川上真子の九谷焼blog

展示会や、日々の製作の事などお知らせしていきます。

こんにちは、

走っている象の絵の盃を作りました。
象は、確か時速40キロくらい、かなりスピードが出るらしいです。
躍動感を出すのが難しかったのですが、小走り位にはみえるでしょうか?
脚の高い器は、描いていて楽しいです。
白白庵に出展しています。

DSC_3051~2
DSC_3053~2
φ7.2cm x h5.2cm

こんにちは、

竹取物語の盃を作りました。
見込みには、月を見上げるかぐや姫を描いてみました。
盃の、竹の節の様な美しい形を生かせたかなあ、と思います。
白白庵の酒器展に出展しています。


DSC_3042~2
DSC_3041~2
φ6.3cm x h5.4cm

こんにちは、

白白庵の酒器展のテーマが酒呑童子なので、そちらに出展しています。

さて酒呑童子、かわいらしい名前、酒の精?位にぼんやりとしか知らなかったので(猩々とゴッチャになっていました)、絵巻物など見てみると、絵にするのがなかなか難しいなあと思いました。

こどもの頃、山に捨てられてしまった酒呑童子、都から女の子達をさらっては食べるようになってしまいます。源頼光と4人の家来に退治されるのですが、退治された酒呑童子の首が飛び、頼光の兜に噛みついたそうです。
お酒が大好きで、人前に出る時は、美しい童の姿で登場するなど、微笑ましい面もあるのですが、、、

どの場面が良いか悩みましたが、今回は、頼光の兜と酒呑童子を、勇ましさだけを抽出するように描きました。
美童姿の酒呑童子と、女の子達も、描いてみたいですね。


DSC_3039~2

DSC_3038~2
φ8.3cm x h3cm

↑このページのトップヘ