少人数制大学受験予備校・塾の東研学院予備校!

58年の実績 ◎東大・医学部・早慶合格 ◎高校生・高卒生中高一貫校対象 ◎高卒生は朝から。 ◎黒板を使った一流の先生による生授業 ◎国公立私立大学 理系 文系 医系全対象 ◎駅すぐです!

58年の実績 ◎東大・医学部・早慶合格 ◎高校生・高卒生中高一貫校対象 ◎高卒生は朝から。 ◎黒板を使った一流の先生による生授業 ◎国公立私立大学 理系 文系 医系全対象 ◎駅すぐです! http://www.token-ac.com

こちらは東研学院予備校 のアンテナHPです。下記公式ホームページへどうぞ

 

 信頼され続けて東研は58周年

今度はあなたが合格する番です!

黒板授業

 

塾・予備校の理想形態 =少人数制

文部科学省の国立教育政策研究所は『学習効果を高めるには、少人数クラス編成が理想的』としています 

国公立大学の大学の講義は少数精鋭教育であることからも、

 少人数=ゼミ形式は塾・予備校として大学受験勉強をする生徒さんに最高の勉強環境です。

 

東大・医学部・早慶合格!


東大・医学部・早慶合格!
東大・医学部・早慶合格!
個別でもない、
大人数でもない、
映像授業でもない、
最高の環境だから第一志望校合格!

 




東研はの金融機関である日本政策金融公庫の基準を満たした総合予備校ですので下記をご利用頂けます

日本政策金融公庫
日本政策金融公庫





大学入試・大学受験予備校・塾の当予備校は1965年以来、50年以上の受験指導・伝統と実績。 少人数制予備校のパイオニアで、一流の先生に直接習う生授業です。

◎高校生・高卒生対象 ◎高卒生は朝から。

◎黒板を使った一流の先生による生授業 ◎国公立私立大学 理系 文系 医系全対象 ◎どの校舎でも駅すぐです!

◎少人数制予備校・塾のパイオニア

2023年で創立58年になる少人数制予備校・のパイオニアである東研学院予備校は、いずれの校舎も地域密着型で、しかもとても通いやすいエキチカ好立地校舎です。

 

◎1965年以来、50年以上の受験指導・伝統と実績

東大・医学部・早慶合格! 信頼と実績が違います。

今まで培ってきた指導要領・膨大な受験データーをもとに最新の大学試験方式に対応した、まさに志望校合格に最も近道の塾・予備校です。

 

◎高校生・高卒生対象 ◎高卒生は朝から

第一志望大学の合格をめざす高卒生高校生・中高一貫校生を対象した大学受験予備校・塾です

高卒生は午前から、高校生は午後に授業があります。

 

◎黒板を使った一流の先生に直接習う生授業

理想の教育環境である少人数制黒板生授業で、一流のプロ講師から直接、授業や指導を受けられます。

 

◎国公立私立大学 理系 文系 医系全学部・学科対象 

全学部・学科受験対象ですので、あらゆる教科・科目を勉強可能です。

医学部や希少な学科受験を希望している方も安心のカリキュラム!

 

◎1回の授業が1時限1時間30分(90分)の理想的な授業時間 

大学入学試験時間は90分が多く(中には60分や120分などもあります)1時間30分(90分)の授業時間はまさに本番の試験と同じ体時計感覚を養えます

①集中力を切らすことなく、②きちんと理解するために必要な時間が1時間30分(90分)と言われていますので、東研の授業時間は理想的です。

 

◎テキストは東研オリジナル 

毎年最新の傾向に沿ったテキストで勉強しますから、無駄な勉強が一切ありません。

過去に出題された大学の入試問題や最新の試験傾向を分析調査し、本番さながらの試験問題に由来するオリジナル演習ができます。

レベル別、学期別、大学対策、過去問対策など様々な種類で勉強できるので大変好評です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム
東研

大学受験予備校・塾      東研学院予備校


 信頼され続けて東研は58周年

今度はあなたが合格する番です!

黒板授業


 

2022年 志望大学合格 100%!

 

当校は少人数制ですので、感染しやすい大人数と違い、1クラスあたりの生徒さんの人数を制限しています。

 

東研の安心安全宣言
東研の安心安全宣言

「密閉」「密集」「密接」の3密のどれ1つにも該当しないクリーンな環境です。

新型コロナウイルスから身を守れる空間づくりに取り組んでいます。

 クラスによって募集人数を約50%へ

 

密を避け、席の一定間隔を維持するため、少人数制予備校ですがクラスによって募集人数を例年の約50%に制限する場合があります。

できる限りお早めに入学お申込み、ご予約を頂ますよう、お願い申し上げます。

 

高1/2/3生 高卒生 中高一貫生 中学1/2/3生 他対象

↑国公立・私立/理系・文系/医系・その他


個別相談お申し込み

ご相談やお問い合わせだけでもお気軽にどうぞ

 

個別相談会を随時承中。ご希望の方は相談をご希望日時をお申し付け下さい。

 ご希望の方は授業見学も承ります。

 お手続き、お問い合わせ等こちらからどうぞ。

授業見学お申し込み

体験授業は現在、校舎、学年により一部定員で終了している場合がございますので、お尋ね下さい

 

ご希望日の2日前までにお申し込み下さい。

 

体験授業日程時間はコチラ

 

個別相談や体験授業をなさっていない方でも随時ご入学手続きできます。


塾・予備校の理想形態 =少人数制


文部科学省の国立教育政策研究所は『学習効果を高めるには、少人数クラス編成が理想的』としています 

国公立大学の大学の講義は少数精鋭教育であることからも、

 少人数=ゼミ形式は塾・予備校として大学受験勉強をする生徒さんに最高の勉強環境です。

東大・医学部・早慶合格!

東大・医学部・早慶合格!
東大・医学部・早慶合格!

 

志望校合格!

  • 個別でもない
  • 大人数でもない
  • 映像授業でもない
  • 最高の環境だから第一志望校合格!

 

東研はの金融機関である日本政策金融公庫の基準を満たした総合予備校ですので下記をご利用頂けます

日本政策金融公庫
日本政策金融公庫
政策金融機関
政策金融機関

◎少人数制予備校・塾のパイオニア


 

2023年で創立58年になる少人数制予備校・のパイオニアである東研学院予備校は、いずれの校舎も地域密着型で、しかもとても通いやすいエキチカ好立地校舎です。

 

◎1965年以来、50年以上の受験指導・伝統と実績


 

東大・医学部・早慶合格! 信頼と実績が違います。

今まで培ってきた指導要領・膨大な受験データーをもとに最新の大学試験方式に対応した、まさに志望校合格に最も近道の塾・予備校です。

 

◎高校生・高卒生対象 ◎高卒生は朝から


 

第一志望大学の合格をめざす高卒生高校生・中高一貫校生を対象した大学受験予備校・塾です

高卒生は午前から、高校生は午後に授業があります。

 

◎黒板を使った一流の先生に直接習う生授業


 

理想の教育環境である少人数制黒板生授業で、一流のプロ講師から直接、授業や指導を受けられます。

 

◎国公立私立大学 理系 文系 医系全学部・学科対象 


 

全学部・学科受験対象ですので、あらゆる教科・科目を勉強可能です。

医学部や希少な学科受験を希望している方も安心のカリキュラム!

 

◎1回の授業が1時限1時間30分(90分)の理想的な授業時間 


 

大学入学試験時間は90分が多く(中には60分や120分などもあります)1時間30分(90分)の授業時間はまさに本番の試験と同じ体時計感覚を養えます

①集中力を切らすことなく、②きちんと理解するために必要な時間が1時間30分(90分)と言われていますので、東研の授業時間は理想的です。

 

◎テキストは東研オリジナル 


 

毎年最新の傾向に沿ったテキストで勉強しますから、無駄な勉強が一切ありません。

過去に出題された大学の入試問題や最新の試験傾向を分析調査し、本番さながらの試験問題に由来するオリジナル演習ができます。

レベル別、学期別、大学対策、過去問対策など様々な種類で勉強できるので大変好評です。

 


東研アイコン

少人数制

大学入試

大学受験

予備校


東研ロゴ


このエントリーをはてなブックマークに追加


Videotogif (2)


信頼され続けて東研は58周年
東大・医学部・早慶合格!

◎少人数制予備校・塾のパイオニア

2023年で創立58年になる少人数制予備校・塾のパイオニアである東研学院予備校は、いずれの校舎も地域密着型で、しかもとても通いやすいエキチカ好立地校舎です。

◎1965年以来、50年以上の受験指導・伝統と実績

東大・医学部・早慶合格! 信頼と実績が違います。
今まで培ってきた指導要領・膨大な受験データーをもとに最新の大学試験方式に対応した、まさに志望校合格に最も近道の塾・予備校です。

◎高校生・高卒生対象 ◎高卒生は朝から

第一志望大学の合格をめざす高卒生・高校生・中高一貫校生を対象した大学受験予備校・塾です。
高卒生は午前から、高校生は午後に授業があります。

◎黒板を使った一流の先生に直接習う生授業

理想の教育環境である少人数制黒板生授業で、一流のプロ講師から直接、授業や指導を受けられます。

◎国公立私立大学 理系 文系 医系全学部・学科対象 

全学部・学科受験対象ですので、あらゆる教科・科目を勉強可能です。
医学部や希少な学科受験を希望している方も安心のカリキュラム!

◎1回の授業が1時限1時間30分(90分)の理想的な授業時間 

大学入学試験時間は90分が多く(中には60分や120分などもあります)、1時間30分(90分)の授業時間はまさに本番の試験と同じ体時計感覚を養えます。

①集中力を切らすことなく、②きちんと理解するために必要な時間が1時間30分(90分)と言われていますので、東研の授業時間は理想的です。

◎テキストは東研オリジナル 

毎年最新の傾向に沿ったテキストで勉強しますから、無駄な勉強が一切ありません。
過去に出題された大学の入試問題や最新の試験傾向を分析調査し、本番さながらの試験問題に由来するオリジナル演習ができます。
レベル別、学期別、大学対策、過去問対策など様々な種類で勉強できるので大変好評です。


#大学受験 #大学入試 #予備校 #塾
このエントリーをはてなブックマークに追加


頑張って勉強していると成績が上がってさらにやる気が出てくる一方で、時々「あれ?なんかスランプかな?」と感じることはありませんか?

実はこれは人間の脳に起こる特有の現象のことで、プラトー現象(学習高原)というものなのです。

プラトーとは学習成長過程で一時的に停滞することを指します。

これはスランプのように落ちるのとは違って成績や結果が下がってはいません。

学習の成長が止まってしまったのではなく
中間地点に辿りついたと考えましょう。

ここではそのプラトー現象期間の乗り越え方について解説します。

プラトー現象とは

プラトー現象

記憶や学習にはリズムがあり、このプラトー現象という停滞期をスランプとか挫折などとマイナスにとらえると、勉強効率の悪循環の始まりとなってしまいます。

プラトー現象(学習高原)期間とは、脳が覚えた知識をうまく活かせるように脳内で知識のデフラグ(整理整頓)し、記憶が定着する期間のことです。

この期間は本来、人間の脳が知識を活かせるようにする大切な期間なのですが、本人にとっては勉強の落ち込んだ時期と勘違いしてしまうも無理はありません。

学習曲線


学習曲線を縦軸を成績、横軸勉強量をグラフにした「学習曲線」の形が高原や台地のように見えるのでプラトー現象と呼ばれます。

希望する伸び方は横軸の勉強量が積み重なっていくに連れて、それに比例して成績が真っ直ぐに上がっていく点線になることですよね。

でも実際はそんなきれいなグラフにならずに、プラトー現象期間や、場合によっては成績が落ち込むスランプ期間さえありうるのです。

プラトー現象は成績が落ちることではなく誰にでも起こる現象ですが、頑張っても学習効果が感じられず、停滞への不安や焦りが大きく膨らむ厄介な期間と言えます。

プラトー現象を知らないと損をする


何度も勉強につまずき、挫折する人はこのプラトーの状態になると、いつまで続くかわからない不安から、この状態がずっと続く気がして、心が折れて途中でやめてしまうのです。

中にはプラトー現象期間というものを知らないと伸び悩みに焦り、いつもの勉強量を極端に増やしてしまったり、レベルのさらに高い勉強に取り組もうと悪循環を招いてしまう人もいます。

いかがですか?

大なり小なりこういう心当たりはありませんか?

本来なら勉強量に比例して成績も同じように右肩上がりにグングン伸ばしたいのに、模試や過去問の点数が想像していた程は伸びていない、という時もあるでしょう。

そこでやる気を失い、勉強がおろそかになってしまう人が出てきてしまいます。

また、真面目な人に限って焦りを感じて、今までの勉強方法ではまだまだ足りず勉強量を増やさないといけない!と思って到底できない量をこなそうと誤解を生じてしまうのです。

脳科学的解説

プラトー


停滞への焦りや不安が大きくなると、感情の形成に関与する脳の扁桃体が過度に刺激され、思考を担う前頭前野も悪影響を受け、問題を解けないといった事態に陥ってしまうことがあります。

また、勉強の意欲をつかさどっている側坐核という部分にも悪影響を与え、いわゆる燃え尽き症候群、無気力症候群といった状況に陥るのです。

プラトー現象期間にやってはいけないタブー

プラトー


復習せずどんどん先の範囲へ進んでしまう

限られた貴重な時間内でどんどん先へと新しいことを勉強したいがために復習は後回しになっている人は要注意!

これは時間が経つとすぐに勉強の内容を忘れてしまう人の典型的な悪い勉強の仕方です。

知り得た情報は最初に短期記憶として脳に保管され、脳の海馬によって超重要と判断された情報だけが、長期記憶として定着します。

しかし、勉強で得る情報はなかなか超重要と判断し難いものもあります。

そこで、勉強の内容を海馬に重要だぞ!と教え込む必要があり、「復習」によって何度も同じ情報を繰り返し脳に送ることで重要だと覚え込ませるのです。

海馬はおよそ1カ月くらいかけて情報を整理するとされています。

つまり、3〜4回くらい復習すると覚えるというのは最初に覚えた次の日、10日後、20日後、30日後というペースだと効率よく頭に入ると言えるでしょう。

復習って実は想像以上に重要なことなのです。

教材や参考書をコロコロ変えてしまう

復習の効果は、同じ情報を脳に繰り返し送ることで効果が出始めるため、問題集や参考書を「ただなんとなく飽きてきた」という理由だけで途中で変えるのはおすすめできません。

もちろん自分にとって易しすぎる、難しすぎると途中で気が付いて、レベルを変えるというのは話は別ですが、ベルが合っていて良い問題集や参考書であれば、同じ教材を繰り返し学習するというのはとても大事なことなのです。


同じ内容でも教材が変わると、脳はまた最初から理解し直さなくてはならなくなります。

勉強時間は限られているからこそ、どんどん理解が曖昧のまま先へ進むより、きちんと学力を上げるのに合った復習を大事にするほうが、勉強内容を確実にものにできます。

プラトー現象期間をうまく乗り越えるポイント

プラトー


■むやみに教材や勉強法を変えない

■やたらと勉強量を増やさない

■必ず1回以上は復習をする

■1ヶ月はプラトー現象期間だと自分に言い聞かせる


勉強の結果はすぐに現れて欲しいものですが、レベルの高い勉強であればあるほどプラトー現象はまず間違いなく起きます。

焦りは禁物で、復習しているうちに覚えたことが記憶に残っていると思うことで安心感を得て、自信を取り戻しましょう

既習の範囲がしっかりマスターできていれば必ず成績はまた上がり始めます。

勉強方法を間違えるとかえって勉強効率が落ちてしまい取り返しがつかなくなりますから、焦らずに着実に勉強をこなしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ