ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1
このブログ上の図版、写真、文章等のすべてについて無断転載・無断引用を禁止します。

Who ever loved that loved not at first sight?
(まことの恋をする人はみな一目で恋におちる)
三辺律子

 見たとたん、訳したいと思ってしまった。ジャン・ベルト・ヴァンニさんの手がけた絵本『love -ラブ-』。最初は、その個性的なデザインに目を奪われた。ページのあちこちにあいた穴、めくるたびに変化していく切り抜きの妙、大胆だが計算しつくされた色使い、微妙な色合い。一目ぼれだった。
 けれど、編集者の方に頂いた本を何度も読み返しているうちに、また別の魅力が立ちあがってきた。孤児の女の子のどうしようもない寂しさ、決して感傷に流れない切なさがひしひしと胸に迫り、気がついたら完全に恋に落ちていた。ヴァンニさんのイラストは、絵本につけられた文字に負けず劣らず、女の子の孤独を物語っていた。

 子どもが絵本を好むのは、当たり前のように思われているけれど、改めて考えてみると、イラストレーションというものの特質が浮かびあがる。著名な絵本作家のロジャー・デュボアザンが、絵画(ペインティング)に対するイラストレーションを「文章の助けなしに物語を語る―――つまり、絵による文学」だと述べているが、つまり、文字を読めない(あるいはすらすらと読めない)子どもにとって、イラストレーションはまさに物語そのものなのだ。
 ヴァンニさんのイラストは、雄弁に物語を語る。ページにあけられた窓(穴)の奥にポツンと立っている女の子。白と黒で描かれた大勢の子どもが遊ぶ孤児院の風景では、女の子のいるところだけがオレンジ色に切り抜かれている。女の子の運命が坂道を転げ落ちるように暗転していく場面では、ページが細く切り刻まれ、不安を募らせながらページをめくる読者の手も自然と速くなる。そんなヴァンニさんのイラストのテクニックに、わたしは完璧にノックアウトされてしまったのだ。

 とはいえ、好きという感情はそう簡単には説明できないのが常。

 物語る絵であるイラストレーションに対し、絵画(ペインティング)は「感覚に達することだけを意図」したものであり「感じられるだけであって、言葉では表現されえない」。デュボアザンは、絵に必ず文学性を見出そうとする傾向を憂いたドラクロアの考えを紹介して、そう定義しているが、わたしの一目ぼれを説明してくれるのは、まさにこれだと思う。ヴァンニさんの作品は見たとたん、わたしの「感覚に達した」から。
 『love -ラブ-』の絵画的側面に一目ぼれして、イラスト的側面に陥落−――わたしの恋心(?)を無理に言葉にすればそんなところかも。
 だから、〈ときの忘れもの〉のヴァンニさんの展覧会に出かけていったわたしが、再び一目ぼれを喫し、ヴァンニさんの絵をどうしても我が物にしたくなってしまったのも当然の結果だった。今、自宅のリビングの一角に飾ってあるその絵を見るたびに、ヴァンニさんの作品への恋心をますます募らせている。そして、81歳というお年を感じさせない精力的な、日本を愛する紳士ヴァンニさんご自身にも!
        2008年4月 (さんべ りつこ)

*下記の図版は、『love』の英語版より。
love英語版1love英語版2

love英語版3love英語版4

三辺さん*3月14日のオープニングの折、三辺さんとジャン・ベルト・ヴァンニさん。この日お二人は初めて会った。

バンニLOVE
love -ラブ-
著者: デザイン&イラスト/ ジャン・ベルト・ヴァンニ
ストーリー/ ローウェル・A・シフ  
訳/ 三辺律子
 青山出版社
 B5判変型(225×124)
 角背上製 76ページ
価格: 定価1,890円(税込み)
(ヴァンニさんのサイン本が画廊に少し残っています。)

三辺律子(さんべりつこ)
東京生まれ。英米文学翻訳家。白百合女子大学大学院児童文化学科修了。
主な訳書に『よにもふしぎな本をたべるおとこのこのはなし』オリヴァー・ジェファーズ(ヴィレッジブックス)、『龍のすむ家? 炎の星』クリス・ダレーシー(竹書房)、『魔女の愛した子』マイケル・グルーバー(理論社)、他。

*画廊亭主敬白
3月に開催したジャン・ベルト・ヴァンニさんの『love -ラブ-』出版記念展への「コレクターの声」は、『love -ラブ-』を翻訳された三辺さんが執筆してくださいました。
タイトルは、翻訳家らしくシェイクスピアの『お気に召すまま』から。マーロウの詩からシェイクスピアがとったそうです。
『love -ラブ-』は1964年にフランスで出版され、世界中で100万部以上のロングセラーになっている本ですが、物語としても、見て楽しむものとしても、一度味わえばきっと人にも勧めたくなる、そんな素晴らしい体験を与えてくれる絵本です。
今回の展覧会にふさわしい素敵なメッセージを三辺さん、ありがとう。

ヴァンニ・テンペラジャン・ベルト・ヴァンニ
「Balance Game」
  エッグテンペラ
  20.0x25.0  signed

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

コメント

 コメント一覧 (52)

    • 1. みかん
    • 2008年08月14日 15:55
    • 三辺さん>龍のすむ家検岷扮鵑留蝓廖は、
             いつ頃出版できますか?
    • 2. 三辺 律子
    • 2008年08月19日 12:04
    • 『龍のすむ家』のシリーズを読んでくださっているんですね。ありがとうございます。
      永遠の炎は、来年に出版予定です。もうちょっとお待ちいただければ。
      ペニーケトル家の龍たちを、これからもよろしくお願いいたします。
    • 3. グラッフェン
    • 2008年09月07日 11:23
    • 僕は龍のすむ家のファンです。 永遠の炎の続編はありますか。 早く読みたいです。 クリスダレーシーさんの本を何で訳す事にしたんですか。 クリスダレーシーさんにはどんどん書き続けて欲しいです。 返事を下さい。                                      グラッフェンより                         PS どんどん書いてください
    • 4. 三辺律子
    • 2008年09月10日 13:13
    • 『永遠の炎』のあとにもう一冊、つまり全五巻で完結するそうです。楽しみですよね。

      このシリーズのことは、友人(大先輩)から教えていただきました。いかにもイギリスらしい雰囲気に魅せられて。だから、訳せることになって嬉しかったです。
      まずは、もちろん、『龍のすむ家』シリーズですが、いつかほかのダレーシーさんの作品もご紹介できたらいいなーと夢見ています。

      ここで紹介していただいている絵本『love』もよろしくお願いします!
    • 5. グランドリュー
    • 2008年09月16日 20:55
    • 5 永遠の炎…たのしみです。
    • 6. みかん
    • 2008年09月21日 16:42
    • 『永遠の炎』の出版まってます!
      たのしみ〜‼

      お返事ありがとうございます
    • 7. グレーテル
    • 2008年09月30日 22:10
    • 5 私、普通は読書はしないのですが、この本は凄くおもしろくて、ドンドン引き込まれていきました。この本のお陰で、作家になるという夢ができました。永遠の炎、楽しみにしています!
    • 8. レン
    • 2008年10月01日 16:14
    • 5 クリス・ダレーシーさんの「グラッフェン」という本がありますが、あの本は三辺さんが訳しますか?
    • 9. 三辺律子
    • 2008年10月17日 09:02
    • あらためて、『龍のすむ家』シリーズは楽しみにしてくださっている方がたくさんいらっしゃるのだと、実感しました。とてもうれしいです。
      『グラッフェン』をはじめ、ダレーシさんの本をいろいろ紹介していければと思っていますので、いつもいつもお待たせして申し訳ありませんが、すえながく龍たちのことをかわいがってやってください。
    • 10. 琥珀
    • 2008年11月08日 18:33
    • 本当はヨーロッパの恐ろしい怪物的なイメージのドラゴンは嫌いです。
      でもクリス・ダレーシーさんの龍たちはかわいらしい一面もあり、龍は地球の守り手として登場するので本当に大好きです。
      龍が登場する話はたくさんあるけれどこれは一番のお気に入りです。
      「永遠の炎」楽しみにしています!!

    • 11. 花蓮
    • 2008年11月22日 08:24
    • もう発売していますか?
    • 12. みかん
    • 2008年12月19日 21:16
    • 5 『永遠の炎』発売するときは、教えて下さい!!
      一刻も早く読みたいんで!
      お願いします。
    • 13. 虎
    • 2009年01月05日 12:26
    • 5 永遠の炎は何月ごろにでますか?

      一刻も早く読みたいです‼
      でるときは、知らせて下さい‼お願いします!
    • 14. 三辺律子
    • 2009年01月11日 22:05
    • 皆様、本当にありがとうございます。
      発売、今年半ばには、としか、まだお答えできないんですけど(ごめんなさい)、正式に決まったら、竹書房さんのHPなどでも告知できると思うので、よろしくお願いいたします。

      遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
      今年が皆様にとって良い年でありますようにお祈り申し上げます。
    • 15. 野菜ジュース
    • 2009年01月20日 18:15
    • 僕は、小学校の頃にこの本と出会い1巻だけでも7回は読み返させていただきました。2・3巻も発売初日に買って何度も読んでいます。(たまに1巻から速読していきますが。。。)友達にも本を貸して虜にしてしまったほどなので次の「永遠の炎」はとても楽しみです。
    • 16. 虎
    • 2009年02月05日 21:48


    • 質問ばっかで、すいません。
      ダレーシーさんの、グラッフェンの和訳版はでますか?いつ頃でますか?
      お願いします。

    • 17. sss
    • 2009年03月05日 21:52
    • 初めまして。
      sssと申します。
      質問なんですが、龍のすむ家の犬函Dragons of Wayward Crescentシリーズの発売日はまだ、何月まではいえないんですか?
      前のコメと1ヶ月たってますが、答えていただければうれしいです。
      宜しくお願いします
    • 18. TK
    • 2009年04月11日 17:24
    • 5 何月何日に出版されますか
    • 19. はなかい
    • 2009年04月18日 20:33
    • 5 龍のすむ家大好き
      発売日が早く知りたいそしてはやく読みたい
    • 20. グランドリュー
    • 2009年05月09日 11:53
    • 5 デービットはどうなるんだろう???
      それにザナとの子供は?
      バレンタインの龍ってだれなんだろう?
      すっごくたのしみです
    • 21. ガブリエル
    • 2009年06月03日 18:05
    • はじめまして!
      私は4巻発売がまちどおしくて、紙粘土で龍を作ったりしながら発売日をまっています。
      8月ぐらいには発売してほしいなー(^v^)〜♪
      あと、表紙のイラストとグラッフェンとガレスがだ〜いすきです!!!
    • 22. 三辺律子
    • 2009年06月05日 05:42
    • また、こんなにコメントをいただいて、びっくりするとともに感謝しています。
      『永遠の炎』は、早くて7月、遅くても8月には出せそうです。
      皆様、どうぞよろしくお願いいたします!!!
    • 23. ガウェイン
    • 2009年06月13日 19:30
    • 龍の住む家シリーズ4巻の永遠の炎が7月か8月に発売されるんですね。とっても楽しみです。三辺律子産は、どの龍が好きですか?。
    • 24. グランドリュー
    • 2009年07月15日 21:29
    • 5 よーし!もう少しだ!学校から帰ったらすぐ本屋行きます、買います、読みます、次の本まだか、と書き込む!
      絶対一日で読みきりそうな気がする!
    • 25. グランドリュー
    • 2009年07月18日 14:34
    • 5 どうか来週の勉強合宿に間に合いますように!!!!!
    • 26. おーみん
    • 2009年07月20日 21:32
    • 5 「龍のすむ家」超大ファンです
      早く4巻読みたいです!

      ところで、三辺さんはどの龍が好きですか?
      私は、ガズークスとガレスとゴリーが一番大好きデス
      その他の龍もぜーーーーーーーーーんぶ大大大好きで〜す!
    • 27. おーみん
    • 2009年07月20日 21:40
    • そうそう、さっき書き忘れていたことがあるんですけど・・・。
      4巻はいつごろ発売ですか?早くだしてくださいね
    • 28. ガブリエル
    • 2009年07月24日 22:14
    • 夏休みの読書感想文で「氷の伝説」のことを書きました。
      受験勉強もありますが、4巻は絶対買って1週間以内に読みます!!!
      早く出してください!!!!!
    • 29. 虎
    • 2009年08月17日 17:30
    • 僕は、ガズークスとガレスが好きです!

      話を聞く龍はなんで他の龍みたいに名前がないんだろう?

      早く読みた〜い‼
    • 30. 葵
    • 2009年08月26日 11:54
    • 話を聞く龍はグレースじゃないか?
      第1巻の表表紙中に説明が書いてあると思うが。
    • 31. ガブリエル
    • 2009年08月28日 10:58
    • グレースではなくて、メガネをかけている話を聞く龍のことではないでしょうか?
    • 32. sss
    • 2009年09月01日 14:53
    • 5 僕はゴリゴッシュですね。
      名前も特徴もカッコイイ!!

      >三辺さん
      返信遅くなってスミマセン…
      分かりました!
      では、早速調べてみます!
    • 33. 虎
    • 2009年09月05日 19:07
    • 永遠の炎、早速買いました〜!
      明日家に届くので、さっそく読みたいと思いまーす。
      とても楽しみ〜!

      三辺さんお返事ありがとうございました。これからも、ダレーシーさんの本、楽しみにしてますっ!
    • 34. ガブリエル
    • 2009年09月06日 11:37
    • 4巻ってもう発売されてるんですか?
      知りませんでした。
      しばらく本屋に行けないので買えませんが、本屋に行ったら買って、すぐ読むつもりです。
    • 35. 野菜ジュース
    • 2009年09月09日 00:10
    • 5 さっそく「永遠の炎」を読ませていただきました。
      「永遠の炎」で新しく出てきた名前や、デービットの秘密みたいな物もあり、
      とても面白くて発売されてから、4日ぐらいで読んでしまいました。
      永遠の炎も他の3巻(龍のすむ家、氷の伝説、炎の星)も楽しかったです、ありがとうございました。
    • 36. ガブリエル
    • 2009年09月09日 18:05
    • 15日の誕生日に買ってもらえることになりました。
      すっごくたのしみです。
    • 37. 三辺律子
    • 2009年09月19日 15:19
    • 『永遠の炎』、遅くても8月と申し上げていたのに、結局9月に入ってからの発売となってしまいました。やっとお届けできてよかったです。
      登場人(動?)物たちが、どんどん成長して、変わっていく仲間たちもいるけれど、どうか末永く見守ってやってください。

      ときの忘れものさんのサイトをお借りして、皆様とお話できてよかったです。それだから言うわけではないのですが、ここで紹介されている『love』という絵本も、とても素敵です。
      これからも、いい本と巡りあいたいと思っています。

    • 38. はなかい
    • 2009年10月06日 17:11
    • 5 永遠の炎キター
      早速買いに行きました
      とても嬉しい
    • 39. Orion Paris
    • 2009年11月03日 06:14
    • 5 First time contribution.
      初めての投稿です。名前の通りパリから投稿しています。
      永遠の炎は読んでないんですよー。(泣

      三辺さんにご質問。
      永遠の炎の日本語版と英語版の価格を教えてください。インターネットで調べてもよくわからないんですよ。
    • 40. Orion Paris
    • 2009年11月03日 06:33
    • 5 First time contribution.
      初めての投稿です。
      名前通りパリに滞在しています。永遠の炎まだ読んでないです。(泣

      みなさん、面白かったですか?
      読んでない人には失礼な言い方ですが。

    • 41. Orion Paris
    • 2009年11月03日 06:35
    • 同じのが二つ行きました。すいません。
    • 42. 虎
    • 2009年11月21日 08:07
    • とてもオモシロかったですよ!!

      オモシロくってイッキに読んじゃいました!!
    • 43. Orion Paris
    • 2009年11月22日 21:47
    • 僕はめぐるましく忙しいので買う暇が消滅しました。
      帰国の際に絶対買ってみせる。

      こういうファンタジーと理論は大好きでーす。
      ドラゴンは特に。
    • 44. Orion Paris
    • 2009年12月30日 15:13
    • 読みましたよ!めちゃめちゃ面白かったです。
      それと同等に空恐ろしかったです。ブルブル。

      ところでシロクマ先生はお亡くなりになられたのでしょうか?
      話が複雑なので、良く分からないのですが。
    • 45. 虎
    • 2011年02月06日 17:12
    • 5巻はいつ出るのでしょうか?
      英語版はもう出てるみたいですけど…

      前コメからだいぶ経ってますけど、
      返事してくれたら幸いです。
    • 46. ズーキー大好き
    • 2011年02月27日 23:40
    • 受験勉強が終わり開放されたので、1巻から復習も兼ねて2日間でいっきに読んでしまいました。
      初めはリズやルーシーの方が不思議なのに、だんだんデービットの方が分からなくなりました。
      とても引き込まれました。おもしろい!永遠の炎を読み終えて、デービットが帰ってきた安堵とともに今後へのひんやりとした不安を感じます。
      長々と書いてしまってすいません。とにかく次巻がすっごく楽しみです!
      私はど素人なのでよく分かりませんが、翻訳って本当に大変なんだろうなあと思います。がんばってください!応援しています!   …ハァー☆
    • 47. マロン☆
    • 2011年04月30日 08:19
    • 5 こんにちわ!私は、4巻まで読みました。この龍のすむ家をはじめは全然知らなかったのですがなぜか本棚にあり、その本を見てみますと・・・おもしろい!と思い、2巻も3巻も4巻も買いました☆龍たちもかわいいです。デービットの正体が気になります。
      突然ですが・・・5巻はいつ出ますか?早く読みたいです!返事まってます。
    • 48. グランドリュー
    • 2011年07月28日 12:36
    • 5 5巻目はいつごろだろう?
      ものすごい楽しみだ!
    • 49. きき
    • 2012年05月26日 17:01
    • 5巻早くよみたい
    • 50. びぱー
    • 2012年08月06日 12:52
    • そもそもこの話は結構なページ数と少しややこしい理論が含まれているので
      翻訳するのも大変でしょうな。
      それに本家に内容確認したり、表現について打ち合わせしたり、時間発売についても話すんだろうな。
      それも、本家のダレーシーさんは、次の巻に取り掛かっている最中に。
      時間がかかるのは仕様がないと思うけどな。
      3巻と4間の間とかものすごい開いてたろ。
      それくらい待つと思うよ。
    • 51. ガブリエル
    • 2012年08月10日 15:53
    • お久しぶりです。
      「龍のすむ家」5巻の発売はいつ頃になるのでしょう・・・?すごく楽しみにしてます。

      ところで皆さんは龍のすむ家の絵本(「グラッフェンの冒険」でしたっけ?)は購入されたのですか?ネットで調べたら絵本と書いてあってどうしようか迷っています。
    • 52. 虎
    • 2013年06月06日 09:18
    • 5
      「龍のすむ家」1巻の文庫本が出ましたね!
      大変でしょうけど、三辺さんお願いします☆
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック