ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 新着作品・イベント情報

スタッフSの海外ネットサーフィン No.96「クリスト《包まれた凱旋門》プロジェクト」

スタッフSの海外ネットサーフィン No.96「クリスト《包まれた凱旋門》プロジェクト」 L'Arc de Triomphe, Paris  読者の皆様こんにちわ。例年ならばまだまだ暑い今日この頃、今年はやけに涼しい日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか? 先日二回目のワクチン接 …
続きを読む
クリスト! ジャンヌ=クロード!「包まれた凱旋門、パリ、1961-2021」・・・観に来たよ!(その2)

柳正彦さんよりパリ<包まれた凱旋門>第二信 クリスト! ジャンヌ=クロード!「包まれた凱旋門、パリ、1961-2021」・・・観に来たよ!(その2)  左に光るのはエッフェル塔、凱旋門の上には満月から僅かにかけた月。 シャンゼリゼからの眺め。暗闇に浮かぶような「包ま …
続きを読む
新連載・松井裕美のエッセイ「線の詩情、色彩の調和――ジャック・ヴィヨンの生涯と芸術」第1回

「線の詩情、色彩の調和――ジャック・ヴィヨンの生涯と芸術」第1回 「ジャック・ヴィヨンとサロンのキュビストたち」 松井裕美 ジャック・ヴィヨン《紙》1962年。リトグラフ、30 x 36.5 cm。所蔵:ギャラリーときの忘れもの  緑の地に矩形が重ねられる、ただそれだけ …
続きを読む
クリスト! ジャンヌ=クロード!「包まれた凱旋門、パリ、1961-2021」・・・観に来たよ!(その1)

柳正彦さんよりパリ<包まれた凱旋門>第一信 クリスト! ジャンヌ=クロード!「包まれた凱旋門、パリ、1961-2021」・・・観に来たよ!(その1)  コロナ蔓延のなか、海外に出るのはと・・・悩み続けましたが・・・師であり、友であり、両親、兄姉のような存在だったク …
続きを読む
井戸沼紀美のエッセイ〜二十二日の半券 第7回『愛のように感じた』『17歳の瞳に映る世界』

井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第7回 『愛のように感じた』『17歳の瞳に映る世界』 ※文中、『17歳の瞳に映る世界』の重要なシーンにまつわる記載がございます。 8月6日、小田急線の車内で20歳の女が36歳の男に刺された。犯行の動機が「幸せそうな女性を殺したか …
続きを読む
瑛九の海外での展示歴

<ときの忘れもの「生誕110年 第30回瑛九展 フォト・デッサンと型紙」002 1995年の開廊以来、実に30回目となったときの忘れものの瑛九展。今回は完成したフォト・デッサンとともに、制作に用いられた型紙7点も展示。瑛九マジックの仕掛けは、それだけでひとつの作品になるう …
続きを読む
石原輝雄「美術館でブラパチ」第9回 京都国立近代美術館

石原輝雄のエッセイ「美術館でブラパチ」─9 『セミの抜け殻』 展覧会 令和3年度第2回コレクション展 長谷川潔の版画     京都国立近代美術館4階展示室     2021年6月24日(木)〜8月29日(日)  長谷川潔使用 銅版画用道具  コロナ禍と大雨に悩まされたこの夏 …
続きを読む
横尾忠則ポスター特別頒布会

「横尾忠則ポスター特別頒布会」 現在、東京都現代美術館では「GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?」が開催中です。会期は10月17日(日)まで。 詳しくはこちらのブログ記事をお読みください。 今回は、T氏コレクションより非常にレアな横尾忠則ポスターを特 …
続きを読む
瑛九の型紙とフォトデッサン

瑛九型紙とフォトデッサン 瑛九は、1936年に画家の長谷川三郎、美術評論家の外山卯三郎の協力を得て、フォトグラム作品10点を複写したプリントを挟み込んだ作品集『眠りの理由』(芸術学研究会、限定40部)を刊行しました。切り抜いた紙(型紙)や、ネット状の物体 …
続きを読む
阿部勤「私の家の自慢のペニンシュラキッチン」

建築家の阿部勤先生から、メッセージが届きました。 「NHK Eテレで私の家の自慢のペニンシュラキッチンが放映されます。 見て頂けると嬉しいです。」 (写真は2018年4月、阿部勤先生の自邸「中心のある家」にて) NHK Eテレ 達人たちの知恵と工夫、人生が映し出された台所 …
続きを読む