ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1
このブログ上の図版、写真、文章等のすべてについて無断転載・無断引用を禁止します。

「Uコレクション展」開催中
会期=2021年11月26日[金]―12月11日[土] 11:00-19:00 ※日・月・祝休
建築界で長年活躍されているU氏は、編集者としての仕事や建築批評のほかに、美術についてのエッセイや展覧会レビューも手がけ、またその共感を示すコレクターでもありました。
このたびそのコレクションから21作家の24点を選び、52頁に及ぶカタログでは、U氏と草間彌生さんとの対談(1983年)や今までの評論の再録と併せて、新たにそれぞれの作家について綴った覚え書きを収録しています。

●出品21作家・全24点についてブログで詳しく掲載します。
11月24日/前川千帆、谷中安規、吉田政次
11月26日/ダリ、リキテンスタイン、ウォーホル
11月27日/一原有徳、木原康行、森ヒロコ
11月28日/草間彌生
11月29日/横尾忠則、倉俣史朗、ティニ・ミウラ
12月2日/磯崎新、宮脇愛子、関根伸夫
12月4日/海老原喜之助、アルビン・ブルノフスキ、
12月6日/若林奮、井上直久、山本容子

本日は、草間彌生についてU氏の覚書「あ 思い出した」、「『PRINT COMMUNICATION』 91,92,93」(現代版画センター 1983年)からご紹介します。
No.11 草間彌生《死の直前》
11_草間彌生No.11 草間彌生 Yayoi KUSAMA
《死の直前》
1975年
パステル、コラージュ
イメージサイズ:54.4×39.3cm
表面にサイン、年記あり。裏面にサイン、年記、タイトルあり


対談1
対談2
対談3
対談4
対談5
対談6
対談7
対談7_1「『PRINT COMMUNICATION』 91,92,93」(現代版画センター 1983年)より

ほぼ40年前のインタビューである。
 あらためて驚かされる。
 草間彌生さんの作品を見ること知ることが、日本ではまだ少ない時代というのがあった。これを読んで実感した。いまもお元気で制作されていることがとても嬉しい。「ときの忘れもの」を立ち上げる前の綿貫不二夫さんが、貴重な場をつくってくださった。
 草間さんのコラージュ《死の直前》(1975年)は、これまで出会ったなかでいちばん恐ろしい絵である。
小学2年の頃うちの応接間で、大きく重い世界美術全集の頁をめくっていたらいきなりゴヤの《我が子を喰らうサトゥルヌス》を見てしまった。もちろん画家の名も作品も、世界美術史上もっとも恐ろしい絵と言われていることもずっと後で知り、その恐ろしさは、全集のほかの巻までの絵画を見尽して確かめたがそこには死を描くゴヤの筆があまりにも活き活きと動いている。死とともに罪までもが、全体から細部まで記憶の地形を形成する奔流となってなだれ落ち、見た者が忘却へと逃れる道を絶っている。その無残な姿をだれもが目に焼き尽くしてしまう。忘れようがない。
 そのような活力に対して、《死の直前》は眼前に迫る死を、押し黙る方向に描いている。外から来る者の相貌ではなく、はじめから自分と繋がっている。だからそこには顔さえもない。正面に見えているものが喪失している。図像に辿りつけないのだ。恐ろしい、絶対に手元に置いておきたくない絵! 目を逸らさずにその高貴な存在を、その汚れた衣服を、ボロボロの骨を掴んだ画家の絶望的な強靭さだけが、かすかに生命の絶対の信号として光っている。
U「あ 思い出した」『Uコレクション展関連ファイル』(2021年、ときの忘れもの発行)より
草間彌生(b.1929)
長野県生まれ。49年京都市立美術工芸学校卒。57年渡米。無限に増殖する網や水玉の作品を制作、ソフトスカルプチャーなど環境彫刻の先駆けをなし、ボディペインティング、反戦運動など多数のハプニングを行う。75年帰国。93年ベネチア・ビエンナーレに参加。98-99年ニューヨークMoMA他で大回顧展が巡回し、20世紀の最も優れた女性作家の評価を決定的にした。2004年には【クサマトリックス】(森美術館)と【草間彌生―永遠の現在】(東京国立近代美術館)の二つの大展覧会が開催された。2000年芸術選奨文部大臣賞、2001年朝日賞、2006年高松宮殿下記念世界文化賞(第18回)を受賞。
草間さんが版画を発表したのは帰国後の79年からですが、当初は全く売れませんでした。版元の私たちには辛いことでしたが、草間さんの自作に寄せる自信は揺るぎないものでした。これだけ自己の才能を信じられる作家はそうはいない。バブル崩壊で男が自信喪失する中、経済的にも力をつけてきた女性達が、抑圧された女性の才能をアートで開花させた草間さんに圧倒的な支持を寄せ、空前の草間ブームを呼んだのはご承知の通りです。

---------------------------------
Ucollection_ DM


カタログ表紙展覧会カタログ『Uコレクション関連ファイル』
2021年11月26日発行
ときの忘れもの刊
B5変形サイズ、52頁、価格880円(税込み)
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください


●ときの忘れものは2017年に青山から〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました。もともと住宅だった阿部勤設計の建物LAS CASASを使って、毎月展覧会Web展)を開催し、美術書の編集事務所としても活動しています。
WEBマガジン<コラージ2017年12月号18〜24頁>の特集も是非ご覧ください。
ときの忘れものはJR及び南北線の駒込駅南口から徒歩約8分です。
TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531 
E-mail:info@tokinowasuremono.com 
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜19時。*日・月・祝日は休廊。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット