ギャラリー  ときの忘れもの

2012年11月28日東京新聞朝刊に<磯崎新の「低層」都庁案>という大きな記事が掲載されました。
師匠の丹下健三と争って敗れたプランですが、詳しくは平松剛さんの著書『磯崎新の「都庁」 戦後日本最大のコンペ』(文藝春秋)をお読みいただくとして、この記事の右下に刷り師の石田了一さんが刷ってコンペに出したシルクスクリーンが掲載されています。
磯崎新先生がシルクスクリーンによる版画制作を開始したのは1977年の「ヴィッラ」シリーズからですが、以来今日までほとんどの作品を亭主がエディションしてきました。
20121130_isozaki_newspaper

1985年〜86年にかけて展開された東京都庁の建築コンペは結局師匠の丹下健三が勝利し、高さ243メートル、1991年当時は日本一の高さの東京都庁舎が完成し、今にいたります。
このとき磯崎先生は「超高層はやらない」と断言し、「広場」と「錯綜体(リゾーム)」をキーワードに「都庁低層案」でコンペに挑みました。
これに先立つある時期から磯崎先生は建築コンペに提出する資料を石田了一さんによるシルクスクリーンに切り替えました。
isozaki arata image
磯崎新「都庁コンペ作品より西立面図」
シルクスクリーン(刷り:石田了一)

東京都庁のコンペにも上掲の通り石田さん刷りによるシルクスクリーンが提出されています。このとき石田さんが突貫工事で手がけたシルクは全部で15種類。
紙サイズでいうと1200×800mmが12点、800×600mmが2点、そして扉作品が1200×300mm、計15点です。コンペに提出するのが目的の作品でしたから当時刷ったのは各数部のみ。
磯崎先生の幻の東京都庁案は紙の上にのみ立ち上がり、本来ならその後に版画作品として発表されるはずでした。
ところが亭主が主宰していた版元・現代版画センターは1985年に倒産してしまい、都庁コンペのとき亭主は倒産の後始末に追われそれどころではなかった。
その後も折にふれて、この都庁案をエディションして発表したいという話になるのですが、なかなか進まない。

なぜか。
版画をエディションするにははじめに膨大な資金を必要とします。
製版代、紙代、刷り代、etc.,

亭主が磯崎先生の版画をずっと版元としてエディションしてこられたのは事前に費用を負担してくださるパトロンがいたからです。
今から9年前の今日、2003年12月22日、亭主とひとつ違いのOさんが急逝されました。
レセプションや建築ツアーなどの宴会では「ワタヌキ被害者同盟代表のOです。」と自己紹介するのが常でした。
オーナー社長で歌舞伎やクラシックカーなど多くの趣味を持ち、古き時代の旦那衆を思わせる、明るく、華やかで偉ぶることのまったくない方でした。
亭主がエディションした安藤忠雄、磯崎新の版画エディションをすべてコレクション(それも事前に資金を負担してくれて)してくれた恩人でした。

現在進行中の磯崎新連刊画文集『百二十の見えない都市』もなきOさんはじめ事前予約してくださった多くのパトロンの資金によって完成を目指しています。
2012年も残り僅か。今年も完成まで進めなかったことをお詫びします。

来年こそは、Oさんたちの厚意に報いるためにも制作に邁進したいと思っています。
DSCF5041_
磯崎新「ヴィッラ1
1977年 47×47cm
シルクスクリーン(刷り・石田了一)
Ed.100
*現代版画センターエディション
*「現代と声'77」所収
磯崎新の初めてのシルクスクリーン作品

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 神々の雫
    • 2015年09月27日 10:32
    • 5 こんにちは。はじめまして。
      たまたま「戦後サブカル年代記〜日本人が愛した「終末」と「再生」〜(円堂都司昭著・青土社刊)」という本を読んでいて、バブル真っ盛りの都庁コンペで、唯一100メートル以下の低層案があったと知りました。どのような意匠だったのか知りたくて画像検索をかけ、こちら様にヒットしました。詳細のアップに感謝申し上げます。東京新聞所載のリアルな予想図を見たとき、記事中にあるようにぼくも最初はフジTVの社屋を想起しました。縦横比とセンター中央下部に類似点を見出したのです。しかし、じっくり全体を眺め渡すと、もっと昭和レトロスペクティヴな雰囲気がありますね。旧丸の内都庁舎に似た感じもします。いずれ年代を経て、ある種の普遍美を獲得しそうな本案ではなく、単に一時代を象徴する「古さ」しか帯びて行かない感じの醜怪なタワーがコンペに勝ったことを、建築史のためにもはなはだ残念に思います(ぼく自身は建築の仕事とは全く無関係ですが、まだまだ使える味のある(というか、時に磨かれて味わいを帯び始めた)建物を毀し、効率優先の無機的な高層ビル化を推進することに大きな疑問を持つ者です)。醜怪なタワーといえば、「丸ビル」のように下部に旧ビルの張りぼてをこさえ、上部にタワーを乗っけるという昨今の手法もひどいものですね。お色直しがなった東京駅も、背後に雨後の筍のごときタワーが乱立し、景観を台無しにしています。その上さらに丸の内エリアでは性懲りもなく再開発が準備されており、メインのビルには小学校が入るとか。一体教育を、子どもの育成をどう考えているのか。「作っちゃ毀し」の際限のない繰り返しへの怒りとともに、いささか唖然としました。美学と様式感の欠落したタワーの増殖は、個人的にはもう勘弁してほしいと思います。そうこう言っている間にも、世界的にも著名なロビーを持つ歴史あるホテルが、またまた消えていきそうですね…。
    • 2. ときの忘れもの亭主
    • 2015年09月27日 12:10
    • 神々の雫さま、私どものブログをお読みいただき、コメントまでお書きくださりありがとうございます。
      あのとき、負け戦(?)を覚悟で師の丹下さんに低層で挑戦した磯崎先生の志の高さはきっと将来評価されるでしょう。
      「建築史はコンペ落選案によってつくられる」「古今東西、建築家が最も影響を受け続けているのは実物の建築ではなく、<紙上の建築>だった」・・・・・
      このときの落選、そして東京都現代美術館でも破れ、国際的な活躍を展開する磯崎先生の記念碑的建築は遂に首都に実現しないまま(都内にあるのは小さな住宅や店舗のみ)21世紀になってしまいました。
      残念であります。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット