例年真夏の8月だったのを、震災を受けて急遽繰り上げ開催している「東日本大震災支援企画 ジョック・スタージス新作写真展」も半ばを過ぎました(21日まで会期中無休)。
本日も開廊しておりますので、どうぞお出かけください。
昨日は日曜とあって遠方の方もたくさん来廊され、スタッフはてんてこ舞いでした。
スタージスさんの震災復興支援エディションのウエィティングリストも既に20名近くの方が登録されました。
アートフェア京都」での販売を優先させますので、関西方面の方はぜひ京都会場にお越しください。

ここ数年、「サラリーマン・コレクター」という言葉が普通名詞になり、コレクター自身が画廊を借りてご自分のコレクションを公開することが増えてきました。
またコレクター仲間たちが集まってコレクション展を開くこともしばしばです。

折原一さんは小説家・推理作家として活躍されていますが、元はサラリーマン。そして知る人ぞ知る美術品のコレクターでもあります。
無名に近い存在だった画家・石田黙の作品を次々と集め、遂にはご自身のコレクションを使った「黙の部屋」という小説まで書いてしまった。
2007年6月には銀座の文藝春秋画廊を借りて「石田黙展」を開催されています。

折原さんが先日来廊され、今度は「折原一の骸骨絵コレクション」展をされるというので、驚きました。
骸骨ばかり・・・・・・、異色のコレクション展というべきでしょう。

「メメント・モリ(死を想え)●---折原一骸骨絵コレクション展---」
会期:2011年5月16日(月)〜21日(土)
会場:文藝春秋画廊 ザ・セラー(地下室)
   中央区銀座5−5−12

主な作家・作品:
池田満寿夫/宇野亜喜良/大島哲以/小山田二郎/加藤清美/柄澤齊/坂田哲也/篠田教夫/建石修志/谷神健二/成田朱希/春口光義/福島瑞穂/藤野級井/古吉弘/前田正憲/水口理恵子/三浦明範/三輪修/山科理絵/山本タカト/渡辺栄一/ベルナール・ビュッフェ/髑髏杯(チベット・19世紀)/装飾髑髏 他

折原一_表
折原一_裏


こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから