2010年12月31日

トイレの神様@植村花菜〜祝・NHK紅白歌合戦出場〜5

今年ブレイクした1曲。歌手植村花菜自身と亡き祖母との思い出を歌った曲で、小学校3年生から23歳頃までの実体験がベースとなっている。発売2ヶ月前にラジオでオンエアされ、その直後からリクエストや問合せが殺到!有線問い合わせチャートでも第1位を獲得!"号泣必須"の、10年に一度の名曲と騒がれている曲です。先日、車でラジオから流れる「トイレの神様」を聞いてたら、つい涙ぐんでしまいました。すげぇ歌だ



楽曲詳細など・・・

MEMO
トイレの神様
歌 植村花菜
ジャンル J-POP
時間 9分52秒
レーベル キングレコード
作詞・作曲 植村花菜(作詞・作曲)、山田ひろし(作詞)
プロデュース 寺岡呼人


トイレの神様トイレの神様
著者:植村 花菜
講談社(2010-09-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


植村花菜(うえむら かな)
生年月日 1983年1月4日
身長 161cm
出身 兵庫県川西市
血液型 A型
アコースティックギターによる弾き語りが主なスタイル。2005年5月にシングル「大切な人」でキングレコードからメジャーデビュー


トイレの神様トイレの神様
著者:植村 花菜
宝島社(2010-07-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


曲の長さが10分以上ある場合、一般的にラジオでもかけやすいようにRadio Edit(=短くまとめた)バージョンを作るが、この曲については詩の世界観を守るため作らないことにした。



9分52秒もあるため、ラジオではなかなかフルコーラスでかけてもらえないのではと考えた事務所の社長が、自らフルコーラスでの放送をラジオ局に頼んだ。
フルコーラスにこだわる理由は、3番までで終わると、この曲の一番の盛り上がり(4分30秒頃の4番の歌詞の、上京して2年が過ぎた時におばあちゃんが入院したくだり)を聴けずに終わってしまい、趣が半減されてしまうためである。



『第42回日本有線大賞(TBS)』で、『トイレの神様』が有線音楽優秀賞、特別賞を受賞。そして、植村花菜が『第61回NHK紅白歌合戦』に初出場し、『トイレの神様』をノーカットのフルバージョンで歌う!




皆様にとっても来年がいい年でありますように。
では、よいお年を。


tokehappy at 00:20│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 他/書籍音楽 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー別
記事検索
BLOG村
お財布.com
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
PointDream
QRコード
QRコード