樫山帝国

PCゲーム・自作PC・Apple製品・カメラ・端末・腕時計あたりが好きな地方国立工大生のブログ。不定期更新・ゆる〜くまったりやってるので気が向いたら覗いてみてくださいな。

C88に初参戦した。

暑い日が続いてますがいかがでしょうか。

つい3日ほど前、13日に横浜方面で予定があった上飛行機が15日のGK109だけ馬鹿みたいに安かったので2泊3日のスケジュールで関東に行ってきました。行き?北斗→白鳥→はやぶさという鉄路で8時間かけて行きましたよ。Twitterのフォロワーからは「そんな何時間も乗っててしんどくないのか」とか「このブルジョワめ」とか言われましたが、学生時代に青春18きっぷで日が暮れるまで移動もしましたし、LCCで安い便取れなきゃ自宅から千歳と成田経由して都内に行くトータルコストがJRを上回るのでわざわざ時間をかけて移動したわけです。ていうかあんたら陸続きでいくらでも交通手段あって交通費大したかからんからブルジョワに見えるんやろ
DSC_0624
まぁそんな事情で朝に北斗4号に飛び乗り向こうについたのが17時過ぎでその晩は飲んでその次の日は富士重工の工場があるところに行ったり(この辺は後日また詳しく)その晩も飲んだりして15日を迎えたわけです。
DSC_0663DSC_0664












ちなみに10時過ぎに会場入りしたため待機列もスムーズに流れ、さほど待つことなく中に入ることができました。外で並んでるとき折角なのでUQ mobile高速プランなSOL24で速度計測したらまずまずの速度が出てくれました。まぁ屋外だしこんなもんか。
Screenshot_2015-08-15-10-15-15
 そして中へ。今回は東展示棟5番ホールの一角にお邪魔してきました。「ひだまりスケッチ」や「きんいろモザイク」をはじめとした青年向けコミックが配置されてる辺りです。
DSC_0666
DSC_0667
うん。ゆの×宮は正義ってはっきりわかんだね。 ここでUQ mobileとWiMax2+で速度計測した結果がこちら。
Screenshot_2015-08-15-10-38-19

Screenshot_2015-08-15-10-39-22
上り下りの差が少ないUQmobileと下は速いWiMax2+、性格の違いがはっきりしてるなぁという感じです。歴戦の猛者に話を聞くと「C84ぐらいまでは全然使い物にならなかった」という状況だったらしいのでかなり改善されたのですね...
DSC_0669
Screenshot_2015-08-15-11-54-09

 ちなみに、帰りにauスタッフの方がいたので目の前で速度測ったところこんな感じでした。これが各会場を歩き回ってると考えると... 尚、このお姉さんを取り囲むようにauユーザーが携帯電話を使っている光景も見られました。今回はCDMA2000の電波状況ってどんなもんだったんだろう...

何にせよ今回はフォロワーさんのサークルにあいさつ回りするので精一杯だったのでこの辺は次回の楽しみにしようと思います。(ていうか、Twitter電波測定部ガチすぎるんよ...) 

Surface3 レビュー

ご無沙汰してました。ここ半年間引っ越したりジョブチェンジしたり...その他諸々色々なことがあったのですが、まぁ単刀直入に言いますと更新する気力もネタもありませんでした。だって何か食べるにしても買うにしてもTwitterやFacebookをはじめとしたSNSの方が投稿も簡単だし反応もすぐ返ってくるし。

それでは久々に書きましょうか。今回はつい先月発売になったばかりのMicrosoft Surface3をつい勢いで買ってしまったので過去に所有してたAtom N270搭載機のEee S101やMacBook Air 2012、そしてタブレット同士ということでSOL24のことも交えつつサクっとレビューしていこうかと。
DSC_0439
DSC_0441
今回買ったモデルはSSD128GB、RAM4GBですが、なかなか立派な化粧箱です。どこぞの林檎と比べても悪くない。というか開封したらパッケージングが林檎と全く同じやないか... このSurface3からは国内モデルは全て4G/3G通信が使えるようになったためSIMピンが同封されてます。が、SIMスロットを取り出すためについてる穴がやや細めなのでSIMカードを刺す際はこのピンまたは太さが細めのSIMピンをお勧めします。

マグネシウム合金を用いた本体はとっても軽い641g。手で持ったら誰もが間違いなく「軽い!」と声を上げると断言できる程度には見た目から想像できる重さより遥かに軽い。変に薄すぎないため横や斜めにちょいと力を加えてもたわむことはなく十分安心して持ち運びできます。厚さは薄いとは言えませんが、MiniDPと普通のUSBポートがついていることを考えるとまぁ頑張ってるほうじゃないかなぁ、と。モバイル性を損なうほどのものではないです。
DSC_0446
従来モデルと違い、Surface3は従来のWindowsアプリケーションが動くようになりました。そうじゃないとWindows名乗る意味ないやろ なので用途の幅が広がり活用法を模索してる最中なのですがまだまだ買って1日しか経ってないので今回はchromeを用いたブラウジングに関するレビューになります、許して。

やはりPC版ブラウザがしっかり使えるのは大きいポイントです。 Xperia Z UltraやiPadの画面だとUIがイマイチだったりFlashが非対応だったりドル○ィンブラウザ使っても遅かったり文字やアイコンが小さくてタップしにくかったり...その辺の不満は全部吹っ飛ばしてくれました。しかしこっちはこっちでUIが依然としてタッチ操作に最適化されておらずブラウザの「戻る」ボタン押すのに一苦労したり右クリックでオプション項目出してタップしたらその上下にある別な項目をクリックしてたり... なので上の画像よろしく無線マウスやキーボードと併用して使うのを強く推奨します。やはり始めからタップ操作を中心としたiOS/Androidにはまだまだ及びません。ちなみに私が使っているThinkPad Bluetooth Keyboardは音量・輝度も調整できるので2〜3時間ぐらい長く使うならなかなかいい感じに働いてくれます。

ブラウザ上でマシンパワーが要求されるモノといえば何だ...あ、あれだ、艦隊これくしょん。もうすっかり遊ばなくなりましたがレビューの需要ありそうなので久々にログインして鎮守府に顔出してきました。
無題
は、速い...Bay Trail世代のAtomなんか比べ物にならん、あれは一体何だったんだとこれまでのatom窓タブを遥か過去の存在にしたくなる程度にはあの辺とは違うレスポンスを見せます。ゲームの動作が全体的にきびきびしてカクツキも激減。ただし画像のCPU使用率見てもわかるように、通常電圧版CPUと比べるとそれはもちろん雲泥の差。録画してアップロードするような最初から最後までパワーが要求される実況者のような方はこのSurface3でゲームはするもんじゃない。

 バッテリはどうか。公称10時間駆動なので期待してたんですけど...SOL24でWi-Fiテザリングした状態で100分ほど使ったら30%のバッテリ消費。このペースだと6時間程度しかバッテリ持たない。今回のようにCPUに比較的高めの負荷をかけると著しく駆動時間が減ります。お外提督ガチ勢は2.4A出力のある大容量モバイルバッテリー持参推奨です(詳しくは後述)。

充電環境について言及すると、本機を充電する際は付属する純正ケーブルと2.4A以上の出力があるブースター を使う方がいいです。そこら辺のmicroUSBケーブルではアンペア数不足になる可能性が非常に高く、昨晩コレと簡易テスターを用いながら数本のケーブルで充電を試みたところ少なくとも2.1A〜2.2A程度の出力がないとSurface3側から「充電している」という認識がされませんでした。なのでサードパーティ製の充電器・microUSBケーブルを買う際はこの辺りを考慮して買うとよいかもしれません。

【総評】
音楽聴いたりYoutubeで動画見たりノベルゲーで遊んだりWordやExcelでレポート書いたりPowerPointでプレゼンするためのマシンと言っても過言じゃないかも。むしろそういう用途で使うなら上で書いたバッテリ駆動時間以上に動くだろうし軽くて持ち運びしやすいからパワーのあるメインマシンをお持ちの方の「2台目」や学生が使う1台としてはまずまずの出来。何もかも犠牲にしたくなかったら素直タワー型のマシンかLet's noteを買いましょう。

あ、追加レビュー要望あれば遠慮なくコメント欄に投げといてください。時間があればやります。 

年の〆に

クルマがおかしくなったり遠征したりでカードの出費がなかなか増えてしまい、これはまずいぞということで明後日にでも一旦カメラを手放そうかと思ってました。なのでその撮り納めをしてきました。
DSC_0204
DSC_0203
DSC_0195
JR西北見駅のホームにて、特急オホーツク3号と4号です。若干遅れ気味で20分近くホームに立ちっぱなしで寒かった... 最後の1枚、見事に逆光になってしまいました(´・ω・`) せっかくRAWファイルとJPGファイルとで撮ってるので、そろそろRAW現像に手を出してみたいですね。

カメラ売るんじゃなかったのかって?いえ、臨時収入が入ったのでこれからもD3200は大事に使っていきます。それでは、良いお年を。 

SOL24を購入した

DSC_0183
久々の更新です。iPad mini2をかれこれ半年ぐらい使っていたのですが、6畳狭い部屋で使うには少々重たくて大きいので、3万円程度でもう少し小さいものは無いのか...とあれこれ考え結局コイツにたどり着きました。国際版(C6833)が出て既に1年半、本製品ももうすぐ出て1年経とうとして今更感は拭えませんがまぁどうかお付き合い下さい。
DSC_0189
ぱっと見た感じ携帯性に難がありそうですが、ご覧のとおり財布の幅とほぼ一緒。長財布なら重ねて持てちゃます。ズボンの後ろのポケットはもちろんシャツのポケットにも入ります。持ち運びにはまーったく困りません。
DSC_0185
フルセグ、電波感度さえ良ければとても綺麗に映ります。ただし付属するアンテナを着けないと電波を拾ってくれないのが残念。ここさえ良くなってくれれば...
DSC_0190
DSC_0191
6.4型というその画面の大きさは何をするにも便利ですが、普段使いのiPhone5cを並べてよくわかるのはやはり動画再生かと。見ての通り迫力がぜんぜん違います。元の画質が悪いとボケたりノイズが目立ったりというデメリットもありますがそれなりの画質の動画を突っ込むと本領発揮。そして防水防塵仕様なのでお風呂でも格別の臨場感が楽しめます。

他にもブラウジングの際の情報量や電子書籍、TwitterでのTL監視と画面は大きい方がいいに越したことはないということを改めて認識させられた一台でした。

ただし、カメラ周りが非常に弱く、画質が残念なのに加えLEDフラッシュが無いので暗所での撮影は救いようが無く、懐中電灯代わりにも使えません。次のモデルではタブレット寄りではなくもう少し携帯電話寄りのモデルになってほしいものです。

あ...最後にこれだけ言わせて下さい。両手持ちでのQWERTY入力のしやすさは他のファブレットの追従を許さない快適さです。ヤバい。

ヴィヴィオにDEH-480を取り付け。

main02

前回の予告通り、DEH-480を購入したのでヴィヴィオに取り付けるというお話。画像は公式Webから拝借しました。クリックするとページに飛びます。

IMG_4983
まずは本体とオーディオ用ハーネスを用意します。今回使ったタイプはスバル車14Pinタイプのハーネスです。同等品がかなり出回ってますね。ショップでは1600円で買えたので通販では1500円ぐらいが相場でしょうか、このハーネスとDEH-480に付属するコネクタの金属部を繋ぎます。色に合わせて繋ぐだけです。ヴィヴィオ(KW3)の場合はフロントスピーカーが2つのみなので、電気系の基本配線以外は灰色と灰/黒色の線を接続し2chで鳴らします。
IMG_4986
次にセンターパネルの取り外し。このヴィヴィオは標準のカセットしか付いてなかったため2dinの下部が収納となっていてその奥にネジ取付部がありそれでセンターパネルを固定していました。なのでネジをゆるめ、引っ張ると↑の画像のような感じに配線が出てきます。ハーネスと噛み合わせ、ラジオアンテナの配線を...といってもRCAケーブルみたいなのをDEH-480の右側にはめるだけ。(←これをしないと起動しません!)
IMG_4988
そしてもとに戻すとこんな感じに。昨日のフォレスターの純正ステレオでも鳴らなかったFMが無事に聞けるようになり、iPhoneやUSBデバイスの音楽ファイルも聞けるようになりました。あと、KW3には時計が無いので何も再生していない時には時刻を表示てくれるのが地味に重宝しています。たくさんのライブラリから選ぶことが出来るようになった上、端末充電もセットで出来るというとてもやり甲斐のあるアップグレードでした。

が...それと同時に次なる課題も見つけちゃったんですよねぇ
IMG_4985

ヴィヴィオ、オーディオにテコ入れ開始。

20140926_081121000_iOS
お久しぶりです。合宿免許を新潟で、学科試験を札幌で受けて3週間弱で普通免許を取ってきました。そして北見に戻って昨年12月からず〜〜〜〜〜っと放置してあったヴィヴィオ ef-sに若葉マークを貼り付け、やっと運転できるようになりました。MT車の運転、なかなか楽しいです。エンジンを高回転まで回すスピード重視の運転だったり低燃費志向で早めにシフトチェンジしたりするのも自分の意志で操れるのはやはり趣がありますね。ちなみに、写真右のステラは寮の後輩の車。スバル最後の軽自動車で且つスーパーチャージャー付きなので彼には長く乗って欲しいですね。

このヴィヴィオ、ちっぽけでショボそうな外観に反して、意外とキビキビした走りを見せてくれます。SC付きのRX-RやGX-Rには敵いませんが、630kgという重量の軽さとスバルの4気筒エンジン故エンジン回すとなかなか良好なレスポンスを見せ、四輪独立懸架という足回りで3桁km/hに突入してもガタついたりブレたりせず(エンジン音はかなり煩いですが)走ってくれてます...っという感じで動力性能はまぁそれなりに許せるのですが、オーディオ系が死んでました。
20140919_123909747_iOS
メーカー純正カセット/ラジオシステム。電源を押してもオンになることはなく、ラジオが聞けない。自分はラジオ派なので、これは宜しくないということで換装を決意。しかし、この手の改造未経験の自分が果たしてうまく出来るかどうか...とりあえずネットの海に潜って調べるとそれなりに情報が出てきました。それを頼りにカーショップに向かおうと思い、おすすめモデルを尋ねに友人の部屋に突撃すると、「SFフォレスターの純正余ってるよー♪」とのこと。そしてこうなりました。
20140926_080008792_iOS
20140926_085022293_iOS
20140926_073219000_iOS
ええ、無事に装着完了です。下の画像に写っている白いコネクタがそのまま刺さった(純正なので当然)ので電源をつけたらそのまま動きました。が、CDはバッチリ音が出てもFMが聞けない。どうやら電波を掴んでくれません。オートバックスだと4000円の工賃がかかるので、4000円も出すぐらいならiPhoneでRadiko使ったほうが充電もできて音もクリアでナビや音楽も聞けるUSB対応プレーヤー買ったほうが良いだろ...

という訳で、DEH-480を買ってきました。 今日はもう暗いので取り付けは明日のお楽しみです。次回にご期待ください。

【余談】 
北見で夜景が楽しめる山に以前に連れて行ってもらったのを思い出して、記憶を頼りに行ってみたら着いてしまったので一枚撮ったのがこちら。今回の写真は全部iPhoneでの撮影なので画質が悪いのはご了承くださいな。
20140923_162339700_iOS
 


iPhone5c(KDDI版)を購入した

DSC_0088

SoftBankが4G LTEになってから随分とずさんな回線事業を続けているので、MNPで32GB一括0円&2万円CBの案件があり思い切ってサインしてきました。5s→5cとダウングレードにはなるのですが、5→5sにした時にさほどCPUのパワー差を感じなかったこともあって今回も処理速度には不満なし。むしろauの800MHz帯LTEの恩恵を買ってすぐ受けることが出来てサインしたよかったなぁと思った次第です。

DSC_0089
DSC_0091

樹脂|アルミ|樹脂という5/5sの統一感のない背面デザインと違って5cは一体感やエッヂのR処理から柔らかさを感じます。3GSほどではないにしろフィット感も上々、5sは裸で使うのには少々持ちづらかったのですが5cにしてからはiPhone4購入時以来、ひさしぶりにケース無しで使ってます。左端の音量+/ーボタン、これについては5cの方が縦に長くなっていて断然押しやすいです。


DSC_0094
最後に化粧箱と付属品。 ぱっと見た感じはすごく安っぽいのですがよーく見たら大差ない。でも紙箱で角ばった化粧箱のほうが私は好みですね。

次期モデルの噂も賑わいつつあるこの頃、一番旬なこの時期に新しい電話機と商品券はいかがですか?

ガラスフィルム、ITG Proが割れた。

DSC_0087

先日外でご飯を食べるべく椅子に座っていた時にポケットから滑り落ちまして、以前欠けた部分に力が集中してこの通りパックリ割れました。死んでいたであろうというレベルの落下を一度耐えたのでむしろ半年間よく持ってくれたなーと思ってます。

ここで一度ガラスフィルムの長所・短所を振り返ると

<長所>
・端末標準のガラスより滑りがよい(物による)
・傷がつきづらい(これも物によって異なるが普通のフィルムとは比べ物にならないのは確か)
・透明度が高く、画面が綺麗に見える
<短所>
・落とすと割れる(当たり前)
・価格が高い
・分厚い

という感じなのですが、特に「落とすと割れる」という短所が致命的なわけです。別にフィルムの買い替えはさほど苦にならないので良いのですが、落としてフィルムが割れて端末のガラス面に傷が入る製品が無いと言えないのが問題なのです。幸いITG Proは元のガラス面に一切キズが入ることはなくいい感じに衝撃を吸収してくれる構造になっててよかったのですが、他の安いガラスフィルムだったらどうなってたかと考えると...

ちなみに、ITG Proの場合素材がアルミノシリケートガラスで落下に対する強度がある程度あり、ガラスの下に飛散防止の加工がしてああるため安心して落とせます使えます。

さて、ITG Proを注文するか... 

USB3.0メモリ買ったんだけどさぁ

IMG_3867

写真奥の赤いUSBメモリを買ったのがかれこれ6年ほど前、もう寿命を二回りしてるしWriteのスピードが若干気になったので買い替えたわけです。USB3.0って早いんでしょう?と思いベンチ回した結果がこれ。
IMG_3872

あのさぁ...

まぁお値段1099円(税込)だしWriteにそこまで求めていなかったけど、今どきSecWrite1桁って終わってるでしょw という訳で後日買い直します。じゃあの(●`ε´●)

【余談】
型番はRUF3-JW8G-RWというBUFFALOのUSBメモリ、幅は若干取るもののMBAのMagsafeやThundervoltと干渉しないので悪くなさそうに感じただけあって残念。
 
IMG_3869
IMG_3868

タフソーラのG-SHOCK、G5600-Eを買ったのでDW-5600Eと比べてみた

DSC_0086

時計そのものは昨年もオリエントのm-force、NBC'13モデルを買っているのでほぼ1年ぶりの購入なのですが、G-SHOCKを買ったのは実に8年ぶりです。(あれ、同時期に買ったGS1000-JDW-5600Eってこんなに長く使ってたのか)時の流れってとても速いですね。

その耐久性・汎用性故に8年に渡りDW-5600Eを酷使してきたのですが、上記リンク先の通りベゼルに亀裂が入るなどしてかなりガタが来てるので、ダメになる前に買い替えてDW-5600Eは部屋に飾っておこうと思い今回G5600-Eを購入した次第です。
DSC_0085

やはり新しいモデルだけあって世界時計や5つのアラームなど機能充実してます。まぁiPhoneがあるからそんなもの使わないけどな。 文字盤(?)の時刻表示部の数字が太く・大きくなったので視認性は大変よろしい。本体も持ち比べて分かる程度(2.5g)に軽くなり、ELバックライトを手動点灯させる際もボタンが右上になり、右下だったDWと比べて押しやすくなりました。若干クセがありますが暗所で自動でELが光るフルオートELバックライトもなかなか良い。

ところが、

6000円あれば買えるDWに比べ、G5600-Eの実勢価格は10000円ほど。

さて、ここで数学の問題です。腕時計の防水性能・電池性能を維持するために3000円ほど掛かる5年に一度の電池&パッキン交換をメーカーが推奨しているのですが、何年経てば 元が取れるでしょうか。
A:∞年(元が取れない) です。 

どういうことかといいますと、普通のボタン電池だろうがソーラー搭載だろうがG-SHOCKがG-SHOCKであるための堅牢さを維持するには裏蓋の裏にある、防水性を維持する「パッキン(Oリングとも言う)」という部品の交換は必要不可欠。また、ソーラー搭載であっても充電した電力を蓄えるための2次電池の交換が必要なのです。それに加え、電池交換の際に1週間ほどでメーカーから戻ってくるボタン電池に対し、専用の二次電池を要するソーラーモデルは手元に戻ってくるのに2週間はかかります。付け加えると、ヨドバシカメラのような量販店なら防水検査なしで、ただ電池交換を済ませるだけの応急処置もできたりします。「ソーラー時計は電池交換不要」などと思い込んでる方は「ソーラー 電池交換 不要」でWeb検索して下さい。6年ほどで二次電池がヘタってきたという声がいくらでも出てますから。

さらに補足すると、カシオの電池交換サービスにはWebから電池交換を依頼できる引取電池交換サービスという、クレカが必要ではあるものの梱包キットが家に送付され、それを宅配のニーチャンを呼びつけてCASIOまで送りつけることが出来るヒジョーに便利なサービスがあるのですが、残念なことにソーラーモデルはその対象外なんですね。これは自分も買った後に知りました。おいCASIOふざけるな。

今回はフルオートELバックライトが目当てだったというのと、同じ時計を2本買うのも面白く無いのでG5600-Eを購入しましたが、もしDW-5600EとG5600-Eで迷ってこのブログに辿り着いたのであれば、ワタシは上記の根拠を以ってDW-5600Eの購入を強くおすすめします。

目安箱(E-mail)
調べてみては?
カテゴリ別に分けられたつい最近の樫山帝国
勝手に自己紹介
わけがわからないよ(Twitter)
  • ライブドアブログ