ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1
このブログ上の図版、写真、文章等のすべてについて無断転載・無断引用を禁止します。

関根伸夫のエッセイ

「<発想>について」 第5回(最終回)[1976年執筆の再録]


 第4回
 第3回
 第2回
 第1回

 かって見た光景が、作品構想の大きな根拠になる例はしばしば経験する事であるが、逆に、作ってしまった作品が、その後訪れた光景とよく合致してしまい、しかももっと壮大な世界へと導かれるのは不思議に快い体験であった。
関根伸夫5_00001
関根伸夫
『三つの山』
1976年

 一昨年の春、友人数名と東洋美術の源流を訪ねようという気分で韓国を旅行した。韓国の印象を一度の旅行で語るのは極めて困難だが、近代化されていなかった明治大正期、あるいは万葉の時代の日本もたぶんこうではなかったかと感じられて素晴らしかった。≪故郷≫の土の香りがかくも新鮮な驚きとしてあるのは感動的なことである。韓国をして≪東洋のギリシャ≫というそうだが、乾燥した大気と濃く荒くれた緑、赤い大地は地中海的風光を憶わせる。新聞の政治的情報における、奇妙にゆがめられたイメージと異なって、私の出合った風土や民衆は、明るい冗談に満ちたものであった。前衛美術家の集団による≪ソウル・アンデパンダン≫の展覧会やら、街の画廊を巡る数日を経た後、出品作家数名とわれわれは韓国や日本の美術の現実を語り合いつつ、代表的な遺跡を望む小旅行に向かった。近代的都市ソウルからバスで五時間、田園を走ると目的地、慶州がある。
 近づくにしたがい、私は目前に繰り広げられる光景に目を見はらざるを得なかった。なぜというに、何と数ケ月前に完成した私の彫刻わずか数十センチの黒御影石の≪二つの山≫の土木的スケールで現実化された物が、山裾や平野のあちこちに無数にあるではないか。一行の一人朴先生は、「私はこれをお墓のハプニングと呼んでいるんですよ」と説明してくれたが、なるほど古代の古墓やら、現代人の墓が、山のふもとや平原にまるで大地が丸いウミをもたげたように突起し群生しているのである。慶州といえば新羅時代の主都であったと聞くが、当時奈良朝人がこの地方の風光に合わせて大和という地を選択したのかと合点できるように、あの耳成山や畝傍の山々に酷似した自然の成立ちである。そこに高麗芝におおわれた丸い半球状の古墓が起立し、背景のなだらかな山々と重なり合う。あるいは風化せられた古墓などは、自然の山と、どれが山でどれが人工かと見まごう風であった。おおげさな言い方なら、万葉の故郷とは、かくの如き自然と人間の行為が大きく感応しあう、喚びあう世界ではないだろうかと思える。夕日が沈むころになると、背後の山々は夕餉の支度を調える村々の煙と霞で青みを増してくる。午前の古墓の乳房はゆるやかな稜線を金色に輝かせ、背後の山々のシルエットと重なり合う。太古の、万葉の光景ともいうべき風光が、われわれにおおいなる平安を与えて夜に突入する。まったく二つの山からなる双子墓のシルエットには私も無口を保つしかなかった。
 さて、私の彫刻作品≪二つの山≫を構想したのは偶然の重なりからである。デッサンでなぐり描きする過程で形状が瓢箪形や乳房や尻を思わすものが多くなって、石に彫刻することによって具体化されたまでのこと。すなわち、黒い磨き面とノミ切りの膚との二つの対比を強引に結びつけたものである。作品全体に大地性を与えるために接地面を水平にして吸いつくように気をつかった。
関根伸夫5_00002左に掲げた写真は、特に自然化した状態をつくり出すために野外にもち出して撮影したものである。多分にこういった発想は自己の小さな内部に止まりやすいが、これを拡大して土木的に、自然空間でのスケールに置きかえてみれば、慶州のこの古墓群の光景に、その具現の大きさを知らされた様に思われる。正確にいうなら、私が構想した作品はすでに太古より、もっと壮大で、もっと世界をともなった次元で具現されていたのである。やられたな、と思いつも、しかし、私自身は決して彫刻する行為を止められないと思う。なぜなら、私自身の行為をはるかに超えて存在する世界を体験することは、また遠く続く行為を確認することでもある。太古人のおおいなる夢の跡を確認することは、現代人たるわれわれの行為とも決して変わることのない世界を共有することである……と、そんな憶いをはせながらまた私は己れの行為を誇大妄想的にも正当づけている自分に気付きながらも、太古人の行為を尊敬してやまない態度を保持している。しかも相として、表情として顕在化させるべき世界を予感しているといったら笑われるだろうか。
 さて、慶州の古墓と≪二つの山≫にちなみ一句。
 双子山 ふれる谷間に 時のぬくもり
せきね のぶお

*「版画センターニュース」第17号より再録
現代版画センター機関誌・1976年8月1日発行

関根伸夫(せきね のぶお)
1942年(昭和17年)9月12日埼玉県生まれ。1968年多摩美術大学大学院油絵研究科修了、斎藤義重に師事。1960年代末から70年代に、日本美術界を席捲したアートムーブメント<もの派>の代表的作家として活動。1968年の第一回須磨離宮公園現代彫刻展受賞作「位相 大地」は戦後日本美術の記念碑的作品と評され、海外でも広く知られている。1970年ヴェニス・ビエンナーレの日本代表に選ばれ、渡欧。ステンレス柱の上に自然石を置いた「空相」はヴェニス・ビエンナーレの出品後にデンマーク・ルイジアナ美術館の永久所蔵作品(セキネ・コーナー)となる。建築と芸術が融合したイタリアの都市・建築空間に感銘を受け、日本ではまだなじみの薄かった<環境美術>をテーマとした活動をするため帰国、1973年に(株)環境美術研究所を設立する。1975年現代版画センター企画による全国同時展「島州一・関根伸夫 クロスカントリー7,500km」を機に版画制作に本格的に取り組む。1978年にはルイジアナ美術館(コペンハーゲン)他、ヨーロッパ3国巡回個展を開催する。全国各地で数百に及ぶアートプロジェクトにアーティスト、アートディレクターとして参画。2000年光州ビエンナーレ、2002年釜山ビエンナーレのほか、2001年イギリス・テートモダンギャラリーにて開催の「世紀」展では1969- 1973年の東京を代表する作家として参加。2012年 「太陽へのレクイエム:もの派の美術」(Blum & Poe、ロサンゼルス)に参加し、アメリカでも脚光を浴びる。現在ロサンゼルスに在住。
関根伸夫オーラル・ヒストリー
20161008_Sekine_2016_1500

代表作「位相ー大地」は1968年、関根先生が弱冠26歳のときの作品です。
掘って積んだ土はまた埋め戻したので、作品は現存しません。(撮影:村井修)


●今日のお勧め作品は、関根伸夫です。
20180112_skin15関根伸夫
"Phase of Nothingness-Skin 15"
2015年
キャンバスにアクリル
木枠・合板
101.6x81.3cm
サインあり

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください

●ときの忘れものは昨年〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました。TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531
新天地の駒込界隈についてはWEBマガジン<コラージ12月号>をお読みください。18〜24頁にときの忘れものが特集されています。
21駒込内観ときの忘れものの小さな庭に彫刻家の島根紹さんの作品を2018年1月末まで屋外展示しています。
2018年から営業時間を19時まで延長します。
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜19時。日・月・祝日は休廊。
JR及び南北線の駒込駅南口から約8分です。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット