ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1
このブログ上の図版、写真、文章等のすべてについて無断転載・無断引用を禁止します。

2021年最後の企画展として「Uコレクション展」を開催します。
会期=2021年11月26日[金]―12月11日[土] 11:00-19:00 ※日・月・祝休
建築界で長年活躍されているU氏は、編集者としての仕事や建築批評のほかに、美術についてのエッセイや展覧会レビューも手がけ、またその共感を示すコレクターでもありました。
このたびそのコレクションから21作家の24点を選び、52頁に及ぶカタログでは、U氏と草間彌生さんとの対談(1983年)や今までの評論の再録と併せて、新たにそれぞれの作家について綴った覚え書きを収録しています。

●出品21作家・全24点ついてブログで詳しく掲載します。
11月24日/前川千帆、谷中安規、吉田政次
11月26日/ダリ、リキテンスタイン、ウォーホル
11月27日/一原有徳、木原康行、森ヒロコ
11月28日/草間彌生
11月29日/横尾忠則、倉俣史朗、ティニ・ミウラ
12月2日/磯崎新、宮脇愛子、関根伸夫
12月4日/海老原喜之助、アルビン・ブルノフスキ、
12月6日/若林奮、井上直久、山本容子

本日は、前川千帆、谷中安規、吉田政次についてU氏の覚書「あ 思い出した」からご紹介します。

No.1 前川千帆「おばあさんと孫の入浴」
1_前川千帆No.1
前川千帆
おばあさんと孫の入浴
1950
木版
12.1×10.4cm/13.0×11.5cm
Ed.700

 前川千帆は、まちの新しさを描いた。
 ずっとそう思ってきた。ただ懐かしいというより、懐かしさを次々に脱ぎ捨てて、さらに澄んだ懐かしさを身にまとうまちの姿を追っていた。「新東京百景」のなかでもそのストレートな描写は格別だし、ほかにも「屋上庭園白木屋」(1933年)などを見ると、建築家たちのモダン追求にらくらくと歩調をそろえている感覚が、当時は一般にどう受け止められていたのか想像もつかなくなる。新宿や渋谷より浅草がはるかにモダンだった。子どものとき辛うじてその現場を目撃できた。短く思えた時代である。
 千帆はアールデコに近いといったほうが、いくらでも拡げられてしまう懐かしさに紛らわされずにすむ。だがこんどはスタイルとして見なされかねない。画家自身には迷いはない。「版画浴泉譜」をはじめとして描きつくした日本各地の温泉風景では、田舎からも都会からも自立している時間を、平明に臨場的にとらえている。老若男女が出入りし、ひとりに、そのひとりも去り、朝夕が移り日が変わるなかで、湯はゆったりと流れ続ける。この純正の場を奪う者があるとすれば、それは観光化だろう。画家はそこまで暗示的に描き切って、だが告発はしていない。モダン建築以上にシンプルな、絶えず動きのある言葉でただ語っている。
 私が初めて出した本のしおりに一文を寄せて下さった石井桃子さんの、作家・翻訳家として果たされた厖大な仕事の回顧展が世田谷文学館で催された( 2 0 1 0 年2月−4月)、その展示の一画にかつての仕事場の様子が、再現ではないが、実際に使われていた資料や図書や身のまわりの小品がそれとなく飾られていた。その壁に千帆の温泉木版画のひとつが架けられていて驚いたのである。バートンの『ちいさいおうち』やポターのピーター・ラビット、ミルンの『クマのプーさん』を翻訳されているときも、石井さんは温泉の絵を見やることがあったのだろうか。意外だったがすぐに納得した。石井さんこそはるかに長く深く、前川千帆とその時代を生きておられたのだ。(2021)
U「あ 思い出した」『Uコレクション展関連ファイル』(2021年、ときの忘れもの発行)より
前川千帆(1888-1960)
京都生まれ。1906年頃から雑誌への投稿がはじまる。挿画のほか俳句や短歌、小文も手がけ、しばしば掲載された。1907年浅井忠、鹿子木孟郎につき、手ほどきを受ける。1911年上京。1917年に日本最古のアニメーション映画「なまくら刀」を幸内純一とともに制作。1922年日本創作版画協会会員に推挙される。漫画家として名を成すかたわら木版画を手がけ、清澄な彫摺と躍動感のあるユーモラスな造形により独自の作風を拓いた近代日本を代表する創作版画家である。



No.2 谷中安規「The ancient flower」
2_谷中安規No.2
谷中安規
The ancient flower
1936
木版
10.0×11.0cm/23.0×15.7cm

 制作した作品数は、多いとはいえない。手元の資料(『谷中安規の版画世界』展図録横浜・そごう美術館など。1996年。次いで『谷中安規の夢』展図録 東京・渋谷区立松濤美術館など。2003-04年。2014年には町田市立国際版画美術館でさらに大規模な回顧展があったが見る機会を逃す)によると1925(大正14)年頃から木版画をつくりはじめているが、1946(昭和21)年には49歳で亡くなっている。昭和が始まる前夜から日本の戦後の明け方まで版画制作期間はせいぜい20年、しかも美術を、学校あるいは個人の作家から学んだりしてもいないし、さいごは東京・滝野川区(現・北区)の焼け跡に建てた掘立小屋で、死因は栄養失調だったと聞く。なにか細々とした景色しか見えない気分になるが、誰もがよく知っているように、わずかな時間でどうしてあれほど豊か華やか怖ろしげなまちやひとが描かれたか、制作の仕組みがわからないほどだ。
 大きいか小さいか程度の、見た目にはそれほどの違いはないのに、まちやひとが無尽蔵に取り出されてくる安規葛籠の不思議。たとえば画面の中心に消失点を置いた透視構造を基本としているために、まちの様々な要素・ひとの誇張された身振りが自然に整理されてゆく、だけではなく、塔も鳥居も橋も駅も、電車も自転車も電信柱も外灯も、中心に向かうほど遠い時間になり、しかし中心に到達した途端にモニュメンタルな不動と様式性を取り戻す。しかもこの、画面の中心部は左右に揺れたり、第2第3の消失点への流れをつくり出したりする。単純な原則ゆえにその複雑化が強く意識されるのだ。逆にその時間の奥から不意にやってきたものは、空近く、空いっぱいに翼や煙や眼を拡げて、いまここに在ることの脅威となる。だからどんな変貌も思うがまま。たとえば《怪鳥》(1934年)は、襲う者の姿に変じている。それは予見的ですらある。
 安規の強固な構造設計による画面においては、何をそこに配しても、その物本来の属性がまず剝ぎ取られ、遠近自在の距離が付与される。窓に来た海の鳥とふたりの自由な裸婦と、拡声ラッパ付き蓄音機とが仲良く並ぶ部屋(《The ancient flower》1936年)では、彼等の声が遠く近くで交わされている。早々と去っていった谷中安規のどの絵にも世界の全てがすでに詰められている。私の部屋のなかでも安規の窓の部屋が、長いあいだを過ごしていた。(2021)
U「あ 思い出した」『Uコレクション展関連ファイル』(2021年、ときの忘れもの発行)より
谷中安規(1897-1946)
奈良生まれ。1909年頃朝鮮へ渡った後、1915年に上京。永瀬義郎著『版画を作る人へ』を読み、版画制作を開始。1928年日本創作版画協会展に出品。1932年前川千帆の紹介状をもって料治熊太を訪ね、『白と黒』(22号より)、『版藝術』(創刊号より)に版画を掲載し始める。日本版画協会の会員となる。1934年内田百涼『王様の背中』の挿絵、装幀。1 9 3 6 年佐藤春夫著『FOU』の挿絵、装幀を手掛ける。



No.7 吉田政次「悲しき記録 No.1」、No.8「除夜の鐘 No.1」 
7_吉田政次No.7
吉田政次
悲しき記録 No.1
1956
木版
60.3×42.4cm/80.0×54.5cm
Ed.50
サインあり
8_吉田政次No.8 吉田政次
除夜の鐘 No.1
1967
木版
60.3×45.6cm/85.0×60.0cm
Ed.30
サインあり

 綿貫不二夫に教えられて、この木版画家を知った。日本のいちばん厳しかった時代の記憶、いや決して去ることのない現在。その空模様を、これから始まることを、追いつめられた写実で描いている。怖しい空。空からすべてが来た。描写力の精度に驚いて、ほかの作品も見せてもらった。空気や音をこれもまた同様な邂逅と逃避の眼で描いて、それ以外は何もかも消えている。(2021)
U「あ 思い出した」『Uコレクション展関連ファイル』(2021年、ときの忘れもの発行)より
吉田政次(1917-1971)
和歌山生まれ。1941年東京美術学校西洋画科卒業、兵役を経て、同校研究科に学ぶ。1949年第17回日本版画協会展に出品、以後同会及びモダンアート協会などで活躍。リリシズムを湛えた抽象木版は
国際的にも高く評価され、1957年第1回東京国際版画ビエンナーレ展(国立近代美術館)新人賞を受賞。リュブリアナ国際版画ビエンナーレ展(ユーゴスラビア)サンパウロ・ビエンナーレ展(ブラジル)等に出品。1974年和歌山県立美術館で遺作展開催。
---------------------------------
カタログ表紙展覧会カタログ『Uコレクション関連ファイル』
2021年11月26日発行予定
ときの忘れもの発行
B5変形サイズ、52頁、価格880円(税込み)
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください

●ときの忘れものは2017年に青山から〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました。もともと住宅だった阿部勤設計の建物LAS CASASを使って、毎月展覧会Web展)を開催し、美術書の編集事務所としても活動しています。
WEBマガジン<コラージ2017年12月号18〜24頁>の特集も是非ご覧ください。
ときの忘れものはJR及び南北線の駒込駅南口から徒歩約8分です。
TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531 
E-mail:info@tokinowasuremono.com 
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜19時。*日・月・祝日は休廊。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット