<迷走写真館>一枚の写真に目を凝らす 第50回

01_1500
(画像をクリックすると拡大します)

大きな岩がごろごろし、ちょっとおどろおどろしい感じのする場所である。
草木が一切生えていないことも、そうした印象を助長しているのだろう。
生き物が育つのに欠かせない潤いが途絶えた土地なのだ。

そんな荒涼とした風景に、唯一見いだせる生き物が、ふたりの人間である。
ふたりはござを敷いた上に腹ばいになり、裸足の足をハの字に開いていて寝そべっている。体つきからすると女性のようで、そばには脱いだ履物とわずかな荷物が置かれている。

ふたりのいる場所には石囲いができている。
ほかと区切するために造られたのだろうが、何を区別するためなのかはわからない。囲いの外側は道である。そこを隔てるようにして石が置かれているが、両者のちがいとして気付くのは、道よりも囲いの中のほうが地面の色が明るいことだ。

囲いには大きな石も混じっている。造るのは結構な労力がいったと思う。だれがやったのか。このふたりでないことは確かだろう。
つまり、積んだのはほかの人たちだが、そこが囲まれている意味をふたりは知っていて、他のところではなくて囲いの中を選んだのだ。

渓流のそばにある露店の天然温泉の光景に、ちょっと似ているような気がする。温泉の成分を岩で堰止めるように、この囲みの内側に何か見えないものが溜まっている。

湯の入っていない温泉みたいだなと思って見ているうちに、ふたりの頭上のあたりに視線が停止した。そこに気になるものを見つけたのだ。斜面から岩が飛び出している。ほかの岩とちがって表面がごつごつしてなくて滑らかで、地中から彫り出したように形がはっきりしているのである。

岡本太郎の太陽の塔の上にのっているような、デフォルメされた顔がそこから浮かび上がってくる。ふたつの大きな目玉とへの字口。見えないパワーが放たれているようだ。

この場所の核心は、実はその岩にあるのではないか。ふたりの人間はただそこに寝転がっているのではなく、その岩が発するパワーをあがめて五体投地しているのではないか。

だれかが、あるとき、この岩にパワーを感じて囲いをつくった。この場の力を守護するための結界を張ったのだ。

標しが付けらたことで、パワーの存在がわかりやすくなる。超能力の持ち主でなくても目で見てここだと認識できる。
噂が広まり、人々がやってくる。
人の祈ったり拝んだりする場所は、こうやって出来ていくのだ。

大竹昭子(おおたけあきこ)

〜〜〜〜
●紹介作品データ:
山縣勉
「涅槃の谷」
2014年撮影(2016年プリント)
ゼラチンシルバープリント
Image size: 20.8x31.8cm
Sheet size: 27.9x35.6cm
裏面にサインあり

■山縣勉 Tsutomu YAMAGATA
写真家。1966年東京生まれ 東京都在住。
1988年 慶應義塾大学法学部法律学科卒 卒業後エネルギー企業に勤務
2004年 退社後、海外放浪。その後創作活動に入る。
2007年 フリーランス写真家になる
2013年 Photolucida Critical mass TOP 50

主な個展:
2014年 Dried-up Paris and Amsterdam, ALBA GALLERY (北京)
2013年 THIRTEEN ORPHANS, Colorado Photographic Arts Center (コロラド)
2012年 Double-dealing, ALBA GALLERY (北京)
2012年 国士無双, ZEN FOTO GALLERY (東京)
2011年 国士無双, ZEN FOTO GALLERY (北京)

主な出版物:
2015年 写真集 涅槃の谷 2015 (ZEN FOTO GALLERY)
2012年 写真集 国士無双 (ZEN FOTO GALLERY)
2011年 私家版写真集 Bulgarian Rose

●写真集のご案内
六本木のZEN FOTO GALLERYから、山縣勉さんの写真集『涅槃の谷』が出版されました。

写真集山縣勉写真集『涅槃の谷』
2016年
ZEN FOTO GALLERY 発行
108ページ
25.6x19.5cm
ハードカバー
限定700部
価格5,000円(税別)
ご注文、お問い合わせはZEN FOTO GALLERYへお願いします。


親が私を産んだ歳よりずっといってから子どもが産まれた。私の二世だ。同じころ、年老いた父が癌にかかった。その治療方法を調べるうちに、癌に冒された人が集うという東北の谷のことを知った。山に埋まった岩から強力な放射線が飛び出し、川は沸騰して流れている。モウモウと湧き上がる煙の切れ間から、山を中心に人が点々と横たわっているのが見える。その光景を初めて見たときに私は涅槃図を思い出した。寝そべる仏陀を中心に十名の高弟たちが思い思いの格好で過ごす絵は、煩悩が消え去って悟りが完成された最終境地を表すという。
すべてが剥がれ落ちた人たちから苦悩や焦りは感じられない。性別さえ薄らいで、安寧な世界への準備と循環する生への期待を思わせる。一段上に形なく存在しているかのようなこの場所に私は通いはじめた。徘徊し、ゴツゴツした岩に座ってゆっくりと息を整え、父や幼い息子のことを考える。
― 山縣勉、あとがきより
(ZEN FOTO GALLERYのHPより転載)

◆大竹昭子のエッセイ「迷走写真館 一枚の写真に目を凝らす」は毎月1日の更新です。