『ときの忘れもの・拾遺』〜ギャラリーコンサート2017〜 に寄せて

大野 幸

2017年の『ときの忘れもの・拾遺』は、3回にわたり声楽家の淡野弓子(たんの・ゆみこ)さんに登場していただきます。

淡野さんを声楽家と呼ぶのは少し抵抗があります。というのは、声楽家としてのご活躍と同等、あるいはそれ以上に指揮者、合唱指導者、研究者として八面六臂のご活躍をされているからです。しかもその活動領域を年々拡張し、新しいことに次々と挑戦されている。学生時代は前衛芸術運動・フルクサスに参加していたとのこと。

演奏する研究者として『バッハの秘密』(平凡社新書)の近著がある淡野さんは、バッハのみならず、その100年前の大作曲家、ハインリヒ・シュッツ(1585〜1672)演奏/研究の第一人者です。ハインリヒ・シュッツは宗教改革者マルティン・ルターのドイツ語訳聖書を全て音楽にすることをライフワークとしました。シュッツの作品群がその後のドイツ音楽の礎となります。淡野さん率いるハインリヒ・シュッツ合唱団・東京は、シュッツの全曲演奏を成し遂げ、言葉と音楽が分ち難く結びつていること、また言葉が音楽の源泉であることを証ししてくれました。

現在、世界は言葉の力を蔑ろにする動きに満ちています。今年の『ときの忘れもの・拾遺』では、言葉本来の力を再確認したいと願い、畏れつつ淡野さんに白羽の矢を立てました。3回のコンサートは、全て淡野さんの構想によるプログラムです。私の思惑をはるかに超える内容を構んでくださった淡野さんに感謝し、皆様と共に、コンサート当日その場に居合わせたいと切に願うものであります。

「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。 この言は、初めに神と共にあった。万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。」(ヨハネ1:1-4)

おおの・こう 20170407)

******

●ときの忘れもの・拾遺 ギャラリーコンサートのご案内
第5回 春<夜鶯>

日時:2017年5月23日(火)18:00〜
会場:ときの忘れもの
出演:メゾ・ソプラノ/淡野弓子 夜鶯の歌〜中世からロマン派へ
   スクエア・ピアノ/武久源造
   リコーダー/淡野太郎
*要予約=料金:1,000円
予約:必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記の上、メールにてお申し込みください。
info@tokinowasuremono.com

淡野弓子
■淡野 弓子 Yumiko Tanno [メゾ・ソプラノ]
東京藝術大学声楽科卒業。旧西ドイツ・ヴェストファーレン州立ヘルフォルト教会音楽大学に留学し、特に声楽、合唱指揮を集中的に学ぶ。1968年東京に「ハインリヒ・シュッツ合唱団・東京」を設立、以来2008年まで40年に亘り指揮者としてシュッツ音楽を始めとするルネサンス、バロックから現代に至る数多くの合唱作品の演奏に携わる。1989年に『シュッツ全作品連続演奏』を開始し2001年に全496曲の演奏を終了。歌い手としては、シュッツ、バッハより現代に至る宗教曲、ドイツ・リート、シェーンベルク《月に憑かれたピエロ》を始めとする現代作品の演奏、新作初演など。
 1991年〜2004年、アグネス・ギーベルの薫陶を受けつつ内外のコンサートで共演。2010年より米国にてエリザベス・マニヨンに師事。メゾ・ソプラノ淡野弓子、ピアノ小林道夫による「歌曲の夕べ」を2013年2月および2015年10月(共演:杉山光太郎・ヴィオラ)を開催。2015年5月には井桁裕子制作の操り人形「ユトロ」との共演により『狂童女の戀』(人形操演:黒谷都/朗読:坂本長利/ピアノ:武久源造)を制作・演奏。著書:『バッハの秘密』平凡社新書。CD:<ハインリヒ・シュッツの音楽> I〜IV [SDG/MP]、メンデルスゾーン<パウロ>[ALCD]ほか。

武久源造
■武久 源造 Genzoh Takehisa [スクエア・ピアノ]
1957年生まれ。1984年東京芸術大学大学院音楽研究科修了。以後、国内外で活発に演奏活動を行う。チェンバロ、ピアノ、オルガンを中心に各種鍵盤楽器を駆使して中世から現代まで幅広いジャンルにわたり様々なレパートリーを持つ。また、作曲、編曲作品を発表し好評を得ている。
91年よりプロデュースも含め30数作品のCDをALM RECORDSよりリリース。中でも「鍵盤音楽の領域」(Vol.1〜9)、チェンバロによる「ゴールトベルク変奏曲」、「J.S.バッハオルガン作品集 Vol.1」、オルガン作品集「最愛のイエスよ」、ほか多数の作品が、「レコード芸術」誌の特選盤となる快挙を成し遂げている。著書「新しい人は新しい音楽をする」(アルク出版企画・2002年)。1998〜2010年3月フェリス女学院大学音楽学部及び同大学院講師。

淡野太郎
■淡野 太郎 Taro Tanno [リコーダー]
東京都立芸術高校を経て東京藝術大学卒業。この間、声楽を岡實俊、佐々木正利、嶺貞子、リコーダーを守安功、濱田芳通、ファゴットを山上貴司の諸氏に師事。藝大在学中にはバッハ・カンタータクラブに在籍、小林道夫氏の薫陶を受ける。1997年以降度々渡欧し、声楽及び歌曲解釈等をA.ギーベル、C.モラーヌ、Z.ファンダステーネ、H.Ch.ポルスターの諸氏に師事。2003〜04年ヘアフォルトのヴェストファーレン教会音楽大学に学び、声楽をS.シャマイト、リコーダーをE.シュヴァンダ、合唱指揮をH.ハーケの諸氏に師事。2004〜06年ライプツィヒ・ゲヴァントハウス室内合唱団メンバー。2007年の帰国前後から指揮活動を本格化させ、宗教曲を中心に数多の作品を指揮、好評を博す。現在、ハインリヒ・シュッツ合唱団・東京 常任指揮者。ユビキタス・バッハ、メンデルスゾーン・コーア、各指揮者。指揮の他にもソロやアンサンブルの歌い手として、またリコーダーやドゥルツィアン奏者としても活動。

20160130_oono
■大野 幸(建築家) Ko OONO, Architect
本籍広島。1987年早稲田大学理工学部建築学科卒業。1989年同修士課程修了、同年「磯崎新アトリエ」に参加。「Arata Isozaki 1960/1990 Architecture(世界巡回展)」「エジプト文明史博物館展示計画」「有時庵」「奈義町現代美術館」「シェイク・サウド邸」などを担当。2001年「大野幸空間研究所」設立後、「テサロニキ・メガロン・コンサートホール」を磯崎新と協働。2012年「設計対話」設立メンバーとなり、中国を起点としアジア全域に業務を拡大。現在「イソザキ・アオキ アンド アソシエイツ」に参加し「エジプト日本科学技術大学(アレキサンドリア)」が進行中。ピリオド楽器でバッハのカンタータ演奏などに参加しているヴァイオリニスト。

●今日のお勧め作品は、ウィン・バロック Wynn BULLOCKです。
ウィン・ベロック「森の少女」
ウィン・バロック Wynn BULLOCK
"Child in the forest"
1951 printed later
Gelatin Silver Print
19.2x24.2cm   signed

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください