関根伸夫のエッセイ

〈発想〉について」 第1回[1976年執筆の再録]


 この大切な紙面で、数ヵ月にわたり私の駄文に付き合わざるをえない読者に、寛容の精神を先ずはお願いさせていただきたい。それと、昨年のクロス・カントリー7,500kmでは全国行脚の途上で皆様に多大なるおせわをいただいたことをここに心から感謝申し上げたいと思う。全国数十会場での同時展という稀なる企画のおもしろさもさることながら、各会場を周巡して語り、飲んだ貴重な体験は、私自身の今後の制作に強い作用を生むものと確信できる。対話すること、作品を通じてコミュニケートすることは、われわれ作家の大いなる願目であり、作品をつくらむ動機でもある。今日の作家が、かくも自閉症になりがちなのは、作品をつくりつつ旅しないことにも一因する。かっての円空上人や日本画家達が、旅と制作が一体であったように、われわれ作家も語るべき友をさがし、風物に触れ、発想をゆさぶられねばならない。そんな感慨を深くしたクロス・カントリーであった。
 さて、私は作家が文章を書いたり、語ったりする場合に、一番素直で正直なのは、己れの作品を構想する動機について語りのべることだと思う。もっとも、この動機を正確に、つぶさに語ることほど、困難さと気はずかしさがともなう感覚もないであろうが、しかも多くの場合、作家の虚言や虚偽が存在しやすい。しかし、作家が何をして作品をつくらしめるかという《発想》の地平は、作品と観者の対話の最大の関心事であってしかるべきだろう。何によって発想を得るのか、何が作品を構築させるのか、ところで俺は何が物好きで作品をつくるのか、とまあ自分の仕かけた罠に私自身が突き落ちる危険が始ってしまったようだが、勇気を鼓舞して先に進もう。まずは具体例ひとつ。下に掲げた写真を、ご覧いただきたい。これは高さ三十センチ余りの黒御影石の壺である。そこに墓石の字彫りの技術を用いて
 コレは又 何かと見れば 思ふツボ
と彫り込まれている私の彫刻作品である。これは一輪挿にも使える石の壺でもある。哲学的とも駄ジャレとも思えるものであろうが、私はこれを極めてまじめに考えようとしている。

01関根伸夫
〔空想―思うツボ〕
1973年 黒御影
25x28x8cm

 かって世界を風靡したアンホルメル絵画などの影響を受けて、私もまた抽象的なものを描き続けていたのであるが、いつも他人が私の作品を見て問うのは「コレは何を描いたのか」ということであった。もっと正確に言うなら、コレは何をイメージしているのかというのであったろう。そんな場面で私は毎度コレは何を見て描いたのでも、何かのイメージを表象したのでもないと、心に反問しつつも、何も描かなかったとは言えずに沈黙せざるを得なかった。そんな苦痛が沈殿して、ふと「思ふツボ」と口に小さく呟いたのが動機だったのである。 と、語ってしまうと呆気無いようであり、日常性の中で沈殿してくる感慨が《発想》のツボだと思えなくもない。 (つづく)
せきね のぶお

「版画センターニュース」第12号より再録
現代版画センター機関誌・1976年2月1日発行

1975年11月1日_森岡第一画廊_02
関根伸夫先生、このとき33歳
MORIOKA第一画廊にて
1975年11月1日

1975年11月1日_森岡第一画廊_03
「島州一・関根伸夫 クロスカントリー7,500km」展オープニング
上田浩司さん(左)と関根伸夫先生(中央)
MORIOKA第一画廊にて
1975年11月1日


関根伸夫(せきね のぶお)
1942年(昭和17年)9月12日埼玉県生まれ。1968年多摩美術大学大学院油絵研究科修了、斎藤義重に師事。1960年代末から70年代に、日本美術界を席捲したアートムーブメント<もの派>の代表的作家として活動。1968年の第一回須磨離宮公園現代彫刻展受賞作「位相 大地」は戦後日本美術の記念碑的作品と評され、海外でも広く知られている。1970年ヴェニス・ビエンナーレの日本代表に選ばれ、渡欧。ステンレス柱の上に自然石を置いた「空相」はヴェニス・ビエンナーレの出品後にデンマーク・ルイジアナ美術館の永久所蔵作品(セキネ・コーナー)となる。建築と芸術が融合したイタリアの都市・建築空間に感銘を受け、日本ではまだなじみの薄かった<環境美術>をテーマとした活動をするため帰国、1973年に(株)環境美術研究所を設立する。1975年現代版画センター企画による全国同時展「島州一・関根伸夫 クロスカントリー7,500km」を機に版画制作に本格的に取り組む。1978年にはルイジアナ美術館(コペンハーゲン)他、ヨーロッパ3国巡回個展を開催する。全国各地で数百に及ぶアートプロジェクトにアーティスト、アートディレクターとして参画。2000年光州ビエンナーレ、2002年釜山ビエンナーレのほか、2001年イギリス・テートモダンギャラリーにて開催の「世紀」展では1969- 1973年の東京を代表する作家として参加。2012年 「太陽へのレクイエム:もの派の美術」(Blum & Poe、ロサンゼルス)に参加し、アメリカでも脚光を浴びる。現在ロサンゼルスに在住。
関根伸夫オーラル・ヒストリー
20161008_Sekine_2016_1500

代表作「位相ー大地」は1968年、関根先生が弱冠26歳のときの作品です。
掘って積んだ土はまた埋め戻したので、作品は現存しません。撮影:村井修

*画廊亭主敬白
関根伸夫先生は今はロスアンゼルスに在住し、新しい「SKIN」シリーズと名づけた作品の制作に取り組んでおられます。
1970年代、右も左もわからぬ私たちに現代美術のイロハを教えてくださったのが関根先生でした。
亭主が主宰していた現代版画センター(1974〜1985)の中心的なエディション作家であり、機関誌「版画センターニュース」にもしばしば執筆していただきました。
関根先生が書いてくださったエッセイ類は単行本にも収録されていないので許可を得て今月から順次再録掲載してまいります、ご愛読ください。

●今日のお勧め作品は、関根伸夫です。
20170912_1_sekine_12_sankaku関根伸夫
《三角の窓のproject》
1982年 銅版
60.0×45.0cm
Ed. 50 サインあり
*現代版画センターエディション


20170912_2_sekine_14_nami関根伸夫
《三角の波のproject》
1982年  銅版
60.0×45.0cm
Ed. 50  サインあり
*現代版画センターエディション


20170912_3_sekine_18_ishi関根伸夫
《石のベクトル》
1982年  リトグラフ
90.0×63.0cm
Ed. 45  サインあり
*現代版画センターエディション

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください

◆関根伸夫のエッセイ「〈発想〉について[再録]」は毎月12日の更新です。

埼玉県立近代美術館では15年ぶりとなる「駒井哲郎 夢の散策者」展が開催されています。
会期:2017年9月12日[火]〜10月9日[月・祝]
企画を担当された吉岡知子さん(同館学芸員)のエッセイ<企画展「駒井哲郎 夢の散策者」に寄せて―武田光司氏のコレクション>をお読みください。
20170911_駒井哲郎_裏


●ときの忘れものは、〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました(詳しくは6月5日及び6月16日のブログ参照)。
電話番号と営業時間が変わりました。
TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531 
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜18時。日・月・祝日は休廊。

JR及び南北線の駒込駅南口から約8分です。
12