ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1
このブログ上の図版、写真、文章等のすべてについて無断転載・無断引用を禁止します。

こんにちは、ときの忘れものスタッフMです。
ときの忘れものは、2019年9月6日(金)〜8日(日)にホテルオークラ福岡で行われた「ART FAIR ASIA FUKUOKA 2019」へ出展してまいりましたので、レポートいたします。

***

今回の出張は in 福岡!
私は福岡は行ったことがなかったのでとても楽しみにしていました、が、
今回の出張では別件で重要な仕事があり、もうそのプレッシャーが半端じゃありませんでした。
フェア数日前に福岡入りし、ブログでは詳しく書けませんが、福岡駅から電車で1時間くらいの場所でなんとか大仕事を終えた後のビールは最高でした。

さて、アートフェアアジア福岡が始まるまで少し時間があったので、博多駅前にある西日本シティ銀行と福岡市美術館を見てきました。

IMG_7598磯崎新先生によって設計された西日本シティ銀行本店(当時は福岡相互銀行本店として完成)。
天気は快晴。

IMG_7600入口にはジョエル・シャピロの彫刻作品がある。

IMG_7601ジョエル・シャピロ彫刻のキャプション
「WALK 1988 JOEL SHAPIRO」

IMG_7520福岡市美術館
2019年3月21日にリニューアルオープン。
美術館の目の前には大きな池(大濠池)があり、周りは緑に囲まれていて気持ちがいいロケーション。


IMG_7524福岡市美術館の入口には草間彌生の南瓜のオブジェがある。

IMG_7661福岡市美術館の設計は前川國男氏。
写真は館内にある模型。


アートフェアアジア福岡は今年で開催5回目。今年は初めてホテルオークラと福岡三越の2会場で開催でした。ホテルの展示設営前に、少しだけ福岡三越の会場を覗いてきました。

IMG_7622福岡三越 9階「三越ギャラリー」入口

IMG_7641福岡三越 9階「三越ギャラリー」会場内

IMG_7619三越のエレベータで気が付いたのですが、ポスターやチラシの中心にときの忘れものが出品する瑛九「三人のバレリーナ」の画像を発見。


フェアの前日、福岡には社長令子さんと亭主綿貫さんも到着し、展示作業開始です(綿貫さんは長旅でお疲れでホテルで休養)。実はホテルフェアは初参加の私。社長のテキパキした動きに倣って作業を進めていきます。そして無事展示完了!

IMG_7712ホテルオークラ福岡 ときの忘れものルーム(No.925)
手前のベッドに立てかけてある大きな版画は、上記でご紹介した磯崎新先生の設計による銀行をモチーフにした版画"OFFICE-I(BANK)"です。
奥のベッドに立てかけてあるのは、こちらも磯崎新先生による北九州市立美術館をモチーフにした"MUSEUM-II"

IMG_7711

IMG_7694右上の作品がチラシの中央に掲載されていた瑛九のフォトデッサン「三人のバレリーナ」。
中央の二段掛けしているのはオノサト・トシノブ。
左の一番大きい作品(黄色い)は瑛九の吹き付け作品「赤と黄」。

IMG_7708ベットには版画の小品や書籍を並べました。

IMG_77042点とも松本竣介の素描。

IMG_7703左が瑛九の水彩。右の二段掛けしている作品はどちらも瀧口修造の作品。

IMG_7723ホテルのロビー。フェア受付。

IMG_7614ホテルオークラ福岡の外観。
9階でフェアが開催された。


今年のフェアは会場がホテルと三越の2会場だったので、来場者が分散してしまうかと不安でしたが、想像よりも多い人で賑わいました。
ときの忘れものルームには毎年来てくださるお客様がお土産まで持って来てくださったりして(恐縮)、福岡の方のあたたかさに心がほっとしました。
おかげ様で松本竣介はじめ、磯崎新、元永定正、オノサト・トシノブなどが好評でした。

***

今回の福岡への出張は、準備こそばたばたして大変でしたが、始まってみるとやっぱりフェアは楽しいですね。
なにより、初の福岡は美味しいものばかり(生イカ、焼酎、屋台で食べるラーメンなどなど)食べられて幸せでした。
いまから来年が楽しみになってきました。(笑)

さいごに、今年もお世話になったお客様のTさま。
お忙しい中、撤収ではご協力いただきまして誠にありがとうございました。
また来年も参加すると思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
まつしたけんた

*画廊亭主敬白
櫛田神社の御神籤は小吉、終わりよければすべて良しとはなりませんでした。
福岡は毎年かけつけてくれるTさんのおかげで社長と二人だけでしたが、今回初めて若いスタッフMが参加してくれました。Mは最終日を待たずに帰京したので、のんびりしたレポートになりました(笑)。
搬出時に起こった悲惨な事態については愚痴になるし、せっかく来場してくださったお客様(リピーターはどのフェアよりもダントツです)にも申し訳ないので書きません。フェア自体は事務局スタッフ、ボランティアの皆さんの献身的な努力に感謝あるのみ。しかし最後の最後に、某輸送業者の非情な仕打ちに遭い、めげました。Tさんがいなかったらどうなっていたことか、苦い教訓を胸に来年は仕切りなおしてチャレンジしたいと思います。

●本日のお勧め作品は、瑛九です。
qei-189瑛九 Q Ei
《三人のバレリーナ》
1958年
フォトデッサン
27.3x21.9cm
裏面にタイトルと年号あり
*現代版画センターエディション
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください

「幻想都市風景 2019 GINZA−光嶋裕介展」が銀座で開催中
蔦屋光嶋展DM会期: 2019年8月27日(火) 〜 9月30日(月)
10:00〜22:30(営業時間)
会場:銀座 蔦屋書店アートウォール・ギャラリー(6F スターバックス横 展示スペース)
主催:銀座 蔦屋書店
共催:協力 ときの忘れもの
問い合わせ先:03-3575-7755

●ときの忘れものは青山から〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました。
阿部勤設計の新しい空間はWEBマガジン<コラージ2017年12月号18〜24頁>に特集されています。JR及び南北線の駒込駅南口から約8分です。
TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531 
E-mail:info@tokinowasuremono.com 
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜19時。*日・月・祝日は休廊。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット