ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1
このブログ上の図版、写真、文章等のすべてについて無断転載・無断引用を禁止します。

「Tricolore2021―根岸文子・宇田義久・釣光穂」(予約制/WEB展)
会期=2021年4月2日(金)〜4月17日(土)※日・月・祝休
*観覧ご希望の方は事前に(当日でも構いませんので)メールまたは電話にてご予約ください。
03


04



YouTubeにて『Tricolore 2021—作家インタビュー第2部・宇田義久』をアップしました。
宇田義久は川の流れや水の循環など地球環境という壮大なテーマを「水槽」というシリーズで探求しています。

07


12


14


岩手県盛岡市で活動されている宇田義久さん。東北の厳しい寒さのなかで自然環境の変化に沿った暮らしをしてきたという宇田さんはまさに日本人の自然に対する考えを体現したかのような作家です。比較文化学的研究において、日本人は人間と自然とを一体的に捉え環境を受け入れてゆくという自然観があると考えられていますがそれは、自然の力は人間よりも遥かに高いという仏教の教えでもある「空」の思想が根底にあると言われています。
宇田さんはここ数年「水」をテーマにした作品を制作しているとのことで、今回の出品作品もすべて水に関する作品です。水の持つ輝きや透明感をウレタンニスで表現しつつ、その奥に宿る静謐さも細やかに描かれています。
一滴の水は流れて川となります。そして、蒸発し雨となって再び地上に降ります。常に流動し一つのものが他のものに変化する、一切の現象は「空」であることを感じさせられます。

宇田義久 【ステートメント】
「aquarium」 (水槽)というタイトルをつけた作品のシリーズは、夏に冷房無しでは生きることが厳しくなってきた私たちと、水質や水温などの環境を管理した水槽でしか生きられない、熱帯魚との似た境遇を表しています。すでに滅んでしまったのか、画面を満たす水には魚はいません。透明で澄んだ美しい水は、微生物も生きられない毒水の時もあります。 海から運ばれてきた雲は、雨となって地上に水をもたらし、多くの生物を育んできました。これは人間が誕生する前から繰り返されてきた、自然の大きなシステムのひとつです。しかし、人類が地球環境を侵し続ける現在、多くの生物が危機に瀕していると言います。自然の恩恵を受けながらも、それを侵さなければならない、そんな矛盾の中で私たちは生きています。温暖化や異常気象に脅かされる近年、地球が私たちを拒絶しているのかと感じる時があります。私がここ数年「水」や「気象」をテーマにした作品を作っているのは、そんな寂しい思いが発端かもしれません。

【出品作品】
宇田 作品画像1宇田義久
aquarium 21-1
2021年
パネル・アクリル・ウレタンニス
160x91cm
サインあり

宇田 作品2宇田義久
aquarium 21-2
2021年
パネル・アクリル・ウレタンニス
91x113cm 
サインあり

宇田作品3宇田義久
水位 21-1
2021年
パネル・アクリル・ウレタンニス
68x18cm 
サインあり

宇田作品4宇田義久
水位 21-2
2021年
パネル・アクリル・ウレタンニス
68x18cm
サインあり

宇田作品5宇田義久
水位 21-3
2021年
パネル・アクリル・ウレタンニス
68x18cm 
サインあり

宇田作品6宇田義久
《水の記憶 21-1》
2021年
パネル・アクリル・ウレタンニス
15.8x22.7cm
サインあり

宇田作品7宇田義久
水の記憶 21-2
2021年
パネル・アクリル・ウレタンニス
22.7x15.8cm
サインあり

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください

328_a

塩見允枝子のエッセイ「フルクサスの回想」第5回を掲載しました。合わせて連載記念の特別頒布会を開催しています。
AAA_0894塩見允枝子先生には11月から2021年4月までの6回にわたりエッセイをご執筆いただきます。3月28日には第5回目の特別頒布会を開催しました。お気軽にお問い合わせください。

宮崎県立美術館で「コレクション展第4期 瑛九抄」が 4月 6日(火)まで開催され、瑛九の油彩、フォトデッサン、版画など30点近くが展示されています(出品リスト)。

●土を素材にした陶造形のパイオニアとして知られる伊藤公象先生の集大成となる作品集の制作を目指してクラウドファンディングで4月30日まで資金を集めています。ときの忘れものが編集に参加します。

埼玉県立近代美術館で「コレクション 4つの水紋」が5月16日(日)まで開催され、倉俣史郎の名作「ミス・ブランチ」が出品されているほか、ときの忘れものが寄贈した瑛九(コラージュ)や靉嘔の版画も展示されています。
リサーチ・プログラム:関根伸夫と環境美術」は 4月18日(日)までですが、関根伸夫(1942-2019)による環境美術の仕事が、写真、図面、スケッチブック、映像等で紹介されています。
zocalo_00001

●東京・アーティゾン美術館で「Steps Ahead: Recent Acquisitions 新収蔵作品展示」展が5月9日[日]まで開催され、オノサト・トシノブ、瀧口修造、元永定正、倉俣史朗など現代美術の秀作が多数展示されています。

●東京・天王洲アイルの寺田倉庫 WHAT で「謳う建築」展が5月30日(日)まで開催され、佐藤研吾が出品しています。

板橋区立美術館で「さまよえる絵筆―東京・京都 戦時下の前衛画家たち」展が5月23日(日)まで開催されています(松本竣介難波田龍起福沢一郎、他)。

●ときの忘れものが青山から〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転して3年が経ちました。もともと住宅だった阿部勤設計の建物LAS CASASを使って、毎月展覧会(Web展)を開催しています。
WEBマガジン<コラージ2017年12月号18〜24頁>の特集も是非ご覧ください。
ときの忘れものはJR及び南北線の駒込駅南口から徒歩約8分です。
TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531 
E-mail:info@tokinowasuremono.com 
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜19時。*日・月・祝日は休廊。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット