私たちが青山に越してきたのは、今から30年近く前、『資生堂ギャラリー七十五年史』の編纂作業のためでした(当時はしもた屋風の一軒家)。
20170605_aoyama_cube_before

資生堂さんは銀座に部屋を用意してくださったのですが、8人からなる編集チームには業界名うての編集者がおり昼も夜もない。24時間いつでも出入りできる場所が必要でした。
1995年3月10日資生堂G史綿貫挨拶1995年3月10日
『資生堂ギャラリー七十五年史』刊行記念パーティ
於:銀座資生堂

足掛け六年にわたる調査・編集作業を終え編集チームを解散、がらんとした一軒家の中に残された夫婦二人、さて次は何をしようか・・・・・・
社長は小さくてもいい、好きな絵だけを扱うギャラリーを始めたい。
亭主は次の出版企画書を書きながら、あちこちに売り込むのですが、なかなかうまくいかない。
婦唱夫随、かくして1995年6月5日ギャラリー&編集事務所「ときの忘れもの」をオープンしました。

第一回企画展『白と黒の線刻 銅版画セレクション1 /長谷川潔、難波田龍起、瑛九、駒井哲郎』 

開廊の日のことはブログ「舟越道子さんを送る」の中で書いたことがあります。
おかげさまで、無事今日を迎えることができました。
しかし、22回目の開廊記念日に移転のご挨拶をするとは夢にも思いませんでした。
01
思い出に残る一点
山口長男「五つの線」(1954年 油彩)

03
山口長男とM氏コレクション展

02
2016年10月
3点とも撮影はM氏

ここを立ち退かなければならないことになり、亭主は5月2日のブログに、
・今と同じように駅から近い場所で、
・今と同じように安い家賃で、
・今と同じくらいの広さがあり、
・今と同じように緑のある静かな環境で、
・スタッフたちにとって居心地のいい空間、を探したいと書きました。

呆れる不動産屋さんを拝み倒し、ネットで検索し、知り合いに声をかけ、四方八方探しました。
青山はもちろん、神宮前、赤坂、乃木坂、代々木、初台から、亭主の住むひばりヶ丘、沿線の江古田、等々。
隣り駅の青山一丁目に公園に囲まれた環境抜群の物件が見つかり、一度はそこに移ろうと決めたのですが・・
探してよ〜くわかったのは青山近辺の家賃がいかに高いかということでした。坪2万円〜4万円は覚悟して、と不動産屋に言われ、ため息をつきました。
結婚するとき、亭主は社長に「住む場所、居場所には苦労はさせない」と誓いました。
大家運は抜群であると、日ごろ自慢もしておりました。
命運遂に尽きたか、と思ったある日、、、、ときの忘れもののお客様である阿部勤先生がfacebookにご自分が設計された個人住宅が貸しに出たと書き込みました。
ぴんときた亭主は阿部先生に連絡、大家さんにご紹介していただきました。既に他から申し込みが入っていたようですが、間一髪間に合いました。
どうやら「大家運」は残っていたようです。
20170605_las_casas_01

20170605_las_casas_02

20170605_las_casas_03

(上記図版は『新建築 住宅特集』1996年4月号89〜91ページから再録させていただきました。)

鉄筋コンクリート三階建て、阿部先生の傑作です。
写真は20年前で庭木は塀から少し見えるだけですが、今では三階まで生い茂っています。
名勝六義園の正門からほど近く、東洋文庫から直ぐの場所です。
上記の5条件にすべてあてはまります。
JR及び南北線の「駒込駅」南口から約10分(600m)、
・青山と比べたら格安の家賃で、
・今より広く、
・今と同じように緑豊かな環境で、丹精こめた庭や三階にはビールが美味しそうなテラスまであり、
・スタッフたちにとって居心地のいい空間です。

青山、六本木、銀座からは遠く離れますが、
〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転します。
電話番号も変わります(通話は6月13日から)。
TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531
営業時間も7月1日から11時〜18時に変更します。
ただいま引越し作業中ですので、しばらくはばたばたしておりご迷惑をおかけします。
お披露目は7月初旬を予定しています。

●本日のお勧め作品は第1回企画展を思い出して駒井哲郎を、そして最後の289回企画展から植田正治の作品をご紹介します。
駒井哲郎_onti-syo
駒井哲郎
「恩地孝四郎頌」
1974年
アクアチント(亜鉛版)
20.7x10.0cm
Signed
※レゾネNo.309(美術出版社)

19植田正治
光の筺》 1994年
Type-Cプリント
Image size: 24.2×35.5cm
Sheet size: 25.3×36.3cm
*『植田正治 印籠カメラ寫眞帖』(2011年、青幻舎)P120参照

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください