Umi-0109

前の更新から随分空いてしまいました。

このフィギュアをレビューするまで時間がかかったのは不徳の致すところ。
と言うわけで、本日はアルター「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル 園田海未 1/7」をレビューします。

言わずと知れたアルターの傑作シリーズから遂に海未ちゃんが登場しました! 
最早開封する前からクオリティは約束されたようなものですので、ワクワクしながらの撮影となりました!

そんな超絶可愛い園田海未のレビューをどうぞ! 






Umi-0001
Umi-0002
Umi-0003
Umi-0004
Umi-0006
Umi-0007
Umi-0008
Umi-0009

……最早多くを語る必要はないでしょう、とんでもなくカワイイ海未ちゃんです!

フリッフリのミニスカ浴衣を華奢な体躯に纏い、恥ずかしがりの彼女らしからぬ完璧なウィンクを披露したその魅力を、見事に再現しています。

Umi-0012
Umi-0013
Umi-0014

「ラブアローシュート」を思わせるポージングで、マイクを突き出しています。

衣裳の情報量も極限まで「自発的に」増やす、いつものアルターの所業です。

Umi-0015
Umi-0016

後ろから見ると更に衣装のフリルが強調されますね。

Umi-0018
Umi-0020
Umi-0023

バストアップになると、ここまで近づいても破綻のないクオリティが明らかになって驚愕します!

Umi-0025
Umi-0026
Umi-0027

キャラを捉えた表情の造形、肌の質感、アイプリの美しさ、どこを取っても完璧な顔に仕上がっていますね!

眉毛やまつ毛の描写も、素晴らしいクオリティです。

Umi-0030
Umi-0031

彼女のトレードマークである青味がかった長髪も、動きに合わせてなびくような非常に複雑な造形となっています。

色も、アルターお得意の陰影を再現した美しいグラデーション塗装が施されていますね。

Umi-0032
Umi-0063

肩にかかった髪の描写には、ため息が出てしまいそうです……

Umi-0035

いつものストレートとは違い、長髪をツーテールに束ねています。

髪の分け目やシュシュの造形も、きっちりと再現されていますね。

Umi-0037
Umi-0038

着物の帯に挟まれたうちわには、「μ's UMI SONODA」の文字が。
うちわにはラメ加工が施されており、非常に細かい仕事ですね。

Umi-0040
Umi-0041
Umi-0042
Umi-0043
Umi-0055

肩丸出しで、振袖部分だけ独立した衣装となっています。

まるで一瞬を切り取ったかのような躍動感ある造形に非常に精緻な模様、振袖のクオリティも申し分ありません!

Umi-0046

このマイク、手に持っているのを見ても分かるように大きさは大したことないのですが、本当に細部まで再現されています……

実は元イラストでは、マイクケーブルの先はことりの持ってるマイクに繋がっているんですよね。
ありえないと思いますが、同仕様のことりとか出たら絶対買ってしまう……

Umi-0054

袖だけ独立した衣裳のため、魅惑の脇が丸見えとなっています!

Umi-0058
Umi-0060
Umi-0061
Umi-0062

パッと見は普通のフリル浴衣(普通?)なのに、重層的なフリル造形や非常に細やかな模様など実は凄まじいまでの情報量を誇ります。

彼女のイメージカラーである青を浴衣に合う淡い色に仕上げたアルターは、色んなことを分かっていますね!

Umi-0064
Umi-0065

浴衣の前合わせや帯にもフリルが施されており、非常に芸がこまかい!

実際は並と言う説もありますが、彼女のイメージらしく小さめに仕上がっていますね(笑)

Umi-0066
Umi-0067

袖を結ぶリボンは、フリフリロリータ衣裳っぽくて浴衣に対する良いアクセントです。

Umi-0069
Umi-0070
Umi-0071
Umi-0072
Umi-0073

ただのミニスカ浴衣とは一線を画す、何重にもフリルが連なった非常に立体的なスカートです。

裏地の方はクリアパーツが使用されており、印象を鮮烈にします。

Umi-0075

圧倒的ボリュームの髪に隠れてしまいますが、裏側の衣装や帯も素晴らしい造形です。

Umi-0076
Umi-0077
Umi-0078
Umi-0079
Umi-0080
Umi-0081
Umi-0082
Umi-0083

スレンダーな海未らしい細身の脚線美が、スカートとソックスの間で眩しいばかりに輝いています!

元イラストにはソックスまでは描かれていないので、このフィギュアのためにデザインされたんですかね。

Umi-0086
Umi-0087
Umi-0088
Umi-0089
Umi-0090
Umi-0091

太ももが眩しすぎる……

脚をすり寄せているのに隙間が出てしまっているところに、細身な彼女の個性が表れていますね。

通常の鑑賞角度ではまず見えることはありませんが……

Umi-0096
Umi-0097
Umi-0098

下から覗き込めばこの通り!形の良いお尻を包む魅惑の布を見ることができます!

見えることを前提とした衣装ではないためシンプルなデザインですが、シワや布ごしの肉の形など非常に作り込まれています。

Umi-0100
Umi-0101
Umi-0102
Umi-0103
Umi-0104

ソックスは衣裳のイメージと統一された、非常に拘ったものとなっています。

かかとの持ち上がった草履も、これだけで商品化できるレベルの造形ですね。

Umi-0106
Umi-0107
Umi-0108
Umi-0109
Umi-0110
Umi-0112
Umi-0113
Umi-0114
Umi-0116
Umi-0117
Umi-0118
Umi-0119
Umi-0120





以上!アルター「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル 園田海未 1/7」でした!

いつも通り撮影しながらため息の漏れる一品で、レビューも語彙が貧弱になってしまいましたね(笑)

彼女のイメージカラーを守りながらも浴衣に寄せた淡い色合いの衣装は、スクフェスシリーズの名に恥じぬ素晴らしいクオリティでした。

それを纏った海未ちゃんも、ヤバイくらいの可愛さです!


さて、冬のワンフェスで凛と花陽の新作が展示され、夏には初のサンシャイン!!から桜内梨子も公開されるなど今後もアルターのラブライブ!展開からは目が離せません。

まずは9月発売予定の穂乃果と、シリーズのトリを飾る絵里の着弾を心待ちにしたいと思います。



それではご閲覧、ありがとうございました!