「版画の景色−現代版画センターの軌跡」はなぜ必見の展覧会なのか

大谷省吾
(東京国立近代美術館美術課長)

 以下の文章は、いま埼玉県立近代美術館で開催中の「版画の景色−現代版画センターの軌跡」展をまだご覧になっていない方のために書きました。要するに「ぜひ見てくださいね!万が一見逃しても、あとで必ずカタログは見てくださいね!」ということなのですが、どうしてオススメなのかということを、私が展覧会を見た感想を織り交ぜつつ、少しばかり書いてみようと思います(もう展覧会をご覧になった方も、これを読んで、もう一回見てくださったら嬉しい)。
 まず、私が声を大にして言いたいのは、これはただの版画展ではないということです。いや、たぶん、この展覧会タイトルをみたら、誰もが版画の展覧会だと思うでしょう。そして会場に並んでいる作品も、基本的には版画作品なのですが、その枠を逸脱するものがあるのです。会場を入ると、靉嘔のシルクスクリーンから展示が始まっています。そこから木村光佑、オノサト・トシノブ……と続いていく展示の流れは、いかにも版画展。小田襄や関根伸夫など立体造形作家による版画に「おや」と思っても、そこまでは基本的に、版画の展覧会です。しかしそのあと、スライド・プロジェクションのコーナーがあります。そこには作品のイメージが投影されているのではなくて、なにやら賑やかに人々の集う展覧会場写真だったり、討論会のようなものの写真だったりが、どんどん映し出されているのです。同時に資料も閲覧できるようになっています。このコーナーを億劫がってよく見ずにとばして、展示作品だけ見てオシマイにしてしまっては、今回の展覧会を楽しんだ、あるいは理解したとはいえません。会場にはこうしたコーナーが3ヶ所あって、とにかくここをじっくり見てほしいのです。
 この展覧会は、版画の展覧会であるよりもまず「現代版画センターの軌跡」をふりかえる展覧会です。この「ときの忘れもの」ブログの読者の方にあらためて現代版画センターのことを説明するまでもないと思いますが、その活動期間は1974-85年でしたから、若い方々はセンターの活動をリアルタイムではご存じないはず。かくいう私も(もう若くないけど)リアルタイムでは知りません。綿貫さんとのおしゃべりの際に当時のエピソードを聞いたり、あるいはセンターの刊行物を見たりして、なんとなく断片的に知っていただけなので、その全貌は私も今回初めて知りました。そしてあらためて、これはすごいと認識した次第なのです。では、なにがすごいのか。
 展覧会の企画者、埼玉近美の梅津元さんは、センターの活動の特色を的確に3つ、挙げています。第1に、メーカー(版画を制作する版元としての活動)、第2に、オーガナイザー(オークション、展覧会、シンポジウム、上映会など様々なイベントを組織する活動)、第3に、パブリッシャー(刊行物を編集・発行する活動)です。今回の展覧会では、第1のメーカーとしての活動を展示作品によって、そして第2のオーガナイザーとしての活動をスライドショーで、第3のパブリッシャーとしての活動を資料閲覧コーナーでふりかえることができるわけです。逆にいうと、展示作品だけ見ていても、今回の展覧会をじゅうぶんに理解したとはいえないのです。その点、今回のカタログはすごい。この3つの活動の密度が一目瞭然。こういうデータのヴィジュアル化をやらせたらこの人の右に出る者はいないneucitoraの刈谷悠三さん。彼の凝りに凝ったレイアウトによる3分冊のカタログのうち、第1のメーカーとしての活動は「A:テキストブック」の作品リストと「B:ヴィジュアル・ブック」の図版で、第2のオーガナイザーとしての活動は「C:アトラス」の分布図と年表で、第3のパブリッシャーとしての活動は「A:テキストブック」中の総目録で、いやというほどわかります。そして会場のスライドショーや、カタログの「アトラス」から見えてくるのは、作品そのものよりも、作品を受け取る側の存在、それも東京などに限定されない、全国規模の受け手の存在です。
 もっぱら作品にだけ関心を持つ人でしたら、1974-85年という今回の展覧会の扱う時期を見て、ちょうど東京国際版画ビエンナーレの終末期(1979年に第11回で終了)と入れ替わるように誕生したこのセンターが、版画表現の拡張や版画概念の見直し(版画ビエンナーレ末期には「これ版画なの?」という作品がたくさん出品されました)にどのように取り組んだか、ということを期待して展覧会を訪れるかもしれません。でも、版画センターのやろうとしたことは違っていました。版画表現の拡張や版画概念の見直しといった問題は、いってみれば作る側の問題。版画センターが取り組んだのは、受け取る側、そして作る側と受け取る側とを結ぶ媒介者のあり方の改革といえるでしょう。作る側と受け取る側とが、媒介者によって共犯関係を取り結ぶような……。梅津さんがテキストの最後に指摘しているように、「組織運営的な観点からみて、最も重要なのは、現代版画センターが、単なる『版元』だったのではなく、会員制度を組織した『共同版元』として活動し、その可能性を切り開きつつあった、ということにある」というわけです(その点でいうと、私は今回の展覧会の出品作品のセレクトには若干、不満があります。現代版画センターが手掛けた版画作品は700点以上ありますが、今回出品されているのは265点(+α)。企画者の視点による選別がなされています。理想的にいうと、当時の作り手−受け手の熱をおびた関係を知るためには、今回展示されていない作品も含めて見ていく必要があるでしょう)。
 まあ、それは限りある展示空間の中では無理な注文ではあります。そうした作り手−受けての関係の熱、という点でいうと、会場の中でまとまって紹介されていた「’77現代と声 版画の現在」は見逃せません。これは、9人の作家(靉嘔、磯崎新、一原有徳、小野具定、オノサト・トシノブ、加山又造、関根伸夫、野田哲也、元永定正)による版画を制作し、全国で展覧会を開催し、各地でパネルディスカッションや連続シンポジウム等のイベントを行い、それらをまとめた本を刊行するという、前述の1〜3の特色が凝縮されたような取り組みでしたが、その刊行物の巻末で、北川フラムさんはこう書いています。「美術の問題を〈美術〉に閉じこめないこと、運動論として展開していくことが必要だ」。ここが重要です。梅津さんも今回の展覧会で「時代の熱気を帯びた多面的な運動体」として現代版画センターを総括しています。この文章の最初に私が、この展覧会がただの版画展でないと書いたのは、まさにこの点においてです。現代版画センターがやろうとしたのは、ただ版画を刷って売ることではなくて、もっと広い視点から美術と社会との関係を改革していこうとした、ひとつの「運動」だったのだといえるでしょう。
 その考え方は、一種ユートピア的な理想論だったのでしょうか。1985年に、現代版画センターが倒産せざるをえなかった理由は、単に経済的な行き詰まりだったというより、この国において作る側と受け取る側とが、その時点では理想的な関係を維持できなかったからということもできるかもしれません。しかし翻って今日の私たちはどうなのか、ということも考えさせられます。最後にもういちど言います。今回の展覧会は、ただの版画展ではありません。昭和50年代のある美術運動の回顧を通して、作り手、受け手、そしてその媒介者の関係をあらためて考えさせてくれる、射程の深い展覧会なのです。必見です。
おおたにしょうご
0091974-1985年表:北海道帯広から沖縄県石垣島まで全国各地で開催された1400項目のイベント(展覧会、オークション、頒布会、講演会、パネルディスカッション、上映会他)の会期、会場が掲載されています。

034映像コーナー1

037機関誌閲覧コーナー:『画譜』『版画センターニュース』の全バックナンバーを手にとってご覧になれます。

061映像コーナー2:手前のファイルは秋田県大曲支部佐藤功介さんが保管していたエディション目録、支部報・会員報他。

070映像コーナー2

099映像コーナー3

104現代版画センター年度別記録ファイル、故・栗山豊収集のウォーホル資料ファイル

055'77現代と声」企画エディション 
上掲写真はすべてタケミアートフォトス撮影

大谷省吾(おおたにしょうご)
1969年茨城県生まれ。筑波大学大学院博士課程芸術学研究科中退。1994年より東京国立近代美術館に勤務。現在、同館美術課長。博士(芸術学)。「北脇昇展」(1997年)、「地平線の夢 昭和10年代の幻想絵画」(2003年)、「生誕100年 靉光展」(2007年)、「麻生三郎展」(2010年)、「生誕100年 岡本太郎展」(2011年)、「瑛九1935-1937闇の中で「レアル」をさがす」(2016年)などを企画。著書『激動期のアヴァンギャルド シュルレアリスムと日本の絵画 一九二八−一九五三』(2016年 国書刊行会)。

◆埼玉県立近代美術館で「版画の景色 現代版画センターの軌跡」展が開催されています。現代版画センターと「ときの忘れもの」についてはコチラをお読みください。
詳細な記録を収録した4分冊からなるカタログはお勧めです。ぜひご購入ください(2,200円)。
会期:2018年1月16日(火)〜3月25日(日)
埼玉チラシAY-O600現代版画センターは会員制による共同版元として1974年〜1985年までの11年間に約80作家、700点のエディションを発表し、全国各地で展覧会、頒布会、オークション、講演会等を開催しました。本展では45作家、約280点の作品と、機関誌等の資料、会場内に設置した三つのスライド画像によりその全軌跡を辿ります。

○<埼玉近美「版画の景色」展へ。現代版画センターについて活動の全貌を見せる。作家として出ている建築家は磯崎新安藤忠雄だけだが、思っていた以上に建築界と関係が深い。工房の設計者として原広司が出てきたり、会員向け雑誌に植田実、八束はじめ、月尾嘉男、彦坂裕らが毎号のように書いてたり。
(20180211/磯達雄さんのtwitterより)>

○<「版画の景色ー現代版画センターの軌跡」じつに面白かった戸張孤雁作品初めて直に見られた…!カタログも充実のひとことに尽きる。
「巨大地下空間とウォーホル展」の記録にはたいへん驚きました。また版画の特性を活かした全国での同時展示を行っていたことなども初めて知りました。現代詩の「北ノ朗唱」等も思い浮かべました。70〜80年代はそうした作家自身による拡散を試行した時代だったんですかねー

(20180210/佐藤りえ‏ さんのtwitterより)>

○<埼玉県立美術館の「版画の景色 現代版画センターの軌跡」展にうかがったところ、
思いがけずお会いすることができ、大変うれしく思いました。
お会いした時点ですでに、作品群に圧倒されており、
ご招待のお礼も十分に申し上げることができず、大変失礼いたしました。
一人ひとりの作家(がまだ若かった頃)の勢い、
現在版画センター&スタッフ皆さんの力強い後押し、
そしてひとつひとつの作品の個性と力強さ、
今の時代にも・いつの時代にも訴えかける変わらぬ新しさ……、
いやはや、作品数の多さもあり、圧倒されてました。
目が踊り、頭の中で作品がしばらく踊っていました。
貴重な時間をもつきっかけを作っていただきまして、どうもありがとうございました。
今後も気軽にママチャリで、本駒込に寄らせていただきます。
どうもありがとうございました。

(20180211/YAさんからのメールより)>

西岡文彦さんの連載エッセイ「現代版画センターという景色が始まりました(1月24日、2月14日、3月14日の全3回の予定です)。草創期の現代版画センターに参加された西岡さんが3月18日14時半〜トークイベント「ウォーホルの版画ができるまでーー現代版画センターの軌跡」に講師として登壇されます。

光嶋裕介さんのエッセイ「身近な芸術としての版画について(1月28日ブログ)

荒井由泰さんのエッセイ「版画の景色―現代版画センターの軌跡展を見て(1月31日ブログ)

スタッフたちが見た「版画の景色」(2月4日ブログ)

毎日新聞2月7日夕刊の美術覧で「版画の景色 現代版画センターの軌跡」展が紹介されました。執筆は永田晶子さん、見出しに<「志」追った運動体>とあります。

倉垣光孝さんと浪漫堂のポスター(2月8日ブログ)

嶋吉信さんのエッセイ〜「紙にインクがのっている」その先のこと(2月12日ブログ)

○埼玉県立近代美術館の広報誌 ソカロ87号1983年のウォーホル全国展が紹介されています。

○同じく、同館の広報誌ソカロ88号には栗原敦さん(実践女子大学名誉教授)の特別寄稿「現代版画センター運動の傍らでー運動のはるかな精神について」が掲載されています。

現代版画センターエディションNo.186 小野具定「漁夫」
現代版画センターのエディション作品を展覧会が終了する3月25日まで毎日ご紹介します。
186_小野具定《<現代と声>より、 漁夫》小野具定
<現代と声>より《漁夫》
1977年
銅版雁皮刷り(刷り:赤川版画工房・赤川勲)
Image size: 41.0×54.6cm
Sheet size: 50.2×65.9cm
Ed.100   サインあり

小野具定先生は創画会で活躍する日本画家でしたが1977年の「現代と声」企画で初めて版画制作に取り組まれました。刷りを担当されたのは赤川勲さんです。
本日は小野先生の誕生日でした(1914年2月16日山口県熊毛郡田布施村に生まれ、2000年5月17日千葉県柏市で没)。
パンフレット_05
出品作家45名:靉嘔/安藤忠雄 /飯田善国/磯崎新/一原有徳/アンディ・ウォーホル/内間安瑆/瑛九/大沢昌助/岡本信治郎/小田襄/小野具定/オノサト・トシノブ/柏原えつとむ/加藤清之/加山又造/北川民次/木村光佑/木村茂/木村利三郎/草間彌生/駒井哲郎/島州一/菅井汲/澄川喜一/関根伸夫/高橋雅之/高柳裕/戸張孤雁/難波田龍起/野田哲也/林芳史/藤江民/舟越保武/堀浩哉 /堀内正和/本田眞吾/松本旻/宮脇愛子/ジョナス・メカス/元永定正/柳澤紀子/山口勝弘/吉田克朗/吉原英雄
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください


●ときの忘れものは昨年〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました。TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531
20170707_abe06新天地の駒込界隈についてはWEBマガジン<コラージ12月号>をお読みください。18〜24頁にときの忘れものが特集されています。
2018年から営業時間を19時まで延長します。
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜19時。日・月・祝日は休廊。
JR及び南北線の駒込駅南口から約8分です。