ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1
このブログ上の図版、写真、文章等のすべてについて無断転載・無断引用を禁止します。

この度、ときの忘れものブログでおなじみの若手建築家・杉山幸一郎さんのドローイング頒布会を開催します。

杉山さんは、日本大学(高宮研究室)を経て、東京藝術大学大学院(北川原研究室)で建築を学び、在学中に世界屈指の大学、スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ピーターメルクリスタジオ)に留学しました。その間にインドを旅し、トルコからエジプトまで乗り合いバスで縦断、イベリア諸国を2ヶ月かけてまわり、フランス中部からピレネー山脈を抜けてイベリア半島の先まで約1400kmを歩いて巡礼するなど、多くの旅を経験して視野を広げました。帰国後、2013年に若手建築家の登竜門と言われるUnder 30 Architects exhibitionに選出されて出展。2014年文化庁新進芸術家海外研修制度により、スイスの建築家ピーター・ズントーのアトリエで研修、2015年から同アトリエに勤務し、翌年ワークショップチーフ、2017年からプロジェクトリーダーとして活躍されています。
ピーター・ズントーはご存じ通り高松宮殿下記念世界文化賞(2008年)、プリツカー賞(2009年)、RIBAゴールドメダル(2013年)に輝く今世紀を代表する建築家です。
今夏、ときの忘れもので杉山幸一郎さんの初個展を開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で、杉山さんがスイスから帰国することが困難となり、延期することになりました。
展覧会は少し先になりますので、皆様には一足先に杉山幸一郎さんのドローイング17点を頒布致します。
杉山さんがドローイングに合わせて、額もこだわってデザインしてくださいました。小島さんという私たちが長年お世話になっている額縁製作の職人さんと何度もzoom会議を行ない、ようやく完成しました。素材は楓を使用しています。
頒布作品は全て額付5万円(税込)です。
この機会にぜひコレクションに加えていただければ幸いです。
杉山さんから届いたVTRをご覧ください。





DSC_0311

DSC_0321

DSC_0299

DSC_0327

DSC_0335

--------------------------------------------
Line & Fill 01-190412_A5Line & Fill 01    sold out
2019
水彩
14.8x21.0cm
Signed


sugiyama-lf02
"Line & Fill 02"   sold out
2019
水彩
14.8x21.0cm
Signed


sugiyama-lf03
"Line & Fill 03"    sold out
2020
水彩
29.7×21.0cm
Signed


sugiyama-lf04
"Line & Fill 04"    sold out
2020
水彩
21.0x14.8cm
Signed


sugiyama-lf08
"Line & Fill 08"    sold out
2020
水彩
29.7×21.0cm
Signed


sugiyama-lf09
Line & Fill 09”     sold out 
2020
水彩
21.0×29.7cm
Signed


sugiyama-lf11
"Line & Fill 11"    額付価格:50,000円(税込)
2020
水彩
21.0×29.7cm
Signed


sugiyama-lf12
"Line & Fill 12"    額付価格:50,000円(税込)
2020
水彩
29.7×21.0cm
Signed


sugiyama-lf13
"Line & Fill 13"    sold out
2020
水彩
29.7×21.0cm
Signed


sugiyama-lf15
Line & Fill 15”    額付価格:50,000円(税込)
2020
水彩
29.7×21.0cm
Signed


sugiyama-lf17
"Line & Fill 17"   sold out
2020
水彩
29.7×21.0cm
Signed


sugiyama-lf18
"Line & Fill 18"    額付価格:50,000円(税込)
2020
水彩
29.7×21.0cm
Signed


sugiyama-lf19
"Line & Fill 19"    額付価格:50,000円(税込)
2020
水彩
29.7×21.0cm
Signed


sugiyama-lf24
"Line & Fill 24"   sold out
2020
水彩
29.7×21.0cm
Signed


sugiyama-lf25
"Line & Fill 25"    額付価格:50,000円(税込)
2020
水彩
29.7×21.0cm
Signed


sugiyama-lf36
"Line & Fill 36"    額付価格:50,000円(税込)
2020
水彩
21.0×29.7cm
Signed


sugiyama-lf42
"Line & Fill 42"    sold out
2020
水彩
29.7×21.0cm
Signed

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください

・購入ご希望の方はメール、電話、ファックスでお申込みください。
特別頒布価格は50,000円(額付、税込)です。
先着順にて頒布します。
・杉山さんデザインによる木製特注額を用意しました。かなり凝ったデザインで、一個一個手づくりですので、納品まで少々お時間をいただきます。
ただいまスタッフは在宅勤務を基本としているため、ご質問等にはすぐには返信できない場合もあります。
配送ご希望の場合は、別途梱包送料がかかります。

●建築と社会の関係を視覚化する新しいメディアとして注目されているarchitecturephotoアーキテクチャーフォトが杉山さんのドローイングとオブジェクトを特集し、作家のメッセージも掲載されています。ぜひご覧ください。


宮森敬子展 — Surfaces of Time 集められた時間と空間の表面たちを開催します(予約制/WEB展)。
会期=2020年9月25日[金]—10月17日[土]*日・月・祝日休廊
宮森展
宮森敬子は手透きの和紙とチャコールなどの自然の物を使って、ツリーロビング(木の表面の模様を手透きの和紙でで写し取った作品)で自然物や人工物を包み込むもの、あるいは透明樹脂(プラスチック)で自然物や自分の作品を固める作品を制作しています。現在は米ニューヨークにアトリエを構え、日本と行き来しながら、絵画、彫刻、インスタレーションの発表を行なっています。
今回、ときの忘れものの拠点である駒込を自ら歩き、駒込富士神社や東洋文庫ミュージアムにある樹木の拓本を行ないました。本展では、ときの忘れものの建物を使い、それらの拓本を層状に重ねたインスタレーションを行ないます。
会期中、宮森敬子さんによる無観客ギャラリートークを開催し、その様子をYouTubeで公開予定します。
※予約制にてご来廊いただける日時は、火曜〜土曜の平日11:00〜19:00となります。
※観覧をご希望の方は前日までにメール、電話にてご予約ください。

「ジョナス・メカス展」は終了しましたが、WEB展はユーチューブでご覧いただけます。
展示作品・風景紹介

メカス日本日記の会・木下哲夫さん 特別インタビュー〈ジョナス・メカスとの40年〉


●ときの忘れものは青山から〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました。
阿部勤設計の新しい空間はWEBマガジン<コラージ2017年12月号18〜24頁>に特集されています。JR及び南北線の駒込駅南口から約8分です。
TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531 
E-mail:info@tokinowasuremono.com 
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜19時。*日・月・祝日は休廊。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット