ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1
このブログ上の図版、写真、文章等のすべてについて無断転載・無断引用を禁止します。

先日、東京都庭園美術館の「展覧会開館40周年記念 旧朝香宮邸を読み解く A to Z」に行きました。
今回の展覧会の建築的側面については今村創平先生のブログをお読みください。
この美術館を味わう楽しみは、きわめて質の高い装飾やデザインが、ありとあらゆるところに施されていて、それを目で追うことにある。(今村創平)>

開館40周年記念 旧朝香宮邸を読み解く A to Z
会期:2024年2月17日〜5月12日
会場:東京都庭園美術館
住所:東京都港区白金台5-21-9
電話番号:050-5541-8600
開館時間:10:00〜18:00(3月22日、23日、29日、30日は〜20:00)
休館日:月
料金:一般 1400円 / 大学生 1120円 / 中学生・高校生 700円 / 65歳以上 700円
※オンラインによる日時指定制

今回は旧朝香宮邸の建物をよく観るという企画内容だったので、基本的に展示室には作品はなく、各部屋にその部屋にまつわるエピソードが書かれたカードが置いてありました。カードは持ち帰ることができ、すべてのカードをもらうと1センチほどの厚みになります。最後に、新館の大きな展示室でカードを一つにまとめることができる粋な計らい。
このカードは音声ガイドのような役割を担っており、室内のどこに着目すべきかナビゲートしてもらい、建物の細部に目を凝らしました。

私の目的は、2022年にときの忘れもので個展を開催した伊藤公象先生の作品を見ることでした。展示室の順路を進んでもなかなか作品に出会わないので、見落としたのではないか、見つけられないのではないかと不安になりながら順路を辿りました。順路終盤の2階の北の間に伊藤先生のインスタレーションが突然現れ、夥しい数の襞に圧倒されました。作品は《「土の襞」―白い風景―》陶土、2006年。グリーン系のタイルの床に、正面にあるカーテンの襞に合わせたかのように、陶土の襞が半円に配置されています。そして、半円の中心部には高さのある襞が置かれ、ほんの少し山のようになって展示されていました。個性的な形をした無数の襞が音を立てながらうごめいているようにも見え、この部屋の空気をがらりと変える緊張感をもたらしていました。

IMG_9508

IMG_9509

IMG_9511

IMG_9514


次に、新館へ行く通路からふと外に目をやると、木の下にコントラストの違う淡いブルーパールの円を発見。作品は《「ブルーパールの襞」―碧いそらへ空から―》陶土、2016年。薄くスライスした粘土を即興的に丸めた多軟面体は、木の根を取り囲むように円形に並べられています。ブルーパールは、その名のごとくパールがかっているため太陽の光を反射して、柔らかく輝いていました。

IMG_9534

IMG_9536

IMG_9539


庭園の茶室周りにも作品があると聞き、庭園を散策。これまた探せるか不安でしたが、川に沿うように、岩の上に焼凍土や金の襞の作品を発見。新作の《シリーズ「多軟面体」―庭園の森の風景―》陶土、2024年。焼凍土は、土を凍らせては溶解させてを繰り返し、成形後焼いて制作したもの。凍った際に表面にできた溝がそのまま焼き付いているユニークな作品です。
庭園美術館の庭園を散策したことがなかったので、宝物探しのような感覚で作品を見つける楽しみもあり、伊藤先生の作品に誘導されて情緒溢れる庭をゆっくり歩きました。
IMG_9551

IMG_9552

IMG_9553

IMG_9555


会期は5月12日までですので、是非ご覧ください。
おだち れいこ
20240111150407_00001

20240111150425_00001

東京都庭園美術館のミュージアムショップでも『ITO KOSHO 伊藤公象作品集』と陶オブジェ付の特別版を販売中です。是非お求めください。

●『ITO KOSHO 伊藤公象作品集
表1_600ITO KOSHO 伊藤公象作品集
刊行:2022年6月
著者:伊藤公象
監修:小泉晋弥
監修助手:田中美菜希(ARTS ISOZAKI)
企画:ARTS ISOZAKI(代表・磯崎寛也)
執筆:小泉晋弥、伊藤公象、磯崎寛也
デザイン:林 頌介
写真:内田芳孝、堀江ゆうこ、他
体裁:サイズ30.6cm×24.6cm×1.6cm、164頁
日本語・英語併記
発行・編集:ときの忘れもの
価格: 3,300円(税込)+梱包送料250円

陶オブジェ付の特別頒布(限定50個): 25,300円(税込)+桐箱代3,000円+梱包送料1,600円

*桐箱不要の方はダンボールの箱にお入れします(無料)。
伊藤公象作品集オブジェ_MG_7740
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください。

●ときの忘れものの建築空間についてはWEBマガジン<コラージ2017年12月号18〜24頁>に特集されています。
〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS
TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531 E-mail:info@tokinowasuremono.com 
http://www.tokinowasuremono.com/
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜19時。日・月・祝日は休廊。
JR及び南北線の駒込駅南口から約8分です。
photo (2)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット