September 15, 2005

幽遠な廃墟 天下一家の会大観宮 恵那道場 前編

大観宮恵那道場 焼失現場大観宮恵那道場 長い階段



以前伊豆長岡で廃墟となった、天下一家の会の施設をレポートしたが、
今回は風光明媚な観光名所、岐阜県恵那市の恵那峡近くにある天下一家の会、大観宮恵那道場を紹介しよう。

昨年の秋、何者かによって放火され、巨大な施設の大半が焼失してしまっている。
が、それでも迷路のように渡り廊下で結ばれている、幾つかの部分は現存していて、充分規模の大きさをうかがい知ることができる。

この恵那道場、4〜5年前は某巨大掲示板などで、「狂った信教宗教が集団自殺をしたいわくつきの現場」という触れ込みで、
ディープな心霊スポットとして、一部で話題を呼んでいた。

もちろん、その噂は嘘だ。
しかし、施設を奥へ奥へと進む(斜面を下ってゆく)につれて、鬱蒼と生い茂る青い樹海のような竹やぶに覆われて、日差しが届かない美しくも音のない世界は、自分が遠くに取り残されてしまったような、孤独感を感じさせる。
それを恐怖と捉える人もいるだろう。

幽遠な境地、という言葉がピッタリの廃墟だ。

(酒井)



トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔