文庫

2016年01月14日

昭和の名作「七時間半」@獅子文六4

東京〜大阪間が七時間半かかっていた昭和30年代、特急「ちどり」を舞台に乗務員とお客たちのドタバタ劇を描く隠れた名作。1960年代の日本が元気だったころの雰囲気が伝わってきます。

七時間半 (ちくま文庫)
獅子 文六
筑摩書房
2015-05-08



作品情報など・・・続きを読む

tokehappy at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2012年01月14日

どれくらいの愛情@白石一文4

「どれくらいの愛情」は直木賞候補にもなった作品。ほかに 「20年後の私へ」 「たとえ真実を知っても彼は」 「 ダーウィンの法則」の3作を併せた作品集。いずれも九州は博多の街を舞台にした作品で、地名やお店の名前が出てきてもさすがにピンとこない。博多弁もなんとなくの雰囲気で読んでみた。登場人物が皆人間味豊かな人たちで、楽しかったり切なかったりと盛りだくさん。いい作品でした。

どれくらいの愛情 (文春文庫)
どれくらいの愛情 (文春文庫)
クチコミを見る




tokehappy at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2012年01月12日

FOR YOU@五十嵐貴久4

久しぶりに柄にもなく恋愛小説など読んでみる。80年代の懐かしい雰囲気も感じられて、いいお話でした。現在と過去の二つの物語には意外な伏線が張られていて、それが最後に交錯することになる、絵に描いたようなドラマチックなラストシーン。なんかこのまま映画化されそうな匂いがしましたよ。

For You (祥伝社文庫)
For You (祥伝社文庫)
クチコミを見る



tokehappy at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2012年01月10日

床下仙人@原宏一4

表題作「床下仙人」のほか、「てんぷら社員」「戦争管理組合」「派遣社長」「シューシャイン・ギャング」の計5話が収録された短編小説集。 いずれもモーレツな会社員が主人公となっており、仕事人間と会社と家庭の歪みや勤め人の哀愁を、笑える作品にしちゃったところがいい。

床下仙人 (祥伝社文庫)
床下仙人 (祥伝社文庫)
クチコミを見る



tokehappy at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2011年12月21日

塩野七生『ローマ人の物語』スペシャル・ガイドブック@新潮文庫5

ローマ人の物語を完読したあとこの本を開くと、壮大な史実だったんだなぁと実感します。各地に残る現代のローマ遺跡の写真などもあって、旅好きにはたまらない一冊です。

塩野七生『ローマ人の物語』スペシャル・ガイドブック (新潮文庫)
塩野七生『ローマ人の物語』スペシャル・ガイドブック (新潮文庫)
クチコミを見る



tokehappy at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー別
BLOG村
お財布.com
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
PointDream
QRコード
QRコード