ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1
このブログ上の図版、写真、文章等のすべてについて無断転載・無断引用を禁止します。

「Uコレクション展」
会期=2021年11月26日[金]―12月11日[土] 11:00-19:00 ※日・月・祝休
2021_11_25_U_MG_2223

建築界で長年活躍されているU氏は、編集者としての仕事や建築批評のほかに、美術についてのエッセイや展覧会レビューも手がけ、またその共感を示すコレクターでもありました。
このたびそのコレクションから21作家の24点を選び、52頁に及ぶカタログでは、U氏と草間彌生さんとの対談(1983年)や今までの評論の再録と併せて、新たにそれぞれの作家について綴った覚え書きを収録しています。

●出品21作家・全24点ついてブログで詳しく掲載します。
11月24日/前川千帆、谷中安規、吉田政次
11月26日/ダリ、リキテンスタイン、ウォーホル
11月27日/一原有徳、木原康行、森ヒロコ
11月28日/草間彌生
11月29日/横尾忠則、倉俣史朗、ティニ・ミウラ
12月2日/磯崎新、宮脇愛子、関根伸夫
12月4日/海老原喜之助、アルビン・ブルノフスキ、
12月6日/若林奮、井上直久、山本容子

本日は、横尾忠則、倉俣史朗、ティニ・ミウラについてU氏の覚書「あ 思い出した」からご紹介します。

No.17[倉俣史朗]+横尾忠則 「倉俣史朗の世界(原美術館) ポスター」
17_横尾+倉俣
No.17
[倉俣史朗]+横尾忠則
「倉俣史朗の世界(原美術館) ポスター」
1996
オフセット
103.2x73.5cm/103.0×73.5cm

No.18 横尾忠則《その時が来た時のために》
18_横尾忠則_タケミ撮影No.18
横尾忠則
《その時が来た時のために》
1990
キャンバスに油彩
162.0×130.5cm

 隅田川にかかる永代橋、そのすぐ近くにあった。小池一子主宰の佐賀町エキジビット・スペースでの横尾忠則展「TEARS 瀧」が公開されたのは1991年2月8日から3月9日、いまから30年前だ。案内状が届いてその初日、朝いちばんに行って《その時が来た時のために》を選んだ。案内状に印刷されていた1 点である。これほど大きいサイズのものを、また横尾さんの作品を、しかも案内状を見ただけで心が決まったのは初めてで、でもそのことを説明できない。よく覚えてもいない。
 その時のカタログが手元にある。1990-91年に制作された10点の作品が収録されている。会場でもほぼ同じ点数だったと記憶するが、短期間に一気に仕上げたと思える、まったく新しい構想による作品群が、その鮮度が、瞬時に記憶を洗い出す。東京下町のこの小さなギャラリーは毎回、それまで誰も知らなかった、気づかなかったといっていいアーティストあるいはその作品の劇的な紹介によって、圧倒的な時代を語っていたのだった。
 この時代の横尾さんを横尾さんが第三者的立場から見るような小さな記事がある。佐賀町で新作展があった同じ年の、『建築文化』10月で「磯崎新の解体新書」という特集が組まれたが、周到につくられたA4判200頁の多角的な記事や写真やデータが、いわば業界的専門的メディア環境から、思いもかけない大きな建築を離陸させ、誰の眼にも見えるような高度に引きあげている。そのなかに「他者から見た磯崎」という60人あまりのアンケート記事がある。建築家は安藤も隈もスターリングもホラインも国内外を問わず、大江健三郎、細川護熙、吉田秀和など肩書を外して答えてもらった人たちもいるなかで、横尾さんは、磯崎が自分のことを「祝祭的な光景に近づく方が彼らしい」と述べた一文を紹介して、それは、三島由紀夫の、横尾についての小論「ポップコーンの心霊術」とともに「いつも心している言葉」だと答えている。
 磯崎さんの「祝祭」という平明な言葉によりながら入り組んだ内容の、適確な横尾評にはさすがと驚いた記憶があるが、誰かについての答え自分を語るというアンケートの構造を、横尾さんはじつにうまく活かしている。三島が付けたタイトルも見事だと思ったが、こちらは本文まで直ぐ読める。今年に入って、愛知、東京、大分各地の現代美術館で開催されている「GENKYO横尾忠則」展に併せて刊行された図録機↓供聞饅餞行会)にそれぞれ全文が(気聾渋緝週、兇聾曲犬里泙泙如房録されているからだ。
 「どこの家の中も暗かった」むかしの感触を、三島は横尾忠則の作品の土壌を掘り越すように次々とその五感の記憶を拡げているが、それは共振というよりは、画家の世代を考えるとその敏感さにむしろ不審が深まるかのように「断じて後天的には獲得できないもの」をなぜかちゃんと描いていると言う。もちろんその指摘で終わることはなく、横尾作品を通して日本の文明のメカニズムを見通す考察が続き、「われわれは無限に喪失して」ゆき、そしていつかは「コンピューターに占領された日本のオフィスの壁には、横尾忠則のポスターだけが、日本を記念するものとして残される」と結んでいる。今から30年前の文章である。
 その一文を収録して新たに編集したばかりの『GENKYO横尾忠則』機↓兇癲△箸討眞寧につくられていて、とくに兇砲いてはこれまでの横尾作品を12の章に分け、各章ごとに南雄介がまとめた解説がとてもありがたい。興味は十分にあるのに解読の手がかりがどうにも見つからず、半ばパスしてしまっていた作品グループがいくつかあったのだ。この作品集に先立って、『横尾忠則 森羅万象』がある。2002-03年にやはり都現代美術館と広島市現代美術館で開かれた回顧展の図録で、企画・構成は南雄介、藤井亜紀、出原均。同じように初期作品から「Y字路」までを19の章に分けて解説しているが、2021年への横尾作品観察の推移が読み取れて、教えられることが多かった。企画・構成チームの藤井は、現在も東京都現代美術館にあって今回の執筆・構成も南とともに担当している。
 更に、この展示のある雰囲気を説明するものとして、西武美術館から刊行されていた『アールヴィヴァン』1987年23号の特集「横尾忠則ノート・ブック」での横尾と三浦雅士の対談がおもしろい。簡単に言えばイコノグラフィ的解読が、核心を衝いている。編集(一見、不親切!)も断然ノッている。また同誌1982年6号の特集「ニュー・ペインティング」のなかでの磯崎、横尾、東野芳明の3 人による座談会も見事に的を射ていたし、そして今回と同じくらいの規模の展覧会がデザイナー横尾忠則についても当然ありうると思うのだが、その端的な参考書に『横尾忠則全集 全一巻』(講談社1971年)がある。久しぶりに、GENKYO展と地続きの、探せばまたいくらでも出てきそうな原点としての雑誌を読み返しながら、30年前佐賀町に駆けつけて迷わず1点を手にした自分にも納得してしまっていた。 

追記。
 図録『GENKYO 横尾忠則』兇痢第4 章「多元宇宙論」は複数の絵画や写真を模写したカンバスをベルト状に切ったものを織るように組み合わせる手法が主調となる。例えばミケランジェロ、リュベンス、ベラスケスからピカソに至るよく知られた作品に、アメリカの映画やコミックスのイメージまでも交錯する力強い画面に加えて、全体を支配する瀧の煌めきが、絵画としては納まらない絵画へと移してゆく。そのなかでも私が魅せられた《その時が来た時のために》(1990年)には、ベルト状に寸断されたイメージのコラージュという構造的手法が隠されていて、人物の身体はその、輪郭線の内側で瀧の奔流となり、衣服や寝台の天蓋だけが元のヴォリュームと色彩を遺留品の如くあざやかに残している。
 原典はパオロ・ヴェネローゼの《ヴィーナスとマルス、キューピッド》(1560-70年頃)。受胎告知も聖母子像も、磔刑の場も世俗的な戦闘や祝宴の場も、壮大なスケール感で語る画家が、ここでは神々のひそかな情事とそれを遮るようにマルスの軍馬を引いたキューピッドが階段を降りてくる緊迫の瞬間を描いて、特殊な作品と思わせる。2001年、「イタリア・ルネサンス」展が国立西洋美術館で開かれた折にこの油彩も来日し、7cm角という小ささに驚いた。横尾作品は約160×130cm、左右両端をわずかにトリミングしているが全体のサイズを拡大し、瀧による変容はもちろん、馬とキューピッドは速描きで色も明度も違いながら、忠実な模写などよりはるかに、原典が帯びている時間と神話性を写し取っている。そのことに驚いたのである。(2021)
U「あ 思い出した」『Uコレクション展関連ファイル』(2021年、ときの忘れもの発行)より
横尾忠則 Tadanori Yokoo(b.1936)
兵庫県生まれ。池田満寿夫と並ぶ戦後60年代が生んだ文字通りスーパースターです。幼少のころから絵や文字に興味を持ち、小学校時代には既に《漫画少年》に投稿していた。高校のときに漫画家から挿絵画家へ志望を変え、通信教育を受ける。また、同じころ油絵の制作を始め、絵画展へ応募し、入賞を重ねた。太平洋画会会友に推挙されたが、高校生であるということで断る。高齢の両親のことを思い、美大へ進学せず就職するが半年で解雇される。1956年カットの投稿や公募展への出品などを重ねるうち、神戸新聞宣伝技術研究所の助手として入社、翌年には神戸新聞社事業部関係のポスターを一手に引き受けるようになった。
1959年ナショナル宣伝研究所へ移るが、翌年には念願の日本デザインセンターへ入社、その才能を存分に発揮し、存在が広く知られるようになる。1965年の初個展の会場で三島由紀夫と出会う。1967年寺山修司主宰の天井桟敷に参加、美術を担当する。このころから海外での個展など、その活躍の場が世界的なものになった。グラフィックアーティストとして第一線で活躍を続けていた1980年、ニューヨークで見たピカソ展に衝撃を受け、画家への転向を表明、油彩の制作を本格的に開始する。その後もさまざまなジャンルのアーティストとのコラボレーションを行うなど、いまなおその活動は注目を集める現在稀有な作家である。


No.20 ティニ・ミウラ 「(題不詳)」
20_ティニ・ミウラNo.20
ティニ・ミウラ
題不詳
マーブリング
72.4×54.2cm/72.4×54.2cm
サインあり

 世界製本装幀芸術界の巨匠。
 1960年代からすでに、ケルスティン・ティニ・ミウラはそう称せられてきた。
 グラフィックデザインの一項としての装幀とはすこし違うし、リリュール(手づくり本)と呼んでもすこし言い足りない気がする。ヨーロッパでは3世紀頃から継承されてきた伝統工芸と説明され、装幀芸術の文字からはアートと解釈され、でもまだ見えてこないような。ティニ・ミウラがつくっているのは本である。ただ、現代の流れのなかで変容していく本に抗する本である。
 工程は5 0に及ぶ。依頼された本を慎重に解体したあと、平締め、丁合い、折り糸綴じ、表紙の板紙かけ、仕上げ裁ちなどの手続きを経て再製本する。この一連の作業を終えたのち、表紙のデザインにとりかかる。43種のノミを使って革に溝を刻み、金箔やプラチナを象眼してゆく。この間、3ヵ月から1 年。だが数百年の歳月に耐える「アート」が、待っていた愛書家や美術館や図書館に渡され、そこから数百年の読者たちが手に取ってみる機会があるだろう。このようにつくられた本は、本につきまとう衒学や気取りがまったくない。何よりも第一に「愛される」本になっている。
 世界の仕事を続ける拠点を日本に置いた。その拠点を設計した建築家・室伏次郎の知り合いに私がいて、それで三浦さん御夫妻(略歴参照)の見事なアトリエとお住まいに、室伏さんと幾度か訪ねることがあった。40年以上も前のことだ。先に紹介した製本装幀50工程の第1はもちろん「本読みですよ」と話されたのが記憶にあざやかだ。そしてその装丁や挿絵で名高い、世界の稀覯本を解説付き、いや感嘆重ねで次から次へと見せていただいた。窓外に更け行く夜も豪華な挿絵にちがいなかった。(2021)
U「あ 思い出した」『Uコレクション展関連ファイル』(2021年、ときの忘れもの発行)より
No.20 ティニ・ミウラ(b. 1940)
ドイツのキール市生まれ。高校卒業後、製本装幀芸術を学びその作品が西ドイツ製本装幀コンクールで最優秀賞に。以後、スイス・スウェーデン・フランスで研究を続ける。七五年、製本装幀の研究家、三浦永年氏と結婚、日本を足掛かりとして世界中で仕事を続ける。この分野での第一人者として国際的に揺るぎない評価を受けている。

室伏次郎先生会期中に室伏次郎先生がご来廊くださいました。
右から、室伏次郎先生、植田実先生、尾立麗子

---------------------------------
Ucollection_ DM


カタログ表紙展覧会カタログ『Uコレクション関連ファイル』
2021年11月26日発行
ときの忘れもの刊
B5変形サイズ、52頁、価格880円(税込み)

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください


●ときの忘れものは2017年に青山から〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました。もともと住宅だった阿部勤設計の建物LAS CASASを使って、毎月展覧会Web展)を開催し、美術書の編集事務所としても活動しています。
WEBマガジン<コラージ2017年12月号18〜24頁>の特集も是非ご覧ください。
ときの忘れものはJR及び南北線の駒込駅南口から徒歩約8分です。
TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531 
E-mail:info@tokinowasuremono.com 
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜19時。*日・月・祝日は休廊。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット