Hakodate-0716

楽しかった函館旅行も今日で終わり。
起動しなくなるのが怖くて電源付けっ放しのカメラも充電完了、最終日は食い道楽で行こう!と意気込んでいたのですが…





Hakodate-0665

7時ごろに起床、身支度を済ませ8時前には3日間お世話になったカプセルホテル函館をチェックアウト。
安いのに清潔で快適で、お酒やつまみが気軽に手に入る売店もあり素晴らしいホテルでした。

これから函館に来ようという人にはオススメな宿です。

Hakodate-0667
Hakodate-0668
Hakodate-0670
Hakodate-0672
Hakodate-0673

この場所を離れる前に、宿のすぐ近くにあるはこだて自由市場を再訪。
どの海鮮物も新鮮に見えて、とても美味しそうです。

Hakodate-0674
Hakodate-0676

今度はマグロの刺身を購入。朝の刺身は流石に美味で、これが500円で食べられるのは幸せ。

Hakodate-0677
Hakodate-0679

自由市場を散策し、いつも通りWifiでスマホに画像を転送しようとしたところで事件発生。
「管理ファイルが破損しています」のエラーで転送できず、その後画像を再生しようとするとカード内には画像が1枚もない状態に……

一瞬頭の中が真っ白になりましたがカメラ内で見れないだけでデータが飛んでない可能性もあると判断、デュアルスロットの一枚を外して保管した上で撮影を続行することに。

Hakodate-0682
Hakodate-0684

「今日は楽しく食い道楽」と焦る心を落ち着け、ワンコイン海鮮丼で有名な朝市食堂の二番館へ。
色んなグルメを食べ歩こうと考え昨日のような2,000円近くの濃厚な海鮮丼ではなく、500円で気軽に楽しめるこちらを選択。

流石に三色海鮮丼ほどの豪華さはないものの、安っぽさなど感じさせないしっかりとした味でした。

IMG_1434

相変わらず古い写真は見れないものの撮影は問題なく行える状態。
試しに新しい写真をWifi転送しようとするとこの画面になりました。

新しく撮影した写真まで消えてはかなわないと実行はせずにキャンセル。

Hakodate-0685
Hakodate-0686
Hakodate-0687

十字街駅へ向かい3日続けての元町エリアへ、駅近くで日本最古のコンクリート電柱を目撃。
レトロな外観で今も皆に電気を送り続けています。

Hakodate-0688
Hakodate-0689

神尾観鈴宅の近くにあった趣のある建物、前日の夜調べてみたらここは有名なハム・ソーセージ店。
ここのホットドッグと地ビールは絶品と聞いたのでやってきました。 

Hakodate-0690
Hakodate-0691
Hakodate-0693
Hakodate-0694

この店の一番人気は生ソーセージを使用したチューリンガードッグ、注文してからパンとソーセージを焼いてくれるのでジューシーで香ばしく、これで500円しないのはお得。

一緒に注文したのは大沼地ビールのスタウト、700円とそこそこのお値段ですが美味しいホットドッグとの相性は抜群、幸福な時間を過ごせました。

Hakodate-0696

心に「夏影」を奏でながら(冬なのに!)観鈴宅に別れを告げます……

Hakodate-0704

八幡坂もこれが最後、平日にも関わらず多くの観光客が美しい風景を写真におさめようとしていました。

Hakodate-0716

市電で松風町駅まで行った後歩くこと約15分、函館は回転寿司も美味いと聞き函太郎の宇賀浦本店へやってきました。

中心街から少し離れた場所にあり、このあたりになってくると普通の地方都市といった趣で観光都市函館感はあまり感じません。

Hakodate-0717

ただし津軽海峡を一望できるロケーションは別、大きな窓でこの海を眺めながら新鮮なお寿司を味わうことができます。

Hakodate-0708
Hakodate-0709
Hakodate-0710
Hakodate-0711
Hakodate-0712

一皿200円〜300円くらいが相場と、回転寿司としては上の価格帯。
それでもお腹いっぱい新鮮で美味しいお寿司を食べて2,500円ほどなら、決して高くはないかと。

Hakodate-0714

600円近くするボタンエビ、確かに美味しいのですが普通の甘海老が十分すぎるほどに美味。
あえてこちらを選択しなくてもいいかもしれません。

ただこの手の高級皿って、どうしても一品頼みたくなるんですよね。

Hakodate-0713

じゃがいもで有名な北海道でも希少種で知られるインカのめざめ。

回転寿司でポテト?と思うかもしれませんがそこは北海道、じゃがいもとは思えない甘さに
「じゃがいもってこんなに美味しいんだ!」と感じさせられました。

Hakodate-0720

12時半頃に食事を終え函館駅へ、函太郎は市電の沿線から少し離れているので再び15分ほど歩きます。
途中にあった公園には、かなり立派なお寺がそびえていました。

Hakodate-0721

旅のスタート地点でもあった函館駅、最終日に見るとなんとも寂しい気持ちになってきます。
時間は13時20分、飛行機は16時45分でまだ時間はありますが空港への移動を考えるとあまり遠出はできません。

Hakodate-0722
Hakodate-0723

私のまわりには厚かましい人が多く、函館に行くと伝えると「お土産にスナッフルズのチーズオムレットを買ってきてくれ」と(笑)

非常に有名なお土産なので函館駅や空港でも買えるのですが、せっかくなので駅前の直営店で購入しました。

Hakodate-0724
Hakodate-0727

未練がましく駅まわりを散策した後、14時15分発のシャトルバスで空港へ向かいます。
ちょっと早いですが1時間程度だと行ける場所も限られてくるので、余裕を持って移動します。

Hakodate-0730
Hakodate-0732

函館空港へ帰ってきました。
1日目はすぐにバスで移動したので、じっくり滞在するのはこれが初。

Hakodate-0733

あまり大きな空港でもないのでお土産を少し見た後、選ばれし者の象徴であるゴールドカードを利用しラウンジにて優雅な休息(Amazonのカードなのはヒミツ)

Hakodate-0734

売店で今回最後のクラシック(500ml)を購入し、機内での時間を満喫しました。

帰りは平日で人が少ないからか安いチケットなのに窓際を指定でき、しかも運のいいことに隣が空席。
夜景を眺めながらのフライトとなりました。

Hakodate-0735

羽田空港に到着、これにて函館旅行は終了!
後はカードのデータが大丈夫か戦々恐々としながら帰宅しました。





函館2泊3日の旅行記は以上になります。

初めての一人旅、旅慣れないゆえの失敗も多かったですが全てを自分で決められる自由さは集団での旅行にはない魅力。
特に私のような写真趣味が場合、同行者がいる中で撮影をしていると「早くしてくれ」とせっつかれてしまうことが多いですからね。



一方、とにかくカメラの不具合に悩まされた3日間でもありました。
氷点下いかない程度の気温で頻発する起動エラー、電源を入れるたびに「お願いだから起動してくれ!」と祈るのは中々に辛いです……



データ不具合について結論から言うと、カメラで画像が表示できなくなっていただけでデータが消えたわけではありませんでした。
帰宅後すぐにカードをPCに繋げると全てのデータを読み取ることができ、ホッと胸をなでおろしました。

後日ソニーのサポートに電話したところ、バックアップの上管理ファイルの修復を実行してくれと指示されました。
その通り実行すると確かにカメラ内でもデータは全て読めるように、ただ出先でバックアップなしにこの動作を行うのはちょっと怖い。



いずれにしろトータルでとても楽しい3日間でした、またこれからも一人旅を続けていきたいですね。

それでは皆様、冗長な旅行記になりましたが最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました!