小林紀晴のエッセイ「TOKYO NETURE PHOTOGRAPHY」第4回

01


02


山形の友人から果実が届いた。
私はその表面を、日々、指で優しく押す。食べごろを計るためだ。同封されていた紙には「耳たぶほどの柔らかさになったら食べごろ」と記されていた。
私は片手を耳たぶへ、反対側の指先を果実へ。
そのたびに、私はいまここにはない季節の感触を得る。
遠い風景の連なりを想像する。

--------

小林紀晴
《Takadanobaba 01》
《lafrance 02》
共に2017年撮影
ゼラチンシルバープリント
11x14inch
Ed.20

こばやし きせい

◆埼玉県立近代美術館で「版画の景色 現代版画センターの軌跡」展が始まりました。現代版画センターと「ときの忘れもの」についてはコチラをお読みください。
会期:2018年1月16日(火)〜3月25日(日)
埼玉チラシAY-O600現代版画センターは会員制による共同版元として1974年〜1985年までの11年間に約80作家、700点のエディションを発表し、全国各地で展覧会、頒布会、オークション、講演会等を開催しました。本展では45作家、約300点の作品と、機関誌等の資料、会場内に設置した三つのスライド画像によりその全軌跡を辿ります。同館の広報誌もお読みください。

○<埼玉県立近代美術館にて『靉』という漢字を初めて知りました。これ、版画なの!? 版画無知には衝撃的な作品ばかりです。
(20180116/樺太柳葉魚‏さんのtwitterより)

○<「版画の景色」図録も気合を入れました!
シルクスクリーンのケースの中には、現代版画センターを異なる側面から追求した3冊子!
本物のセンターエディション作品入りスペシャル版図録、選べる5種類(大沢昌助、オノサト・トシノブ、菅井汲、堀内正和、元永定正の中の1枚が付属)・限定50部も...!

(20180116/埼玉県立近代美術館さんのtwitterより)

○<『版画の景色 現代版画センターの軌跡』、多彩で予定時間をオーバーしてしまう嬉しい誤算。
(20180117/@buechnerさんのtwitterより)

○<ご無沙汰しております。「現代版画センターの軌跡展」のご案内ありがとうございます。
希望と混沌の時代に遭遇できたことを感謝しております。是非伺いたいと思います。

(20180116/静岡・Oさんのメールより)

現代版画センターエディション番外 オノサト・トシノブ「GHC2(青)」
現代版画センターのエディション作品を展覧会が終了する3月25日まで毎日ご紹介します。
オノサト・トシノブ_GHC2
1974年度入会プレミアム作品 オノサト・トシノブ「GHC2(青)」
1974年  シルクスクリーン(刷り:岡部徳三) 10×10cm
Ed.1500 スタンプサイン
*レゾネ(『ONOSATO オノサト・トシノブ版画目録 1958-1989』ART SPACE 1989年刊)95番
昨日に続き番外作品をご紹介します。1974年度から1980年度まで、毎年会員にはラージエディションによる「入会プレミアム作品」を送っていました。7年間、毎年二種類、計7作家14作品が制作されました。エディション番号はついておらず、すべて番外作品です。
パンフレット_05

◆国立近現代建築資料館で2月4日[日]まで「紙の上の建築 日本の建築ドローイング1970s-1990s」展が開催中。磯崎新、安藤忠雄らの作品が出品されています。展覧会については戸田穣さんのエッセイをお読みください。
磯崎新「還元GYMNASIUM 」磯崎新
「GYMNASIUM」
1983年
シルクスクリーン(刷り:石田了一)
イメージサイズ:55.0x55.0cm
シートサイズ:90.0x63.0cm
Ed.75  サインあり
*現代版画センターエディション

ギャラリートーク「建築版画の世界」のご案内
植田実(住まいの図書館出版局編集長)× 石田了一(石田版画工房)× 綿貫不二夫(ときの忘れものディレクター)
司会:日埜直彦
日時:1月27日(土曜日)14時から
場所:文化庁国立近現代建築資料館
住所:〒113-8553 東京都文京区湯島4-6-15
入場方法:旧岩崎邸庭園からの入館となりますので、入園料400円(一般)が必要となります。

◆ときの忘れものは「Arata ISOZAKI × Shiro KURAMATA: In the ruins」を開催しています。
会期=2018年1月9日[火]―1月27日[木] ※日・月・祝日休廊
磯崎新のポスト・モダン(モダニズム)ムーブメント最盛期の代表作「つくばセンタービル」(1983年)に焦点を当て、磯崎の版画作品〈TSUKUBA〉や旧・筑波第一ホテルで使用されていた倉俣史朗デザインの家具をご覧いただきます。他にも倉俣史朗のアクリルオブジェ、磯崎デザインの椅子なども出品します。
版画掌誌第2号
版画掌誌第2号
オリジナル版画入り美術誌
2000年/ときの忘れもの 発行
特集1/磯崎新
特集2/山名文夫
B4判変形(32.0×26.0cm) シルクスクリーン刷り
A版:限定35部:120,000円(税別 版画6点入り)
B版:限定100部:35,000円(税別 版画2点入り)


◆小林紀晴のエッセイ「TOKYO NETURE PHOTOGRAPHY」は毎月19日の更新です。

●ときの忘れものは昨年〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました。TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531
新天地の駒込界隈についてはWEBマガジン<コラージ12月号>をお読みください。18〜24頁にときの忘れものが特集されています。
06駒込玄関ときの忘れものの小さな庭に彫刻家の島根紹さんの作品を2018年1月末まで屋外展示しています。
2018年から営業時間を19時まで延長します。
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜19時。日・月・祝日は休廊
JR及び南北線の駒込駅南口から約8分です。