ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1
このブログ上の図版、写真、文章等のすべてについて無断転載・無断引用を禁止します。

暦の上ではもう秋。
昨年の夏もたいへんでしたが、今年も連日の猛暑、残暑お見舞い申し上げます。

30年ほど前、亭主はしばしば仕事でパリを往復していましたが、ホテルには冷房などありませんでした。それが今年は40度を超す猛暑とか、地球規模で何かが起こっているのでしょう。自然ばかりでなく、社会全般に不穏な空気が漂う昨今、いったい地球は、世界は、日本はどうなってしまったのでしょうか。

ときの忘れものはただいま夏休み中(8月11日〜19日)。
社長はたまった家事のあれこれを片付ける一方、決算の始末にも追われ、なかなか休みに入れません(涙)。それでも亭主の故郷群馬へのお墓参りに同行してくれました。
昨夜は台風の影響もあり雨や風で少し心配だったのですが、今年1月に亡くなったジョナス・メカスさんの新盆、井戸沼紀美さんが企画した『幸せな人生からの拾遺集』を見に吉祥寺の映画館に行ってきました。
ジョナスメカス「幸せな〜」上映後に森栄喜さん(写真家)、岡本零さん、井戸沼さんによるトークがありました。それぞれがメカスさん(の映像)との出会いと何に魅かれるのかを語ってくれました。いい供養になったと思います。

スタッフたちはそれぞれ実家に帰ったり、海外に出たりで久しぶりの休暇を楽しんでいることでしょう。
例年と異なるのは、休み明け早々、主催する展覧会の他にお手伝い(協力)する企画が目白押しで(ありがたいことなのですが)、その過密スケジュールに呆然としています。

中村哲医師とペシャワール会を支援する特別頒布会
草間「かぼちゃYB-C」中村医師とペシャワール会は戦乱と相次ぐ旱魃に見舞われたアフガニスタンの村々で1,000カ所以上の水源(井戸、カレーズ)確保作業を継続し、故郷を追われた人々の帰還と耕作をすすめています。
ときの忘れものは2002年から支援に取り組んできましたが、今後は毎月11日に数点の作品を無償で提供し、売り上げ金全額をペシャワール会に送金します。
詳しくは8月11日のブログをお読みいただきたいのですが、第一回は、ヤコブ・アガム、荒川豊蔵・虎渓山水月窯茶碗、イチハラヒロコ、豊島弘尚、草間彌生の珍しい作品を破格の特別価格で提供します。申し込み締切りは8月21日19時です。


眼差しの肖像画コレクション
会期:2019年8月23日[金]―9月7日[土] *日・月・祝日休廊
11_Gazing Portrait_0729両面秋の最初の展覧会。卓抜な表現力と、深い人間観察に基づいて描かれた7人の作家による異色の肖像画コレクションをご覧いただきます。
出品作家:ベロックジョゼフ・コーネル小野隆生森村泰昌三上誠細江英公五味彬


幻想都市風景 2019 GINZA〜 光嶋裕介展
ハガキ会期:2019年8月27日(火)〜9月30日(月) 10:00〜22:30(営業時間)
会場:GINZA SIX 6F 銀座 蔦屋書店 アートウォールギャラリー(スターバックス前展示スペース)
主催:銀座 蔦屋書店
協力:ときの忘れもの
問い合わせ先:03-3575-7755
銀座の老舗デパートがGINZA SIXとなって大きく変貌し、中でも蔦屋書店でのアート関係の催事には目をみはるものがあります。前回の安藤忠雄展に続き、今回は新進建築家の光嶋裕介さんのドローイング展です。
大変光栄なことに、東京のど真ん中、銀座SIXの銀座蔦屋書店にて『幻想都市風景 2019 GINZA』光嶋裕介展(8月27日(火)〜9月30日(月)まで)を開催させていただくことになりました。建築家としてドローイングを描き続けてきたので、このような発信の場をいただき、ワクワクしています。なるべく在廊し、銀座をアトリエにして制作したいと思っています。加えて、ゴッチさん(8.27)、内田樹先生(9.3)、いとうせいこうさん(9.10)、束芋さん(9.19)に鈴木理策さん(9.24)と尊敬する5人のクリエーターと「建築を身体で思考する」というテーマで対談します。ぜひ皆さん、こぞってお越しください!心よりお待ちしております! 光嶋拝

ときの忘れもの拾遺・第11回ギャラリーコンサート/守安功・雅子
守安功・雅子日時:2019年9月3日(火)18時
会場:ときの忘れもの
会費:1,000円(要予約)
11回目となる大野幸さんプロデュースのコンサート、今回はアイルランド音楽の守安さんご夫妻をお迎えします。
残席僅かです。申し込みはお早めにお願いします。
私たちのコンサートには、プログラムがありません。その日、その場所にいらしてくださった方たちの、雰囲気や反応や、みなさんとのやり取りの中から、その都度、1回限りのかけがえのない物語を、一緒に作ってゆきます。その意味では、開演前から、すでに物語は始まっています。
今度の9月から、3回にわたり、みなさんと、音楽を通して、ご一緒に、時の旅に出たいと思います。
初回の、9月3日(火)は、ぼくたちが、1980年代、90年代に、アイルランドのお百姓さんたちから教わってきた音楽を中心に楽しんでいただ きます。そして、その音楽が、ヨーロッパの中でも奇跡的に、今にそのまま残る、バロック音楽である、ということも、実際の演奏を通して、体験していただければと思っています。
初回の、9月3日(火)の日、一体、どんな曲が、そして、どんなお話が飛び出すのか、私たちにとっても、本当に楽しみです。「一期一会」という言葉の、本当の意味を、みなさんと、じっくり味わってみたいと思っ ています。 守安功

  

ART FAIR ASIA FUKUOKA 2019
AFAF2019Official-LOGO(再送)_600会期:2019年9月5日(木)〜9月8日(日)
会場:ホテルオークラ福岡 9階 925号室
公式サイト:https://artfair.asia/
出品作家:磯崎新瑛九森下慶三、他
海外のフェアは副社長の尾立に任せていますが、国内のフェアは老骨に鞭打って亭主と社長が何とかがんばっています。今年はホテルオークラ福岡と福岡三越の二会場での開催ですが、私たちはホテルオークラ福岡の925号室です。
今春3月のアートバーゼル香港2019に初出展し、念願だった瑛九の海外初個展を開催しましたが、9月の福岡では瑛九をはじめ、今年建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受賞された磯崎新、イタリアで活躍しながら2003年ミラノで不慮の死をとげた森下慶三の九州が生んだ異才3作家を中心に、瀧口修造、松本竣介、安藤忠雄、オノサト・トシノブ 他を出品します。
招待券が若干ありますので、ご希望の方はお知らせください。


大竹昭子写真展 須賀敦子のいた場所
大竹昭子・神戸展DM会期:2019年9月7日(土)〜9月12日(木)
会場:神戸 ギャラリー島田
トークイベント:大竹昭子×武谷なおみ
問い合わせ先:078-262-8058
須賀敦子さんにゆかりのあるイタリア三都市を訪ねた写真展「須賀敦子のいた場所」を、須賀さんが生まれ育った神戸で開催いたします! 昨秋の東京展はあえて「一日だけの……」と銘打っておこない好評でしたが、神戸展は9/7〜9/12の1週間で、会場はギャラリー島田です。初日には、イタリア文学者の武谷なおみさんをお迎えしてトークをいたします。須賀さんが作家デビューする以前から親交のあった武谷さんから、どんなエピソードが伺えるか、愉しみです。 大竹昭子

プリツカー賞受賞記念 磯崎新 作品展
磯崎新展チラシryoumenn会期:2019年9月13日(金)〜9月16日(月)
会場:福井県勝山市・中上邸イソザキホール
主催:アートフル勝山の会、勝山市観光まちづくり株式会社
問い合わせ先:0779-87-1245
人口23,000人ほどの小さな町、福井県勝山市には磯崎新先生が設計した個人住宅が二つもあります。今回の会場は1983年竣工した中上邸イソザキホール、磯崎建築の内部空間を直に体験できるまたとない機会ですので、どうぞお出かけください。
特別企画:9月15日(日)14時
会場:旬彩食祭 花月楼(要予約)
・石山友美監督映画『だれも知らない建築のはなし』の上映(第17回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館 正式出品作品)
・対談:植田実 × 石山友美磯崎建築を語る


●本日のお勧め作品は細江英公です。
takiguchi細江英公 Eikoh HOSOE
《瀧口修造》
ゼラチンシルバープリント
20.3×30.4cm
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください


●ときの忘れものは青山から〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました。
阿部勤設計の新しい空間はWEBマガジン<コラージ2017年12月号18〜24頁>に特集されています。JR及び南北線の駒込駅南口から約8分です。
TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531 
E-mail:info@tokinowasuremono.com 
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜19時。*日・月・祝日は休廊。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット