場所です。
DSCF2028
DSCF2027

パン屋さんですが、良い空間です。
DSCF2016
DSCF2025

桟橋の席もGOODです。いつもは桟橋ですが、この日はテラス席で朝食を食べました。
DSCF2021

DSCF2026
DSCF2022

おいしそうなパンを選んで食べるのですが、この日は初めてですが、シンプルにトーストのブレックファーストを頼んでみた。

DSCF2019

チョイスは、はちみつとマーガリン。
この組合せが私は一番好きですね。
DSCF2024

お腹がいっぱいになったところで築地まで戻り、そこから有明まで橋の連続です。

長くなったので続きは次にします。

城南島ー天王洲ー若洲2










よかったらポチってください

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



落車骨折の後遺症


GWも残りわずかです。
連日の好天に恵まれて暑いですね。
この連休中は、旧水戸街道を水戸までチャレンジ。 物凄く暑い日でしたが、後で記事にします。

この水戸街道に行く前に直しておきたかったのがこれです。
18

肘に水が溜まりぷっくり膨らんでいます。

年末に落車し左ひじにヒビが入ったあとからこの症状が出ています。
医者は、しばらくすると徐々に無くなっていくと聞いていたのですが、5カ月経過後も膨らみが減るどころか増える傾向です。

こんな状況でもし左肘に傷などが着いた時のことを考えるとちょっと心配。
ネットで調べると「肘頭滑液包炎」というものらしい。
肘関節の後ろの骨の出っ張りの肘頭に水がたまる。

どうもこの液は抜き取った方がよさそうなので医者へ。

早速、溜まっている水を太い注射で抜き取りです。

事前
30

事後
05

綺麗に抜けました。

なんと、8mlも溜まっていたらしい。 
抜いた液体を写真で撮ってきましたが、少しグロイので小さめの写真を載せます。


11

抜いてもまた溜まる可能性があるとのことで、心配です。
翌日も若干溜まっているように感じています。(汗)

病院の帰りに好物のたい焼き屋の前を通ったので、ちょちと凹んだ気持ちを埋めるとて食べ歩きしながら帰りました。
神田達磨のたいやき。羽根つきです。
49
24


よかったらポチってください

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

江戸川CR、荒川CRの朝食ポタ

今日は、思ったよりも気温は低めでした。

家族から午前中に時間をもらえたので、朝6時に出発しちょいと房総半島までと思ったのですが朝から仕事のメールが来てしまいスタートできたのは9時。

となると、もう近場しかない。
江戸川CR経由で水元公園でちょいとのんびりし、水元公園付近でモーニングを食べゆったりするコースに急遽変更。

帰りは、ちょいと史跡を寄って荒川CR経由で帰るコースです。

薄着では、ちょいと寒い気がしたのでパンツはロング、ジャージもしっかり長袖。

江戸川CRはどんより灰色の雲です。
DSCF0608

いつ雨が落ちてきてもおかしくない空です。

京成電鉄を越えたところに江戸川の菖蒲園があります。
既に5月に向けて鯉のぼりがなびいていますね。
DSCF0609

この日が風がないのでこいのぼりたちも垂直に泳いでいます。

菖蒲はどんな感じかと様子を見に行ったら花はまだまだです。
DSCF0611

DSCF0612

あと1カ月後が見ごろでしょうか。その時にまた来ます。

水元公園は、やっぱりなごみますが、残念ながらどんよりした空は爽快さを奪っています。
DSCF0614

水元公園内にも菖蒲園がありました。
DSCF0615

池を眺めながらベンチでくつろぐも今日はイマイチです。
DSCF0616


朝食食べていなかったので小腹がすき、水元公園近くのコメダ珈琲へ

DSCF0618

朝から駐車場には車がそれなりに止まっている。 混雑中かと入るのをちょっと躊躇。

禁煙スペースは空いていなかったが喫煙スペースはがら空き。

待つのも嫌なので喫煙スペースに陣取ることにした。


DSCF0619

ここは、名古屋発祥の喫茶店、コメダ珈琲店のお約束モーニングセットですよね。
DSCF0623

しかし、コメダ珈琲店に来たのならこれを注文したくなります。

シノロワールですね。ディッシュとホットケーキの中間のようなパン。これにソフトクリームがドーンと乗っている。


シノロワールのレギュラーサイズは私でも流石に多すぎるのでミニサイズにした。

DSCF0620


DSCF0621
DSCF0622


いやー大満足ですね。
トーストたまごだけだと何となく味気ないが、これでパンチが利いた朝食となりました

このあと、荒川へ向かうが途中に史跡はないかと調べたところ足立区唯一の古墳跡が公園になっているらしいので立ち寄ってみた。

「白旗塚史跡公園」

DSCF0626

パットしない感じの公園であった。

DSCF0624
DSCF0625
案内板には、6世紀の円墳と記載されています。

「伊興町一帯は多くの古墳が存在していましたが、今では白旗塚だけになりました。5、6世紀頃に築造された直径12m,高さ2.5mの円墳で、堀に囲まれた白旗神社があります。康平5年(1062年)、源頼義・義家親子が奥州反乱を鎮圧する途上の戦いで、この塚に白旗を立て苦戦の末、勝利をおさめたので白旗塚と呼ぶようになりました。」

案内板も新しいですね。最近は、各地このように史跡を明示する活動は盛んなようです。

ここから、荒川左岸を通って戻りです。

雨にギリギリ降られずラッキーでした。



よかったらポチってください
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ 

史跡サイクリング手賀沼城跡編(その2)

史跡サイクリング手賀沼城跡編(その1)の続きです。

先週後半は、ひどい風邪をひいてしまい自宅に帰ってもなにもできない日々でした。
パソコンもやっと弄る気持ちになったところです。


さて、話題を戻して
松ヶ崎城址は本当に良く整備された歴史公園でした。
手賀沼付近は太古より水辺として栄えた場所なので重要なエリアだったことが周囲の城(砦)の多さでよく感じ取れます。

公園だったので自転車は寂しく下でお留守番です。
DSCF0572

この公園にこんなものが掲載されていました。
城郭ライターってあるんですね。城ブームが生んだ職業なのでしょうかね。
DSCF0573



松ヶ崎城址を後にして、根戸城址に向かいます。
根戸城は北柏と手賀沼の間にあるのですが、手賀沼からこんもりと台地となる場所になります。

手賀沼は湖辺で桜散策を楽しむ人が多かったですね。
DSCF0551

根戸城ですが、探してみたもののその痕跡はほとんどわかりません。


この城は室町時代後期の文明9年(1478)に酒井根で千葉氏を破った太田道灌が根戸城を陣城として取り立てたという説もあるが事実はどうだったのか。

城址付近に入り込むと、深いブッシュとなっている。
城郭を示すような地形は見つけることはできなかった。
DSCF0556

空堀跡か。
DSCF0555


根戸城を南下し、国道16号線がトンネルとなっている上にある丘が戸張城である。

手賀沼城地図


写真左側の丘が戸張城址であるが文京区立柏学園という学校法人の敷地になっており、フェンス越しに様子を伺う程度。 しかし、地図には戸張住居跡と書かれているので城址?と疑問が湧きもう少し周囲を探索。
DSCF0574
DSCF0579


こんもりとした丘陵となっているのでちょいと戸張地区公園に行ってみる。
DSCF0578

DSCF0575


城址としてふさわしい地形であったが、この公園をウロウロしてもそれらしき表示はありませんでした。

DSCF0576

この公園で一服。持ってきた羊羹を食べて気を取り直し増尾城へ向かう。
DSCF0577

手賀沼城地図

増尾城は公園として整備されていました。
DSCF0580

公園の横に城址がきれいに保存されています。

DSCF0581

土塁がしっかり残っています。
DSCF0582

こちらは空堀なのでしょうかね。

DSCF0583

土塁を登ったところに説明書きがありました。500年前の城郭のようであるが詳しい記録が残っていないことから城主等は不明である。
DSCF0584
DSCF0585

DSCF0586

土塁で囲まれているのが良くわかりますね。
DSCF0587

空堀も明確に分かるくらい残っています。
DSCF0590


増尾城をあとにし、次は小金城へ向かいます。
小金城地図

城の名前がついた駅は珍しいのでちょこっと立ち寄ってみた。流鉄流山線の駅である。
駅の入り口ですが、廃墟感があった不気味でした。以前はマツモトキヨシがあったのでしょうね。
DSCF0595

DSCF0596
DSCF0591

駅は、ローカル感たっぷりです。

さて、小金城跡ですが、この看板はなんなのでしょうか。こどもの遊び場の名称としても使われれています。
地元では、小金城は特別な存在のようですね。

DSCF0592

大谷口歴史公園と勘違いして大谷口馬屋敷緑地に行ってしまった。
DSCF0593
DSCF0594

千葉氏の家老原氏の重臣であった高城氏の居城である。原氏が室町時代享徳の乱上杉氏と対立関係に入った時期に、上杉勢力の下総侵攻を防ぐ拠点とするために重臣の高城氏を小金に配置したものと考えられている。
近くのレストランには”お城の朝市”なるノボリを発見。ちょっと気になりますね。
DSCF0598

今回訪問の城の中では一番メジャーだったのに。
肝心の小金城址に行きそこなっていた。後で気づいたので次回トライします。

このあと、国道6号線を通り江戸川へ。そして柴又でスイーツを補給。

DSCF0599
DSCF0600
DSCF0602

残り2つだったのでかりんと饅頭を購入。
DSCF0603
DSCF0604
DSCF0605


そしてお約束の草団子
DSCF0601

変わった芋のお菓子を発見。
薩摩ハヤトくんだって。 焼き芋型にしたスイートポテトですね。
DSCF0606

芋の皮もうまく再現されていました。
DSCF0607

腹ごしらえも完了し、残り20kmの帰途へ。

この日は、100km走行でした。帰りは向かい風のためやや辛かったが良いトレーニングにもなりました。



よかったらポチってください。
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




横浜グルメとドラマロケ地&観光ツーリング(その2)

横浜グルメとドラマロケ地&観光ツーリング(その1)の続きです。

横浜中央青果市場でたらふく美味しい丼を食べ、
DSCF0491


赤レンガ倉庫で記念写真を撮り
DSCF0502

○○妻のロケ地の象徴的な交差点まで来たところです。
DSCF0506


ちょっと横浜開港資料館に行ってみた。(写真左下)
交差点5


横浜開港資料館の前はきれいに公園として整備されている。
オブジェに移り込む姿。 この格好で資料館に入るのはちょっと気が引けます。
DSCF0507

ここは、日米和親条約締結の地らしい。さりげなく示されているが日本にとっては時代を変えた条約締結でしたね。1854年3月31日締結なので今から約160年くらい前になります。
DSCF0508

入口は、こんな感じ。非常に趣があります。元は元英国領事館でした。
DSCF0509

中庭も良い感じ
DSCF0510

ここまで来たのでやっぱり入館してしまいました。
08
35

開港後の横浜の変遷が展示されていますが、明治、大正、昭和の写真を見ましたが本当に当時からおしゃれな街だったことを再認識しました。
企画展では「ガールズBeアンビシャス」 横浜は女学校が多く女性に対しても学問に窓を開く開放的な雰囲気があったのでしょうね。

ここまで来たらやっぱり、港の見える丘公園に行かなくちゃ。ずっと平坦なコースだったのでちょいと坂道に飢えていました。
DSCF0511

実は、この公園は30年ぶりに来ました。当時はレインボーブリッジはなくもっとシンプルな景色だった記憶があります。
DSCF0512
DSCF0515


ここから外人墓地を通り、元町まで下る。 
DSCF0518


この坂の下は元町商店街。凄い人です。賑わっていますね。
DSCF0519

カバンのキタムラの前ではセール品に群がる人たちがいました。
DSCF0520

本当は、中華街にも立ち寄りたかったが、竹屋食堂を見つけるのに時間を費やしてしまったことと、元町商店街のような人出であることを想定して立ち寄らずに帰ることにした。

ここからが、ひたすらロードバイクを漕ぎつづける。若干向かい風のため行きより平均速度で5kmダウン。

川崎を過ぎて大森付近を差し掛かった。大森の商店街は旧東海道なのでいつもここを通りたくなる。

商店街の看板が全て江戸風なのです。郵便局もこんな感じ
DSCF0524
DSCF0522

さて、中華街で何か食べようと思っていたがスルーしたのでちょっと小腹がすいた。
大森にぺたんこ焼きの店が新たにできたとTVで商会していたことを思い出した。
ここです。面白い名前の店です。
DSCF0521


DSCF0525

ぺたんこ焼とは何か。
注文したら4分くらい時間がかかりますと言われ待ちながら作り方を観察しようとしたがちょっと良く見えなかった。

出てきたのは、ぱっと目ではお好み焼きです。

DSCF0528

柔らかいメリケン粉で中には葱、キャベツ、玉子、イカが入っていて間にソースが。

ペタンと二つ折にしたような感じ。
DSCF0529

あつあつ、柔らかく、イカの歯ごたえがGood!!

大阪のイカ焼きのようなものですね。新大阪名物と書かれているがイカ焼きのパクリ??

ボリュームがあり200円という値段からすると満足でした。

ここから自宅まで残り20kmほど。 この日は107kmの道のりを無事に走りきりました。

よかったらポチってください。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

横浜グルメとドラマロケ地&観光ツーリング(その1)

サイクリングシーズまじかと言いつつも今週末は気温が低め。

だが、土曜日は天気が良さそうだったので、先週のリハビリ走行の第二弾として横浜までソロラン決行。

土曜日は家族の用事が多く、なかなか時間が空かないがかみさんの配慮もあり、昼過ぎまで時間がもらえた。

北風がやや強く、気温は5度。

先週末と違って完全防寒でスタート。

今回のテーマは、横浜の歴史と人気ドラマと設定。

「○○妻」というドラマを毎週見てしまっている。

ちょい柴崎コウ ファン的な気持ち入っているのかもしれないが、ドラマ展開のイライラ感が何とも言えなくてね。

さて、このドラマでたびたび出てくるのがスクランブル交差点。

この交差点を目を閉じて誰にもぶつからずに渡り切れば願いがかなうと主演の柴崎コウが何度もトライする。

一度も成功していないが。

この交差点、横浜のみなとみらい地区にある。

横浜開港資料館の前の交差点です。

「そうだ、今週の行先は横浜だー」ということで往復107.4kmの道のりを楽しむことに。


都心を抜けて品川へ向かう。途中、先日チャールス皇太子が立ち寄った浜離宮があったのでちょっと立ち寄り。しかし、まだ開門前でした。
DSCF0487


途中、本当は天王洲アイルにあるBread Worksで運河を見ながらまったりと朝食を取りたいところだが、この日はスタートが予定より1時間半も遅れたのでスルー。

ひたすら国道を走ります。千葉方向と違って横浜方向は道も広く道路もメンテナンスされているのでロードバイクにとっては非常に走りやすい。

川崎を越えてひたすら横浜を目指す。 最初の立寄り場所は横浜中央青果市場。
DSCF0498

ここにある、「竹屋食堂」でブランチを頂くことに。
この竹屋食堂ですが、この市場付近としかチェックしておらず、ウロウロするもののなかなか見つからず。
30分間くらいうろついてしまった。(ちょっと意地になって探したが)

場所が分からないので市場から出てくる方に聞いてみたところ本当に市場の中にある。
フォークリフトが物凄い勢いで青果物を運んでいるところをすり抜けながら市場の一番奥にあるこのお店を発見。
DSCF0497

DSCF0495

市場の方が使う食堂なのでほとんど一般の人は見当たらない。
この店で有名だったのが”ねぎとろ番長” ネギトロが山のように盛られたどんぶりであったが今は扱われていない。横浜弁天通りあたりにある店で”BanBan番長”という名前になっている。
DSCF0494

ということで私は、本マグロ丼かおまかせ丼にしようか迷ったが、何となく看板メニューらしいおまかせ丼を選択。
DSCF0488

本マグロ、サーモン、かんぱち、イカ、ホタテ、はまちなどがどっしり入っている。

DSCF0491

ご飯は酢飯ではなくふつうのごはんだが、コストパフォーマンスはまあまあです。
DSCF0492

本マグロ?
DSCF0493

美味しくいただきました。

ここまで来るとみなとみらいの目の前です。
埋め立て地を走行して赤レンガ倉庫に立ち寄る。 ここまで来ると横浜”観光地”って雰囲気になりますね。

久々に自転車をフレームに入れての写真です。
DSCF0500

新調したバーテープの光ったブルーがフレームのブルーと合っています。(笑)
DSCF0501


神奈川県庁の横を通過。神奈川県庁は歴史ある建てもの。壁も良い感じです。
DSCF0503

この先に例の交差点があります。

DSCF0504
DSCF0505

この写真を見てもなんだかわからないと思うので、ちょっと解説。

下の写真の右下に横浜開港資料館があります。

下の3つの写真がドラマのシーンです。
この交差点を上からの映像

交差点2

信号待ちをしている人の中に縞々のシャツに紺色の上着を着ているのが柴崎コウさんです。
ここから目を閉じて横断するシーン。上の写真の左下の場所ですね。
交差点3

第六話のシーンだが、蓮佛美沙子さんが反対側(横浜開港資料館側)から横断してくるシーン

交差点4

もう少し位置関係を整理するとこんな感じ。
交差点5



さて、私もここを目を閉じて歩いてみた。目を閉じてと言えども危ないので薄目開けていましたが、サングラスをしているので周囲の人からは半目であることは気づかれず。

人にぶつからずに無事に横断できました。願いかなうかな?
実は、ドラマと違って人通りは意外と少なく成功率高いと思います。(笑)

この後、ちょい観光ですが続きは次の投稿をご覧ください。



よかったらポチってください。
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

50日ぶりに復活しました

大みそかに骨折してから自転車にはまったく乗っていませんでした。

先週、医者から「骨はほぼ元の強度まで戻っている」との診断。
レントゲン写真を見ると、まだうっすら骨にヒビの線が残っているが、それを覆うように白くぼんやりしたものが映っている。

医者曰く、「これは再生した骨」だそうだ。

まだ、左腕は関節が固く元のように動きが戻るのはもう少しかかりそう。

でも、この診察結果が出たら自転車乗ろうと決めていたので、昨日荒サイを走行してきました。

リハビリなおので、40km程度に押せえた。

午後には風が上がってきたので、少し足にきました。やっぱり筋力落ちています。
”みはらし茶屋”でUターン。

すれ違いに10名の団体さんローディと会いましたが、すべて外人さんでした。珍しい。

39
43

荒川の風景はいつ見ても長閑でいいですね。

時間も遅めだったので、日は傾きかけています。だいぶん日は長くなったのですがね。
影も長いっす。
16


久しぶりに乗って思ったのですが、バーテープがかなりくたびれている。

58

気分を変えたいこともあり、無性にバーテープを交換してくなった。
買え置きしていたFizi:kのバーテープがあったので。

帰宅後、家事の手伝いをしてから取り換えスタート。日没まで時間がなかったが何とかなるだろうと決行です。

もともとの色はもっと濃かったんだな。
18

ちょっと手間取っていたら、周囲は暗くなってしまっていた。

残り半分も超特急で仕上げましたよ。

半々で比較すると

24


明日は東京マラソン。 知人の応援に行くことにしているが、ロードバイクでコースを辿り、数カ所から応援する予定。 道路が交通規制なので結構知恵を使わないとスムーズに移動できなそうです。


よかったらポチってください。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

左手が別人の手に変貌

1月に入って寒波の影響で低い気温の日々が続きますね。

私は負傷している左腕のために買い物程度の外出

当然自転車も乗っていなければ、ジョギングもしていません。
普段運動している体にとって急にやめると脂肪を蓄えてしまうようです。

娘「お父さん、太ったね」

3日間運動になかったためになんとなくぶよつき感が確かに出てきたように自分でも思う。

まあ、しかたないね。

正月は動かなくても美味しいものが並ぶのでついつい。

とくに、負傷しているのでアルコールはセーブし喰いに走ってしまう。

13
08
54
03


実はお腹まわりだけでなく私の左腕もひどいことになっている。
骨にヒビが入っているので、内部では炎症が続いているようだ。

左ひじあたりの部分にヒビが入っているだが、腕全体がむくんだ状態になっている。
こうやってPCのKeyboadを打っている左右の手が別人の手のようだ。
赤丸の部分が骨折した部分 

むくみ2

腕も太くなっているが写真ではわかりにくい。
一目瞭然なのが手のひらです。


手のむくみ


この腫れが引かないと痛みはしばらく残る感じですね。

出社まで治るはずはないよね。 キーボードで長文を打つのは厳しそうです。

こんな時に思うのが音声入力。メールも音声入力で返信できたらいいな。


よかったらポチってください。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

年末 神めぐり&落車


新年になりました。
あけましておめでとうございます。

大晦日に落車し、左腕と左胸部にダメージを受けて2日間経ちました。
左腕は骨のヒビのためか、力も入らずねじる方向の運動をすると激痛が走る状態です。

また、当初は大したことがないと思っていた肋骨の痛みも次第につらくなってきました。
そんな状況でも負傷の左手は指を動かせるようになり、いまキーボードを打てるまでになっています。
でもチョイ痛い。

ということで初詣も見送り。

しかし、この落車のきっかけとなった年末の初詣人気神社めぐりを行ってきたのでレポートします。

まずは、下町の有名神社、 富岡八幡宮へ
富岡八幡宮に向かう途中、例の鉄橋があります。

旧弾正橋(八幡橋)
明治11年(1878)、東京府の依頼によって工部省赤羽製作所において鋳造された都内最古の鉄橋で、国の重要文化財
DSCF0404
DSCF0405
DSCF0406


【富岡八幡宮】
的屋さんが夜に向けて準備をしています。ひっそりとまった
ここの神社の境内は生活の動線となっており、お参りとは関係ない人の通行が多い。
DSCF0408
DSCF0410
DSCF0407


ここから赤坂へ

旅の起点、日本橋を通過
箱根駅伝の交通規制の垂れ幕も見えます。

DSCF0411
DSCF0412

今年100周年で話題になった東京駅
DSCF0413
DSCF0414

東京駅から日比谷に向かう

皇居前広場
ここも正月は、多くの人が天皇陛下の年始のあいさつを見に集まるところです。
大晦日でも外国の観光客が結構いました。
DSCF0415
DSCF0416

赤坂日永神社の近くの霞が関官庁街は静まりかえっていました。
国会議事堂もしばし休憩

DSCF0417

この国会議事堂の裏に赤坂日永神社があります。

【赤坂日永神社】
DSCF0418
DSCF0419

茅の輪くぐりの準備がされています。皆さんくぐる作法知っていますか。

ここから一気に原宿まで。明治神宮を目指します。

R246を進むと豊川稲荷を右手に見る。
DSCF0421
DSCF0422


R246から表参道に入る。朝11時前だったので通り沿いのお店はまだこれから。
でも、人気のポップコーンの店や、スイーツの店ではすでに行列が出来ている。

Kukurazaのポップコーンは行列で有名だが、原宿駅前にもこの行列。
DSCF0423
DSCF0424

ギャレットポップコーン



まだまだポップコーン人気は続いているようです。

この行列の左側に目をやるとそこは明治神宮。

【明治神宮】
こちらは初詣とは関係なしにパワースポットとして賑わっていました。
DSCF0425
DSCF0427


原宿を後にし、千駄ヶ谷、迎賓館、四谷を通過し九段へ

【靖国神社】
いつも国際政治で問題となる首相参拝の神社。

菊のご紋を携えているところが日本国の臭いがします。
DSCF0428
DSCF0430
DSCF0431


この靖国神社のすぐ近くに、いつの間にか縁結びの神として信仰を得ている東京大神宮がある。
会社の女性人も御利益があると言い切る人もいます。

この日も多くのご縁を望む女性たちが訪れていました。
DSCF0432
DSCF0435


飯田橋から東京大学の横を通り千駄木へ

ここには、根津神社があります。
千駄木付近のお気に入りのたい焼き屋さんはやっぱりお休みでした。
DSCF0438

その反対側には行列が。
原宿の行列とは年齢層がかなり違うようです。
何の店だろうか。チェックしそこないました。
DSCF0439


【根津神社】


DSCF0437


ここでお昼を過ぎたところ。空腹ではあったが時間がないので先に進む。

鶯谷を通り浅草へ向かう。

千駄木1丁目の交差点を左折、緩やかなノボリをガツンと踏み込んで登る。
この勢いのままJRの超える陸橋に差し掛かる。

この場所が魔のポイントになってしまった。

この分岐点で真っ直ぐ行くつもりでいたが一瞬左に行こうかと躊躇した瞬間、スピードが出ていたのでこのオレンジのポールに接触です。体は壊れても自転車って壊れないものですね。
分岐

激痛と左手がコントロールが利かない状況と分かりつつも、乗って帰るしかない。
腕の状態がどうなのかも分からなかったので、このまま浅草へ向かうことに。

浅草付近は、流石に観光地。かなりの人出でした。

DSCF0441

出店の数はどの神社より多いです。
DSCF0442

DSCF0443
DSCF0444

やっぱり東洋、西洋の外国人が多かったです。

ここから自宅に向かうと途中に亀戸天神があります。
学問の神様ですね。この時期、神たよりしたくなる。

ここまで来るとスカイツリーがデカい。
DSCF0445

【亀戸天神】
DSCF0446
DSCF0447
DSCF0448
DSCF0449

受験生頑張れ!!

このあたりから左手の激痛は普通ではないことを悟り始めた。
今から医者? やっていないよね。と思いつつ、地元行政の休日当番医を調べるが、整形外科の当番医はなかった。

地元の接骨医院でみてもらったが、やっぱりレントゲンを撮った方がと言われ、救急受付をしている病院へ。
2か所専門医がいないとのことで断られ、応急対応だけできればよいと思い、専門医でなくてもいいやと割り切り受診。 そうしたらレントゲンでヒビが発見された。

捻ると痛い。仕事できるかな。





よかったらポチってください。
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

大晦日に落車し、骨にヒビが・・

年末は、仕事と家庭の大掃除で追われ、大晦日やっと自由な時間が手に入りました。

やっぱり走り納めとしてロードバイクに乗ろう。

午前中しか時間がないので、都内。

都内だけだと何となくつまらん。

ということで、何か企画しなきゃ。

大晦日、元旦と大勢の方が初詣に行く有名神社に喧騒の前に訪れてみよう。

とういうことで、富岡八幡宮、赤坂日永神社、明治神宮、靖国神社、東京大神宮、根津神社、浅草神社、亀戸天神と8つの神社をめぐるコース。

題して、「年末神めぐり」

本来はここからルートの紹介をするのだが、今回はハプニングが。

根津神社から浅草神社に向かう途中の鶯谷駅近くのJR越えの高架で事件が起こった。

二股の道路を一瞬迷ったときに、スピードを出していたこともあり判断が遅れて、二股の中間に設定しているポールに突っ込んでしまった。自分ではポールの間をすり抜けるつもりだったがそうはうまくいかない。

横転し、左ひじからアスファルトへ。そしてゴロンと自転車ごと転がる。
ひじ以外はそんなにダメージはない。

ロードバイクは大丈夫かをチェックしてしまう自分もなんだか。

あまりの激痛で普通とちょっと違うと自覚。

帰り道だったので、浅草寺と亀戸天神をよってから帰宅。

しかし、激痛は続く。 救急病院で見てもたったら2か所ヒビが入っているとのこと。
専門の先生でなかったので、「たぶん」と言われたが。

ということで、神めぐりも痛みが治まったら書くことにします。





よかったらポチってください。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ続きを読む
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
livedoor 天気