ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1
このブログ上の図版、写真、文章等のすべてについて無断転載・無断引用を禁止します。

「一日だけの須賀敦子展」

没後20年。
未だに読者を魅了し「現役」の著作家であり続ける須賀敦子。
今回「一日だけの須賀敦子展」と題し、『須賀敦子の旅路』(文春文庫)の著者、大竹昭子さんが撮影した、須賀敦子と関わりの深いミラノ・ヴェネツィア、ローマの写真作品を展示いたします。
文庫化の際に収録しきれなかった写真作品も含め、須賀敦子の足跡を振り返るのに最良の道しるべとなる写真展をどうぞお楽しみください。
会場では、『須賀敦子の旅路』を含め、多数の本を展示販売いたします。
夜には、大竹昭子さんと植田実さんのトークイベントも開催(要ご予約)。
みなさまのご来場をお待ちしております(BOOKS青いカバ 小国貴司)。

会期:2018年11月22日(木)11時〜19時
会場:ときの忘れもの
〒113-0021 東京都文京区本駒込5-4-1 LAS CASAS
Tel 03-6902-9530
主催:BOOKS青いカバ
出品作品:大竹昭子の写真作品「須賀敦子の旅路」より10数点
須賀敦子の全集、など書籍30種類

*入場無料
*展示写真と書籍を販売いたします

DMの代わり-1

5大竹昭子(13)出品No.5)大竹昭子
「ミラノ/須賀の義父が勤めていた信号所」
Type-Cプリント
シートサイズ:35.5×43.0cm
Ed.8 Signed

13大竹昭子(21)出品No.13)大竹昭子
「ミラノ/須賀が住んでいたムジェッロ街のアパート」
Type-Cプリント
シートサイズ:43.0×35.5cm
Ed.8 Signed


BOOKS青いカバ主催トーク
「大竹昭子×植田実〜須賀敦子の文学を読み直す」

*当日19時半より、大竹昭子×植田実のトークを開催します。
トークは要予約(ご予約は、青いカバ店頭、メール、お電話で承ります。)
会場:ときの忘れもの
定員:18名
会費:1,500円(ワンドリンク付)

大竹昭子さんからのメッセージ
ゲストの植田実さんは仏文から建築界に入った変わり種。文学と建築に等しく愛を注ぐ尊敬する書き手であり、私をギャラリーときの忘れものにつないでくださった方です。会場の「ギャラリーときの忘れもの」は阿部勤さんの設計、須賀敦子さんが感嘆の声をあげたであろう名建築です! その場所で須賀さんにゆかりのある写真に囲まれつつ植田さんとお話ができるとは、夢のような企画です。というのも、須賀さんはとても建築が好きでした。『時のかけらたち』というヨーロッパの建築や街路について綴った著作には、ローマのパンテオンが登場しますが、その描写にはなんど読み返してもうならされます。だれよりも須賀さんに見ていただきたい、そんな気持ちを込めて準備いたします。

*追伸
当日は、イタリア文化会館のご協力を得て、須賀敦子さんがイタリアで出版した本をお借りして展示できることになりました。
展示予定のひとつは、近代日本文学作品から須賀さんがセレクトし、ペッピー丿の協力を得てイタリア語に翻訳した、イタリアでの最初の大きな仕事『現代日本文学選』です。
ここにはヨーロッパではじめて紹介された日本の小説もはいっており、
当時、日本文学に興味のあるイタリア人は、川端康成、谷崎潤一郎などをイタリア語で読めるなんてなんという幸運! と思ったそうです。
さらに、コルシア書店が版元となって出版され、河出書房新社が日本語版をだした『こうちゃん』も展示したいと思います。
日本語版は当日販売もいたしますので、あわせてご覧になれるまたとない機会です。
どうぞお出かけください。

須賀敦子


●販売書籍のリスト(著者名の欄、翻訳者の記載がないものは、須賀敦子訳 )
須賀敦子注文リスト-001


*画廊亭主敬白
少年のころの夢のひとつに「古本屋」があった。
昨年、まったく縁のなかった駒込への移転話が持ち上がったとき、初めての土地だったので社長とちょっとうろうろしていて見つけたのが「BOOKS青いカバ」という古本屋!
なんというネーミング、さっそく入ったら懐かしい(ような)好青年あり、その場でブログの執筆を頼んでしまいました。
そうなんです、この古本屋があったから駒込への移転を決意したんです。
「BOOKS青いカバ」さんの主催で、11月22日、愛読する須賀敦子さんの本と大竹昭子さんの写真をたくさんならべ、「一日だけの須賀敦子展」を開催する運びとなりました。当日は客の一人として楽しむつもりです。

●ときの忘れものは昨年〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました。TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531
阿部勤設計の新しい空間についてはWEBマガジン<コラージ12月号18〜24頁>に特集されています。
2018年から営業時間を19時まで延長します。
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜19時。日・月・祝日は休廊です。
JR及び南北線の駒込駅南口から約8分です。
12
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット