ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1
このブログ上の図版、写真、文章等のすべてについて無断転載・無断引用を禁止します。

2021年最後の企画展「Uコレクション展」が始まりました。
会期=2021年11月26日[金]―12月11日[土] 11:00-19:00 ※日・月・祝休
初日の昨日は朝一番に、Uさんご夫妻が来廊。
ご自分が集めた作品(全体のほんの一部ですが)が一堂に展示されたのを見るのはU氏も初めてとのことで感慨深げにご覧になっていました。奥様に至っては作品を見ることさえ初めて(笑)、驚いておられました。

建築界で長年活躍されているU氏は、編集者としての仕事や建築批評のほかに、美術についてのエッセイや展覧会レビューも手がけ、またその共感を示すコレクターでもありました。
このたびそのコレクションから21作家の24点を選び、52頁に及ぶカタログでは、U氏と草間彌生さんとの対談(1983年)や今までの評論の再録と併せて、新たにそれぞれの作家について綴った覚え書きを収録しています。

●出品21作家・全24点についてブログで詳しく掲載します。
11月24日/前川千帆、谷中安規、吉田政次
11月26日/ダリ、リキテンスタイン、ウォーホル
11月27日/一原有徳、木原康行、森ヒロコ
11月28日/草間彌生
11月29日/横尾忠則、倉俣史朗、ティニ・ミウラ
12月2日/磯崎新、宮脇愛子、関根伸夫
12月4日/海老原喜之助、アルビン・ブルノフスキ、
12月6日/若林奮、井上直久、山本容子

本日は、一原有徳、木原康行、森ヒロコについてU氏の覚書「あ 思い出した」からご紹介します。

No.5 一原有徳 "LEY(b)"
5_一原有徳No.5
一原有徳
"LEY(b)"
1978
モノタイプ
29.5×44.4cm/38.5×58.0cm
Ed.1
サインあり

No.6 一原有徳 "HBD(b)2"
6_一原有徳No.6
一原有徳
"HBD(b)2"
1984
エッチング
16.3×17.7cm/ 31.3×25.0cm
Ed.20
サインあり

 一原有徳の金属版画とモノタイプは、幻視の絵、夢の絵であると、他にさまざまな見方があるとしても、そう言い切りたくなってしまう。 駒井哲郎の〈夢〉のシリーズや《束の間の幻影》が今からちょうど3 0 年前に出現したとき、彼の版画に、浜口陽三長谷川潔の作品に確立されているようなスタイルを感じなかった。それは全く睡眠中に見る夢の様子や、閉じた目蓋の裏の闇の万華鏡の、じつにリアリスティックな描写だったのだ。駒井がクレーの影響をかなり直接的に受けていたとしても、それは問題ではない。あるいはその後突如として、メリヨン風の建築を描こうが、ブレスダンに似た沼や樹木や森が登場しようが、またルドンと見まがう顔や人の姿が、彼の版画に見え隠れしても、それは駒井の独自性を損ないはしない、と私は思っていた。彼はありえぬものを「写実」することだけを考えていたのだから。つまりは〈夢〉は《束の間の幻影》のような、本来は描きえぬシーンを紙の上に定着させてしまった以上、建築や樹木を克明に描いているときも彼は夢を直視していたにちがいない。だからスタイルの確立といったことから見れば、長谷川や浜口は無論のこと、他の凡庸な作家とくらべても、駒井ほど乞食と同じ無一物で、その日の貯えすらもない版画を最後まで刻みつづけた人はいない。
 そうした幻視にとりつかれた貧困が、いわばネガティブなスタイルとしか呼びようのないかたちで、銅版画を否定しようのない現実のものとして日本のなかに残してきた。《束の間の幻影》はアクワチントを通してしか記録されなかったし、〈夢〉はエッチングやメゾチントの黒点に導かれてはじめて可視化した。絵画における幻想とは、パースペクティヴを骨格とする風景としては決して捉えられず、結局は、夢を凝視しつづけることの眼の痛みだけがリアリスティックなものとして客体化される。
 風景に裏切られた末に手に残されるのはマチエールそのものだろう。それだけが幻視の実在をつなぎとめているのかも知れない。普遍的には、ここ30年にわたる日本の銅版画の存在感は、そうした駒井哲郎の相の下に確信されてきた、と私は勝手に思い込んでいる。少なくとも私にとっての銅版画は、そのように幻視の領土に危険すぎるほどに侵入していた。
 不必要なほどに駒井のことに多く触れてきたけれど、そして、一原有徳と駒井とは全く関係ない道を歩いてきたはずであるにもかかわらず、金属版画やモノタイプという共通項以上に、私にとって両者の世界は不思議な類縁関係のなかに見える。一原のマチエールそのものでしかない世界は、駒井のように風景を直視するほかはなかったような生が終わってしまった現在、大きな救いとも思えるのだが、一方、風景をはじめから完全に放棄しながら、マチエールを幻想として見なしていく態度の裏に、どのような生があるのか、それを想像する
のはさらに難しい。
 見渡すかぎり廃棄物のような物に覆われた曠野のような絵を、画家の戦争体験と結びつけたり、岩肌のような作品を、彼が登山者であることと関連づけたりすることは、もしそうだとしてもあまりにも直接的すぎる。むしろ思念から解き放れたかに見える自在な手の動きのなかで、作者が見ているはずの風景が まるで見る者に開かれていないことこそ、一原の大きさと言えるのだろう。彼のマチエールはさまざまな連想を呼びさますが、同時に、連想によって保たれている世界と表象との関係をずたずたに引き裂いてしまう。
 一原有徳の海。竜巻こそどんな不馴れな船員でも知らせることができる。竜巻を目印に世界の海を可視の輝きのなかに集めてしまう。ここから見えないものはない。海という海が束ねられ沸きたったまま移動してゆく。膨大な運動量はその頂点に達するとき、圧搾も破壊も遠いものになる。暴力でも残酷な力でもなく、無心の攪拌が地の涯てを引きつけ、空と海を縫合する。
 一原有徳の機械室。奴隷であるところの人間は見えないし、そもそも人間の意志は陶汰されてしまい、それに替わる自然の秩序も失われている。それが機械室のようだと判断できるのは、機械の夢見が機械を次々に拡大しているからだ。錆がモラルとなり、低温パイプは世界中の酸を回している。
 一原有徳の洪水。それはストロボに捉えられた一瞬の姿だ。それは永久的な曠野の光景のように映りながら、しかし、すべてが破壊され、あらゆる存在は細かい破片の氷河と化して、見えない速さで動いている。破片化した物体はそれぞれの固有のかたちから解放され平等になった。それはユートピアの光景に似ているが、結局は動いている。
 一原有徳の地雷原。そこはもう、危険な爆薬を埋設した兵士にも二度と発掘し直せない領域だ。地雷 (mine) は鉱山であり、宝庫とさえ化しているのだが、それは大地そのものが破壊を待っている状態でもあるのだ。それが平担な美しい草原に見えてもいい。壊滅したあとの「夢の島」でも同じだ。一切が、あの爆裂の瞬間へ、あるいはあの爆裂の瞬間から、規定されている。
 一原有徳の心臓。心臓の畑。血管の作物。生命をおし出すポンプやパイプは、人体の統率下にない。本来末端をもたない、すなわち環としての完結のうちにしか姿を現わさない器管が、肉や土の中から渾身の力をかけて引き抜かれ、積み上げられ、並べられたとき、耳を聾するばかりの鼓動を、時間を分断していく響きをとどろかせる。充電した雨雲のように。
 とはいえ彼が示すのは、彼自身の夢ではない。私の裡の大陸の、すべての縁なのである。彼はそれを見せてくれる。それはあまりにも見る者自身の土地であり、作者はそれを横からのぞき込んでいるとしか思えないのだ。その版画やモノタイプは、手の恣意的な動きや薬液の自然な拡がりと侵食にまかされているという意味では、アンフォルメルと呼ばれるのかも知れない。しかし、風景の廃棄のあとの幻視が信じられているゆえに、金属版画が耕作してきたもっとも深い夢の大陸が、一原有徳のマチエールに接続されていることを、私は知るのである。
植田実「風景の廃棄」『建築文化』1982 年1 月号より
一原有徳(1910-2010)
徳島生まれ、北海道に移住。1927年逓信省小樽貯金支局に入局し、43年間勤務し、同僚の須田三代治のすすめで絵画を始める。1958年にはじめたモノタイプが土方定一の目に留まり、推薦で1960年メキシコ等を巡回した現代日本の版画展に出品、東京画廊で個展を開催し一躍注目を集める。金属凹版にも着手する。腐食した廃材を金属版として利用したり、糸や金網などをプレスするなど、既存の版概念にとらわれない実験的な試みによって、物質的な質感を帯びた独自の幻視的なイメージを追求した。


No.12 木原康行 "transition 4"
12_木原康行No.12
木原康行
"transition 4"
1987
銅版
29.0×18.8cm/57.0×42.0cm
Ed.30
サインあり

 身仕度も話しかたも折り目正しく、アトリエで仕事をされている光景などは想像もできない。静かな声で、だか決然とした話しかた。いまもまず思い出すのは画家自身の姿と声で、そこを潜り抜けて透明な、深さだけが見える水のなかの絵に手が届く。(2021)
U「あ 思い出した」『Uコレクション展関連ファイル』(2021年、ときの忘れもの発行)より
木原康行(1932-2011)
北海道生まれ。1954年武蔵野美術大学洋画科卒業、在学中は山口長男に師事。1970年に渡仏し、パリの銅版画工房「アトリエ17」(ウィリアム・ヘイター主宰)で銅版画を学ぶ。1971年ニューヨークの国際ミニアチュール版画展などに出品を始め、1972年に英国国際版画ビエンナーレ展、クラコウ国際版画ビエンナーレ展等に出品。腐蝕によらないビュラン(銅版画用の彫刻刀)の直彫りの線を自在に操り、精緻な線の構成によって、緊張感に満ちた凝縮された画面を生み出す。


No.15 森ヒロコ 《翼を結んだ少年》
15_森ヒロコNo.15
森ヒロコ
《翼を結んだ少年》
1990
銅版
59.6×36.1cm/75.5×53.0cm
Ed.50
サインあり

 いつだったか森ヒロコの銅版画に初めて接した瞬間から、私はある眩暈のような感覚に浸されていたらしい。子どものとき、地面に落書きし、自転車をあてもなく乗りまわし、石を蹴った心象は、記憶の透視図の奥に霞んでいるはずである。ところが、彼女の銅版画の光景はおそろしく鮮明で、しかも俯瞰していたりする。遊びに耽っている群体は自分であり、同時に他者だ。ノスタルジーの距離と主体を保証している制度が侵され、過去と現在が合わせ鏡になっている。
 例えば建築や都市の理想としたものを見ようとする視角が、透視図や遠い俯瞰から、対象に真近かに迫る俯瞰へと置き換えられるまでに数世紀を経ているが、その現在においても、心象的なものまでを同じ照度と視角のもとに置こうとする発見はなかった。
 真近かな附瞰は、過ぎた日々の風土を支配していた温度湿度さえも変えている。その視角は、最近の彼女の仕事を特徴づける一連の少年少女たちのポートレートの、こちらを見据えたまま決して逸らさない眼のなかにも通っている。
 彼等は、自分たちが思い出すこともない深度の記憶や意識することもない幽かな感覚が、はっきりと見える形に成長していくさまに、断じて眼を向けない。見れば消えてしまうからだ。彼等はただ、見る者を鏡として永遠に見返すだけである。
 その恐竜たちや天使の翼を育てる光がすでにノスタルジーの庭からさらに大きな裸地を照らし出していることを私は知る。ずっと遠くからの、だがおそろしいまでに強い光は、まだ沈黙したままのものにも及んでいる。森ヒロコ・グリーンとでも呼びたくなる神秘的な緑色の光にはとくに心を奪われる。たしかに光なのだが、どんな身近かなものも、いつかはその本来の姿を遥かに形どりはじめる陰として、あの鋭い亀裂とともに忍び寄ってくる。異様なまでに簡潔な断片を思わせる作品には、 少年時の繋留、日常への回想、死者からの誘惑が、逆に遠くへの投光として、どこかに届いていることを確信させる気配が満ちている。
植田実「遠い投光」 森ヒロコ展 パンフレット  1991 年 

 種村季弘さんからお声がかかり、森さんの魅力的な人柄とエッチングの仕事に触れる機会をいただいた。彼女が準備中の個展の案内を書いてくれないかと誘われたのである。その案内状にも使われた《翼を結んだ少年》は、森さんの力強い作品のなかでも代表作のひとつだと思う。背後の壁一面に現れている鋭い亀裂は顔のうえを這うほどに近く、同時に遠くにある《モナリザ》の後ろに見える国の景色のように。(2021)
U「あ 思い出した」『Uコレクション展関連ファイル』(2021年、ときの忘れもの発行)より
■森ヒロコ(1942-2017)
北海道生まれ。1963年東京女子美術短期大学・デザイン科を卒業。広告代理店「日報」に入社し、グラフィック・デザイナーの仕事に就く。約2年後、故郷に戻る。28歳のときに池田満寿夫の展覧会で銅版画に心を動かされる。地元の額縁店が開いた講習会で銅版画の技法に出会い(講師は一原有徳)、独学で銅版画の途を進む。1973年にガレリア・グラフィカ(東京)で初個展。1975年NDA画廊の長谷川洋行と結婚。
1976年に銅版画教室を開く。1993年森ヒロコ・スタシス美術館開館。国内外で個展を開催した。
---------------------------------
2021_11_25_U_MG_1877


2021_11_25_U_MG_1643


Ucollection_ DM

カタログ表紙展覧会カタログ『Uコレクション関連ファイル』
2021年11月26日発行
ときの忘れもの発行
B5変形サイズ、52頁、価格880円(税込み)
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください

●ときの忘れものは2017年に青山から〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました。もともと住宅だった阿部勤設計の建物LAS CASASを使って、毎月展覧会Web展)を開催し、美術書の編集事務所としても活動しています。
WEBマガジン<コラージ2017年12月号18〜24頁>の特集も是非ご覧ください。
ときの忘れものはJR及び南北線の駒込駅南口から徒歩約8分です。
TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531 
E-mail:info@tokinowasuremono.com 
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜19時。*日・月・祝日は休廊。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット